肥後 銀行 両替。 コンビニATM|サービス|ファミリーマート

肥後銀行の2020年ゴールデンウィークの店舗営業状況とATM利用状況まとめ

肥後 銀行 両替

たとえば100円硬貨なら何枚まで無料? 2019年10月1日の消費税増税に伴う円貨両替手数料です。 以前より枚数や手数料が変更されています。 詳細な両替手数料表は記事の後編にあります。 ( ・・・ )参考にしてみてくださいね。 折り目のないお札が必要な場合も両替機が便利 紙幣の両替の場合も次の料金表をご参考ください。 年末年始など新札需要が多い時期は、両替機に新札を多く補充してくれているそうです。 ひとつ注意したいのは、店舗によって両替機が対応している紙幣の種類が違うこと。 5千円札を入れていない店舗などもありました。 そういう場合は窓口での両替になります。 条件や操作など不明な点は近くのスタッフに聞くと親切に教えてくれますよ。 みずほ銀行では以前より枚数も大幅に減少し、手数料もアップしています。 無料50枚とは別に50枚(合計100枚)の両替が無料。 両替機の有無は、利用する店舗に問い合わせてみてください。 りそな銀行/埼玉りそな銀行は 平日17時まで営業しています。 15時までに行けない人には嬉しいですね。 都市銀行の無料両替枚数くらべ 無料で両替できる枚数を比較しました。 5千円札や千円札の新札を用意していない店舗(両替機)もあるので、 1万円札を 新札1万円にする場合のみ比較。 両替機は入金できる枚数20枚が上限。 両替の機会が多い方は、銀行選びの時に手数料のチェックも忘れずに。 また、当日中の両替用現金が無くなると両替を終了する場合もあるようです。 今回、都市銀行を利用したり店員に尋ねてわかったのは、ホームページの表記とは条件が違う店舗も少なからずあるということでした。 また、両替サービスにはとても消極的な印象を受けました。 利用される銀行の支店に一度聞いておくといいですね。

次の

両替関係手数料(消費税込)

肥後 銀行 両替

銀行や郵便局で外貨両替をする• 出発時に 国内の空港で外貨両替をする• 外貨宅配サービスを利用する• 海外キャッシングを利用する それぞれにメリットとデメリットがありますのでご案内してまいります。 銀行や郵便局で外貨両替をする 外貨両替で一番身近なのは、最寄りの銀行や郵便局(ゆうちょ銀行または外貨両替取扱郵便局の貯金窓口)で両替する方法です。 たとえば米ドルの場合、銀行に行くとその日の両替レートが「113. 54」となどと表示されています。 これは1ドル=113. 54円で両替できます、という意味となります。 「あれ?市場の為替レートより高くない?」 この銀行に表示されている「本日の両替レート」を見て多くの人が 「あれ?ネットで見た今日の市場の為替レートは110. 5円だったのに、なんでこの銀行は113. 54円と高くなっているの?」 と疑問に感じることと思います。 実は、銀行で表示されている両替レートは、市場の為替レートに 手数料(外貨両替手数料)が上乗せされたものとなっているからなのです。 この手数料(外貨両替手数料)は銀行によって多少異なりますが、1米ドルにつき3円前後となっています。 仮に1ドルあたりの手数料が3円の銀行で500ドルを両替すれば、合計の手数料は1,500円となり、1ドル=110円のときなら2. これは手数料としては高い方で、つまり「レートが良くない」と言えます。 そもそも銀行に行く暇がない・・・ 「銀行って平日の9時から15時までだから、なかなか行ってるヒマがない!」 「近所に外貨両替を行っている銀行がない!」 という方も少なくないですよね。 そうなんです、銀行や郵便局での両替は昔からある方法なのでなんとなく身近な気がしますが、意外と使いづらく、またお得でもないのです。 しかも銀行や郵便局で扱われているのは米ドル、ユーロ、英ポンドなどの主要通貨のみとなっていることが多く、自分が両替したい国の通貨が扱われていないこともあります。 また、銀行によってはそもそも外貨両替サービス自体を行っていなかったり、事前に予約しないと両替できないところもあります。 「せっかくお休みを取って銀行に行ったのに両替できなかった・・・」 なんてことにならないためにも、銀行で両替するときにはホームページなどでその銀行で外貨両替がどのように行われているのかをあらかじめ確認してからおくと確実です。 なお、外貨両替時に 身分証明書の提示を求められることがありますので、念のため免許証やパスポートなどを用意していくとことをおすすめします。 銀行・郵便局の両替は身近ではあるが、平日の限られた時間しか行かれない。 手数料は1米ドルあたり3円前後など高めの設定となっている。 銀行によっては外貨両替を行っていなかったり、希望の通貨を扱っていなかったり、事前予約制のところもある 2. 出発時に空港で外貨両替する 事前に銀行や郵便局で外貨両替をしておかなくても、出国の当日に成田や羽田、関空などの空港で外貨を手に入れる、という方法もあります。 空港には各銀行の両替所や外貨両替専門店、外貨自動両替機がありますので、出国手続きに進む前に外貨両替を行うことができます。 出典: ただ、ハイシーズンの時や時間帯によっては混み合って長蛇の列ができることも少なくないため、当日は十分な時間的余裕をもって空港に到着する必要があります。 空港に行った「ついで」に両替できるのは便利ですが、出国手続きなどにも案外時間がかかりますので、とにかく余裕をもって利用することを心掛けてくださいね。 両替レートに関しては両替所により多少異なりますが、成田空港なら空港直営の「GPA外貨両替専門店」が特にレートが良いと言われています。 時間に余裕があれば各両替所に張り出されているレートを比較して選べばいいかもしれませんが、それほど大きな違いはないので(米ドルなら1ドルあたり数十銭) 多額の両替でなければどこか選んでさっさと両替してしまうのが良いと思います。 ネット外貨宅配サービスを利用する ネット外貨宅配サービスとはインターネットから外貨両替を申し込むと宅配で外貨を届けてくれるサービスです。 平日にわざわざ銀行や郵便局に行かなくても済む利便性の良さなどから、近年利用者が増えてきているおすすめの外貨両替方法です。 そしていくつかの外貨宅配サービスの中で特におすすめなのが、 と、 です。 ネット外貨両替サービスのおすすめポイント ネット外貨両替サービスのおすすめポイントは次のとおりです。 ネットから申し込みができる 銀行や郵便局で両替をする場合、営業時間中にわざわざ来店しなければなりませんが、ネット外貨両替サービスならパソコンやスマホから手軽に申し込みができます。 申し込み当日のレートが適用される 外貨両替サービスのWebサイトには当日の両替レートが表示されていますので、 「今日はお得(=円高傾向)かも!」 と思ったときに申し込むとお得なレートで両替できます。 銀行よりもレートが有利 外貨両替サービスのWebサイトには「銀行よりもお得!」と明記されています。 実際に私が調べた際にも1米ドルにつき2円以上お得になっていることがありました。 どちらの外貨両替サービスがおすすめ? ネット外貨両替サービスが便利でお得なことは分かったものの 「どちらの業者を選べばいいのか?」 が悩みどころですよね。 ちなみに、取扱通貨は両社同じで次の17通貨となっています。 (2020年2月時点) 取扱通貨 米ドル・ユーロ・イギリスポンド・中国元・韓国ウォン・香港ドル・台湾ドル・カナダドル・スイスフラン・オーストラリアドル・ニュージーランドドル・タイバーツ・シンガポールドル・フィリピンペソ・インドネシアルピア・ベトナムドン・マレーシアリンギット 取扱通貨が同じなら、あとは「自分が両替したい金額」や「支払方法」などによって選ぶのが良いと思われます。 両替金額が7万円未満の場合 両替したい金額が日本円で 7万に満たない場合は 外貨両替ドルユーロがおすすめです。 外貨両替ドルユーロなら 3万円からの少額でも外貨両替できるからです。 送料が400円(銀行振込の場合)かかりますが、 10万円以上の両替時には送料無料となります。 代金引換の場合、送料は一律700円となります。 100円OFFクーポンあります! 外貨両替ドルユーロの申し込み時に下記のクーポンコードを入力すると 100円引きになりますので、よかったらご利用ください。 もちろん、米ドルだけでなく、ユーロ、英ポンド、カナダドル、台湾ドル、中国元etcなどの場合にも利用できます。 【外貨両替ドルユーロ 100円OFF クーポン】 pds022 両替金額が10万円以上の場合 両替したい金額が日本円で 10万円以上の場合は銀行振込なら両社とも送料無料となります。 そのため最新の両社の両替レートを確認し、より有利な方を選ぶのが良さそうです。 また外貨両替ドルユーロの場合、両替額が50万円以上、100万円以上、になるとレートがさらに良くなり、また100円OFFクーポンもありますので、それらも考慮して判断するのがおすすめです。 なお、代金引換の場合の送料は外貨両替ドルユーロが700円、外貨両替マネーバンクが800円となっています。 残念なのは「売り切れ」が多いこと ネット外貨両替サービスは最近両替レートが良いことが口コミで評判となっているせいか、2社とも米ドルやユーロなどの人気通貨を中心に 売り切れになってしまうことがあります。 特に円高傾向のときは売り切れで「入荷待ち」表示になっているのをよく見かけます。 それだけ人気のサービスなのだと思います。 午前中(11時頃まで)なら手に入ることも多いようですので、ぜひその時間を狙ってWebサイトにアクセスしてはいかがでしょうか。 ネット外貨宅配サービスは、銀行よりもレートが有利な場合が多い• 両替する金額が7万円未満の場合は外貨両替ドルユーロ、7万円~10万円未満の場合は外貨両替マネーバンク、10万円以上の場合はレートの良い方を選ぶのがおすすめ• 米ドルやユーロなどの人気外貨は売り切れ(入荷待ち)になることが多い。 午前中にサイトにアクセスして確保するのがおすすめ 4. 海外キャッシングを利用する 海外キャッシングとは、旅行先でクレジットカードを使ってATMから現地通貨を引き出す(キャッシングをする)ことです。 でも・・・! 実は今回ご紹介した4つの方法の中で、 私たちがダントツに安く外貨を手に入れられた方法が、実はこの海外キャッシングなのです。 そのときの市場の為替レートが1ドル=108. 95円に対し、109. 17円で両替できました。 100ドル両替して、かかった手数料(利息含む)は合計22円!笑 1ドルあたりわずか0. 22円という驚異の安さだったのです。 ホントに笑っちゃうほどお得でした。 ちょっと怖いイメージもある海外キャッシングですが、• 海外キャッシングに適した クレジットカードを発行する• 海外キャッシングを利用するための 事前準備を行う• 海外旅行先のATMで 現金の引き出しを行う• 安全面での心配があるため 日本は世界的に見ても治安が良い国ですが、多くの海外ではスリや置き引き、強盗などが日本よりもはるかに多く発生しています。 特に盗んでも足が付かない現金は犯罪者にとって一番狙いやすいのです。 言い換えれば、日本にいるときと同じような意識で 多額の現金を持ち歩くのは海外ではとても危ないことなのです。 余ったときに困るから 足りなくなると困るからと思って、多めに外貨に両替してしまうと困るのは帰国時に余ったときですよね。 またすぐに同じ通貨の渡航先に行く予定があればいいのですが、そうでない場合は帰国後に日本円に再び換える必要があります。 日本円に戻す場合にもやはり外貨両替手数料がかかるため 必要以上の現金はムダだと言えます。 なお外貨(硬貨も含む)が余ってしまったときの便利な円への交換方法はでご紹介しています。 欧米は日本よりも進んだカード社会だから 日本は先進国の中でも特に現金主義の国だと言われていますが、欧米は日本よりもずっと進んだカード社会です。 たとえばハワイでは、コンビニやドラッグストアでのほんの数ドルの買い物で使えるのはもちろん、カードが使えるジュースの自動販売機までありました。 つまり、それだけカード払いが一般的なため、 多額の現金を準備する必要がないのです。 もちろん渡航先によってはそうでない場所もありますので、現地の情報をよく確認したうえで外貨を準備されることをおすすめします。 デビットカードを取り入れるのがおすすめ 現金に代わる決済方法としてよく使われるのが「クレジットカード」ですよね。 私たちもよく利用していますが、カードはカードでも「デビットカード」というものがあるのはご存じでしょうか。 デビットカードとは? デビットカードとはクレジットカードと同じように使える決済用のカードです。 クレジットカードが後払いであるのに対し、デビットカードは紐づけをした銀行口座の残高から即時に代金が引き落とされます。 銀行口座の残高イコール利用限度額なので、予算を決めて海外で利用したい分だけ口座に入れておけば、使いすぎてしまう心配もありません。 クレジットカードよりお得なソニーバンクウォレット 私たちは新たにSony Bank WALLET(ソニーバンクウォレット)というソニー銀行が発行するVisaデビットカード兼キャッシュカードを作り、これを次回の海外旅行ではメインカードとして利用する予定です! なぜソニーバンクウォレットをメインに使うと決めたのかと言えば、もちろん クレジットカードよりも海外で お得に使えるからです。 具体的には10万円使えば1,600円~2,000円程度はクレカよりお得になるからです。 詳しくはこちらのページでまとめていますのでぜひご覧になってみてください!! 外貨両替に関する豆知識 海外旅行に行くなら知っておくと役に立つさまざまな豆知識をご案内します。 1週間のハワイ旅行で必要な現金は? さて、ハワイを含む米国では、あまり現金が必要ないことがわかりましたが、 「それなら、 現金は一切持たずにハワイに行こう!」 と思っても、残念ながらさすがにそれは難しいんです。 次のような場合には、ハワイでも現金が必要になるためです。 ホテルでの各種チップの支払い(ベッドメイキング、ポーター、ルームサービスなど)• ザ・バス(市バス)の利用• CASH ONLY(現金のみ)と書かれたレストランやお店• コインランドリー(25セント硬貨が必要。 最近はカード対応した機械もあり) これらの場合は現金が必要ですが、言い換えればこれ以外はほとんど必要ありません。 そのため、自分がどのくらい現金を使う予定かをあらかじめ考えてからドルへの両替をすると良いと思いますが、 「カードが使える場合はすべてデビットカードもしくはクレジットカードで払う」ことを徹底すれば、目安としては1週間程度のハワイ旅行なら多めにみても ひとり200~300ドルあれば十分だと思います。 仮に足りなくなっても現地でドルの現金を手に入れる方法はありますので。 日本の空港で米ドルの高額紙幣を小額紙幣に換える方法 ハワイに行くときは毎回200~300ドル前後しか米ドルの現金を持っていかない私たちですが、あるとき、出国時の空港で20ドル以上の大きな紙幣しかないことに気づきました。 ハワイに着いたらすぐにつり銭の出ない市バス(ザ・バス)に乗るためにすぐに5ドル紙幣がどうしても必要だったので、 「20ドルを細かくする方法ないかな~?20ドルだけ外貨両替所で崩すのもどうかと思うし・・・」 と悩んでいたときに、ハッと思い出しました。 成田空港などの国際空港では米ドルでも買い物ができて、お釣りを米ドルでもらうことができるのです。 そこで数百円の品物をドル払いで購入し、そのお釣りで小額紙幣の1ドル、5ドルを手に入れることができました! 現地ではチップなどの支払いに小額紙幣がすぐ必要になるので、手元に高額紙幣しかない場合はぜひこの裏技を使ってみてください。 現金派も海外ではクレジットカードが必携な理由 「クレジットカードは怖いから使わない。 自分はとことん現金主義!」 という方もいらっしゃるかと思います。 でも、 欧米へ旅行するならクレジットカードなしではまず過ごせないと考えて間違いありません。 というのも 海外のホテルではチェックイン時にクレジットカードの提示が求められるからです。 これはデポジット(保証金)と言って、予約時に支払い済みのホテル代金(ツアーの場合はツアー代金)に含まれない代金(食事代やホテル内のサービス利用料)の保証のためとなっています。 このようにクレジットカードは海外で自分が支払い能力のある旅行者だということを証明するためにも必携なんです。 しかもステータスが高いカードを持っているほど、その人の信用度はアップするそうです。 当然と言えば当然かもしれませんが。。。 もしカードをお持ちでなければこの機会に1枚以上は用意してくださいね。 海外ではホテルでクレジットカードの提示がもとめられる。 海外では「現金のみ」では過ごせないと考えて間違いない。 海外旅行用にクレジットカードを作るなら最初の1枚はコレ! 海外旅行用にこれからクレジットカードを作ろうかな、とお考えなら、私は断然丸井グループのをおすすめします。 年会費が無料なのはもちろんですが、何と言っても 海外旅行保険が自動的に付いてくるからです。 しかも私が調べた限りでは、年会費無料カードの中で一番良い保険となっています。 仮に1週間程度のハワイ旅行用の海外旅行保険に加入するとなると数千円~1万円程度はかかりますので、これがタダで付いてくるのはかなりお得ですよね。 申し込みの手間がかかること以外に、作らない理由が見つからないカードです。 なお保険内容の詳細などはでご確認ください。 このほかにもハワイ旅行に持っていくとお得なクレジットカードがありますので、こちらも参考にしてみてくださいね。 <ハワイの両替事情>現地の両替はどこがお得? 次に毎年日本から150万人もの観光客が訪れているハワイの両替事情についてご案内します。 ハワイ(ダニエルKイノウエ国際空港)に到着して初めに目にする両替所は、空港内の両替所です。 入国審査が済んだらスグ目の前、というとても便利な立地なのでつい使いたくなってしまいますが、実はよほど現金がすぐに必要でない限り、ここは避けたほうが良い両替所のひとつなのです。 なぜなら ホノルル空港内の両替所はレートがとても悪いことで有名で、さらに1回あたり数ドルの手数料が別途上乗せされるからです。 ハワイに限らず、多くの国際空港にある両替所はレートが悪い(手数料が高額)となっていることが多いので、急ぎでない限り避けた方が良いと思われます。 また、ホテル内での両替も空港と同様にレートが悪いことで有名なので、こちらもなるべく避けることをおすすめします。 では、どこが良いのか?といえば、実は 民間の両替所なんです。 町中に点在しており「政府公認両替所」と看板を出していて、その日のレートもしっかり表示しています。 例えばカラカウア通り沿いにある免税店「ギャラリア ハワイ by DFS内」にも民間の両替所があるのですが、このようにいつもけっこう混んでます。 町中の両替所利用時の注意点 ホテルや空港内だとなんとなく安心感がありますが、町中にある両替所って本当に大丈夫?と不安に思われる方もいるかもしれませんね。 でも実は、ハワイのDFS内の両替所よりも数十銭程度良いレートで提供されているのを見かけたこともあります。 ただ、町中の両替所を利用する場合は、ぜひ気を付けてほしいことがいくつかあります。 まずいちばん気をつけなければならないことは 両替したドル紙幣(現金)目当てのスリや強盗です。 周りに怪しそうな人はいないか?• 両替したあなたをジーっと見ている人はいないか?• 急にフレンドリーに(馴れ馴れしく)話しかけて来る人はいないか? 日本ではあまり意識したことがない、こういったことに注意する必要があります。 さきほどご紹介したギャラリア ハワイ by DFS内の両替所の場合は大きな建物の中にあるので、その点は少し安心かもしれませんね。 あとは、 本当にレートどおりのドル紙幣を渡してくれたか?をすぐ確認することです。 海外の場合、うまくごまかして少なめにドル紙幣を渡されないとも限りません。 紙幣の数を数えて正しかったら、すぐに現金はきちんと閉じられるバッグにしまいましょう。 パンツの「後ろポケットに長財布」なんて絶対にNGですよ! 個人的にはこれだけの「心配事(リスク)」を負って、しかも現地での貴重な時間を削って列に並んで両替するよりは、必要な分だけ海外キャッシングを利用するもしくは日本であらかじめドルを用意しておいた方が良いと思っていますが。 現地の空港はレートが悪いのでできるだけ利用しないこと• ホテルでの両替もレートが良くないことが多い• 町中の両替所は比較的レートが良いことが多いが、治安面には留意が必要 余ったドルを円に換えるには? 「1,000ドル両替して行ったら、あまり使わなくて500ドルも余っちゃった・・・」 なんてこと、よくありますよね。 すぐに次の旅行が決まっているならそのまま持っていてもいいと思いますが、そうでない場合は一度日本円に戻したいですよね。 一番手間がかからないのが、帰国時に空港で円に両替することです。 たとえば1ドルの交換レートはこんな感じです。 11円 108. 70円 つまり、元々112. 11円で500ドル両替するために56,055円必要でしたが、これを円に再び戻すと54,350円に1,700円以上も目減りしてしまう計算です。 なんかもったいないですよね。 まとめ 円を外貨両替して米ドルなどの外貨(現金)を手に入れるには、主に次の4つの方法があります。 おすすめは と、。 外貨両替ドルユーロは「pds022」のクーポン入力で100円OFFとなる。 なら100ドルあたり数十円という格安の手数料で外貨を入手できます。 お得度で選ぶなら、一番のおすすめは「海外キャッシング」です。 私たちも従来はネット宅配サービスを利用していたのですが、2019年秋の旅行で初めて海外キャッシングを利用し、あまりのお得さにびっくりしてしまいました。 あらかじめ海外キャッシングに適したクレジットカード( )を作ったりなどの準備は必要でしたが、一度体験してしまえば難しいこともないので、次回以降はもうずっと海外キャッシングにすると思います。 私たちの体験レポートも参考にしながら、次回の海外旅行で挑戦されてみてはいかがでしょうか? 欧米は日本よりもずっと進んだカード社会です。 できるだけデビットカードやクレジットカードを利用し、スリなどの犯罪者に狙われやすい現金は必要な分だけにとどめることがおすすめです。 またお財布は口の閉まるバッグなどに入れ、人混みのど真ん中で堂々とお財布を開けたりカードを取り出したりしないように気を付けてください。 海外では自分の身は自分で守る!ということを忘れないでくださいね。 それでは、楽しい旅行をどうぞ!.

次の

郵便局で両替する時の手数料・ATMでの両替はできるのか|新札

肥後 銀行 両替

大量の小銭(硬貨)をお札に両替する方法や手数料などをまとめてみました。 自分は買い物の時の支払い方法がクレジットカードや電子マネー、ApplePayなどでの支払いがメインになってきています。 なのであまり現金を使うということが少なくなってきているのですが、どうしても支払いが現金のみというパターンもあります。 1,000円とかを出してもらう小銭を他の場所に置いておくようにしたら、意外と貯まっていました。 ただやっぱり硬貨だけだと使い勝手が悪い。。 この小銭(硬貨)をお札などに交換(両替)する方法や手数料などを調べてみてまとめてみました。 ちなみに500円玉に関しては、自己流の500円貯金に回しています。 ATMだけで完結するので窓口の時間を気にする必要もありません。 硬貨が入るATMか?と時間帯に気を付けて ただし、 硬貨預け入れに対応しているATMじゃないとダメ(コンビニのATMとかは対応していないことが多い)& 手数料がかからない時間帯にやらないと入金も引き出しも手数料がかかってくるのでご注意を。 ATMの硬貨限度枚数がちょっとわからない(モデルによって違う?)のですが、一度で入りきらなかったら2回、3回と預け入れすれば大丈夫です。 ATMが対応していれば銀行だけじゃなくゆうちょでもできます。 【手数料無料。 ATMと同じで厳密には両替ではないので、引き出しを無料時間帯のATMで行えば基本的には手数料がかかりません。 こちらも銀行だけじゃなくゆうちょでもできます。 ただ窓口に行かなくてはいけないので面倒といえば面倒ですし、小銭が超大量の場合、窓口の人に出すのがちょっと抵抗あるかもしれません。 【王道】銀行の『両替機』。 手数料ほぼ無料だけど枚数にご注意を 両替機での交換、手数料などまとめ 銀行 枚数 手数料 備考 三菱東京UFJ銀行 1~500枚 1日につき1回まで無料 2回目以降は200円 500枚以下: キャッシュカードor両替機専用カードが必要 それ以外: 両替機専用カードが必要 501~1,000枚 300円 三井住友銀行 1~500枚 1日につき1回まで無料 2回目以降は200円 501~1,000枚 400円 みずほ銀行 1~500枚 1日につき1回まで無料 2回目以降は300円 501~1,000枚 ??? ゆうちょ銀行 非対応 メガバンク3銀行であれば、どの銀行でも 両替機で500枚まで無料で両替ができます。 基本的にキャッシュカードがあればOKで、手数料も500枚以下なら無料なのでオススメですが、デメリットとしては両替機が設置してある銀行に窓口が空いている時間帯(平日15時とかが基本)に行かなくてはいけないというものがあります。 また、どの銀行も枚数は1,000枚が上限となっています。 【通帳派や1,000枚以上の人】手数料かかりそう。。 銀行の窓口に行って両替 ただし両替の場合は、両替機に比べて手数料が高い 銀行 枚数 手数料 備考 三菱東京UFJ銀行 1~50枚 無料 — 51~500枚 324円 501枚以上 648円 以降500枚ごとに 324円 三井住友銀行 1~30枚 無料 口座を持っていない場合は324円 31~100枚 324円 — 101~500枚 648円 500枚~1,000枚 864円 以降500枚ごとに 432円 みずほ銀行 1~50枚 無料 — 51~500枚 324円 501枚以上 540円 以降1,000枚ごとに 540円 ゆうちょ銀行 非対応 窓口での両替は、若干や枚数に手数料に差がありました。 両替機に比べるとやっぱり割高となりますが、窓口であれば通帳でもOKとなっていました。 また、1,000枚以上の両替を一度にやろうと思うと窓口となります。 こちらも基本的にはその銀行の口座を持っている必要があると思います。 まとめ。 (ATMを使う時間帯に注意) 業務レベルの両替となると厳しいかもしれませんが、小銭が手元にあってそれをお札にしたいというレベルであれば問題ないです。 王道の銀行の両替機も基本的に無料でできますが、時間の制約や行くのが面倒です。 今回の自分のように手元にある小銭をお札に交換したいというくらいであれば、ATMで完結させちゃうことをオススメします。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の