マインスイーパー。 マインスイーパーは運ゲー?遊び方のルールや法則・攻略のコツも

Windows 10 マインスイーパーで遊ぶ

マインスイーパー

「マインスイーパー」というゲームを知っていますか? パソコンが Windowsの方は知っている人が多いかもしれませんが、パソコンをお持ちでない方や、Windowsではない方は知らない人も多いでしょう。 地雷を踏まないように、 地雷が埋まっているマス以外のすべてのマスを空けられれば勝ちです。 丸いものが地雷です。 マインスイーパーは、 ・クリアまでのタイムを速くする ・勝率を上げる などといった、 個人個人で様々な楽しみ方ができます。 では、続いてマインスイーパーの遊び方やルールを説明しますね。 マインスイーパーの遊び方やルール マインスイーパーのルールはいたってシンプルです。 マスの中に、 空白マス・数字マス・地雷マス(特定の数)が隠れています。 その中で、地雷マス以外を全て開けるとゲームクリア。 途中で 一度でも地雷マスをクリックすると ゲームオーバー。 といった流れになります。 数字と開ける場所が重要になってくるゲームで、意外と頭を使うゲームでもありますね。 では、実際にマインスイーパーの流れを見ていきましょう。 なので、このように怪しいマスには旗を立てて、 地雷を踏むのを回避します。 このようにして、最後まで地雷を踏まずに 全てのマスを開けられたら勝ちです。 マインスイーパーはどこで遊べるの? さあ「マインスイーパー」をしようと思っても、パソコン内のどこに行けば遊べるのかが分かりづらいですよね。 なので、それぞれの 機器別にご紹介します。 Windowsのパソコンの場合 Windows搭載のパソコンでしたら、 ディスプレイ左下のスタートボタンをクリックしましょう。 そこを開くと、『すべてのプログラム』の 『アクセサリ』か 『ゲーム』のフォルダの中に「マインスイーパー」があります。 そのアイコンをクリックすると、ウィンドウが開くのでそのまま始められます。 Windows以外のパソコン Windows以外のパソコンに 「マインスイーパー」は搭載されていません。 なので、インターネットに接続されているならば「マインスイーパー」と インターネットで検索してください。 そうしたら、インターネット上で遊べるブラウザゲームの「マインスイーパー」が出てきます。 スマートフォンで遊ぶ 「マインスイーパー」で アプリを検索すると無料のマインスイーパーがあるので、ダウンロードして遊びましょう。 それか、Googleで「マインスイーパー」と検索すると Googleが作ったもので遊べるので、そちらも便利です。 「マインスイーパー」のクリアのコツ マインスイーパーで遊んでいると、どうしても運任せになってしまう局面がよく出てきます。 しかし、どのゲームにも必ずクリアのコツというものがあります。 そこで、マインスイーパーのクリアのコツをいくつかご紹介していきます。 端の方から解いていこう 「端」といってもどこのこと?と思いますよね。 なのでこちらの画像を見てください。 上の画像の赤マルに注目です。 このような端、つまり 「角ばっている箇所」から解いていくといいでしょう。 端から解くメリットは、 「地雷を確定しやすい」こと。 慣れてくると端からじゃなくても解けますが、 初心者の方は確実に解いていくために、端から解くのがベストです。 1の定理 マインスイーパーのコツで有名なのは、この 「1. 1の定理」です。 この定理は数字が1. 1の順番に並んでいる場合、その 「1」の下に地雷があるということがわかるという定理になります。 1は、 初級から上級までよく出てくるパターンなのでこのコツを覚えるだけでスピードも上がり、 確実にクリアに近づけます。 1の定理 1. 1の定理と同じく覚えておくといいコツが 「1. 1の定理」です。 1の定理」は、この順番に数字が並んでいる場合、 2の下に爆弾があるという定理になります。 1の定理と同じく覚えて、1. 2の並びが見えたら定理が使えないかを考え、瞬時に判断して進めていきましょう。 1の定理と同じく、コツの応用として、実質の数字を考えて 定理が使えるかどうかを見極めることも必要になります。 まとめ 以上、「マインスイーパー」のルールや遊び方、コツなどもご紹介しました。 マインスイーパーとは、数十から数百個のマス目でできた地雷原から 「地雷の場所を特定し除去していくパズルゲーム」。 地雷を踏まないように、地雷が埋まっているマス以外の すべてのマスを空けられれば勝ちというシンプルなルールです。 マインスイーパーのクリアのコツは、 ・端の方から解いていく ・1. 1の定理 ・1. 1の定理 などがあります。 ルールはいたってシンプルですが、意外に 頭を使わないとクリアできません。 クリアする時間を速めたり、クリアの確率をあげたりと、楽しみ方は人それぞれ。 この記事を読んでいただいて、少しでもマインスーパーに興味を持っていただけたら嬉しいです。 面白いゲームですので、ぜひ一度プレイしてみてはいかがでしょうか。

次の

マインスイーパーのルールや遊び方を紹介!クリアのコツも伝授

マインスイーパー

マインスイーパーは運ゲーの2つ目は、中級、上級のマインスイーパーには運要素が含まれているということです。 中級のマインスイーパーは縦横16マスの256マスの内地雷は40個です。 初級に比べると地雷の比率が高くなっていることがわかります。 更には上級になると16マスかける30マスで合計480マスの中に地雷は99個もあります。 そもそもが地雷を踏むとゲームオーバーになるゲームがマインスイーパーであり、地雷のないところを予測するというのがマインスイーパーのゲームです。 つまり、地雷があるか無いかに法則はありません。 また、モンストというスマホゲームの中にもマインスイーパーは存在していますが、モンストのマインスイーパーの場合においても上級は運極を使っても運要素を排除するのは難しく詰みの状況が作られることもあるようです。 以下の記事で運を上げることで運要素を排除できる可能性があります。 マインスイーパーの上級は運ゲーなのか検証の1つ目は、設定をカスタマイズするということです。 マインスイーパーをプレイする前にゲームオプションでマス目と地雷の数をカスタマイズすることができます。 この設定で、マス目や地雷の数を最大や最小にすることで運極状態にすることができます。 運極状態とは、簡単に言えば運要素は最大に排除して自分の運要素をギリギリまで上げた状態ということです。 例えば、マス目の設定を最大にし、地雷の数も最大に設定すると、地雷がないマスの数は52個です。 カスタマイズしていない場合に地雷がないマスは381になります。 しかし、マスの最大を小さくして地雷の数を最大にすると、地雷がないマス目は14マスになります。 この様に自分なりにカスタマイズすることで非常にやりやすい状況を作り出し、かつ運極状態も作り出せるので、攻略しやすくなります。 一見詰みのような状態になったとしても、地雷の法則を使えば抜け出せる可能性があります。 それは121の法則です。 121の法則とは、数字が121と並んだ場合、1の下もしくは上には必ず地雷が並んでいるという法則です。 この法則には条件もあり、この数字の上もしくは下が全て空いている場合に適用されます。 左右の1と真ん中の2で共通するマス目は、1の上もしくは下しかありえないので、この状況でこの法則がうまれます。 前述した121の法則もそうですが、よく考えればこの法則が理にかなっていることがわかります。 他にも、12の法則があります。 この数字の上が全て空いている状態でこの数字が出てきたとします。 それはつまり、1と2のどちらにも隣接しているマスに1つは地雷があるということになります。 裏を返せば、1のみに隣接しており2に隣接していな箇所は地雷がないということが分かります。 更には、2にだけ隣接している箇所は確実に地雷があるということがわかります。 他にも1221の法則などもあります。 1221の法則は2と隣接しているマスは地雷が確定するという法則です。 また、数字に囲まれた箇所は当然地雷があります。 以下のサイトに詳しく載っていますので参考にしてみてください。 運や法則を味方につけてマインスイーパーを楽しもう! いかがでしたか?マインスイーパーの運要素などについて解説してきました。 今回の記事を参考にして、運や法則を味方につけてマインスイーパーを楽しんでください。 また、ゲームによるコミュニケーションを取る方法というものがあります。 詳しくは以下のサイトを参考にしてください。

次の

マインスイーパとは (マインスイーパとは) [単語記事]

マインスイーパー

マインスイーパについて マインスイーパ(Minesweeper)の起源は、先駆けとなったゲームが汎用コンピュータでプレーされていた1960年代に遡ります。 マインスイーパはMicrosoft Windowsの標準付属によって人気を獲得しました。 ユーザーのマウスの右クリック練習補助を目的としてWindows3. 1に初めて登場しました。 たった今ご利用のマインスイーパはインターネットブラウザでプレーしたい人や、運任せのプレーを好まない人のためにデザインされたものです。 ゲームのルール このゲームはボードにマスが敷き詰められた状態でスタートします。 いずれかのマスの下には地雷が隠れています。 地雷のないマスを開け、地雷のあるマスには旗を立てていきます。 地雷のあるマスを開けてしまったら負けです。 開けたマスの下に地雷がなくても、隣接するマスの下にある場合は、周囲8マスにある地雷の数が開けたマスに表示されます。 プレーヤーはこの数字をもとに地雷がどこにあるか推測していきます。 ゲームの目的は、地雷のないマスを全て開け、地雷の位置を特定することです。 オプションと機能 難易度: レベルは以下の5つです。 初級(9 x 9マス、地雷10個)、中級(16 x 16マス、地雷40個)、上級(30 x 16マス、地雷99個)、超人(50 x 50マス、地雷500個)、エイリアン(100 x 100マス、地雷2000個)。 ボードのサイズはカスタマイズすることもできます。 マスや地雷の数には理論上リミットはありません。 しかしボードの規模が大きすぎるとゲームの速度が落ちたり、ご利用のウェブブラウザに支障を来したりする場合があります。 ご自身の責任でお試しください。 ボード作成: ボード作成の方法は3種類あります。 ランダムボードジェネレーションでは、地雷がランダムに置かれます。 「セーフトライ」では地雷がランダムに置かれますが、プレーヤーがゲームを始めたマスの周囲1マスには地雷が置かれません。 「ピュアロジック」は、必然的にクリア可能になるようボードが作られます。 つまり、運に頼らずにゲームができるということです。 論理的にプレーし、上手くいけばゲームを攻略できるチャンスは100%あるということです。 「ピュアロジック」はインターネット接続に問題があるとご利用できません。 ボタン逆転: マウスをご利用の際は右クリックと左クリックを、タッチデバイスをご利用の際はタップとホールドの役割を逆転させる機能です。 主にタッチデバイスでのホールドにかかる時間を節約したいプレーヤーのための機能です。 ?マーク: 地雷の有無が不確かなマスに?マークを付けることができる機能です。 スピーディーにプレーするプロは、プレー速度が落ちないようこの機能を無効にすることを好みます。 地雷処理: 地雷のマスを開けてしまってもゲームを続けられるオプションです。 マスを開けて地雷が点滅したら、3秒以内に旗を立てなければゲーム終了です。 プレー中、短時間でも地雷処理を有効にすると、「援助」としてカウントされます。 ヒント: 現在のボードの状況をもとにして、開くべきマスや旗を立てるべきマスのヒントが示されます。 ヒントは開かれていないマスを無視して作成されます。 プレーヤーと同じ情報量で、それまでのプレーに失敗がないという前提でのヒントです。 そのため、ボードに間違って置かれた旗があれば、ヒントも間違ったものになります。 また、プレーヤーが運任せの行動しかできない場合にはヒントは作られません。 したがってヒントが必ず使えるのは「ピュアロジック」タイプのボードのみです。 ヒントを使うと、それが間違ったヒントであったとしても、「援助」としてカウントされます。 チート: マスの下に地雷があるかないかの状況に合わせて、マスを開けたり旗を立てたりするチートができます。 これも「援助」としてカウントされます。 援助付きゲーム: 上記の「援助」のいずれかを利用すると、援助付きゲームとみなされます。 援助付きゲームの成績は別で記録されます。 ゲームを保存: ブラウザを閉じるだけでゲームが保存できます。 次にマインスイーパのウェブサイトを開くと、ゲームの状態が回復されます。 コントロール マウスのみ:• マスを 左クリックして開く。 マスを 右クリックして旗/?マークを置く。 数字 を左右同時にクリックすると、周囲の地雷全てに旗が立てられている場合にのみ、周囲のマスが全て開かれます。 タッチデバイス:• マスを タップして開く。 数字を タップすると、周囲のマス全てに旗が立てられている場合にのみ、周囲のマスが全て開かれます。 マスを ホールドして旗/ハテナを立てる。 マウスとキーボード:• F2で新たにゲーム開始。 Escでダイアログボックスを閉じる。 「+」でズームイン。 「-」でズームアウト。 マスの上にカーソルを置き、 Enterで開く。 マスの上にカーソルを置き、 Spaceで旗/?マークを置く。 周囲の地雷のマス全てに旗が立てられている場合のみ、数字の上にカーソルを置き、 Spaceで周囲のタイル全てを開く。 「h」でヒントを得る。

次の