命の母 効果。 命の母ホワイトの効果。生理痛やPMSに効く?みんなのリアルな声

命の母aは効果あり?口コミ集

命の母 効果

命の母ホワイトの効果。 生理痛やPMSに効く?みんなのリアルな声 命の母は更年期障害のお薬というイメージがありますが、 命の母ホワイトは更年期以前の世代のお薬として発売されています。 今回はそんな命の母ホワイトについて、飲んでみた感想を含めて効果や成分をご紹介します。 生理不順や生理前のイライラ、肌トラブルに悩んでいる女性は是非読んでみてくださいね。 「命の母」と「命の母ホワイト」は何が違うのか 命の母は、主に更年期障害の症状を和らげる薬です。 そのため服用する対象は、50代以降の女性をターゲットとしています。 また、更年期障害と生理不順という改善する症状が異なるため、含まれている成分にも差があります。 ビタミン類には、身体の疲れやだるさを改善する効果が期待できます。 ・精神を安定させる生薬が多く含まれています。 ・血液の流れを良くするための生薬が多く含まれています。 ・体内の水分の流れを促す生薬が多く含まれています。 特にタクシャという生薬は、命の母ホワイトのみに含まれている成分で、生理不順の改善に効果があると言われています。 命の母は、更年期に必要とされているビタミン類を含んでおり、精神安定に一役買ってくれるような特徴があり、命の母ホワイトは、体内の血流や水分の流れを良くするという働きが期待できるという違いがあるのです。 命の母ホワイトの効果効能は生理不順・イライラ・生理痛などたくさん 命の母ホワイトは月経不順の薬ですが、月経不順の他にも様々な効能があります。 命の母ホワイトの効能• 生理不順• イライラする• 落ち着かない• ぼーっとする• 八つ当たりしてしまう• 肌荒れ• ニキビ• 生理痛• むくみ• 身体のだるさ 命の母ホワイトは、月経に関わる身体や心の不調に効果があるのです。 月経と共に体調が変化するのは当たり前。 月経と女性ホルモンの関係 月経には女性ホルモンが大きく関わってきます。 月経が無い男性は、規則的にイライラしたり体調が優れないという時期が無いのは、この女性ホルモンの規則的な変化が無いためです。 月経は、エストロゲン 卵胞ホルモン とプロゲステロン 黄体ホルモン という2つの女性ホルモンの分泌によってコントロールされています。 エストロゲンは月経後から排卵前まで分泌される女性ホルモンです。 このホルモンには、女性の肌や髪をツヤツヤにしたり、体調や気持ちを安定させる働きがあります。 女性を輝させるホルモンと言っても過言ではありません。 このホルモンがたくさん分泌されている間、体内では子宮内膜が厚くなったり、卵胞が成熟するなど、妊娠するための準備を着々と進めているのです。 プロゲステロンは、排卵から月経まで分泌されるホルモンです。 このホルモンは、体内に水分を蓄積させむくみやすくなったり、体温を上昇させるので身体がだるくなったりします。 これは、体内がいつ妊娠しても、妊娠を継続させることが可能なように、体内に水分を溜めたり体温を上昇させたりしているのです。 この他にも、血液をより子宮へと集めるため血行が悪くなったり、腸の運動を抑えるため便秘になりやすくなったりと、女性の身体にとっては、あまり嬉しくない症状が表れます。 この2つの女性ホルモンの移り変わりにより、女性の身体は規則的に変化していくのです。 命の母ホワイトは、このプロゲステロンの分泌による、血行不良や水分の流れを良くするので、月経時の体調不良に効果があると言われているのです。 命の母ホワイトを飲んでみて実際どうだった?みんなの声 命の母ホワイトを実際に飲んでいる人に、命の母ホワイトを飲むきっかけや、飲んでみた感想など聞いてみました。 以前からイライラで悩んでいたAさんの場合 命の母ホワイトは、更年期で悩んでおり命の母を服用していた母から勧められて飲み始めました。 母も私も生理不順で、生理前には少しのことでイライラしてしまう体質だったのです。 子どもが大きくなり、私がイライラしていると「ママ、もうすぐ生理がくるんじゃない? 」と話すほど。 そんな状況を、たまたま見ていた母が「自分も更年期で悩んでいる。 そんな時には命の母を飲んでいる」ということを話してくれたのです。 母の話によると、命の母を飲み始めてから、更年期によるイライラが改善したということでした。 調べてみると、命の母ホワイトという生理に効くお薬があるということで、私も飲んでみることにしたのです。 効果は、すぐに表れるという感じではなく、だんだんと症状が改善されていったかな、という感じです。 また、お薬を飲んでいるから大丈夫という安心感もあるように思います。 生理不順で飲み始めたBさん 大学生の私は、生理不順で悩んでいました。 体育の授業や、みんなで温泉旅行に行くなど計画するにも、いつ生理がくるのか不安だったのです。 しかし、婦人科に行くのは不安でしたし、授業や就職活動などで忙しく、まとまった時間がいつ取れるのか、見通しが立てづらいのも、病院から足が遠ざかっていた一因です。 そんな時に、薬局で命の母ホワイトを見つけました。 生理不順に効果のあるお薬だということで、早速購入してみました。 飲み始めたばかりなので、効果はあるとは断言できませんが、命の母ホワイトを飲んでみて、生理不順が改善されなかったら、婦人科を受診してみようと、婦人科へ行く前のステップとして利用しています。 Twitter、インスタグラムなどのSNSでのみんなの声 その他にもたくさんの声がSNSでもあげられています。 命の母ホワイト、有効かもしれない。 まだハッキリしてないけど。 なんか鬱々としてた気分が治ってるよ。 女の子当日のロキソニンが効かない痛みには効果なし。 腹巻き巻いた方がマシ。 上記同様の目眩眠気には効いているかも。 しかし、医療機関へ行くまでの様子見であったり、薬を飲んでいる安心感という、症状を改善させること以外のことにも一役買っているようです。 命の母ホワイトに配合されている漢方は医療機関でも処方される 命の母ホワイトには、様々な漢方が配合されています。 漢方の良いところは、抗生物質や解熱剤のようにすぐに効果は出ないものの、その分ゆっくりと身体に効果が表れてくるということです。 生理不順で医療機関を受診した場合、ピルなど処方されますが、これは身体を妊娠したような状態にするという変化をすぐに引き起こします。 一方、医療機関で漢方を処方される場合もあります。 これは、体質改善などを目的としたり、ピルなどの副作用が心配な場合に処方されることが多いようです。 医療機関で処方される漢方には以下の物が含まれています。 トウキ• シャクヤク• ケイヒ• ボタンピ• トウニン• ニンジン これらは、命の母ホワイトにも配合されている成分です。 もちろん、漢方も身体に合わなければ副作用が出ます。 命の母ホワイトも副作用として、皮膚のかゆみや胃の不快感が表れたりします。 その場合には、服用を中止するようにしましょう。 命の母ホワイトは試しに飲んでみてもGOOD! 命の母ホワイトは、漢方やビタミンなど身体にゆっくりと変化をもたらす成分が配合されています。 そのため、授乳中の人以外は、基本的に服用しても大丈夫です。 もし、妊娠初期に命の母ホワイトを服用してしまっても、妊娠中に服用する漢方も含まれているため、直ちに胎児に影響があるとは限りません。 しかし、服用に関して相談した方が良いと記されているので、妊娠が判明した際には、命の母ホワイトに関して、医師に相談してください。 また、妊娠以外でも、医師に服用を相談した方が良い人がいます。 医師の治療を受けている人• 薬でアレルギーを起こしたことがある人• 身体が弱い人• 下痢しやすい人 月経不順や月経時の体調の変化は、個人差が大きく、なかなか他人に分かってもらえないことが多いですね。 婦人科を受診することで、症状が改善される可能性は高まりますが、受診する時間がなかなか取れなかったり、受診が躊躇われる場合もあるでしょう。 上記の人以外は、まず命の母ホワイトを試してみるというのも、一つの手です。

次の

更年期「命の母」Aその効果は?イライラ・ホットフラッシュ・便秘解消の効果を実感。

命の母 効果

1.更年期障害が起きる理由と症状 「更年期、あったかしら?」と振り返ってみたら、更年期は過ぎていたなんていうハッピーな人もいれば、「十年以上も更年期障害に悩んだ」という気の毒な人もいます。 このように人によって症状の出方に軽重がありますが、更年期障害の原因となる体内の女性ホルモンの大きな減少は、どの女性にもやってきます。 1-1. 更年期障害が起きる理由 閉経する数年前から閉経後の数年までの期間を更年期といい、女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少する老化の一現象です。 体内の女性ホルモンの量が減少すると、脳は女性ホルモンをもっと出すように卵巣に指令を出します。 ところが、卵巣機能も老化で衰え、指令を出しても女性ホルモンを以前のように出すことができません。 そして、体内に常に一定量あった女性ホルモンが急激に減少するという変化に脳や体の機能がついていけず、自律神経のバランスが崩れ、体にまで悪影響を及ぼすことになります。 1-2. 更年期障害の症状 更年期障害の症状は色々な部位に出現するため、不定愁訴な症状とよくいわれています。 具体的に挙げてみましょう。 ・肌の症状(眼や口、肌の乾燥・多汗・吹き出物など) ・消化器系の症状(便秘や下痢・食欲低下・吐気など) ・筋肉や骨の症状(肩こり・腰痛・関節痛など) ・泌尿器系の症状(頻尿・残尿感・尿失禁) ・生殖系の症状(月経不順・オリモノの増加・デリケートゾーンの痒みなど) 非常に多くの症状がありますね。 上記の中にある症状が1〜2つ程度しかない人もいれば、全てあるという人もおられます。 このような更年期障害の改善に効果的といわれる「ルビーナ」と「命の母A」について、これから解説致します。 2.ルビーナと命の母Aの成分の違い どちらも厚生労働省から更年期障害の効果があると認められている医薬品ですが、特色や成分がそれぞれ異なっています。 両方共、漢方や生薬系の薬効成分が多く含まれています。 それは、更年期障害の症状改善には漢方系の薬がマッチしていると考えられているためです。 なぜ、私たちが普段、飲んでいる西洋の薬よりも漢方系の薬がマッチしているのでしょうか? 2-1. 漢方薬と西洋薬の違い 私たちは風邪をひいた、下痢をしたと病院を受診すると、その病気だけを改善する薬(西洋の薬)をもらうことが多いですよね。 漢方薬は少し、処方のされ方が異なります。 漢方薬の場合、風邪とか急性胃腸炎とか病名ではなく、症状から薬が選択されていきます。 西洋薬であれば、少々、症状が違っても風邪と判断されると、どの人にもPL顆粒などの総合かぜ薬が処方されます。 しかし、漢方薬を処方する時は症状から薬を考えるため、風邪であっても症状が異なれば、処方される薬も違ってきます。 このような症状の改善は、漢方薬の得意分野なのです。 但し、後述しますが、不定愁訴な症状でも重篤な病気が隠れていることがあります。 では、まず、ルビーナから…… 2-2. ルビーナには連珠飲という漢方薬が含まれている 漢方薬と言えば、中国ですが、ルビーナに入っている連珠飲は江戸時代、日本が考えた漢方薬です。 とはいっても。 連珠飲には漢方薬「四物湯(シモツトウ)」と「苓桂朮甘湯(リョウケイジュツカントウ)」という昔からある代表的な漢方薬が入っています。 次は、「命の母A」の薬効成分を検討してみましょう。 2-3. 命の母Aには独自配合の生薬とビタミン類などが含まれている 命の母Aには、13種類の生薬にビタミンやミネラルなどが含まれています。 ところで、ルビーナに入っているのは漢方薬です。 生薬と漢方薬は異なるものなので、まずは生薬と漢方薬の意味合いの違いをハッキリさせましょう。 ・生薬:植物の葉・根・果実・花、また、動植物の分泌物などの不純物や有害な部分を取り除き、加工したものです。 ・漢方薬:上記の生薬のいくつかを組み合わせたもの・生薬の組み合わせ方によって、漢方薬の名前が異なり、効くタイプも異なります。 生薬以外は「ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ビタミンE・カルシウム・タウリン・精製大豆レシチン・ビオチン」です。 3.ルビーナと命の母Aの効能・効果の違い 3-1. ルビーナは更年期障害をどのように改善する? ルビーナに含まれる連珠飲(四物湯と苓桂朮甘湯)は下記のような更年期障害の症状を改善します。 四物湯が効果的な症状 ・体力低下、で冷え性 ・乾燥肌 ・生理不順 など 苓桂朮甘湯が効果的な症状 ・めまい ・動悸・息切れ ・のぼせ ・頭痛 ・神経症状 など 女性ホルモンの大きな変動によって起きる精神、肉体の症状改善に効果的です。 3-2. 命の母Aは更年期障害をどのように改善する? 命の母Aに含まれる13種類の生薬の組み合わせは、定型の漢方薬にはあてはまらないものですが、どれも更年期障害の症状改善に優れた効果を発揮します。 また、王道の漢方薬を選択する時に考慮する「実証」「虚証」という証のタイプで決める必要はありません。 ・血行をサラサラにする(ダイオウ・センキュウ・コウカ) ・冷え性。 血行不良の改善(シャクヤク・トウキ) ・生理不順・精神不安の改善(ケイヒ・コウブシ) ・のぼせ・イライラ・めまいの改善(カノコソウ・ニンジン) ・むくみ・頭重の改善(ソウジュツ・ブクリョウ・ゴシュユ) ・食欲不振の改善(ハンゲ) 生薬以外、ビタミンやミネラルが入っています。 ルビーナの漢方薬と命の母Aの生薬を比較した場合、症状を改善する方法は若干、異なります。 しかし、最終目標である更年期障害の症状改善には、どちらも効果的であることは間違いないようです。 それを理解した上で、例えば、食事が偏食がちならば、ビタミン、ミネラルが入っている命の母Aを、また、歴史的にも効果があるとはっきりしている王道の漢方薬を好むのであれば、ルビーナがいいといった選択の仕方はありますよね。 4.ルビーナと命の母Aの価格の違い(価格. comで比較) ルビーナと命の母Aの効能効果に極端な差が見られませんでしたが、価格はどうでしょうか? 検討してみます。 ・ルビーナ(180錠):2279円(税込) 1錠あたり12. 7円(1日量の価格 114. 9円(1日量の価格 46. 2円 [1日量の価格 50. 5.服用する上で注意すべきこと (ルビーナ) 漢方薬は食前に飲むことが多いのですが、ルビーナは食後に飲みます。 配合されているジオウなどが消化器異常をおこしやすいため、あえて食後にしたと製造元のタケダは公式に発表しています。 ルビーナ、命の母を飲むにあたっての注意点 ・症状を予防する効果はなく、更年期障害の症状を感じ始めたら飲むようにします。 また、長期間飲んでも安全性に問題はありませんが、他の病気が隠れて居ることもあるため、1ヵ月以上飲んでも効果がなければ、医師や薬剤師にご相談ください。 飲み忘れた場合は、次の食後を待って飲みます。 決して空腹時に飲むことはないようにします。 重篤な副作用は考えられませんが、人によってはアレルギー症状、便秘や下痢などの消化器の不調をおこすこともありますので、こちらも薬剤師に御相談ください。 6.その症状は更年期障害ではないかも? 病院受診勧告 更年期障害の症状はたくさんあります。 その中に、更年期障害の症状と似ていながらも全く違う病気だったということがあります。 たとえば、更年期障害と同じような症状に甲状腺の病気があります。 橋本病などの甲状腺機能低下は冷え性になったり、倦怠感があったりします。 その逆の甲状腺機能亢進症は汗が出やすくなったり、のぼせ、倦怠感などの症状があります。 これらの病気の症状を更年期障害と捉えると、一向に改善されません。 病院を受診し、これらの病気専用の薬を医師に処方してもらう必要があります。 その他、更年期障害で見られる症状に不正出血がありますが、子宮がんでも不正出血があります。 また、更年期障害と思っていためまいがメニエル病が原因だったり、動悸、息切れが心臓病や貧血が原因だったりと、更年期障害の症状はあらゆる病気の症状とよく似ています。 そのため、ルビーナや命の母Aをしばらく飲んでも、症状は改善するどころか、ひどくなるようであれば、即刻に服用を中止して病院を受診しましょう。 7.まとめ 更年期障害は重篤な症状になるということはほとんどありませんが、体調や精神の不調はQOLを下げ、生きる意欲さえ失わせるものです。 自分に合った更年期障害改善の薬を見つけるためにはまずは自分の体の状態を知り、それに合致しそうな薬の情報を収集することです。 そしてただ、漠然と飲み続けるのではなく、改善の有無を確かめ、改善が見られないようなら、病院受診を考えることがとても重要になってきます。

次の

命の母がヤバい!口コミ&効果は?更年期障害に効くの?

命の母 効果

Contents• 命の母には更年期症状に対してどんな効果効能があるのかを詳しくチェック 女性特有の更年期症状に効果が期待されると評判の命の母A。 サプリメントではなく、東洋医学の観点から作られた漢方の医薬品です。 更年期は女性ホルモンの減少から自律神経の乱れによって引き起こされるものという考えに基づき、自律神経のバランスを整える作用があります。 具体的には東洋医学的な「血」「気」「水」の巡りをよくする生薬が配合されています。 それぞれの効能は以下の通り。 ・血 「お血(けつ)」といわれる血の滞りによって、女性特有の不調が現れると考えらています。 血が足りなくなりがちな女性のために、血を増やし、血行を良くします。 ・気 気が滞ると、気持ちが落ち込んだり頭がぼーっとしたり、耳鳴りやめまい、イライラなど、精神面の症状が現れやすくなります。 気の巡りを整えて精神面を落ち着けます。 ・水 体内の水が滞ると、だるさやめまい、頭重感などを感じやすくなります。 水の巡りを整えて精神面や冷え性などを改善します。 更年期の症状として多いのぼせやホットフラッシュ、多汗などのほか、イライラや気分の落ち込みへの効果も期待できます。 命の母Aに配合されている漢方の成分を知って更年期に備える 命の母Aは更年期症状の改善を目的としたお薬です。 東洋医学に基づいて生薬が配合されており、いわば「漢方薬」に近いと考えるとよいでしょう。 ところで東洋医学と西洋医学の違いとは? 現代の一般的な西洋医学は、目や耳、内臓など、体のある部分の疾患に目を向け、悪い症状を改善しようという考え方。 一方の東洋医学は体全体のバランスが乱れることによって不調が現れるという考えです。 ですから部分的に治癒を目指すのではなく、まず体のバランスを整えることで自然治癒力を高め、症状を改善するという医学です。 命の母Aには13種類もの生薬が配合されています。 それぞれの成分の効能は以下の通り。 ・血の巡りを整え、お血を改善する ダイオウ・センキュウ・コウカ ・血を増やし、貧血や冷えなどを改善する シャクヤク・トウキ ・気の巡りをよくする ケイヒ・コウブシ ・気の流れを自然の状態にすることで心を落ち着ける カノコソウ・ニンジン ・体内の水分の滞りを解消し、めまいやだるさを改善する ソウジュツ・ブクリョウ・ゴシュユ ・去痰やその他の症状を改善する ハンゲ 婦人科系のトラブルに対応する生薬が豊富に配合されているのが分かりますね。 命の母Aと命の母ホワイトは何がちがうのか成分や効能をチェック 女性特有のトラブルや悩みに寄り添う命の母シリーズ。 命の母Aと命の母ホワイトの違いはあるのでしょうか。 命の母Aは、中高年の更年期症状を軽減する作用があります。 13種類の生薬を配合し、さらにビタミン類をバランスよく加えているため、更年期の幅広い症状に対応します。 とくに更年期症状のイライラや憂鬱感など、精神的な症状にも効果が期待できます。 命の母ホワイトは、生理に関するトラブルに効果を発揮します。 生理痛や頭痛などのほか、PMS(月経前症候群)で起こるイライラや倦怠感、冷えや生理不順といった体質的な悩みも症状の軽減が期待できます。 東洋医学の、血が滞ることで身体の様々な不調が引き起こされる(お血)という考え方から、お血を改善するための生薬が多数配合されています。 命の母Aを効果的に服用するために覚えておきたい飲み方のポイント つらい更年期症状を改善してくれる命の母A。 効果を高める飲み方があれば押さえておきたいですね。 命の母Aは、生薬をエキス上にせずにそのまま錠剤にしています。 このため生薬が持つ効力が遺憾なく発揮されるというわけです。 命の母Aのめやす量は1回4錠を、1日3回に分けて服用します。 ちなみに15歳未満は服用できません。 1日当たり12錠を服用することを考えるとちょっと多いような気もしますが、漢方薬として、生薬の力をしっかりと取り込むための工夫なのですね。 飲むタイミングは食後で、水やお湯と一緒に飲みます。 一般的には漢方系のお薬は食前や食間の服用が多いのですが、命の母Aの場合には食後なのですね。 これは胃腸への負担を減らすため。 もちろん食前の服用でも効果が十分に確認されていますが、空腹で服用した場合には胃部の不快感など、消化器系の副作用が出る可能性がありますので注意しましょう。 命の母Aはビタミン類の配合を抑えているため、サプリメントと併用することも可能。 ただしサプリメントに配合されている成分と重複するものがあれば注意が必要。 医師や薬剤師に相談しましょう。 副作用が危険?命の母Aを控えた方が良いタイプの人について 婦人科系の不調改善に効果が期待できるとは言え、生薬配合の命の母Aにはホルモン剤ではありません。 安全性の高い命の母Aですが、体質によっては副作用に似た症状が現れる場合があります。 ・皮膚 発疹・赤み・かゆみ ・消化器 胃部の不快感・吐き気・食欲不振・嘔吐・腹痛や腹痛を伴う下痢 特に胃腸が弱い人は食後に服用するなどして、消化器の負担を減らすと良いでしょう。 命の母Aはどこで売っている?またその価格はいくらか 命の母は第二類医薬品で、ドラッグストアや薬局で気軽に購入することができます。 身の回りのお店で取り扱いがない時には、販売元である小林製薬のサイトから購入も可能です。 ネットショップや大手通販サイトなどでも取り扱いがありますのでチェックしてみると良いですね。 製品のラインナップとしては、4種類展開されています。 ・1週間分(84錠)…税込756円 ・3週間分(252錠)…税込1,944円 ・5週間分(420錠)…税込2,808円 ・10週間分(840錠)…税込5,076円 大容量になるほど、1錠あたりの単価が下がりますので、長期で飲み続けたい人は大きめのものを購入するのもおすすめです。 命の母Aの口コミ評判.

次の