2020 運勢 四柱 推命。 完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」

【無料占い】四柱推命で占う「2020年の運勢」

2020 運勢 四柱 推命

スポンサーリンク 2020年の四柱推命占いによる全体運 2020年は「庚子七赤金星」の年 2020年の星周りは、「庚子 かのえね 七赤金星」にあります。 庚は金属の陽性の星で、正義やルール規制との関係が強く、「行動力、打たれ強い、苦労」にもつながることを意味しています。 日本のみならず、世界的に自然環境や政治経済の動きが激しく吉凶半々な運気です。 季節にかかわらず風や水の災害、地震など予想外の出来事が起こりやすいため、災害への備えを整えておくことが大切です。 2020年に幸運を招くアイテムや行動は何? 生まれ星や年齢を問わず、七赤金星の年には運気の低迷を自覚した際に、「時計、指輪、ネックレス、貴金属のアクセサリー、音の鳴るアイテム、傘、眼鏡」がラッキーアイテムになります。 さらに、「整理整頓、手芸、花や樹木に触れる、読書、体を温める、ヨガ、水泳、星や雲などの天体観測」が幸運を招く行動となります。 日常生活に無理なく取り入れながら、開運ライフを送ってください。 昨年のゆったりとしたムードから一転、公私ともに変化を受けやすい一年になりそうです。 気持ちが揺れることで行動が制限されがちですが、消極的になりすぎず現状維持を心がけて過ごすことが吉となります。 大切なのは「自分がやるべきことを優先する」ことが大事ということです。 むしろ最優先の事柄以外は他の人に任せても良いほどです。 家族の健康問題や不動産関係は、年の吉方位の専門家が頼りの綱です。 吉運月:6月~9月 新しい人脈に支えられる時期で冠婚葬祭の星もあり 注意月:4月~5月 人間関係や仕事面で悩みが出現し冷静な対応がポイント 吉方位:北、南東 体力と気力が安定する方位。 そんな時こそ、冷静沈着な行動力と的確な判断力が試されます。 常に緊張感を大切に、自分が求められていることに着実に取り組みましょう。 ペットとのご縁もあるようです。 吉運月:6月~8月 大切なことや、自分が中心となる計画はこの時期に 注意月:4月 運気低迷のため、慎重な行動を 吉方位: 北西、南東 自分中心に行動できる方位。 いつもは何でもないことに振り回される傾向があり、目の前のことに集中して頑張りましょう。 自分が本当にやりたいことや、将来設計をすることを心の支えにしながら、実行は期が熟すまで待ちましょう。 周囲の人が強い味方になるため、焦らずに自己啓発に努め、実力を蓄えてください。 吉運月:5月~7月 大事なこと、転居、新規事にお勧め 注意月:3月、12月 自分中心に行動することに吉縁なし。 離合集散の星が出現 吉方位:北東、南西 良縁に恵まれる方位。 公私ともに良い刺激を受ける可能性が 四緑木星 将来の基盤づくりの年 ハッピー指数は50~60%です 年の後半に向けて運気が安定します。 長期計画してきたことや楽しい行事計画などは、年の中盤前後がお勧めです。 仕事に取り組む姿勢や言動など、地道に取り組む姿勢を周囲の人が評価します。 家族、親族、友人のために尽力する機会も多い一年になります。 時間を無駄にせず、一度決めたことはブレずに実行することが、将来の基盤にもつながるでしょう。 スポンサーリンク 吉運月:3月~6月 実力発揮の月、自信のあることから実行を 注意月:2月、11月 社交と公的な運が低迷、公私ともに無理は禁物 吉方位:北、北西 人間関係に吉縁の方位。 今まで準備してきた案件や、自分の意志で計画中の仕事を、ひるまずに実行するのに最適な年です。 粘り強さも開運の鍵になります。 ただし、注目度が高くなるぶん、周囲の視線はやや厳しさを増します。 新規の出会いからも良い刺激を受けるため、将来のためにしっかりと経験を積みましょう。 吉運月:3月~5月、11月~12月 再チャレンジで活路が開ける月です 注意月:1月、10月 運気低迷、公私ともにケアレスミスに注意 吉方位:北西、南東 周囲の人に助けられる方位。 公私共に社交運が活発になるため、役員を引き受けたり、自分が中心になって活躍することが多い一年になります。 雑事雑用や世話役などにも自分らしさを発揮し、信用につながる予感。 お祝い事も多い星回りです。 頑張るほどに評価が上がるため、今年は何事にも精一杯の力を注ぎましょう。 周囲からの援助や助言に素直に感謝をすることも大切です。 これまで計画してきたことは、後半までに実行すると良いでしょう。 物事が滞る際は、内容や状況を見直し、迅速に改善・変更をする柔軟さも開運の鍵です。 周囲の言動に振り回されないように、平常心と広い視野、分析能力が求められる星回りです。 仕事を含め、自分が中心で動く案件は、年の初めと夏以降が大吉。 まわりの動向やうわさに振りまわされず、淡々と自分の本分を追求することで運気は安定するでしょう。 吉運月:1月~2月、9-11月 周囲と連携しながら頑張る月 注意月:7月 公私ともに無理は禁物。 仕事と遊びのケジメをつけて頑張ることで運気は安定します。 人間関係も活発になるため、将来の人脈作りに最適な星回りだけに、興味のあるイベントへの参加は大吉。 情報収集力と社交性を試される機会も多くなりそうです。 週末は家族を含め、大切な人と過ごすことに時間を注ぎましょう。 元日から節分までに生まれたかたは、前年の九星になります。 一白水星:1936年、1945年、1954年、1963年、1972年、1981年、1990年、1999年生まれ 二黒土星:1935年、1944年、1953年、1962年、1971年、1980年、1989年、1998年生まれ 三碧木星:1934年、1943年、1952年、1961年、1970年、1979年、1988年、1997年生まれ 四緑木星:1942年、1951年、1960年、1969年、1978年、1987年、1996年、2005年生まれ 五黄土星:1941年、1950年、1959年、1968年、1977年、1986年、1995年、2004年生まれ 六白金星:1940年、1949年、1958年、1967年、1976年、1985年、1994年、2003年生まれ 七赤金星:1939年、1948年、1957年、1966年、1975年、1984年、1993年、2002年生まれ 八白土星:1938年、1947年、1956年、1965年、1974年、1983年、1992年、2001年生まれ 九紫火星:1937年、1946年、1955年、1964年、1973年、1982年、1991年、2000年生まれ.

次の

完全無料四柱推命診断サイト「いい運勢ねっと」

2020 運勢 四柱 推命

2019年までの振り返り 振り返りってね いつやるかで気づくことが変わります。 だから、何回やってもいいのよ でも、振り返りだけやっててもダメだけど。 でも、時には立ち止まり 自分が歩いてきた人生の道を振り返る時間も大切。 2018年、2019年、2020年と 干支でいうと、異常干支といわれる3年が続きます。 特に、2019年は、精神的に、大きく変化したり、影響を受けた年だったかもしれません。 なので、内面の気づきに目を向けてみるといいです。 何が起きたか?ということはもちろんですが。 何が起きて• あなたは何を感じて• どんな心境の変化があったのか? ということ。 と思えるようなそんな気付き。 これから、人生のあたらしい物語をはじめていく。 そんな決意をもって、これから進もうとしている人もおおいかも? よくよく、これまでを振り返ることと。 2020年の運勢 自分をはじめる これが2020年の大テーマ。 なので、これまで 自分がやりたいことは何か? 自分にできることはなにか? 自分が求められることは何か? みたいなことを いろいろなやんで動いてきた人は 観えてきてると思います。 あとは、それで自分をはじめるだけ。 2020年からは、 本当の自分でどんどんやってくこと。 そうそう。 少し前から ありのままの自分とか 本当の自分とか やりたいことやろうとか そんなことが叫ばれる時代になりましたが。 じゃあ、本当の自分ってなんなの? それになれてない自分は偽物ってこと? みたいな疑問も出てくると思います。 本当の自分って何って話。 まずはじめに・・・ 本当の自分なんてない。 ということを声を大事にして(文字を大きくして) お伝えしておきますね。 そうそう、こういう答えのようなものを求めると その答えは、いつまでたってもわかりません。 でも、あなたにとっての答えってのはあるのかもしれません。 それを、見つけていくこと、それに気づいていくことが大事になります。 ちょっと、軽く、本当の自分を見つけるのをやってみましょう。 あなたは自分のどんなところが好きですか? また、自分のどんなところが嫌いですか?• あなたが好きな人はどんな人ですか?• あなたが憧れる人はどんな人ですか?• あなたはどんな人になりたいですか? まぁ、簡単な質問です。 でも、自分がどうなりたいのか? 今の自分と理想の自分 本当の自分というのはいつまでも みつかりません。 僕たちがみているもの 僕たちにみえているもの ってのは、いつも外側の世界だから それは、本当ではない、かもしれない。 もちろん、それが嘘でもありません。 本当の本当は目に見えないところ わからないところにあるもの。 あっ! ってふとした瞬間にきづくことありますよね? それってのは、本当に近いです。 でも、それ、またすぐ忘れちゃいますよね? そういうことです。 でも、それがわかると、内側へと近づいていけます。 それは、きっと 理想の自分と今の自分が合わさる感じ。 本当は、理想と今は同じもの。 そう思っていることが現実だから。 でも、いつだって僕たちは 理想を追い求め、現実があまりみれていない。 本当は、おんなじことなのにね。 2020年からの物語 ゼロからはじまる。 そんな気がします。 それは、まったくのゼロからというよりは また、新しい気持ちで くらいの感じかもしれません。 2020年は、ゼロからはじまる。 そんな雰囲気が漂っているように思います。 なので、これまでにあまり引っ張られないほうがいいかもしれません。 今までは、こうだったから。 今までは、できなかった。 そういうことは関係ありません。 いまどうしたいのか? いまどうしようとおもうのか? それが、とても大事。 そして、そうおもったことを実行していく勇気が求められます。 もちろん、思うだけで現実になるような世界ではないので すこしの勇気で動いていくことが大事。 そうそう、すこしの勇気ね。 そんなに、踏ん張る必要もありません。 そうである場合は、少し違うのかもしれません。 ゼロからというのは、抵抗もあります。 だけど、今年は、動きやすい年になりそう。 動くまでは、腰は重いかも、でも動き出したら ルンルンの気分でいけそう。 おわりに 最近思うことは、 本当に自分がしたいことはどういうことなのか? ということよりも、 自分ってなんなんだろう? という存在自体への疑問。 それは、わたし自身のことであり そして、わたしの身近な人のこと。 わたしたちはよくもわるくも 集合体としてこの地球で生きているので ひとりではありません。 ひとりでは生きられないといいますが そもそも、ひとりでは存在すらできません。 だから、その集合体のひとりとしてのわたしは どんな役割をになっていて、なにをしていくのか? わたしが何をしたいのか?ももちろん それとあわせてわたしにできることはなんなのか?ってこと。 そういうことを考えていくこと そういうことに気づいていくことが これからの時代では大切なのではないかなと思います。 やりたいことをやろうといわれる時代ですが それは、そうだけど、 私がやりたいこととあわせて それは、あなたのまわりの人もしあわせになること? ってのも大切なことかもしれません。 もちろん、天でみるわけではなく、 いまは、だれかを不幸にするとしても それは、しあわせの道へつながってみますか?みたいなこと。 しあわせな瞬間だけが続くわけじゃないから それをあじわうため、経験するために つらい事や苦しいことも経験すること。 欲しい事だけじゃなくて 欲しいことが叶うまでのそれも愉しめるように。 今日もありがとうございます。 ゆういち.

次の

2020年の運勢を四柱推命でみてみよう!

2020 運勢 四柱 推命

四柱推命とは 四柱推命(しちゅうすいめい)は、中国で陰陽五行説を基にして生まれた人の命運を推察する方法です。 日本独自の占術方法ですが、その正確な占い内容に世界的にも認められ、海外では「Four Pillars of Destiny」と呼ばれています。 四柱推命に必要な物は生年月日と生まれた時間で、「年」「月」「日」「時」の四つを干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を推し量る占術です。 日本でも様々な流派が存在し、運勢や特徴などの捉え方は流派によって異なってきます。 基本的には出生時間が必要としますが、最近では出生時間が分からなくても生年月日だけで占術可能にもなってきました。 生年月日入力フォーム あなたの生年月日と出生時間を入力してください 年 月 日 占う 五行図 四柱推命の一部の流派では五行図というもの使い、五行図とは「木」「火」「土」「金」「水」の五つの性質の事です。 人は生まれた日と時間から年月日時の四つの柱と天と地の干支で八個の五行を得ることが出来ます。 その八個の五行の相互関係を視て運勢診断する占いを「四柱推命」と言います。 生まれた時間が分からない場合は四つの柱が揃わないため、三柱推命となってしまい晩年運や子供の事が占いにくくなります。 五行図の関係は緑の矢印は「相生」を意味し、赤い矢印は「相剋」を意味します。 「相生」はお互いに生じ合う作用。 「相剋」はお互いに攻撃し合う作用があります。 2つの作用を聞くと「相生」は相乗効果があり、「相剋」はお互いに打ち消し合うという風に捉えられてしまうかもしれませんが、四柱推命では「相生」は必ず吉、「相剋」は凶という関係ではありません。 五行というのは常に循環し、複雑な関係性の中で過剰や不足がコントロールされ全体といして均衡のとれた状態が一番理想的だと言われています。 項目 説明 五行 木 運勢 仕事運・異性運(女性のみ) 特性 正義感・組織性 カラー 緑・青 項目 説明 五行 火 運勢 勉強運 特性 学問・思慮 カラー 赤 項目 説明 五行 土 運勢 健康運 特性 個性・自我・自立心 カラー 黄色 項目 説明 五行 金 運勢 家庭運 特性 表現力・感性 カラー 白 項目 説明 五行 水 運勢 金運・異性運(男性のみ) 特性 優しさ カラー 黒 八つの五行がバランス良く配置されていれば、全体の運勢もよく周りからも慕われる幸せな人生を送ることが出来ますが、五行のどれかに偏ってしまうとその特性や個性が強く出てしまい谷あり山ありの波乱万丈な人生になってしまいます。 足りない五行や偏ってしまった配置をバランス良くするためにラッキーカラーを取り入れたり、あなたの不足している五行を持っている方と一緒にいる事で欠点を補ってくれる事もできます。 まずは自分の五行がどの場所に位置しているのかを知っておくことが非常に大切です。 運勢は年ごとに変わる 年が変わるごとに気の流れは変わりますが、ある一定の周期を巡っているので四柱推命であなたの未来を視ることも可能なのです。 今回の占いはあなたの2020年の運勢を四柱推命で占います。 五行が偏ってしまって運勢があまり良くなかった方は、足りない要素を補って幸せな一年になるように過ごしてみてはいかがでしょうか。

次の