木下優樹菜事務所。 木下優樹菜、不倫疑惑相手は「超大手事務所グループの人気メンバー」! 実名報道されないのは「マスコミの忖度」(2020/07/08 15:32)|サイゾーウーマン

木下優樹菜さんの証言に事務所が困惑か 聞き取りのたびに変化?

木下優樹菜事務所

木下優樹菜が自らの愚行により、大ピンチに陥っている。 実姉が働いていたタピオカドリンク店のオーナー夫妻に対し、 恫喝めいたダイレクトメール(DM)を送っていたことを暴露されてしまったのだ。 タピオカ店を経営していたオーナー夫妻と、従業員として働いていた姉との間で起きたトラブルに、木下が参戦したことで騒動は一気に拡大した。 当初、タピオカ店を宣伝していたが、 トラブルになったことを知って「もうお店には行かなくて大丈夫です」などと〝不買〟を呼び掛けてしまったのだ。 これに怒ったのがオーナー夫妻で、その関係者が木下から送られた恫喝DMをネット上にアップした。 しかも、そのDMの内容や文面があまりにも酷すぎたため、大炎上。 「色々 頭悪すぎなw」「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと 思うしばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、 あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、 謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ うそつきwww」などと、とても好感度が大事なママタレとは思えない幼稚な文章が並んでいた。 DMには「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」 というくだりもあった。 これにより木下のみならず、プラチナムまでバッシングされるハメになってしまったのだが「あまりにもレベルの低い争いに巻き込まれて、プラチナムも頭を抱えている」( 芸能プロ関係者) プラチナムが「総出でやる」ということで、芸能界に詳しいネット上ではタピオカ店を心配する声も多数挙がっていたが、「仮に今回のトラブルが表沙汰になっていなくても、せいぜい弁護士を紹介するくらいで特に動かなかっただろう。 力を入れる意味がな いから。 現在は事務所総出でスポンサーやテレビ局に謝罪行脚して いる」(前同) そもそも現在のプラチナムは「総出」でとても動けない状況にある。 「裏の交渉事を担ってきたプラチナム関係者が、全然別のトラブルに巻き込まれてしまい、今は迂闊な行動を取れなくなってしまっ た。 事務所としてはそちらのトラブルの方が重要な関心事であり、木下の姉のトラブルなんて相手に していられない」(芸能関係者) これ以上、騒動が拡大しないように様々なルートを使ってマスコミには圧力を掛けているが、 もはや無かったことにすることは不可能。 木下の芸能人生は終焉を迎えそうだ。 文=田中勇気(大手週刊誌ライター).

次の

木下優樹菜、不倫疑惑相手・Xの名前が報じられない理由…大手事務所グループメンバーか

木下優樹菜事務所

木下優樹菜 一向に収まる気配のない木下優樹菜のタピオカ店騒動だが……。 実姉が勤務していたタピオカ店のオーナー夫妻に対し「弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」などど、恫喝めいたDMを送っていたことを示すような画像が流出し、炎上が収まらない状況だ。 「文春オンライン」(文藝春秋)では木下と実母、夫の藤本敏史と3人でオーナー夫妻の自宅に謝罪に訪れたと報道。 これは木下の所属事務所とて同じ。 騒動発覚当初は、後ろ盾の大手芸能プロダクションまで総動員して火消しを図ったが、SNSでは通用せず、逆に「隠蔽しようとしている」と叩かれるハメになった。 木下がインスタグラムの裏アカウント(裏垢)を持っていると騒がれ、炎上さなかに「ハワイに家族旅行に出掛けた」とするウワサが一人歩きしたこともあった。 「これについても、担当者は必死に『木下は日本にいます』と説明している。 実際、彼女が自宅で反省の日々を送っているのは間違いないようです。 ただ、ネット上の悪質な書き込みには手を焼いており、事務所関係者もお手上げといった様子です」(同) たった1通のDM画像で、それまで築き上げていたものが一瞬で崩れ去ってしまった木下。 事務所総出で火消しするも、そのダメージはなかなか癒えないようだ。

次の

木下優樹菜を引退に追い込んだ「事務所総出でやりますね」

木下優樹菜事務所

木下優樹菜 芸能活動を自粛していたタレントの 木下優樹菜が1日、活動を再開すると発表していたが、その5日後の6日、所属事務所のプラチナムプロダクションは木下が芸能界を引退すると発表した。 今回の引退に際し、木下本人のコメントはない一方、プラチナムは「今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」と発表。 両者のわだかまりを示唆する文面を受け、引退の理由をめぐりさまざまな憶測が広まっている。 そのなかでももっとも大きく取り沙汰されているのが、木下の不倫疑惑だ。 今年1月、木下とサッカー日本代表選手・ 乾貴士が関係していた疑いが浮上。 「女性セブン」(小学館)の直撃取材を受けた乾は、なぜか言葉を濁すのみで明確に否定しなかった。 「ガセであれば木下サイドもしっかり否定のコメントなりを発表して火消しすればいいものを、なぜかこの件については沈黙を貫いた。 そのため、誰かに不倫の証拠を握られており、変に否定してそれが公表されるのを恐れていたのではないかという見方が広まっていました」(週刊誌記者) では、突然の引退と乾との件は何か関係があるのだろうか。 芸能事務所関係者はいう。 「事務所と木下の間で復帰後について本格的な話し合いが行われ、その際に事務所サイドがもっとも懸念していた乾との件について改めて尋ねたところ、どうやら木下が事務所に対してずっとウソをついていたことがわかったようなんです。 話を聞けば聞くほど、おかしな点がいろいろと出てきた。 さらに、乾なのか別の男性なのかはわかりませんが、関係を持った男性との再婚を望んでいるとまで言い出したという話もある。 それで事務所も、木下をこれ以上庇いきれないと判断したようです」 乾以外とも不倫の疑いか そして8日になって各メディアが一斉に、木下が乾以外の別の男性・Xとも関係を持っていたと報じた。 「木下が乾以外とも不倫していたことをこれまで事務所に隠しており、復帰後に週刊誌から事実確認の連絡を受けた事務所に問いただされ、木下がゲロッたという噂が今週に入り流れていたんです。 タピオカ騒動で散々な目に遭った事務所ですが、それでも復帰発表後はテレビ局をはじめ各方面に積極的に木下を起用してくれないかと売り込んでいました。 もし新たな不倫がわかったとなれば、さすがに堪忍袋の緒が切れても仕方ないでしょう」(テレビ局関係者).

次の