はめふらあっちゃん。 乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…の伏線・設定のネタバレまとめ!前世の親友あっちゃん登場

はめふらあっちゃん

概要 の前世であった女子高校生(通称・)の世界で発売されている『』シリーズにのライバルの1人として登場する女性キャラクター。 のアスカルト伯爵家の令嬢(長女)で、の。 父の伯爵は同国の宰相を務めている。 身長が判明している主要キャラクターの中では最も背が低い。 両親や兄からは大切にされ愛されていたが、その特異な外見が原因で周囲から「呪われた子」と呼ばれて忌み嫌われ、家に閉じこもりがちだった。 しかし魔力を持つためにいずれは学園に入学しなければならず、人慣れの為に王子主催の茶会に参加した際に心無い貴族の子供達に捕まって罵倒されていたところを、偶然にも通りかかったに助けられる。 その後、ロマンス小説を語る同志に飢えていたカタリナに捕まり、好きな物語に登場する憧れの王女そのものの彼女と過ごすうちに、愛らしい笑顔を取り戻していく。 と違いカタリナに対してはあくまでも「親友」とみているが、初めての友人となったカタリナを強く慕っており、義妹になれる可能性にもとづいて自慢の兄であるニコルを何かとけしかけている。 TVアニメではカタリナに自分の気持ちを告白していて、一緒に住む覚悟がある旨を伝えている。 カタリナを独り占めにしようとしているに対しては幼い頃からむっとしていて、もし婚姻関係を結ばれたら今までのように会えなくなってしまうと懸念している。 外見による差別も悩みのタネではあったが、それとは別に、よく 大切な人を失う悪夢に悩まされる。 悪夢の内容は全く覚えていないが、とにかく悲しい事と不安感だけは感覚として残っている。 だが、 カタリナと一緒にいるとそれが消える。 魔力属性は、兄と同じ風。 カタリナ自身は彼のルートを攻略する前に死んでしまったため、詳細は不明だが、親友であったの情報によると、ニコルルートは彼を攻略する前に彼女の攻略が必須だった模様。 外見などの基本設定は本編と同じだが、メアリ同様、カタリナの事は嫌っている。 関連動画 関連タグ (兄) 以下、ネタバレにつき、閲覧注意 実は、 カタリナの前世(通称・野猿)の親友であったの姿である。 ソフィアの悪夢の正体は「親友を事故で喪った敦子の慟哭の記憶」であり、それゆえに「二度と親友を失ってはいけない」という意味で夢に見ているのだが、上述の通り目が覚めた時には忘れている。 前世の記憶がそのまま人格に現れているカタリナとは異なり、 ソフィア自身に敦子の記憶はなく、一種の的な状況による二重人格状態にある。 但し、カタリナと行動した際、「懐かしい感じがします」と話すなど自覚はないが前世との繋がりはある様子。 敦子の転生としてのソフィアに関してはを参照。 真・ネタバレ関連タグ 関連記事 親記事.

次の

はめふらで『あっちゃん』が話題に!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

はめふらあっちゃん

アニメ乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったの第11話あらすじや感想を紹介しています。 主人公カタリナ・クラエスにてまとめ情報は以下をご覧ください。 オープニング主題歌を歌うangela アンジェラ 「乙女のルートはひとつじゃない!」については詳しくは以下の通りです。 生徒会長シリウス・ディークの原作小説より、ネタバレについて別途書かせていただいております。 アニメ最終回以降のネタバレも含みます。 ソフィア・アスカルトについてのネタバレについても別途書かせていただいております。 メアリ・ハントについてはこちらに書かせていただいております。 感想につきましては初見の方に執筆いただいております。 前世の夢を見つづけるカタリナ。 一方ジオルドたちは、カタリナを医者に診せるも原因がわからず、悲しみに暮れていた。 依然として目を覚ますことはないカタリナを前に、それぞれが自分の気持ちに気づくのだった。 出典: より 感想「あっちゃんとの再会と別れ。 なんか急に泣かせにきた」 👑第11話の振り返りイラストを公開🐍 こんなにも皆から愛されているカタリナ。 そして、あっちゃんとの友情。 涙なしでは観られません。 カタリナと同様にマリアも夢の世界に迷い込んでしまっているのかと思いきや、あっちゃんから居場所を聞き、助けにいくとマリアは拘束されているだけでした。 光の魔力に闇の魔力は聞きにくいとはあるんですかね? 仲間たちのカタリナへの想いが再び描かれることとなりましたが、正直もうお腹いっぱいです。 最終回に向かって物語の展開が失速しているようにも思います。 はめふらはシリウスの破滅フラグ回避で終わりでしょうか? カタリナ何故か前世の世界へ カタリナはシリウスの魔法によって眠らされてから、自分がカタリナとして過ごした日常のことを忘れ、前世の世界に囚われてしまいました。 10話にしてやっとカタリナの前世の顔が描かれることになりました。 カタリナ自身、最初は違和感を覚えていたものの生活を送っている内に違和感が消えていったようです。 前世ではクラスの影キャ的なポジションなのかなと思っていましたが、結構主人公してましたよね。 時間の流れが現実とカタリナの見ていた夢とは違うみたいです。 お腹いっぱいの想い カタリナが目を覚まさなくなってしまい、仲間たちのカタリナへの想いが描かれることになりました。 何度か同じようなことが描かれましたし、全員カタリナ大好きってことはわかっていますので、お腹いっぱいです。 ちゃっかりアラン想いを自覚する これまでメアリがアランにカタリナに好意があるということを自覚させないようにしてきましたが、今回の事件によってアランはカタリナへの想いを自覚してしまいました。 失ってから気持ちに気づく的な展開でしたね。 カタリナを失ってはいないんですが…。 その辺りの「 怖い。 あいつを失うのは…。 俺はなんて鈍いんだ。 今になって初めて自分の気持ちに気づくなんて」と言い回しがうまいなーと思ってしまいました。 またやはりメアリの作戦がうまくいっていたようで、ここで初めてアランが自分の想いに気づいたようです。 ソフィアとあっちゃんは別 カタリナが前世の記憶を持っていたので、ソフィアも同じようにあっちゃんが前世だったりするのかなと予想していましたが、 ソフィアと共に在る関係のようです。 突然あっちゃんしゃべりだしてびっくりしましたね。 力を使い切ってあっちゃんともお別れかなと思いましたが、あっちゃんの「今度はソフィアとしてずっと傍にいるから」というセリフからソフィアの中に戻るようです。 音声はなかったのですが、クリア済みのあっちゃんからシリウスの本当の名前も聞き、カタリナはシリウスを救いにいかなければなりません。 シリウスも何かと戦っている シリウスが狂気に満ちているのかと思っていましたが、闇の魔力の中にある意志のようなものと会話をしているような描写がありました。 母との別れも描かれていたので、母を失った際に呪いのような形で闇の魔力を手に入れたのかもしれないですね。 カタリナが目指す シリウスの救済を考えると闇の魔力からの解放といったところでしょうか? カタリナ農場第9回.

次の

はめふらのソフィア・アスカルトの正体とネタバレあっちゃんは前世?乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

はめふらあっちゃん

夢の中の前世の日常 闇魔法で眠るカタリナ……夢の中で前世の日常が描かれていましたね。 ただし、自分の顔に違和感を覚えたり、食パンではなくきゅうりを咥えて登校したりと、ちょいちょい「カタリナ」部分が出ちゃってる……そんなごちゃまぜな感じの日常。 今まで描かれていなかった顔もちゃんと描かれていましたね……悪役顔からは程遠いものの、あちこちはねたくせっ毛が特徴的……より野猿っぽい感じではある…。 そんなカタリナが過ごす夢の中の前世の日常は、ギリギリアウトで遅刻したり、授業中に居眠りして叩き起こされたり、あっちゃんと一緒に楽しくお弁当食べたり会話したりと、至ってとても楽しそう。 当たり前の日常だけど、なぜかとても懐かしく、なぜかとても愛おしい……カタリナにとっては数年ぶりのコンティニュー……懐かしく感じるのも当然ですよね。 また、前世での母親や兄も登場するなど、今までわからなかった家族構成についても描かれていて、ある意味カタリナの本当のルーツを知ることができたようにも思いました。 それにしても今の非日常が前世の日常の記憶を呼び起こすことになろうとは……なんだか走馬灯みたいでちょっと不吉な感じもしなくもない…。 あまりにも特別すぎるカタリナ・クラエス 眠りつづけるカタリナが懐かしい夢を見ている一方で……カタリナの近しい人達の精神的ダメージは計り知れないほど大きかった。 そんな中、各々がカタリナとの出会いを回想するのですが……第1話から見続けている人にとってはかなり感慨深いシーンだったように思います。 なにせカタリナとは逆視点での回想ですからね……各キャラごとのカタリナと出会った当時の気持ちや、今の気持ちがありありと描かれていて、いろいろと腑に落ちる部分も多々あるんですよね。 幼少の頃のエピソードを補足するかのような逆視点でのカタリナ語り……他のキャラクターから見たカタリナ像が改めて浮き彫りになり、なんだかこれまでの伏線がすべて回収されたかのような達成感がありました。 そしていかにカタリナ・クラエスが彼らにとって大切なのか……改めて実感させられました。 ただ、個人的に一番ささったのは悲壮感ただようアンでしょうか……。 以前に描かれたアンの過去のエピソード……これを見る前と後ではアンの印象がまったく変わる。 なので、画面上にアンがいるだけでついつい追いかけてしまうんですよね……決してメイドフェチというわけでは(以下略) 胸熱すぎるソフィあっちゃん ソフィアに転生したあっちゃんがめちゃくちゃ頑張っていましたね。 カタリナと同じく、前世からの転生組であるソフィア……ただしその人格はソフィアとあっちゃんで明確に分かれている模様。 もしもこのままカタリナが目覚めなければ……あっちゃんからしてみれば二度目の別れ……このまま何もしない選択肢などありえない。 というわけで、あっちゃんはソフィアを鼓舞してカタリナの元へと向かわせ……それに呼応するようにみんなもカタリナに元へと集まるんですね。 もう、この時のあっちゃんの頼もしさときたら……! これまでもソフィアと一緒の場面では、ちょいちょいあっちゃん出てきてたけど……今回のあっちゃんは気合の入りが全然違う。 まさか、ここにきて前世つながりの伏線回収に入るとは……こういう展開、もっとやってええんやで? そしてあっちゃんのおかげでカタリナは今のあるべき自分を取り戻すことになり……偽りの夢の中でなく、前世の転生者同士として、本当の再会を果たすことになる。 この時の二人の会話がとにかくエモい。 前世で急死したカタリナは、お礼を言えなかったあっちゃんに懸命に「ありがとう」を伝えるのですが……ほんの一瞬だけ指先が触れ合った瞬間に思わず目頭が熱くなった。 また、そんなカタリナに対してのあっちゃんのアンサーが最高に胸熱すぎた……なんなんこのシーン? 鼻水止まらんわ。 あっちゃん、めちゃくちゃいい仕事してくれたな~。 そして今後はソフィアとして……カタリナのそばにずっと一緒にあり続ける……。 転生モノとしてはありきたりかもしれないけれど……とにかくグッとくるシーンでした。 目覚めたカタリナ、光を助け、闇をどうする? あっちゃんのおかげで目覚めたカタリナ……みんなが安堵して喜ぶ様子におもわずニンマリ。 その一方で、カタリナはすぐさまマリアを助けるべく会長の元へと向かうと宣言……夢のお告げと私の勘で(どやっ) 幸い無事に救出されたマリアはみんなに迷惑をかけたことを謝るものの……カタリナはそんなマリアを抱きしめながら、マリアが無事だったことを心から喜ぶ……これが本当の悪役令嬢なんです? 次は会長の元へと向かうのですが……なんかいかにもな雰囲気の部屋で一人うずくまる会長は、なんだかひどく苦しそう……。 会長の中にはもう一つの人格(?)が宿っており、素の会長本人は闇魔法を使うのを拒否していた。 会長の過去についても少し回想があったんですけど……カタリナの「優しい味」という言葉って、実は会長の母と同じ言葉だったんですね……だからカタリナが狙われたのか。 そんな母親が最期に遺した言葉は「仇を取って」……どうやら会長は母の復讐をするために闇魔法を使っているようですね。 ただ「仇」という言葉には強い違和感を感じますね……「優しい味」な母親にはあんまりそぐわない言葉のように思います。 そしてカタリナはそんなシリウス会長に対し……対決ではなく対話を望むんですね。 光を助け、闇をどうする……カタリナの語る言葉に注目ですね。 まとめ アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第11話「破滅の時が訪れてしまった… 後編」を視聴した感想について書きました。 各キャラの逆視点によるカタリナ語りも良かったけれど……今回はなんといっても「あっちゃん」でしたね。 これまでもちょいちょい出てきた「あっちゃん」が、まさかここに来て活躍することになろうとは……。 特に二人の親友が本当の再会を果たすシーンは思い出すだけでも目頭が熱くなってくる……ほんといい演出だったわぁ……特に最後のあっちゃんの笑顔…最高やで。 次回もとても楽しみです。 以上、アニメ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」第11話の感想でした!.

次の