新幹線 領収書。 新幹線の領収書だけ欲しいのですが可能でしょうか?

【要注意】みどりの窓口で領収書を後からもらう方法とルール

新幹線 領収書

交通費、新幹線チッケト払い戻し請求バレル?なぜ? 同僚の事なんですが、酒の席でサラリーマンの小遣い稼ぎとして出張の際、新幹線の往復チケットを購入し、領収書をもらい会社に提出、翌日返金してもらい、高速バス などので出張先に向かう=差額の自分の懐にいれる。 という錬金術をしていると言っておりました。 その場では笑って聞いていましたが、やってはいけない行為ですし、気になり先輩社員や、他の従業員に対して彼の名前を伏せこの事について相談してみました。 そしたら、相談した殆どの方が同僚と同じ方法を行っているとの事を聞き正直びっくりしました。 中には、ばれないか確認しするため、直接JRに連絡し、領収書から実際に乗ったのか、払い戻ししてないか確認し、領収書では判断できないと確認した猛者までいました。 そこで聞きたいのですが、この新幹線の払い戻しをしたかどうかの確認方法ってないんでしょうか?中のいい同期なのでこんなことでクビになってほしくないですし、注意してもバレないとのことでやめる気が無いようです。 以下のような漠然とした回答は控えて頂くようお願いいたします。 例:いづれバレルから気にしないで・そんな同僚気にすんなよ・支払方法を変えればいいんじゃ・警察が動けばバレルよ。 など、の用な抽象的な回答は求めてなく、より具体的なことを知りたいです。 仮に、領収書など含め確認の方法がない場合はなぜ確認できないかも詳しく回答して頂けると助かります。 よろしくお願いいたします。 補足皆様、沢山のご回答ありがとうございます。 つまり、既に提出された領収書から判断することは出来ず、怪しいと思った社員に対しては、実際に出張する際に本当に乗ってるかなど何か写真を取る、又は監査官のような人がイレギュラーで動向するとかで発覚って事なんですね。 正直これじゃ見つける事は粗不可能ですね。 学生や転職活動の人もこのようなやり方をされているようで、企業としては、交通費ぐらいどおって事ないとか何ですかね? もう同僚については見守るしかないようですね。。。 おそらく大丈夫ですよ。 会社としては必要な経費を必要な額だけ払うのですから調査するメリットがありません。 (会社規定で高速バスの使用が可能なら高速バスを使用するとなっている場合は別ですが、そんな会社は稀だと思います。 ) もしも調査する必要があると考えるとしたら、出張手段を新幹線から高速バスにできないかとの検討をはじめ、実際に高速バスで出張している社員がいるかもしれないと考えたケースでしょう。 その場合には聞き取り調査からはじめるはずですから、全員が口を割らなければ大丈夫です。 「おそらく」大丈夫としたのは翌日に払い戻しをした後に、上司等が出張の同行を申し出た時に困ることになる可能性があるためです。 そういったイレギュラーな出来事がない限りばれることはないでしょう。 漠然と、領収書を見ただけで、不正な払戻しがわかるか? バレません。 切符の番号等の発行情報があったとしても、これを基にして、「会社が調べる」という行為をしない限り、バレようがないでしょ。 会社が性善説である限り、表面上正しく提出された領収書があって受領したら終わりですよ。 会社のほうが、「本当にこの内容で交通機関を使って乗車しているのか?もっと安い手段を使って差額を詐取してないか?」と、疑ってかからない限りはばれませんし、まず99%の会社は、そういう疑いも持たないですよ。 では、会社が疑ったら? そうしたら、いくら領収書を持ってこようが、「後から換金してないか?」と言い出したら、領収書とは関係ない確認手段を考えるでしょうね。 会社だって、『領収書を見たって解るはずがないから』と思いますから。 鉄道会社では、切符を売るときに必ずしも領収書を発行するとは限らないので、切符の払い戻し時にも、領収書の添付を必要としません。 一般の店の商品とは話が違って、市販品を「うちの店で買ったもの?」という証明で領収書が必要、というわけでなく、切符はその鉄道会社の商品に間違いないのですから領収書なしでも払い戻しはします。 但し、クレジットカードで購入したものについてだけは、切符の面に「C制」という表記がされ、一般の現金購入と区別されて、窓口払い戻しができません。 話を戻して、払い戻しがばれるかどうかは、領収書を見たからどう、というよりは、会社が疑うかどうかが一番大きな話でしょう。 領収書を見たってばれない。 不正を疑い、調べる、というのは、そういうことだと思いますけど。 基本的にですが、発覚するのは難しいです。 購入時に切符番号などは指示がない限り領収書に記載しませんので追跡が不可能です。 しかも切符単体では領収書を発行しているかどうかも確認が難しいです。 (切符に何か印をするわけではないので) だから領収書を回収もできていないんだと思います。 本来は領収書の回収は必要ですが… ただ、同じことを繰り返すとマークされますので、その場合は領収書がないと払い戻しをしてくれなくなると思いますよ。 バレるルートがあるとするなら、内部告発ぐらいです。 防犯カメラなどで払い戻しをした人物の特定や購入履歴を探れば探せないこともないですが、かなり面倒がかかります。 ちなみにですが、会社によっては無効印が押された切符と領収書を合わせて出さないと交通費の精算をしてくれないところもあるようです。

次の

交通費精算に新幹線の領収書は必要?領収書の入手方法は?

新幹線 領収書

出張などで新幹線を利用した場合、交通費の精算時に領収書の提出が求められるのが一般的です。 一方で日常的に発生する少額の電車賃の精算には、多くの会社が領収書の提出を求めていません。 なぜ、新幹線を利用した場合の交通費の精算には領収書が必要になるのでしょうか。 その理由を詳しく解説するとともに、新幹線の切符代に対する領収書を発行してもらう方法を紹介します。 日常的な電車賃と新幹線の切符代で領収書の要・不要があるのはなぜ? 従業員が業務で支払った交通費等の費用を会社の経費にするためには、原則として利用した証拠となる書類が必要です。 証拠となる書類には様々な種類がありますが、領収書はそのうちの1つ。 一般的に領収書は、取引きを行った年月日、取引相手の名前、取引金額、購入した品物の名称などが記入されることによって、強い証明力を持つ書類となります。 また、領収書は会社内部に対してだけでなく、会社が正しく納税しているかを確認する税務署や監査法人に対しても「これは間違いなく会社の経費です」と主張できる材料となります。 しかし、営業活動などで日常的に発生する少額の電車賃に関しては、社内規定で交通費の精算時に領収書の提出を不要としていることが多いようです。 少額の電車賃の場合、日付、金額、乗車区間などを記載した、経費精算書を提出することで交通費精算を行う形になっているのが一般的です。 これにはいくつかの理由があり、消費税法上、「支払額が30,000円未満の場合」「支払額が30,000円以上であっても、やむを得ない理由がある場合など」について、そのことを帳簿に記載した場合は、領収書の保存が求められていないというのが大きな要因。 経費精算書という証拠となる書類があること、金額が少額であることなどから、税務調査が行われた場合においても問題とされることは少ないはずです。 また、日常的に発生する電車賃に対して領収書の提出を求め、処理をするのは非常に面倒なこと、電車の料金はインターネットなどで簡単に調べることができる点なども、社内規定で領収書の提出を不要としている要因の1つです。 ところが、支払う金額が高額になる新幹線については事情が異なります。 新幹線を利用しての長距離移動では、料金が30,000円以上になることが多々ありますし、後述するように領収書をもらうことも困難ではありません。 また、一般的に会社は、税務署による税務調査が行われた場合を想定して、社内規定に領収書の提出が必要となる金額を定めています。 しかし、社内規定で領収書不要と定めていても、税務調査においては、高額な交通費について領収書がないことが不適切という指摘を受ける可能性があるのです。 これらの理由から、新幹線の切符代の精算には、領収書が必要になるケースが多いのです。 新幹線の領収書をもらう方法 それでは、新幹線や特急電車の切符を購入した場合、領収書はどのように発行してもらえばいいのでしょうか。 「みどりの窓口」などの窓口で切符を購入する場合は、係員に領収書を発行してもらうことが可能です。 自動券売機で切符を購入する場合は、購入時に「領収書発行ボタン」を押すだけで、領収書が発行されるのが通常です。 また、インターネットで新幹線の切符を予約・購入する場合もあるでしょう。 この場合の領収書の発行方法には大きく2つのパターンがあります。 1つはインターネットで予約をしたうえで、券売機で切符を買うパターン。 この場合は、券売機の「領収書発行ボタン」を押すことで領収書を発行してもらえます。 もう1つはチケットレスサービスを使うパターン。 この場合、インターネットの申込確認画面等から領収書を入手します。 詳しくは、利用する会社のWebサイトを確認するといいでしょう。 旅行代理店や金券ショップで切符を購入した場合はどうでしょうか。 旅行代理店で新幹線の切符を購入した場合は、旅行代理店の窓口で、領収書の発行を依頼することで、領収書を発行してもらうことができます。 また、金券ショップで新幹線のチケットを購入した場合も、購入時に申し出ることで領収書を発行してもらえます。 JR名義の領収書をもらうことはできませんが、購入店舗の領収書でも経費精算することが可能です。 購入時に領収書をもらうのを忘れたら後日発行はできる? 新幹線の切符を購入する際に領収書をもらい忘れてしまったとしても、その切符を利用する前であれば、切符を購入した駅の窓口に申し出ることで領収書を発行してもらうことができます。 また、新幹線の乗車中に領収書のもらい忘れに気づいた場合には、改札口を出る前に駅の精算所で発行してもらえるかを確認しましょう。 そのほか、改札口で乗車後も切符が必要であることを申し出ると、切符に「無効印」を押してもらい、切符を手元に残したまま改札を出ることが可能です。 切符自体は領収書ではありませんが、証拠となる書類とすることができ、経費精算できる場合があります。 ただし、改札を出てしまったあとは、切符も回収されてしまい、領収書ももらうことはできません。 注意してください。 【関連記事】.

次の

モバイルSuicaの履歴から新幹線特急券の領収書を発行する方法

新幹線 領収書

新幹線を使った出張にはいろいろなケースがあるでしょう。 1人のみの出張、2人・3人での出張…。 1都市だけに行く出張もあれば、2都市に行かなければならない出張もあるでしょう。 では、新幹線ホテルパックはどんな出張シーンで利用することができるのか? いろいろなケースをご紹介しましょう。 1人での出張 新幹線ホテルパックは多くの区間で、1人から予約することができます。 例えば、東京からなら名古屋・京都・大阪・神戸・岡山・広島・博多など、全て1人予約OKです! もちろん、行きも帰りも利用する新幹線は指定席を利用、ホテルの選択は自由です。 シングルルームの利用が基本で、中には朝食付きのプランも。 2人での出張 2人以上での出張なら、行き先は全国ほぼOK! 新幹線を乗り継ぐような行き先でなければ出張での予約は簡単です。 2人で出張に行く場合でも、1人1部屋で予約することができます。 2都市へ行く出張 例えば、一度の出張で東京から大阪・神戸の両方へ行く出張もあるでしょう。 こんな2都市へ行って宿泊する出張も、新幹線ホテルパックで予約可能です。 まず、東京から大阪行きの新幹線パックを探します。 予約は1泊3日で帰りの新幹線の日付を変更し、2泊目の神戸のホテルを別で予約します。 これで、2泊3日大阪・神戸行きパックが完成します。 大阪から神戸への移動は在来線を使い、帰りは新大阪から新幹線に乗ります。 新幹線+在来線の出張 新幹線の駅がない都市への出張もあるでしょう。 このような出張も、新幹線ホテルパックで新幹線・在来線・ホテルの同時予約が可能です。 例えば、名古屋から松山へは、岡山まで新幹線を使い、岡山からは特急を使います。 この新幹線・特急の指定席も新幹線ホテルパックで予約することができます。 2パックの利用も! 通常は1つのパックで1つの出張を予約しますが、1つのパックで予約仕切れない出張もあります。 例えば、大阪から仙台へ行く出張で、途中の東京で1泊したい場合。 もちろん、往復割引などを利用する方法もありますが、新幹線ホテルパックは格安です。 この場合、まず大阪から東京へ行く新幹線パックを1泊3日で予約します。 東京で宿泊した翌日に出発する1泊2日の新幹線パックで仙台へ行き1泊します。 翌日は仙台から新幹線で東京へ戻って2つ目のパックの使用は終わり。 東京から大阪へ新幹線で戻れば、1つ目のパック使用も終わります。 このように、いろいろな出張で利用することができる新幹線ホテルパック。 次に、新幹線ホテルパックを出張で使っても安心な理由と注意点をご紹介しましょう。 新幹線ホテルパックは出張・ビジネスで利用しても安心です。 その理由は? 新幹線ホテルパックは出張で使っても安心! 領収書が発行される 出張・ビジネス利用の時には、領収書がないと精算できないので困ります。 でも、新幹線ホテルパックはネット上で領収書を簡単に発行することができます。 宿泊費は安くなる 新幹線ホテルパックは新幹線と宿泊をセットで予約することができ料金は安いです。 宿泊費のみで予算オーバーしてしまう時でも、セットで予約すれば予算内に納まることも。 乗り遅れても安心 新幹線ホテルパックでは、往復の新幹線を予約時に指定します。 基本的にはこの列車の指定席に乗る必要がありますが、一部のプランを除いては、乗り遅れた場合には後続同等以下の列車なら自由席に乗ることができます。 この場合も追加料金は必要ありません。 チケットは事前に届く 新幹線のチケット等は指定した場所に宅配で届くので、会社へ届くようにしておくこともできます。 出発時にはこれを持って出かけれるだけです。 座席が確保できている安心感 届いた新幹線のチケットはその時点で座席が指定されています。 最終列車で帰る時でも、満席で席が確保できないという心配はありません。 注意点は? 新幹線ホテルパックでは、指定した列車より前の列車に乗ることができません。 例え当日に予定が変更になり、前の列車に乗りたい時でも、パックのチケットは利用できません。 指定した列車を事前に変更することはできますが、当日の変更はできません。 このような変更がある場合や時間が読めない場合には少し使いにくいかもしれません。 新幹線ホテルパックを利用する一番のメリットは 安いこと。 出張で新幹線ホテルパックを使うとどれくらい安くなるのでしょうか? 東京発〜大阪行き出張 東京から大阪へは「のぞみ」で片道14,450円、往復28,900円かかります。 さらに、1泊9,000円で宿泊すると、出張費用は37,900円です。 しかし、これを新幹線ホテルパックで予約すると30,000円なので7,900円お得です。 もし、会社規程の宿泊費が8,000円で、1,000円オーバーしていても、交通費と合わせれば規定範囲内に収まります。 東京発〜広島行き出張 東京から広島へは片道19. 080円、往復38,160円かかります。 さらに、1泊4,600円で泊まっても、合計で42,760円かかります。 しかし、これを新幹線ホテルパックで予約すれば、往復・1泊で30,800円。 通常きっぷを使うより約12,000円お得です。 このように新幹線ホテルパックを出張で利用すると、出張費用は大きく削減することができます。 予定が決まっていて変更にならない出張や、個人の旅行にもおすすめです。 出張・ビジネスにもおすすめの新幹線ホテルパックはこれ!.

次の