グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない。 奥歯が欠けた時、すぐにやるべき対処と症状別の治療方法

【体験談】グラグラ乳歯は抜く?抜かない?子供の歯の未来を考えて決めよう

グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない

子供の乳歯が生え変わり始めるのは5. 6の頃です。 前歯から抜け始めて小学校高学年ごろになると、親不知とも呼ばれる第三大臼歯以外の永久歯が生えそろってきます。 誰もが子供の頃、乳歯のグラグラを経験しましたよね。 私は子供の頃、グラグラの乳歯を母に糸をかけて引っ張ってもらい抜いた記憶があります。 また以前働いていた学童では、当時小1の女の子が歯と内開きの開いた状態のドアのノブに糸を結んで、自分でバン!とドアを閉めて歯を抜いたことがあり、そのたくましさにちょっと驚いたものです。 でも無理に抜くのは良くないという意見もあって、自然にぽろっと抜けるのを待つべきなのでは、と思っている方も多いようです。 うちの娘の場合は今まで7本抜けましたが、6本は自然に抜けました。 グラグラしていた歯が、朝起きたら布団にポロッと落ちていたこともありました。 実際乳歯は、グラグラし始めてから抜けるまでにとても時間がかかります。 この時に早く抜かないと歯並びが心配…と、抜歯を急ぐことは良くありません。 乳歯は抜けた状態で見るような小さなものではなく、本来はもっと根っこが長く、しっかりしているんです。 生え変わりの準備をしている時に、この歯根が溶けてだんだん歯が小さくなっていきます。 また、永久歯が出てくるべき場所に乳歯が残っていることで、正しい場所に永久歯が生えてくることができるようになるんです。 永久歯のために場所取りをしてくれているようなものですね。 時期でないのに抜いてしまうと、歯根が折れて残ってしまうこともよくあるようです…。 抜歯の際に歯ぐきが傷ついてしまうことも考えられますね。 無理に抜くのは、何よりも子供の気持ちとしてはやめて欲しいと思います。 歯医者さんが平気な子も少ないでしょうし、麻酔は不快だし。 かといって、素人が無理に抜くのはもっと危険です。 やっぱりケースバイケースってことで 本来は自然に抜け落ちるものなので、問題がない場合はそのうち抜けると待っていればいいと思います。 早く抜かなければ歯並びが悪くなるのではなく、大切なのは「顎の大きさ」。 ちゃんと永久歯が入るスペースがあるかということなんです。

次の

ワイルドすぎ! 矢を放って歯を抜く11歳少女

グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない

永久歯が下から生えて来る前の乳歯は、根はまだしっかりしている 子どもの歯が生え変わる時期になると、乳歯がグラグラしてきて、食事のたびに、歯が動き痛がる場合があります。 乳歯は、永久歯が下から生えてくると、永久歯に押し出されるような形で、根の部分が次第に溶けてきます。 永久歯はグラグラになると、歯を支える周囲の骨が溶け、歯の根は溶けませんが、乳歯の場合は、歯の根がほとんど溶け、頭の部分だけになってしまうため、グラグラになります。 乳歯が簡単に取れない場合は、歯の根が溶けても、歯肉の繊維が乳歯にしっかりこびり付いたようになっているからです。 乳歯の周囲から出血し、痛そうに見えることもあり、親としては早く取ってあげた方がよいのか迷うかもしれません。 グラグラしてきた乳歯はどのタイミングで取ればよいのかを解説します。 乳歯を抜くタイミングと注意点 下の奥に6歳臼歯と呼ばれる永久歯が、生えてきた後、下の前歯の乳歯がグラグラしてくるので、この乳歯が生え変わりの第一歩になることが多くなります。 親や子どもが乳歯を取る際の注意点などは次のようになります。 グラグラから、フラフラにならないと取れません。 これは失敗するととっても痛いです。 そんな取り方をしなくても、自分の舌などで、痛くない範囲で、時間をかけて、少しずつ前後や左右に反復させていると取れやすくなります。 心配する必要はありませんが、できればガーゼや清潔なハンカチなどを噛んで押さえると出血が早く止まります。 グラグラ乳歯で歯科医を受診すべきケース 次のようなときは、一度病院でチェックしてもらいましょう。 下から永久歯が生えてきたのが見えてもなかなか乳歯が取れないことがあります。 かなりしっかり歯肉に付いていることも多いので、病院でチェックしてもらいましょう。 こんなときはいくら待っても乳歯がぐらついてこないので、早めに病院でチェックしてもらいましょう。 そんな時は病院でチェックしてもらいましょう。 乳歯がスムーズに生え変わることができでないと、永久歯の歯並びなどに影響を与えることがあります。 心配があるときは、気軽に病院で相談することをオススメします。 【関連記事】•

次の

グラグラの乳歯が抜けそう!家で抜いちゃっていいの?歯医者さんに行ったほうがいいの?|お知らせ|医療法人社団 芦屋 M&S歯科・矯正クリニック|土・日診療の歯医者さん

グラグラ の 歯 を 抜く 方法 痛く ない

歯がぐらつく場合の固定法・治療法 揺れを固定するとは言っても、レントゲンで確認して、歯が完全に骨から外れているような場合は、抜歯が基本です。 でもゆっくりと骨の吸収が進み、60~90%近く吸収している場合は、治療が終了しても、抑えが効かずにグラグラすることがあります。 そんなとき積極的に歯を動かない様、固定するために次のような2つの方法があります。 一般的なのは、歯と歯の間を透明~白い樹脂の接着剤のようなもので、接着していくことです。 歯を削って被せるのに抵抗を感じる人や、重度の歯周病の治療初期段階、治療後に歯の予後を判定するためなどに使います。 耐久性は、噛み合わせに左右されます。 噛んでもほとんどぶつからない様であれば数年程度。 他に噛む所がなく力が集中する場合には、数週間程度しか持たないこともあります。 入れ歯を利用して固定することもあります。 歯周病治療が終了後になってから、歯の揺れを抑え、噛み合わせの力にも抵抗する永久固定を検討する様になります。 歯を削るので、一般的には歯の寿命が短くなると思われがちです。 しかし進行した歯周病では、固定しないといずれ抜歯になることが多いため、この場合、削って被せることで、逆に歯の寿命を伸ばすことが出来ます。 歯のぐらつきを固定する治療のタイミング 実は歯がグラグラになる症状は、歯周病だけではありません。 虫歯などが進行して、歯の神経が凄く痛くなった時や、根の奥に膿が溜まり、炎症等を起こした場合に、歯が浮くなどした際も、かなり揺れて驚くことがあります。 これは歯の周囲に、歯周病や虫歯等の炎症が起こると、歯は抜け出る方向に移動するためと考えられています。 しかしせっかく浮き上がっても噛み合わせで押し込まれるため、噛むたびに痛くなり、上下に緩んでグラグラした感じとなるのです。 このように歯の周囲に、歯周病や虫歯などの炎症が起きている状態は、揺れを固定することで症状が悪化します。 むしろ炎症部分を噛み合わせで押し込んで刺激しない様に、歯を積極的に削ることが大切になります。 このように歯が揺れているからといって、すぐに固定を考えるのは禁物。 固定するタイミングを誤ると、炎症の落ち着きが悪くなったり、いつまでも腫れやすい状況になってしまいます。 さらに一度永久固定してしまうと、後から抜歯をしようとしても、他の歯と連続的に繋がっているため、多くの部分の被せ直しが必要になるなど、トラブルが起きた際の負担が大きくなってしまいます。 そのため、被せる等の永久固定は、ある程度の期間、仮歯や暫間固定で経過を見てから作るのが一般的です。 ぐらつく歯の固定後の注意点 暫間固定は一度固定しても、しばらくして外れてしまうことがあります。 これは接着部の劣化ではなく、噛み合わせの際の「力」の問題です。 あまり頻繁に修理が必要なようであれば、永久固定に切り替えることも検討した方が良いかもしれません。 また永久固定を行うと歯がそれまでの様に動かなくなり快適に噛める様になりますが、歯を支えている骨の量が増えた訳ではないため無理は禁物です。 大切なのは、歯の周囲のプラークを完全に取り除くこと。 それまでと同じような歯磨きで歯周病が再発すれば、今度は固定している歯全体がぐらついて、繋がっている全ての歯が抜歯になることもあります。 固定治療が終了しても噛み合わせや、磨き方のチェックする定期的メンテナンスを大切です。 【関連記事】•

次の