音楽 は いつまでも 歌詞。 合唱曲「いつまでも」作詞・作曲 若松歓: uno研通信

合唱曲「いつまでも」作詞・作曲 若松歓: uno研通信

音楽 は いつまでも 歌詞

 2016年にノーベル文学賞を受賞したアメリカのミュージシャン ボブ・ディランの14thアルバム「 Planet Waves」に収録されている曲です。 よく知られているのは「スロー・バージョン」の方で、そうではないロックなバージョンもアルバムに収録されています。 歌詞の意味と解釈 「 いつまでも若く」というタイトルから、いつまでも若くありたい自分に向けた曲と思われがちですが、そうではありません。 この曲は、ボブ・ディラン曰く「 息子を想って書いた」ものらしく、歌詞も「息子の成長を願う」親目線のものとなっています。 ちなみに、息子の ジェイコブ・ディランは自身のバンド ウォールフラワーズやソロアーティストとして、音楽業界で成功しています。 自分よりも若い自分の子供に向けて「forever young」というのはちょっと変に思えますが、そのあたりは和訳の後で考察しています。 歌詞と和訳 Written by Bob Dylan May God bless and keep you always May your wishes all come true May you always do for others And let others do for you May you build a ladder to the stars And climb on every rung May you stay forever young 神の恵みとご加護が、君にありますように 君の願いがすべて、叶えられますように いつも人の力になって 人からも力を貸してもらえますように 星まで届く梯子を築き 一段一段昇っていけますように いつまでも若くいられますように ・ may god bless you 神のご加護がありますように Forever young, forever young May you stay forever young いつまでも若く、いつまでも若く いつまでも君が若さを失いませんように May you grow up to be righteous May you grow up to be true May you always know the truth And see the lights surrounding you May you always be courageous Stand upright and be strong May you stay forever young 正しい人に育ちますように 誠意ある人に育ちますように いつも真実を見つけ 君を囲んでくれる光に、気づきますように いつも勇敢で まっすぐ立ち、強くいられますように いつまでも若くいられますように ・ righteous 正義の、公正な、正当な ・ upright 直立した、正直な、高潔な Forever young, forever young May you stay forever young いつまでも若く、いつまでも若く いつまでも君が若さを失いませんように May your hands always be busy May your feet always be swift May you have a strong foundation When the winds of changes shift May your heart always be joyful May your song always be sung May you stay forever young 君の手にはいつも、取り組むべきものがありますように 君の足がいつも、行くべき場所へ素早く向かえますように 風向きが急に変わっても 強い拠り所を持っていられますように 君の心が喜びに溢れ 君の歌がいつも歌われ 君がいつまでも若くありますように Forever young, forever young May you stay forever young いつまでも若く、いつまでも若く いつまでも君が若さを失いませんように 若さとは? ボブ・ディランはこの曲で、(自分より若い)自分の息子に「 いつまでも若くいて欲しい」と願います。 それは、言い換えれば「好奇心や喜び、情熱や感動を失わない事」だと思われ、つまりは「 人としていつまでも成長し続ける人であって欲しい」という事ではないでしょうか。 親が子供に望むこととして、これ以上願いと期待に満ちた言葉は無いかもしれません。 収録アルバム Planet Waves(1974年) カテゴリー•

次の

映画リメンバー・ミー「音楽はいつまでも」スペイン語歌詞”El Latido de Mi Corazón”の和訳|もっと話せるスペイン語

音楽 は いつまでも 歌詞

 2016年にノーベル文学賞を受賞したアメリカのミュージシャン ボブ・ディランの14thアルバム「 Planet Waves」に収録されている曲です。 よく知られているのは「スロー・バージョン」の方で、そうではないロックなバージョンもアルバムに収録されています。 歌詞の意味と解釈 「 いつまでも若く」というタイトルから、いつまでも若くありたい自分に向けた曲と思われがちですが、そうではありません。 この曲は、ボブ・ディラン曰く「 息子を想って書いた」ものらしく、歌詞も「息子の成長を願う」親目線のものとなっています。 ちなみに、息子の ジェイコブ・ディランは自身のバンド ウォールフラワーズやソロアーティストとして、音楽業界で成功しています。 自分よりも若い自分の子供に向けて「forever young」というのはちょっと変に思えますが、そのあたりは和訳の後で考察しています。 歌詞と和訳 Written by Bob Dylan May God bless and keep you always May your wishes all come true May you always do for others And let others do for you May you build a ladder to the stars And climb on every rung May you stay forever young 神の恵みとご加護が、君にありますように 君の願いがすべて、叶えられますように いつも人の力になって 人からも力を貸してもらえますように 星まで届く梯子を築き 一段一段昇っていけますように いつまでも若くいられますように ・ may god bless you 神のご加護がありますように Forever young, forever young May you stay forever young いつまでも若く、いつまでも若く いつまでも君が若さを失いませんように May you grow up to be righteous May you grow up to be true May you always know the truth And see the lights surrounding you May you always be courageous Stand upright and be strong May you stay forever young 正しい人に育ちますように 誠意ある人に育ちますように いつも真実を見つけ 君を囲んでくれる光に、気づきますように いつも勇敢で まっすぐ立ち、強くいられますように いつまでも若くいられますように ・ righteous 正義の、公正な、正当な ・ upright 直立した、正直な、高潔な Forever young, forever young May you stay forever young いつまでも若く、いつまでも若く いつまでも君が若さを失いませんように May your hands always be busy May your feet always be swift May you have a strong foundation When the winds of changes shift May your heart always be joyful May your song always be sung May you stay forever young 君の手にはいつも、取り組むべきものがありますように 君の足がいつも、行くべき場所へ素早く向かえますように 風向きが急に変わっても 強い拠り所を持っていられますように 君の心が喜びに溢れ 君の歌がいつも歌われ 君がいつまでも若くありますように Forever young, forever young May you stay forever young いつまでも若く、いつまでも若く いつまでも君が若さを失いませんように 若さとは? ボブ・ディランはこの曲で、(自分より若い)自分の息子に「 いつまでも若くいて欲しい」と願います。 それは、言い換えれば「好奇心や喜び、情熱や感動を失わない事」だと思われ、つまりは「 人としていつまでも成長し続ける人であって欲しい」という事ではないでしょうか。 親が子供に望むこととして、これ以上願いと期待に満ちた言葉は無いかもしれません。 収録アルバム Planet Waves(1974年) カテゴリー•

次の

映画リメンバーミー音楽はいつまでもの歌詞を和訳解説!デジタル祭壇の謎解きも!

音楽 は いつまでも 歌詞

To a melody played on the strings of our souls And the rhythm that rattled us down to the bone メロディは僕らの心の弦を奏で リズムは骨の髄まで響いていた Our love for each other will live on forever In every beat of my proud corazon[heart] Our love for each other will live on forever In every beat of my proud corazon[heart] 僕らの互いの愛はずっと生き続ける 僕の誇り高き心の鼓動全ての中で Ay mi familia! [Oh my family! ] Oiga mi gente! [Listen, my people] Canten a coro[sing along], let it be known! ああ、僕の家族たちよ きいて、みんな いっしょにうたおう、分かち合おうよ Our love for each other will live on forever In every beat of my proud corazon[heart] 僕らの互いの愛はずっと生き続ける 僕の誇り高き心の鼓動全ての中で Ay mi familia! [Oh my family! ] Oiga mi gente! [Listen, my people] Canten a coro[sing along], let it be known! Our love for each other will live on forever In every beat of my proud corazon[heart] ああ、僕の家族たちよ きいて、みんな いっしょにうたおう、分かち合おうよ 僕らの互いの愛はずっと生き続ける 僕の誇り高き心の鼓動全ての中で ラストの死者の日の宴で 死者の日の夜の歌げでミゲルがヘクターのギターを弾き、歌を歌ってお祝いしています。 ミゲルのいとこのアベルがアコーディオンを、ローザがバイオリンをミゲルと一緒に 演奏して盛り上げていました。 第一の疑問 いつ演奏を習ったのか? 心温まるシーンではありますが、ここでちょっと引っかかったのも事実です。 というのは、アベルトローザが1年で楽器を演奏できるまでになるのか、ということです。 1年もあれば、毎日練習するなどして上達させることはできるでしょうけど、1年前まで 音楽禁止を家訓としてきたリヴェラ家です。 ミゲルのように音楽に興味があって、というのであればわかりますが、映画の始まって すぐの頃に登場していた二人の言動から、小さい頃から音楽がダメと教えられ、それを 盲目的に守ってきたような感じでした。 そんな二人が急に音楽を楽しんでいい、となったとして楽器を習う様になるでしょうか? というのも、僕の友人でエジプト人と結婚し、娘二人を生んでその後離婚した女性が いるのですが、その娘二人はイスラム教徒だったエジプト人の父親から豚肉を食べては だめと教えられて育てられました。 両親が離婚して母親と暮らすようになって、豚肉を食べてはダメという決まりはなく なったのですが、小学校低学年だった二人は、父親の教えを、彼がいなくなった後も 守っていたのか、豚が材料の食品を気にして食べていなかったのです。 そんな経験があったので、特に子供が小さければ小さいほど、守っていた決まりを急に なくしても子供が勝手に守ってしまうのではないか、と思ったのです。 映画の中のアベルとローザはそれほど幼い感じではありませんでしたので、もっと フレキシブルに対応できたのかもしれませんが。 第二の質問 誰から習ったのか? 続いて同じシーンからですが、リヴェラ家のような大家族だと楽器の演奏も親や親戚から 習うというのが一般的だと思います。 裕福でない限り、わざわざ習いに行くということもないでしょうし、リヴェラ家が それほど裕福な描かれ方をしていたとは思えませんでした。 ただ音楽禁止の家訓があったので、年配の親族は誰一人楽器の演奏はできなかったはずです。 一体誰から習ったのでしょうか? もしかすると両親のうちの外からリヴェラ家に入った人物、多分母親でしょうが、彼女 から習ったのかもしれません。 リヴェラ家に嫁いでくる前までは普通に音楽に接していたでしょうから、演奏ができて もおかしくないからです。 そう考えるとリヴェラ家の娘が結婚して他家に嫁に行った場合、それまで音楽を知らずに 生きてきていて、急に音楽ができるようになるのでしょうけど、とても戸惑うでしょうね。 第一赤ん坊に子守唄さえ歌ってやれないことになるのですから。 第3の質問 きちんと弾いている? 「リメンバー・ミー」では楽器の演奏シーンもギターコードをきちんと押さえて、本当に その曲をひいているように描かれています。 「音楽はいつまでも」のシーンでもミゲルの左手は常に動いていて、さすがだと思った のですが、一方で映像に写ったのはかなり限られた時間だけとはいえ、ローザの パイオリンの演奏で左手が動いていないような気がしてならないのです。 同じくアベルの右手も同じ場所を常に押しているように見受けられました。 一方でギターをミゲルから受け取ったヘクターは左手がきちんと動いていました。 ヘクターのシーンはほんの僅かしかないにもかかわらず、動いていたことに感心して しまいました。 デジタル祭壇でのネタバラシ エンドロールのあとに無数の写真が画面いっぱいに現れ、「To the people across time who supported and inspired us. 」と中央に書かれています。 この写真は「リメンバー・ミー」に携わったピクサースタッフが今でも力になってくれて いる亡くなった人に敬意を払って作り上げたものです。 この無数の写真の中にディズニーの生みの親、ウォルト・ディズニーやピクサーの会長 だったスティーブ・ジョブ、トイ・ストーリーシリーズでMr. ポテトヘッドの声優役 だったドン・リックルズ、バグズ・ライフの芋虫ヘンリックやファインディング・ニモ でのアカシマシラヒゲエビのジャックの声優役だったジョー・ランフトが含まれている のですが、どこにいるかわかりますか? せっかくですので、ここで答えをバラそうと思います。 まずはウォルト・ディズニー。 実はここにいます。 どうでしょう、わかりましたか? 続いてドン・リックルズとジョー・ランフト。 右上の赤丸がジョー・ランフトで、左下がドン・リックルズです。 最後にスティーブ・ジョブですが、 ・・・ 実はまだ、どこにいるか探し当てていません。 もしご存知の方がいらっしゃれば、教えていただけますか? 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事:.

次の