贈り物 お礼 メール。 社外宛てお礼メールの好印象が狙える例文まとめ【ケース別】

贈り物へお礼の手紙の書き方 贈り物を頂いたらすぐに感謝の手紙を

贈り物 お礼 メール

ビジネスメールのマナーは社会人にとっての必須スキルです。 電話や直接会ってのやりとりと違い、1度送ってしまえば相手が消さない限りずっと残り続けてしまいます。 送ってしまった後で送り先に失礼な内容ではなかったか、不安になる人も多いのではないでしょうか。 いったいどのような返信であれば失礼に当たらず、相手の心証もよくなるのか。 そんなビジネスメールの返信方法を紹介していきます。 日程調節のメールの仕方 もっとも頻繁に行われ、多くのやりとりをするビジネスメールの1つに「日程調節」が挙げられます。 提案や返信の仕方で相手を困らせていないか、無理のないスケジュールで返信してしまってないかと、課題は多くあります。 そんな日程調整のビジネスメールにも抑えておくポイントがいくつかあります。 なぜ打ち合わせをしたいのかを明記すること ポイントの1つは、なぜ打ち合わせが必要なのかという意図を明記することです。 打ち合わせは相手にも時間を作ってもらうのですから「なぜ時間を割いてまで直接話し合う必要があるのか」を相手に理解してもらう必要があります。 メールのやりとりで十分ではと相手に思われてしまっては、相手は不快感を抱きます。 また、すぐ打ち合わせをした方がいいのか、落ち着いて打ち合わせの内容を考えてから行った方がいいのかという事を相手が考える基準にもなります。 打ち合わせの内容、案件の進捗状況、打ち合わせにどのぐらい時間をかけたいのかといった返信がしやすいよう、ビジネスメールを送る際はこれらの情報を明記しましょう。 場所の候補は送る側が提案する ビジネスメールにおいては基本的に、打ち合わせを行う場所は発案側が提示するのがマナーです。 特に取引先などと行う場合、「都合のいい場所を提示してもらえますでしょうか」などといったように、セッティングを任せるのは失礼にあたります。 相手が会議室を抑えるなどした場合、その手間もかかってしまいますので、会社が遠い場合は自社との中間にある場所を提示するなどして、相手側が返信に際しなるべく手間を取らせないようにする配慮が必要です。 日時の候補は複数設け、返信も複数返してもらうこと 日程を決める際には、複数の候補日を提案することがおすすめです。 いつでもいいなどとメールを送った場合、万が一相手方が提案してきた日程を呑めなければ心証が悪くなります。 必ず大丈夫な日取りをいくつか設けて相手に提案すると良いでしょう。 また、返信を求める際にも相手方に複数の候補を返信してもうと、調整しやすくなります。 第2、第3希望あたりまでを教えてもらえるようにすると良いでしょう。 それか「候補日の中から可能な日取りを幾つか教えていただけるでしょうか」などといった形で返信すると、相手も調整がしやすくなります。 逆に自分が返信する立場の場合も、指定がなくても候補日は複数希望するようにします。 返信の期限も設定する 返信期限の設定もビジネスメールにおいては重要です。 相手からせっかく返信があっても会議室が抑えられる期間を過ぎている、などという事態もありえますので、セッティング可能な期間内に返信してもらえるように相手に打診しましょう。 とはいえ火急の案件でなければ、数日中は相手にも日程を調整する期間を設けた方が良いでしょう。 ビジネスメールの返信の具体的なマナー 新入社員に多いのですが、ですます口調が正しくない、謙譲、丁寧語が使えていないといった具合に、敬語が正しく使えない人がにいます。 ビジネスメールにおいて敬語が使えないというのはそれだけで相手に対し失礼ですし、会社の社員教育が行き届いていないという印象を与えかねません。 些細な返信であっても、敬語などのマナーは徹底するように自身も注意しましょう。 特に社外へのメールではそれが親しい相手であっても「さん付け」は厳禁です。 そのメールを見るのが相手だけとは限りません。 返信メールにはお礼の言葉を入れる 返信メールをする際にはお礼の言葉を入れるようにします。 相手からの連絡が早ければ「迅速な対応ありがとうございます」や「お忙しい中の対応ありがとうございます」といった感じです。 何らかの提案であれば提案に対する謝辞を述べるなど、ビジネスメールにおいては内容が淡泊にならないよう注意します。 返信はできる限り迅速に行う ビジネスメールへの返信は可能な限り迅速に行うのが基本です。 当日ないし翌日までには返信を行うようにします。 もし返答に時間がかかりそうな案件であれば「ご返答にはしばらくお時間をいただけますでしょうか」といったように、その旨を先方に伝えます。 できるだけレスポンスを早くして、相手に不信感を与えないようにしましょう。 ビジネスメールの返信の例文 それでは実際にビジネスメールの返信の例文を記述していきます。 上記したポイントを交えて複数のケースを用いてみますので、参考にしてみてください。 先日のミーティングでは丁寧に対応していただき、ありがとうございました。 プロジェクト実現に向けて実りのあるお時間になったのではないかと思います。 さて、この度も打ち合わせのご提案をいただきまして、ありがとうございます。 こちらとしましてはご指定いただきました中で 1月14日14時から 1月16日10時から のいずれかで、貴社の都合のよい日時にしていただければと思います。 メールにて恐縮ではございますが、どうぞよろしくお願いいたします。 先程いただいたメールの内容を確認いたしました。 このような提案をしていただきましたこと、まず御礼申し上げます。 この件につきましては社内で検討し、改めて当方よりご連絡さしあげます。 取り急ぎ用件のみになりますが、今後ともよろしくお願いいたします。 本日は丁寧なメールを頂きましたこと、厚く御礼申し上げます。 貴社にとって有益なご提案ができますようにますます精進していくつもりです。 今後ともお取引きとご厚誼のほど、よろしくお願い申し上げます。 この度はお誘いのご連絡をいただきありがとうございます。 ぜひとも貴社が主催するパーティに参加させていただければと思います。 つきましてはパーティーの日時や開催場所などの詳細をいただけますでしょうか。 ご多忙とは存じますがご連絡いただけると幸いです。 それでは当日を楽しみにしております。 この度はお誘いのご連絡をいただきありがとうございます。 当方としても参加したいのですが、あいにくこの日は別の予定がはいっており、 貴社のイベントに参加する事ができません。 心苦しいのですが、 またの機会にお誘いいただければと思います。 貴社のイベントの成功を心より祈っております。 それでは失礼いたします。 重要なのは相手の立場に立って考えるということです。 どのような件名でメールをもらうのがありがたいかという観点からビジネスメール返信の件名について解説します。 Re:はつけるべきか否か メールを返信する際に自動で付随する「Re」ですが、残すかどうかは賛否あります。 ですが、結論としては残した方が良いです。 理由としましては「返信かどうかが一目でわかる」という点です。 先方も仕事によっては1日に何十、何百というメールを処理しなければなりません。 その中で「Re」という単語がついていれば返信であることが一目でわかりますので、その後の対応がしやすくなります。 件名は変えるべきか 人によってはビジネスメールの返信をもらった際に、件名がそのままでは手抜きに見えないかと不安に感じるでしょう。 しかし、ビジネスメールを返信してもらう立場に回ってみればわかります。 件名は、可能であればそのままの方が受け取る側にとってはありがたいです。 例えば「来週行われる会議の時間変更の件について」という内容で、あなたが2つの送り先にビジネスメールを送ったとします。 それに対し「Re:来週行われる会議の時間変更の件について」と「会議の件、承知しました」という2つの返事が返ってきた場合、内容について把握しやすいのは前者ではないでしょうか。 件名がそのままだから手抜きだと判断する人は、滅多にいないでしょう。 それよりも、相手にとってどのような件名がわかりやすいかを考えた場合、そのままにしておくのがいいでしょう。 相手にあわせた臨機応変さも必要 ビジネスメールの返信をするとき、件名は変えない方が相手に伝わりやすいですが、会社の風習や上司の考えによっては「件名は変更した方が丁寧だ」と指摘される場合もあります。 そのような時は、できる限り相手に返信だと伝わるような、わかりやすい件名をつけるのがいいでしょう。 「~という案件についてのご返信」のような形にすれば、だいぶわかりやすくなります。 ビジネスメール返信の引用 引用とは自分の文章の中に他人の言葉や文章を用いることです。 ビジネスメールにおいてはよく使う手法の1つですので、覚えておきましょう。 引用をうまく使えるようになることでメールを書く時間を大幅に短縮することもできます。 ビジネスメールにおける引用のメリットとは? ビジネスメールを返信する際の引用のメリットについて説明します。 上記でも少し触れましたが、効率的であるという点です。 引用を用いない場合、相手方の文章をある程度要約する必要がありますが、引用を使った場合、その次の行から相手に対する返答を書く事ができます。 引用する場合の注意点 ビジネスメールにおいて引用をする場合の注意点もあります。 それは全体引用を用いないということです。 相手のメールが長文であった場合、全てを引用すると相手にも内容が伝わりにくいですし、自分の文章が簡潔であった場合、見栄えも悪いですし、何より手抜きとおもわれかねません。 基本は要所を引用するということ 上記のような事態を避けるためにも、相手方の書いたビジネスメールから引用して返信する際は「要所を引用する」というのが基本です。 打ち合わせの日取りの提案であれば、具体的な日付の書いてある部分などを引用してください。 ビジネスメールの返信の返信の仕方 ビジネスメールの返信にさらに返信を重ねる場合のメールの書き方について記述します。 注意点やポイントを簡潔に記載していきますので、ビジネスメールを使う際の参考にしてみてください。 返信が重なる自動引用はいったん消去する メールソフトや設定によっては、相手の文章がそのまま引用されている事もあります。 メールによっては自分が最初に送ったメールまで本文に含まれてしまう事がありますので、自動引用の設定がされている場合は、まず引用部分を消去してください。 「あの件」「例の」を使わず、具体的に書く ビジネスメールのやりとりが重なってくると、「例の」や「あの」といった抽象的な表現では相手にどれを指しているのか伝わらない事があります。 そういった表現はできる限り避けて、具体的に何の事を言っているのかを記述してやりとりをしましょう。 メールの日付をうまく使うテクニック ビジネスメールの返信を重ねる場合、抽象的なやりとりはせず、具体的に書いた方がいいと記述しましたが、要約が難しい内容や1日に何度もやりとりをしている場合、複数のメールについて言及する場合があります。 そういった時は日付を使うのが有効です。 「1月23日にお送りしたメールの件ですが」と言った具合に記載すれば、相手は日付からメールを遡って確認し、何の事を言っているのかがわかりやすくなります。 細かい事ですがビジネスメールにおいて非常に有効なテクニックですので、ぜひ実践していきましょう。 ビジネスメールの返信はどこまでするのか ビジネスメールにおいて、どこまで返信すればいいのかは悩みます。 こちらが何度締めくくろうとしても相手からお礼の返信が来るという情況があります。 自分から切り上げてしまってもいいのか、これ以上は相手に迷惑ではないかなど、考え出すときりがありません。 そこで、ビジネスメールにおいて返信をどこまでするのかについて記述しますので、参考にしてください。 お礼のお礼はやめるようにする 相手がお礼のメールを送ってきた場合は、そこが返信をやめる機会と考えていいでしょう。 「御礼をくれたお礼を申し上げます」など、相手にとっても自分にとっても時間の無駄です。 ビジネスメールのやりとりでは、いったん話題が締めくくられ、いずれかが御礼のメールを送った時に切り上げてしまいましょう。 別の話題に移ったら新しく新規にメールする メールのやりとりの最中に別の話題に話が移る事はよくあります。 その場合はいったん切りのいいところでそのメールでのやりとりを終了させて、新規にメールしましょう。 後々になって見返す場合にどこで話をしたかわからなくなります。 ビジネスメールで返信を重ねていく場合は、1つの話題ごとに新規にメールを送った方が何かと便利です。 メールを途中で切り上げたい場合は メールを途中で切り上げたい、相手からの返信がいらない場合は「このメールに対する返信は不要です」という言葉を使いましょう。 ただし注意したいのが、何度もやりとりをした最中などでは相手に失礼な印象を与えてしまう事があります。 ビジネスメールにおける常套句の1つではありますが、使うならメールのやりとりが少ないうちか、事務的に済ませたいメールに対してのみ使いましょう。 ビジネスメールの返信の催促の方法 ビジネスメールのやりとりにおいて、相手に返事を催促する場面は必ずあります。 相手の返事が遅れている場合や上司などから催促するよう促される場面は多々あります。 また顧客に返信を催促する場合、書き方を間違えるとクレームになりかねません。 どういった風に催促するのがビジネスメールとして正しいのかを紹介していきます。 内容を具体的に記述する ビジネスメールにおける大原則ですが、相手に内容がわかるよう具体的に書きましょう。 「あの件での返信がいまだ届いていないためご連絡さしあげました」では相手には何の事かわからない場合がありますし、失礼にあたります。 具体的な期限を決める 「いつになったら返事をいただけるのでしょうか」や「早く返事をくださるようお願いします」などといったように、催促するにしてもこのような文面はクレームにもつながります。 ビジネスメールにおいて、こういう催促の仕方はNGですので注意しましょう。 「いついつまでに返信してくださるようお願いします」といった具合に、具体的な期限を決めましょう。 自分にとっても先方にとっても区切りとなります。 フォローの言葉を入れる 基本的に催促のメールというのは相手方からすればせかされているように感じてしまいます。 そこで一言でいいのでフォローの言葉を入れると良いでしょう。 「ご多忙中とは存じますが返信のほど、よろしくお願いします」というような言葉です。 メールの最後には「行き違いになっていたらすみません」という文面も添えるようにします。 メール全体が柔らかくなりますし、本当に行き違っていた場合に相手方の心証を和らげる効果もありますので、ビジネスメールとしては効果的です。 相手の立場に立って書く.

次の

贈り物のお礼メールへの返信|ビジネスマナーを踏まえた件名と例文

贈り物 お礼 メール

結婚祝いをいただいた後、お礼のメールをどのように返したらよいか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、シーン別のメールの文例をマナーとともにご紹介します。 文章を書くポイントをおさえることでスムーズな対応ができるでしょう。 結婚祝いのお礼メールの文例集【シーン別】 結婚祝いの贈り物は両親や兄弟の親族からだけではなく、会社の同僚や友人からもいただくことがあります。 お礼のメールを返す際は、失礼のないよう相手に合わせた文章を考えなければなりません。 こちらでは、関係性別にご祝儀をいただいた場合の文例をご紹介します。 なお、冠婚葬祭のお礼状では句読点をつけないほうがよいとされています。 友達へのお礼メールの文例 この前はお祝いをいただいてありがとう いつも気にかけてくれて感謝しています これからの新しい生活の記念にペアのワイングラスを買わせていただきました 夫婦の楽しみがひとつ増えて主人もとても喜んでいます おかげさまで結婚式も滞りなく終わって新居も片付いたのでぜひ遊びに来てね ささやかだけれどお礼の品を贈ったので好みに合えば嬉しいな これからもぜひ家族ぐるみのお付き合いをよろしくお願いします 先輩へのお礼メールの文例 先日はお祝いをありがとうございます ふたりで相談し大切に使わせていただきます いつもお気遣いいただいてとても嬉しく感じています おかげさまで転居も無事に済み夫婦での生活をスタートしました 先輩ご夫婦を見習って素敵な家庭を築きたいと思います 心ばかりですがお礼の品を贈らせていただきました これからもぜひ変わらないお付き合いをよろしくお願いします 上司へのお礼メールの文例 先日はお心遣いを頂戴しありがとうございます 大切に使わせていただきます おかげさまで挙式も滞りなく終わり新婚旅行へ行って参りました ご配慮に感謝しております 夫婦となりまして改めて身の引き締まる思いです 仕事でもこれまで以上にがんばりますのでぜひご指導よろしくお願いいたします 心ばかりですがお礼の品をお贈りいたしました 今後ともよろしくお願いいたします 社長へのお礼メールの文例 先日はたいそうなご芳志を頂戴いたしまして誠にありがとうございます 新婚旅行にて記念の品を購入させていただきました 夫婦ともお心遣いに大変感謝しております 仕事におきましてもこれまで以上に精進しお役に立てるよう努めて参ります 引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします 心ばかりではございますがお礼の品をお贈りいたしました 今後ともよろしくお願いいたします 取引先へのお礼メールの文例 お世話になっております 先日はたいそうなお心遣いを頂戴いたしまして誠にありがとうございます 記念にペアの食器を購入させていただきました 食卓が華やかになり夫婦とも大変喜んでおります お礼の気持といたしましてささやかですがお礼の品をお贈りいたしました 今後ともこれまでと変わらぬお付き合いとお引き立てのほどよろしくお願いいたします 家族・両親へのお礼メールの文例 先日は心のこもったお祝いをありがとうございます ふたりで相談してこの先家族が増えるときのために大切に取っておくことにしました いつも私たちを気にかけてくれて本当に感謝しています お礼の気持としてささやかなお礼の品を贈りました 近いうちに新婚旅行のお土産を持ってお邪魔しようと考えています 我が家にもぜひ遊びに来てください 未熟なふたりですがこれからもどうぞよろしくお願いします 親戚へのお礼メールの文例 先日はお心遣いをいただきありがとうございます 私たちはふたりとも紅茶が好きなので素敵なティーセットを揃えさせていただきました「いつか欲しいね」と話していたのでとても嬉しいです ささやかですがお礼の品を贈りました おいしい紅茶を淹れてお待ちしているのでぜひ皆様でいらっしゃってください 今後とも家族ぐるみのお付き合いよろしくお願いします メールで喜ばれるアイデア3例【アレンジ派にも】 形式どおりのシンプルなお礼メールは失礼になる心配もなく安心ですが、せっかくなら相手がより喜んでくれる内容を送りたいものでしょう。 お礼メールに取り入れやすいアイデアを3つご紹介します。 ぜひ参考にしてください。 品物をいただいたら感想はできるだけ詳しく お祝いをいただいたら、実際に使ったり食べたりした感想を 具体的に伝えることがポイントです。 たとえば、「先日いただいたペアグラスで毎日一緒に晩酌をしています。 本当に素敵なグラスで、『お酒の味も格別だね』など話しながらお酒を飲むのが毎日の楽しみになっています」というように、夫婦で愛用していることを伝えるとよりお礼の気持が伝わるでしょう。 お礼相手ならではの話題を入れても 相手との関係性次第では、個人的な話題を盛り込むのもよいでしょう。 たとえば同僚へのお礼メールで、「以前教えてくださったおすすめのレストランの話を妻にしたところ、ぜひ一度行ってみたいといっています。 せっかくなので、いただいたお祝いで記念の食事をしに行く予定です」など付け加えるとより 特別感のあるお礼になります。 今後の関係へのお願いは忘れずに! お礼メールには、相手と今後どのような関係でいたいかの希望を含ませるのがポイントです。 新居に来てもらいたい間柄なら、「新居の片付けも終わりましたので、ぜひいらしてください」と一言添えるとよいでしょう。 適度な距離感を保ちたい間柄なら、「またお目にかかれるのを楽しみにしております」などと付け加えるのが無難です。 結婚祝いのお礼メールを出す最適なタイミング 結婚祝いへのお礼メールは、いただいてからできるだけ早く出すのがマナーです。 遅くなってしまった場合は、きちんと謝罪が伝わる内容でメールを出します。 結婚祝いのお礼メールを出す際の正しいマナー メールを出すタイミングだけではなく、気をつけたほうがよいマナーがいくつかあります。 失礼になったり、常識知らずと思われたりしないようしっかりと覚えておくのがおすすめです。 忌み言葉や重ね言葉に気をつける 結婚祝いのメールでは、 忌み言葉や 重ね言葉の使用を避ける必要があります。 忌み言葉は死や不幸を連想させる言葉で、重ね言葉は「ますます」や「しばしば」など同じ言葉を繰り返すものです。 どちらも縁起がよくないので注意しましょう。 相応しい敬語を使う 気遣いは「お心遣い」、もらうは「いただく」を用いるなど、お祝いのシーンに相応しい敬語を心がけましょう。 現金を表すのに「お金」と直接的にいわないのもマナーです。 「お祝い」や「お心遣い」「芳志」を用いて表現します。 基本は直接会って感謝の言葉を伝えること メールでのお礼の伝え方を解説してきましたが、結婚祝いのお礼は 直接会って感謝を伝えるのが基本です。 相手が遠方に住んでいたり、出張で不在にしていたり、直接会って伝えるのが難しい場合に限定してメールを利用しましょう。 現金をいただいたら用途をきちんと伝える 結婚祝いに現金をいただいたときにお礼をする際には、 用途をきちんと伝えるのがマナーです。 用途が決まっていないときや貯蓄に回すときは、「大切に使わせていただきます」などと一言添えます。 SNSを利用してもよい? 最近ではオフィスでも使用されるほど身近なSNSですが、結婚祝いのお礼に使用する際には要注意です。 仕事もプライベートもSNSだけでコミュニケーションを取っているなど、やむをえない事情があるときのみ使用しましょう。 限定的な利用範囲 SNSは簡略式のツールです。 結婚祝いのお礼などかしこまった場面で使用するのはおすすめできません。 メールアドレスを知らなくても住所を知っているなら手紙を書くなど、ほかの手段がある場合はそちらを選びましょう。 簡潔な文体を目指す SNSは短い文章を送るのに適したツールなので、読みやすく簡潔な内容を心がける必要があります。 先日はお祝いをありがとう 記念にペアのカップを購入させていただきました 毎朝一緒にコーヒーを飲むのが楽しみです ささやかですがお礼の品を贈ったのでよかったら使ってください 今後ともよろしくおねがいします コメントが返ってくれば個々にやりとりができるので、簡略かつ要点が伝わる内容に留めるのがよいでしょう。 画像や動画を添付しても SNSは画像の添付がしやすいのも特徴です。 メッセージと一緒にお祝いで購入した品の写真を送ると喜んでもらえるでしょう。 挙式に参列していない方であれば、短めの動画で結婚式のワンシーンを送るのもおすすめです。 お礼メールと同時に内祝いを用意しよう お礼メールを出す際は、一緒に内祝いを用意しましょう。 挙式から1か月以内に送るのがマナーなので、時間がないときにはカタログギフトがおすすめです。 ネットから注文できるので、多忙な時期に店舗に足を運ぶ必要もありません。 まとめ 結婚祝いのお礼メールは相手との間柄に合わせて、失礼のないメールを出すことが大切です。 同時に内祝いを用意することも忘れてはいけません。 言葉に気をつけ、丁寧な文を意識してメールを送りましょう。 ハーモニックでは、多忙になりがちな挙式前後でも準備ができるようにWebカタログを用意しています。 話題になっているトレンド商品を選ぶこともできますので、幅広い年代の方に喜んでもらえるでしょう。 ぜひこの機会にハーモニックのカタログギフトをご活用ください。 ・ ・ 慶事でのマナー違反を避けるためにも一般的な相場を知ることが大切です。 そこでこの記事では、結婚祝いの相場についてご紹介します。 結婚祝いの形式やおすすめの贈り物についても解説しますので、結婚祝いを渡すことを考えている方はぜひ参考にしてください。 結婚祝いの手紙は新郎新婦への祝福の気持ちを伝えることが大切です。 相手ごとに書き方のポイントや例文を知っていると、よりお祝いの気持ちの伝わる手紙が書けるでしょう。 この記事では、実際に使える例文や喜ばれる手紙の書き方のポイントをご紹介します。 友人や同僚の結婚に際して、特に親しくしている相手にはご祝儀以外にもプレゼントを用意したいという方もいるのではないでしょうか。 この記事では結婚祝いを贈ろうと考えている方に向けて、マナーの解説や喜ばれるプレゼントの例を紹介していきます。 思い出に残る素敵なプレゼントの参考にしてみてください。 結婚祝いを贈る際、のしをかける際の水引の色や本数、書き方なども正しい知識を身に付ける必要があります。 この記事では、結婚祝いの「のし」のポイントについてご紹介します。 挙式する場合と挙式しない場合によって、贈るタイミングが異なるので注意しましょう。 この記事では、結婚祝いを贈る時期についてご紹介します。 「結婚祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。 水引・熨斗 のし のマナー、金額の相場など基本のマナーに加え、様々なケースに合わせた贈るタイミングについてご紹介します。 さらに、おすすめの「結婚祝い」も紹介します。

次の

贈り物・お礼の品に添える手紙の書き方【例文あり】

贈り物 お礼 メール

送信するタイミングはいつが良いのか? お中元などを頂いた場合、お礼のメールを送るわけですが お礼のメールと言うのは、 感謝の言葉を伝えることです。 お世話になったお相手の方へ、素直に感謝の気持ちを、自分の言葉で伝えることが大切になります。 そんなお礼メールを送信する タイミングは、いかに 早く感謝の気持ちを伝えるかが 重要になります。 当日中か、遅くとも翌日にはお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。 ビジネスメールは、日頃から頻繁に利用するものです。 こちらがすぐにメールを送信しても、 先方に伝わらなければ意味がありません。 メールを送信する際には、 「件名」にも注意をしましょう。 次の章ではお礼メールの 「件名」の例文を、 シチュエーション別にお伝えします。 ビジネスメールの件名はストレートでOK ビジネスでメールを利用するということは、依頼や報告や案内などなど、普段から頻繁に使っているツールだと伺えます。 そのような中で、お礼メールを送信する場合は 内容が伝わるように 「件名」もしっかり書く事が大切になります。 では、どのように 「件名」を書けば良いのか、シチュエーション別に紹介していきます。 お中元を頂いた際のお礼メールの件名 件名:お中元のお礼 件名:お気遣いありがとうございます 件名:ご恵贈ありがとうございました 贈答品を頂いた際のお礼メールの件名 件名:立派なぶどうをありがとうございました 件名:お土産が届きました 件名:ご恵贈ありがとうございました 高級な果物などは、件名に書いても失礼にはなりません。 何に対してのメールなのか先方もわかりやすいですし、お礼メールの内容なのだと理解もしやすくなります。 しかし肝心なのは、メールの 文章ですよね。 恥ずかしくない言葉使いで、きちんと感謝を伝えたいものです。 急ぎでメールをしたい!という場合も大丈夫です。 今すぐ使える、 お礼メールの例文をご紹介します。 お礼メールの例文 簡単なお礼メールの文章と、 丁寧な文章をご紹介したいと思います。 本日はお心のこもったお品をちょうだいし、かえって恐縮しつつも、スタッフ一同感謝して おります。 今後ともいっそうのご愛顧のほど、 よろしくお願いいたします。 さてつい先ほど、貴社からのお中元の品が宅配便にて届きました。 お心のこもった贈り物、本当にありがとうございました。 さっそく皆で美味しく頂戴いたしましたが、日頃甘いものには手を 出さない者まで喜んでおりました。 佐藤様にはいつも何かとお世話になり、その上このようなお心遣い までいただき、恐縮いたしております。 これから益々暑くなってまいります。 お忙しい中、どうぞお体を大切 にお過ごしくださいませ。 メールにて恐縮ですが、とり急ぎお礼申しあげます。 さて、この度は 温かい励ましのお言葉に添えて、 大変結構なお品を頂戴しまして 誠にありがとうございました。 毎々のお心遣い恐縮に存じます。 これからも社員一同、 誠心誠意努力してまいりますので、 引き続き変わらぬご愛顧賜りますよう お願い申し上げます。 まずは略儀ながら お礼かたがたご挨拶申し上げます。 xxxx.. 上司や先輩など社内からお土産を頂いたときのお礼メールや、取引先やお客様に向けてのお礼状の文例や書き方は「」をどうぞ。 お礼メールの例文を紹介しましたが、感謝の気持ちを表す言葉は、他にもあります。 知っていて損はない、言い回しも合わせてご紹介します。 言葉のレパートリーを増やそう 丁寧な対応ができるのは良いのですが、 いつも同じ言い回しばかりだと「それしか知らないのかな?」と、受け取られる場合もあります。 ちょっとした言葉使いでも、色々な言い回しができると社会人として、かなり印象が良くなります。 またメールだけではなく、口頭でもスラスラとお礼を伝える事ができる言葉もご紹介します。 【ありがとう】 ありがとうございます 心よりお礼申し上げます お礼の申し上げようもございません 【嬉しいです】 うれしいです うれしく存じます 感激しております 【感謝しています】 感謝しております 深謝いたします ただただ感謝の気持ちでいっぱいです 【お気遣いありがとう】 お気遣いありがとうございます ご配慮ありがとうございます いつもお心にかけていただき、まことにありがとうございます 同じお礼や感謝の気持ちを伝える言葉なのですが、さすが日本語と感じるほど、色んな言い回しができます。 敬語や丁寧な言葉使いは、私は苦手なのですが、スラスラと伝えれるようにしたいな・・・と思いました。 お礼メールをする際の文章についてまとめてみましたが、お礼メールを頂くこともあります。 お礼メールを頂いたときの返信する文例や、いつまで返信を続ければよいのかなどの疑問は、以下のページでまとめています。

次の