コロナ 不 登校。 長引くコロナ休校、再開後に不登校の心配も「学校に行く活力を蓄えること」

長い春休み「不登校の子増える可能性」 九大教授が指摘 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ 不 登校

不安になるのは、やはり学校に行っていないからです。 下の方の言うように、適応指導教室に通学することを、お薦めします。 貴方の街にも、必ずあります。 公立なので、授業料は無料です。 登校には、中学生向けの格安定期を、使用します。 適応指導教室の内容は、今流行りの個別学習塾と、酷似しています。 先生は、とても親切です。 適応の登校日数は、中学校の登校日数に計上されます。 しかし、通知表の登校日数が増えるだけです。 成績が上がることは、全くありません。 不登校生の通知表には、よく 「評価不能」 と言う成績が記入されている場合が、多いのです。 これは「優しいウソ」と言う性格のものです。 原簿の指導要録には、「1」と言う成績が記入されているのです。 この成績では、普通の全日制高校への合格は、絶望的です。 通信制高校か定時制高校くらいしか、合格出来ないのが、実情です。 どちらか?と言うと、通信制高校を、お薦めします。 定時制高校は、ヤンキーが多く、授業中が騒がしいのです。 相談室っていう制度があったらそこに通って慣れてきたら教室にと出来ます。 学校に行きたいって気持ちがあったら、今書いてある復帰出来ない理由を紙に書いてみて、今何がしたいのか、学校側にはどうして欲しいか(特別扱いしないでーとか事を大きくしないで欲しいとかあったら)書いて親に見てもらうのが一番かな…? 学校側はそういう対応してくれるはずだから変わりたいと思ったら伝えてみるのが出来たらいいな。 今はちょうどコロナで休みの状況なので多分クラス替えとかで見慣れない顔とかもみんな多いと思うから入りやすいかも。 先生(担任)と会話して日直の仕方とか聞いてみたら教えてくれるはず。 学校行事が苦手って言うのも言ってみてもしかしたら裏方に回れるかもしれない。 人とは無理に話さないのがいいよ。 無理してまでやらなくちゃいけないかと言われたら別にどうでもいい枠だし。 勉強したりしてもし何か言われたら遅れないようにするためだ。 とか言えば強く言う人はいないと思うよ。 不安なことがあったら私ができる範囲でいいなら聞くで。

次の

不登校数は増加する?新型コロナウィルス後の世界

コロナ 不 登校

九州大人間環境学研究院の増田健太郎教授(臨床心理学)に、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校中の過ごし方のヒントを尋ねた。 過ごし方次第では、休みが明けても学校に戻れない子が多くなるかもしれないという。 増田教授によると、もともと春休み明けはクラス替えや担任交代があり、希望と不安が入り交じる。 今年は多くの子が心の準備もないまま突然、長い休みに入った。 部活動も自粛。 図書館など居場所も少ない。 家でだらだら過ごし、生活リズムが崩れると、いざ学校が始まる時、不安が大きく立ちはだかるという。 「遅刻気味や保健室登校だった『不登校予備群』の子が、そのまま不登校になるおそれがある」 一番大事なのは生活リズムを保つこと。 まず朝起きる時間を固定する。 夜更かししても同じ時間に起きて体をリセットし、必要なら昼寝する。 ネットゲームやユーチューブ視聴など「受動的で楽なもの」は、やるなら時間を決める。 1日2~3時間は読書や勉強、ボードゲームなど「能動的で頭を使うもの」に没頭する。 1日1度は外に出るのもいい。 「人混みはよくないが、外の空気に触れると体が元気になる。 気候も良くなったので、海や山など自然に触れるとリフレッシュする」。 毎朝散歩するなど、時間を固定すると生活のリズムも整うという。 家の手伝いもおすすめだ。 洗濯ものをたたむ、お昼ごはんを作るなど、役割を持たせる。 「休みを否定的にとらえるより、成長の機会だと前向きにとらえた方が、不安は軽くなる」 増田教授は昨春も、改元に伴う10連休明けの「五月病」に注意するようホームページなどで呼びかけた。 (渡辺純子).

次の

長引くコロナ休校、再開後に不登校の心配も「学校に行く活力を蓄えること」

コロナ 不 登校

大阪府内にある不登校の子供の親の会に今月、保護者から相談が寄せられた。 学校を休みがちな子供にとって、長期休暇は不登校のきっかけになりやすい。 不登校の子供を支援する「マーブルハウス」(堺市)の石田まりさん(25)は「今後、完全不登校になる子供は増えると思う。 無理して通っていた子供にとって、再び学校に行くにはエネルギーがいる」と話す。 教育委員会や学校は保護者に対し、休校中も規則正しい生活と計画的な学習をするよう呼び掛けている。 再開後にスムーズに登校できるよう、保護者もこうした点に注意を向けがちだが、これをプレッシャーに感じる子供もいる。 不登校の子供の支援に取り組んできた追手門学院大の永野浩二教授(臨床心理学)は「学校に通いづらい子供に必要なのは『やらないといけないこと』より、純粋に楽しめることを見つけることだ」と強調。 「好きなこと、得意なことがひそかな自信となり、学校に通う元気につながる」と訴える。 PR ポイントは「やってもやらなくてもいい、できなくてもいい活動」をすること。 掃除や食事作りといった生活に必要なことよりも、「物を作るならお菓子やプラモデルなど、役に立たなくても性に合う気楽な活動がいい」と永野教授。 得意なことを探したり深めたりすることは「今だからこそできる。 親子で取り組んでみて」と呼びかける。 学校が再開されたら、「無理なく自分のペースで過ごすことが大切」とするのは、フリースクールを運営するNPO法人「ふぉーらいふ」(神戸市)の矢野良晃副理事長。 休校の長期化で学習の遅れへの懸念も高まっているが、「保護者は子供の学習の遅れを指摘したり、学習量を増やしたりして負荷をかけないでほしい」と話す。 また、マーブルハウスの石田さんは「コロナの感染拡大で、子供が健康であることが一番大事だと痛感した人も多いはず。 もし学校に通えなくなっても、その思いを忘れないで」と訴えている。 そんな中、フリースクールでも学びの場や子供同士のつながりを維持しようとオンライン化が進められ、家にいながら外部と交流できる新たなシステム作りのきっかけにもなっている。 PR 奈良県田原本町の「奈良スコーレ」は3月から休校してオンラインに移行。 ビデオ通話などを使って一緒に勉強したり、複数でゲームを楽しんだりしている。 4月には体験入学の申し込みもあり、代表の宇陀直紀さん(24)は「まずはオンラインで参加し、メンバーになじんでから実際に通ってもいい」と考える。 不登校の子供がフリースクールに通い始めようとしても、家を出て知らない人に会うことへの抵抗感で、なかなか踏み出せないことも。 宇陀さんは「オンラインの活用で、家にいる子供たちの居場所づくりや学び方を広げられる」として、感染拡大が収束した後も通常のスクールと並行してオンライン方式を継続させたい考えだ。 「ふぉーらいふ」が運営する神戸市の「ForLife(フォーライフ)」も4月からオンラインスクールを開始。 矢野副理事長は「今は学習コンテンツを提供するより、子供同士がコミュニケーションをとれる場を提供することがニーズに合っている」と話す。 各家庭の通信環境の差や、自分の顔が画面に映るのが嫌な子供もいるなど課題もあるが、「今後もニーズに合わせ、今回構築したオンラインのノウハウを生かしたコミュニケーションの機会をつくりたい」としている。

次の