のっぽ の トルケル。 ヨムスヴァイキング

【ヴィンランド・サガ9話感想】トルケルさんというか大塚さんが楽しそう

のっぽ の トルケル

生涯 [ ] 生まれた場所も年代も不明。 、 ()に参戦した。 、に参戦した。 、を攻撃した。 ()河口のの ()に大軍で上陸し、現地軍を破った。 、大量の ()を受け取り帰国した。 9月、のっぽのトルケルとウィッフェン伯爵はを攻めた。 都市は3週間耐えたが、古い大聖堂が焼け落ちた。 トルケル軍は ()大司教を捕虜とした。 アエルヘアーは地域を更に貧しくする事を望まず、身代金との交換を拒否した。 その後、彼は宴会で酔ったトルケルの部下に殺害された。 部下を制御出来なかったとして、トルケルと支持者は軍から追放された。 後にトルケル達はイングランド王のに雇われた。 、トルケルは王のと王子のを迎撃したが、破れて主は婚姻関係の有るに亡命した。 、スヴェン1世が急死した。 イングランドは侵略者のデンマーク人に反撃し、クヌート1世は征服を放棄した。 エゼルレッド2世の軍は、平和を齎したヴァイキングを攻撃した。 クヌート1世の従弟のヘミングは、エゼルレッド2世の軍に殺害された。 トルケルとウィッフェンはデンマークに戻り、イングランドに入植した功績と、ヘミングの死をクヌート1世に伝えた。 、トルケルとウィッフェンはクヌート1世と共にイングランドを再攻撃した。 征服は成功し、トルケルは功績を讃えられて伯爵になった。 、理由は不明ながらトルケルとクヌートの関係が悪化し、トルケルは王に追放されてデンマークに戻った。 しかしながらクヌートは後にトルケルの本国での影響力の強さから敵に回すのは得策でないと気づいたためか、にクヌートはトルケルと和解した。 その結果、彼はデンマーク伯爵に任じられ、クヌートの息子のの養父としての親権を与えられた。 しかし1年後にクヌートの義理の兄弟のウルフがデンマークの首領となったため、トルケルの支配は短いものに終わった。 1023年以降のトルケルへの言及は存在せず、彼は歴史から姿を消したように思われる。 彼は単に老いたために争いから身を引いて宮廷で余生を静かに送ったのかもしれない。 あるいは彼は王国を捨ててヨムスボルグやに戻ったのかもしれない。 または彼はデンマークの首領になってすぐ1024年頃に死んだのかもしれない。 登場作品 [ ]• :がから連載している漫画。 脚注 [ ] []• , p. , p. , p. Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. The Viking World. Routledge. 2012. 665. Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. The Viking World. Routledge. 2012. 665. Gabriel Turville-Petre. The Heroic Age of Scandanavia. London: Greenwood Press. 156. Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. The Viking World. Routledge. 2012. 665. Johannes Brondsted 1965. The Vikings. Penguin Books. 参考文献 [ ]• Howard, Ian 2003 英語. Swein Forkbeard's invasions and the Danish conquest of England, 991-1017. Lawson, M. 2011-06-01 英語. Cnut: England's Viking King 1016-35. The History Press Ltd. Trow, M. 2005-01-20 英語. Canute : Emperor of the North. The History Press Ltd. 発展資料 [ ]• 1955. 外部リンク [ ]•

次の

海外の反応 【ヴィンランド・サガ】 第11話 トルケルおじさん可愛いw

のっぽ の トルケル

西暦1013年10月、スヴェン大王は、 デンマーク・ヴァイキング主力艦隊を率いてイングランド領地・ロンドン橋陥落を目論む。 デンマーク軍に雇われたアシェラッド兵団もその中にあった。 圧倒的戦力を誇る「のっぽのトルケル」がイングランド側に寝返ったことにより、ロンドン橋は難攻不落の要塞と化し、戦況は停滞を余儀なくされていた。 トルケルの首をとってくれば決闘をしてやるとアシェラッドに言いくるめられ、トルフィンは単身敵軍に乗り込む。 海外の反応 どうやら今回のアクションパートの作画は今井有文さんが担当したみたいだな 2. 海外の反応 トルケル vs トルフィンの戦闘シーン凄すぎ トルケルは筋力頼りでトルフィンはスピード頼りだってことが分かるね 4. 海外の反応 Oh f〇〇k、トルケルの声めちゃくちゃ合ってて良い 5. 海外の反応 守りたいこの笑顔 6. 海外の反応 9. 海外の反応 笑ってる場合ではないような… 感染で手を切断することになるんじゃねこれ 18. 海外の反応 今週のまとめ 23. 海外の反応 10話の次回予告 来週はついに〇〇〇シーンが来そうだな 規制が少なめだと嬉しいが.

次の

ヴィンランドサガ勢力図!ヨーム戦士団の争いの行方は?

のっぽ の トルケル

以前SAGA用に作った 『』 に続いて『のっぽのトルケル』を製作。 漫画ヴィンランド・サガではアシェラッド団を追い詰めて壊滅させた男。 実在の人物でヨムスヴァイキング首領シグヴァルディの兄弟。 製作過程。 ヴァイキングの頭をグリーンスタッフで改造。 特徴的な髪型を造型してからはちまきを巻きつけた。 ヴァイキングの体をばらしてプラ片で延長。 素体を大きくしてからグリーンスタッフを盛って造型。 ヴィンランド・サガの主人公トルフィンと対決するのっぽのトルケル。 2度目の決闘でトルフィンは負傷しながらもトルケルに勝つ。 ディスプレイ用の簡易ジオラマも作成。 もちろんミニチュアベースはマグネットで固定。 背景付きのケースに収納して完成ー。 カラーリングは想像でやってみたけどまあまあいい感じになったかな? トルケルが戦場に現れればSAGAのバトルも盛り上がるね。

次の