マックス フォン シドー。 【訃報】マックス・フォン・シドー氏死去 90歳 スウェーデン出身の俳優

【訃報】マックス・フォン・シドー氏死去 90歳 スウェーデン出身の俳優

マックス フォン シドー

日曜日(現地時間)、『エクソシスト』、『エクソシスト2』のメリン神父役で知られるスウェーデン出身の名優、マックス・フォン・シドーが亡くなった。 享年90。 「AP通信」などが報じた。 エージェントのジーン・ダイアモンド氏が、「胸が張り裂けそうな、果てしない悲しみ。 マックス・フォン・シドーがこの世を去ったことをお伝えするのは、とてもつらいことです」とマックスの死を報告した。 1929年4月10日、スウェーデンに生まれたマックスは、1949年に同国の『母というだけ』で俳優デビュー。 以降、近年まで160以上の作品に出演してきた。 若い頃は、母国でよく舞台に立ったり、20世紀最大の巨匠の1人といわれるイングマール・ベルイマン監督作に多く出演。 1973年に『エクソシスト』でメリン神父役を演じ、一躍有名に。 『ペレ』(1987)でアカデミー主演男優賞に、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。 最近では、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にロー・サン・テッカ役として、「ゲーム・オブ・スローンズ」で三つ目の鴉役として出演していた。 他出演作品は『ラッシュアワー3』、「THE TUDORS~背徳の王冠~」、『シャッター アイランド』など。 《Hiromi Kaku》.

次の

web.neustar.biz : 俳優マックス・フォン・シドーさん死去、90歳 「エクソシスト」のメリン神父など

マックス フォン シドー

He was the son of Baroness Maria Margareta Rappe , a teacher, and Carl Wilhelm von Sydow, an ethnologist and folklore professor. His surname traces back to his partial German ancestry. When he was in high school, he and a few fellow... A newspaper became one of my biggest luxuries. I noticed that some of my close friends began treating me with reverence. Playing the role of Christ was like being in a prison. It was the hardest part I've ever had to play in my life. I couldn't smoke or drink in public. I couldn't. The most...

次の

全48作品。マックス・フォン・シドーが出演した映画ランキング

マックス フォン シドー

(CNN) スウェーデンの巨匠、イングマール・ベルイマン監督の作品で注目を浴び、最近では「スターウォーズ/フォースの覚醒」や人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にも出演するなど国際的に活躍した俳優のマックス・フォン・シドーさんが8日、死去した。 90歳だった。 マネジメント会社が明らかにした。 米紙ワシントン・ポストによるとフォン・シドーさんはフランスの自宅で息を引き取った。 死因は公表されていない。 フォン・シドーさんは1929年4月10日、スウェーデンのルンドに生まれた。 ストックホルムにある王立の劇場で演技を学び、ノルショーピングやマルメの劇場でキャリアを積んだ。 その後「第七の封印」をはじめとするベルイマン監督の名作に多く出演したことで頭角を現すと、「偉大な生涯の物語」でのキリスト役、「エクソシスト」でのメリン神父役など国外の作品でも活躍するようになった。 2メートル近いスリムな長身と、独特のやせた顔立ちはスクリーンで圧倒的な存在感を放った。 「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ベイビー・ドライバー」の監督・脚本を手掛けたエドガー・ライトさんはツイッターで、フォン・シドーさんについて「70年にわたり、映画界を象徴するほどの存在だった。 どの映画を見てもそこに彼がいたような気がする」とその業績をたたえた。 プロデューサーのジョナサン・ソスコットさんも「本物のハリウッドのレジェンド」「真に偉大な人物の1人を失ってしまった」と、ツイッターでその死を悼んだ。 Max Von Sydow, such an iconic presence in cinema for seven decades, it seemed like he'd always be with us. A god. — edgarwright edgarwright.

次の