玉ねぎ 炊き込み ご飯。 ねぎご飯(ねぎの炊き込みご飯)のレシピ/作り方:白ごはん.com

丸ごと玉ねぎごはんのレシピ。教えてもらう前と後で話題。

玉ねぎ 炊き込み ご飯

3、炊き上がったらしばらく保温モードで蒸らす。 すぐに開けてしまうと玉ねぎがしっかりした食感になります。 柔らかく煮えた感じにしたい方は保温モードで余熱で温めてください。 炊飯器のメーカーごとの機能によっても変わるかもしれないので、食べてみて好みの食感に調節してもらうのが一番かと思います。 私はもう少し柔らかくしたかったのでしっかり蒸らしました。 仕上げにバターを加えて全体を混ぜて、盛り付け完成です。 しゃもじで切るように玉ねぎをほぐして食べやすい大きさにします。 4、食べるときに粉チーズをかけても美味しいですよ。 このレシピの感想 最後にこのレシピの感想をご紹介しますね。 粉チーズをかけるとかなりおいしくなるので、是非かけてみてください。

次の

和田明日香 新玉ねぎの炊き込みご飯の作り方レシピ|スクール革命

玉ねぎ 炊き込み ご飯

ジャーサラダをはじめ野菜レシピでおなじみの、りんひろこさんは、大地宅配をご利用くださっているお一人。 生命力あふれるおいしい季節の野菜を、もっと楽しむためのレシピを毎月ご紹介します。 今回は、貴重な在来種の玉ねぎレシピをご紹介します。 札幌市大作さんの玉ねぎ畑 札幌黄のねぎ坊主畑 札幌黄は国産玉ねぎのルーツ 「札幌黄」と書いて「さっぽろき」と読むこの玉ねぎ、現在日本に流通している国産玉ねぎのルーツだそうです。 F1品種ではなく在来種であり、大地宅配の生産者の大作さんは、大正時代から代々札幌でこの「札幌黄」を自家採種して栽培されていらっしゃるとのこと。 自家採種というのは、今年できた玉ねぎから種を取り、その種を育ててまた来年玉ねぎを作るという連綿と続く作業であり、それを100年以上続けていらしたという果てしない努力に思いを馳せると、感服せずにはいられません。 さらに、F1品種に比べて柔らかく、甘みが強い反面、大きさにばらつきが出やすく、病気にも弱く、傷つきやすいという特徴もあり、このような品種を作り続けるための苦労を思うと、大事に美味しく味わいたい玉ねぎです。 「札幌黄」生産者。 大作幸一さん(左)と淳史さん親子。 常備の玉ねぎでも作れるレシピです そんな「札幌黄」を味わうには、調味料も少なくシンプルな料理が一番。 「札幌黄のオニオンスープ」では、玉ねぎをじっくり蒸し煮して甘みとうま味を引き出し、だしは昆布でちょっと足すだけ。 玉ねぎの甘みがストレートに感じられる、後味がすっきりとしたスープになります。 「辛くない玉ねぎサラダ」は、常備菜としても活躍しますが、ただ塩コショウで焼いただけの鶏肉や、白身魚にたっぷりのせて食べると、立派なメインおかずになります。 お酒のおつまみとしても最高。 「札幌黄の炊き込みご飯」はご飯に札幌黄の甘みとうまみをたっぷり吸わせて炊く、シンプルな1品。 味付けは塩のみなので、うまみのある粗塩を使うとさらに美味しくなります。 もちろん、普通の玉ねぎでも作れるレシピです。 新米が美味しいこの季節にぜひお試しください。

次の

<えっ?玉ねぎで炊き込みご飯?>玉ねぎの王様「札幌黄(さっぽろき)」って?

玉ねぎ 炊き込み ご飯

ジャーサラダをはじめ野菜レシピでおなじみの、りんひろこさんは、大地宅配をご利用くださっているお一人。 生命力あふれるおいしい季節の野菜を、もっと楽しむためのレシピを毎月ご紹介します。 今回は、貴重な在来種の玉ねぎレシピをご紹介します。 札幌市大作さんの玉ねぎ畑 札幌黄のねぎ坊主畑 札幌黄は国産玉ねぎのルーツ 「札幌黄」と書いて「さっぽろき」と読むこの玉ねぎ、現在日本に流通している国産玉ねぎのルーツだそうです。 F1品種ではなく在来種であり、大地宅配の生産者の大作さんは、大正時代から代々札幌でこの「札幌黄」を自家採種して栽培されていらっしゃるとのこと。 自家採種というのは、今年できた玉ねぎから種を取り、その種を育ててまた来年玉ねぎを作るという連綿と続く作業であり、それを100年以上続けていらしたという果てしない努力に思いを馳せると、感服せずにはいられません。 さらに、F1品種に比べて柔らかく、甘みが強い反面、大きさにばらつきが出やすく、病気にも弱く、傷つきやすいという特徴もあり、このような品種を作り続けるための苦労を思うと、大事に美味しく味わいたい玉ねぎです。 「札幌黄」生産者。 大作幸一さん(左)と淳史さん親子。 常備の玉ねぎでも作れるレシピです そんな「札幌黄」を味わうには、調味料も少なくシンプルな料理が一番。 「札幌黄のオニオンスープ」では、玉ねぎをじっくり蒸し煮して甘みとうま味を引き出し、だしは昆布でちょっと足すだけ。 玉ねぎの甘みがストレートに感じられる、後味がすっきりとしたスープになります。 「辛くない玉ねぎサラダ」は、常備菜としても活躍しますが、ただ塩コショウで焼いただけの鶏肉や、白身魚にたっぷりのせて食べると、立派なメインおかずになります。 お酒のおつまみとしても最高。 「札幌黄の炊き込みご飯」はご飯に札幌黄の甘みとうまみをたっぷり吸わせて炊く、シンプルな1品。 味付けは塩のみなので、うまみのある粗塩を使うとさらに美味しくなります。 もちろん、普通の玉ねぎでも作れるレシピです。 新米が美味しいこの季節にぜひお試しください。

次の