ネフィリム メギド。 ネフィリム

ネフィリム

ネフィリム メギド

奥義Lvはいずれも1の時点のデータ。 奥義レベルアップ• アタック強化• 効能:自身以外の攻撃力上昇量1. 威力:-• 列化・全体化• ログイン時のボイスについてはキャラ個別ページではなく、ページへの記入をお願いします。 ただし画面遷移してからアジトに戻ってくるまでは固定されています。 ・自由台詞の数はキャラによって違うことがあるようなの必要に応じて追加・削除してください。 ・イベント中~探索完了までの項目は、アジト内の配置位置に対応するものを残して削除していただいても構いません。 ただし未確認なのか未実装なのかの確認が難しいこと、また今後の追加もありえることから、 表の空き枠は削除しないようにお願いいたします。 種類 内容 クエスト開始(追加)・メイン クエスト開始(追加)・イベント 敵と遭遇(追加)・メイン 敵と遭遇(追加)・イベント ボスに挑戦(追加)・メイン ボスに挑戦(追加)・イベント クエスト中の会話(追加)・メイン ごめんなさい… 私が先頭だと前が見えませんよね… クエスト中の会話(追加)・メイン いいな、みんな小さくて… 私も、もっと小さくなりたい… クエスト中の会話(追加)・イベント クエスト中の会話(追加)・イベント 掛け合い(追加)・協力 小さなみんなを守るためですよね わかってますよ 掛け合い(追加)・勢い 私にできることがあったら なんでも言ってください…• 「掛け合い(追加)・協力」=「あいつを野放しにできない…みんな、協力してくれ!」に対応する台詞• 「掛け合い(追加)・勢い」=「絶対あいつを倒すぞ!勢いはこっちにあるんだっ!」に対応する台詞• 2人以上のメギド同士による掛け合いについては、のページへお願いいたします。 一部はにもまとめられてます。 台詞の発生条件はおおまかに、 A:メインステージなど新規掛け合いが使われるステージと B:イベントエクストラステージや財宝クエストなど既存掛け合いが使われるステージ で分かれている。 悪夢を穿つ狩人の矢ではステージ2と4がエクストラと同じ判定になっている。 メインステージやイベントストーリーでもボスステージでない道中ではイベントエクストラと同じ判定になっていることがある?(要検証)• にて追加ボイスの記入状況をまとめております。 編集に意欲がある方はぜひご利用ください。 主な活用法 [] スナイパーで初めてかばうスキルを持つテルミナスメギドです。 奥義によるシフト後は「全域かばう」が可能になり、範囲攻撃の被害を自分だけに抑える事ができます。 特性・ スキル 厳密には、通常の「かばう」バフに加えて「範囲かばう」のバフが発生する事で「全域かばう」として扱われています。 「全域かばう」発動時は列・全体攻撃でも 攻撃を受けるのは自分だけになります。 例えば全体毒攻撃を受けた場合、5人分のダメージを受けるのではなく、自身1人分のダメージで済むうえ、毒も自分だけに発生するという事です。 全域かばうの特徴• シフト時点でかばう状態なら、自動的に全域かばう扱いになる(奥義の度にスキルを使い直す必要はない)• オーブでのかばうでも有効• MEやサタニックリブラのような確率かばうでも有効• 他のかばうと同じく、攻撃に伴って発生する地形の対象・範囲は変化しない• 覚醒スキル• のように、スキルを積むだけで連発はできません。 シフト時 敵全体に攻撃し、ダメージ吸収を行います。 奥義 2ターンの間巨大化状態にシフトします。 シフト中は最大HP・攻撃力・防御力が上昇し、かばう全域化・アタック全体化・覚醒スキルの性能変化が発生します。 シフト中は封印の特殊状態になるため、巨大化し続ける事はできません。 これとは別に、自身以外への攻撃力バフが付いています。 マスエフェクト(ME)• 劣化フォトン環境でもバフの持続ターンを安定させる、ケイブキーパー1つで無敵を持続させるなど、様々な用途が考えられます。 【カウンタートルーパーのゲージ-1】 どのスタイルでも強力なゲージ減少系MEです。 小ネタ 巨大化による最大HP上昇は、MEやオーブ特性によるHP上昇とは乗算されます。 リーダー時に巨大化を使うとHPは基本値の1. 5倍ではなく1. 54倍になります。 攻撃力と防御力は通常の通り合算されたため「HP上昇」と「最大HP上昇」は別種のバフの扱いのようです。 相性の良い霊宝 [] 基本的にはビーンズペーストなどでHP・防御力を伸ばせば問題ありません。 基礎防御力を伸ばせば、防御力バフの効果も上がります。 編集時の注意点• 技変化を伴う専用霊宝の扱いに関して、を更新しました。 編集をしてくださる方は「」および「」のご確認をお願いいたします。 キャラクター画像は、本ページに直接添付してください。 画像サイズ・画質については編集ガイドライン(共通)の該当項目をご参照ください。 星3Lv30時点のステータスはフリーバトルのものをご記入ください。 また汎用特性は、現在は「飛行」のみとなります。 wikiの編集方法については、をご確認ください。 8章1節で活躍してくれたわ。 リーダーに置いてMEだけでも便利だし、回復役と巨大化でガンガンアタックするかを切り替えられるのが強い。

次の

【メギド72】ネフィリムの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

ネフィリム メギド

35倍のダメージ。 ただし2ターンの間、自身が封印状態になる。 サバト限定 魔宴 サバト 召喚限定で入手できるメギド ネフィリムの強い点• Point! その分、トルーパーからは他の盾役よりも1. 5倍のダメージを食らってしまいます。 ワンボトム編成での起用もアリ 盾役という役割上、高い耐久ステータスを持つだろう。 Point! 自己再生能力が無い事と、ワントップ編成よりもダメージ補正が大きいという点は把握しておきましょう。 強力な範囲攻撃への回答として• 敵の全体攻撃から味方全員を守ることができる強力な効果だ。 全体攻撃を受けても、ダメージはどうやら一人分の様子。 すぐに死んでしまうということも無さそうだ。 Point! 巨大化してからスキルを上書きする必要があるかが良く分からずでした。 すぐに発動という訳には行かないので、速攻してくる敵には別のアプローチを探すほうが良さそう。 Point! 確率かばうが全域化…という訳には行かないでしょうね。 流石に。 シトリーやカスピエルなどの強力な奥義を素早く撃てるようになるのが魅力だ。 単体でも活躍するメギド ネフィリムは貴重な後列盾役として、リーダー以外での採用も十分に考えられるメギド。 特定のメギドとの組み合わせは考えずとも十分活躍できるだろう。 イベントオーブのサタニックリブラやウォールバスターが入手しやすいだろう。 かばう 【強化効果】 味方単体を対象とする攻撃を、自身が代わりに受ける状態。 防御力上昇 【強化効果】 防御力が一定割合上昇している状態。 同じ手段で掛けた効果は重複しないが、違う手段で掛けた効果は重複 加算 する。 1倍のダメージ。 35倍のダメージ。

次の

【メギド72】ネフィリムの評価とおすすめ使い方|進化素材一覧

ネフィリム メギド

ある日、メギドの公式で新メギドの、それもテルミナス(期間限定)メギドということでメギド界隈(意外と狭い)が賑わった。 散々ソロモン王たちを煮え湯を飲んだ、馬鹿の一つ覚えと罵られる『 強化解除+超高倍率全体攻撃』という ギミックの対処が可能( 可能とは言ってない)なメギドである。 僕のメギド貯金は全くもって残高が増えやしないのだ。 彼女である。 巨大化という特殊状態は強化扱いではなく特殊状態で、いかなる方法に因っても維持されるのだ。 なおそれ故に その状態を伸ばす方法も存在しないので扱いには大変面倒なことになる。 (覚醒状態で放置すると敵のAIにタゲられて集中砲火で沈みかねないのだ) 実際の想定と違い、ネフィリムが強化解除奥義に対処できるパターンが思いの外難しかったのだ。 このゲーム 強化解除する敵が、その手段が豊富すぎるのだ。 特に大幻獣などはほぼありとあらゆる全体高倍率奥義の持ち主は、奥義以外にも通常スキルのおまけに強化解除を気楽にやりすぎるのだ。 例を上げれば確定でスキルが湧いてきて、それがダメージを伴いながら「かばう」や、「状態異常耐性」を剥がしてくるのである。 これネフィリムの出番が何処にもなくない? 始めたての頃は「ガブリエル、くそ野郎があああ!!」と痛い全体強化解除+奥義を喰らいながら呪詛のごとく恨み言を吐いていたが、よくよく思えば『 コイツ、奥義以外はバフを解除しない良心的な敵だなあ』と新しい編成のサンドバックになってもらっていた。 今実装されている7章で は強化解除しない代わりに鬼畜か、 挨拶と雑談しながら強化解除してくるか、 その両方を備えたさらなる鬼畜か、の何れかである。 だが、実装されて1ヶ月たった今、試行錯誤の末にネフィリムの活躍の場を見つけた。 ここである。 魔法猫オスカー:難易度エクストリーム。 ここが恐らく ネフィリムの最適解といえるステージであろう。 まず、オスカーは通常攻撃で前衛後衛お構いなしに強化解除と束縛のダメージを伴った物を行ってくる。 コレ自体は全く問題ないのだが問題は この超高い防御力を貫通する手段が点穴であり、その点穴はねずみ化しても問題なく機能するのだが、覚醒スキルの暗闇が点穴にとって最悪と言える状態異常(命中率50%なので全段ヒットしたりするがそんな乱数はまず引けない、むしろ すべて外すことすら有る(あった))なのだ。 でだ、ネフィリムにはスキルに頼らないかばう手段を可能な限り講じる。 幸い、ネフィリムはカウンターオーブの『サタニックリブラ(確率庇う)』と、星6にしたときの霊宝で同キャラ被りの恩恵で霊宝装備枠が増えており、ここに『毒除けの盾』を3つも装備できるのである。 編成に関してはカウンターメギドさえ居れば、残りはラッシュで固めてしまえばいい。 本来は「スキップ周回用」と割り切ったセーレ君(彼は ラッシュ敵からのレア枠のドロップ率を50%上げるという神特性持ちである)であるが誰よりも早く行動し、状態異常回復をスキル1個で行える正にネフィリムのために居るサポーターと言える。 (星6にするエンブリオがもったいないと当初は思っていたが実際には文句なしの前衛サポーターであろう)。 ベリアルの点穴始動の固定砲台のターンには オスカーの覚醒も程よく溜まっているので 固定砲台VSオスカー奥義or覚醒スキルという構図にたいてい成っている。 ここで古の狂竜で全体に状態異常予防を巻ければ プレイヤーの勝ちで、 覚醒スキルを打たれて3ターン後まで仕留めきれずに固定砲台が解けたら負け、というパターンからネフィリムは 巨大化からの「全体化庇う」というムーブができていればこの覚醒スキルを唯一人で浴びてくれるのだ。 ネフィリムには勝算(称賛)が在った!.

次の