ハブ と マムシ の 違い。 ハブとスイッチの違い

【ネットワーク機器】ハブ リピータ ブリッジ スイッチの違い

ハブ と マムシ の 違い

アオダイショウ、ハブ、ヤマカガシを見分けるにはどうするの?無毒ヘビと毒蛇ですから、見分けることが出来れば安心ですよね。 それぞれの特徴を調べてみました。 特徴と区別の仕方 まず、アオダイショウとヤマカガシから比べてみましょう。 この2種は日本本土のほぼ全域で生息するヘビです。 そして、アオダイショウは毒をもたず、ヤマカガシは毒をもつヘビです。 アオダイショウは全長110~200センチメートルにもなり、日本本土では最も大きくなるヘビです。 そのカラダは名の通り青みが強い個体もいれば、黒っぽいものも。 しかし主には暗黄褐色からくすんだ緑色の個体が多く、この違いは生息地の違いにも関係するようです。 ネズミや小鳥、鳥の卵を餌として食べるので、獲物を追いかけて家屋に入りこむこともあります。 庭先でアオダイショウに出会ってしまった!という時はおそらく何かしら獲物を追って入り込んできたのでしょうね。 一方、毒をもつヤマカガシ。 全長は70~130センチメートル。 田 んぼや水辺を好み、主にカエルをとらえて食べています。 カラダの模様は アオダイショウと同じく生息地により若干の違いがあり、体の側面に赤と黒の斑紋が入るもの、不明瞭であるもの、青色型の個体もいたりと、さまざまです。 このヤマカガシに関しては、毒をもたないヘビだと認識している人も多いようですが、実際には上あごの奥に毒牙、頸部皮下に毒腺をもっています。 そして沖縄諸島に生息するハブ。 多くの方はご存知だと思いますが、毒蛇です。 全長は100~200センチメートル。 最大では 241センチメートルの個体も確認されています。 頭部は大きく、三角形。 目の鼻の間にはピット器官という赤外線を感知する器官があります。 カラダの模様は黄褐色、黒褐色の斑紋が入っているものが多いです。 基本的には夜行性で、平地や山地、草原、水辺などに生息しています。 また、農地やさとうきび畑にも出没することがあるので、現地の方が度々襲われることもあります。 主にはネズミを好物とし、こちらもまた獲物を追って民家に入り込んでしまうこともある模様。 ハブは変温動物であることから冬眠はしませんが、気温が低い冬の時期は動きが鈍くなるようです。 スポンサードリンク まとめ 本土に住んでいる方はハブに出会うことはありませんが、テレビ番組でハブ捕獲の一部始終を見ていると、その攻撃性に驚きます。 本土に生息していたら、きっと犠牲者多発です! スポンサードリンク.

次の

日本の毒蛇|身近な毒ヘビと毒性比較(マムシ ハブ ヤマカガシ)

ハブ と マムシ の 違い

三角形に近い形。 猫のような縦長の瞳孔をしています。 夜行性ですが、日光浴目的で日中に出てくることもあります。 向こうから積極的に近づいてきて咬まれることはありませんが、人が来てもじっとしている傾向があり、気づかずに踏んで咬まれる事故例が多いです。 咬まれても必ず死に至るわけではありませんが、日本国内で毒蛇に咬まれてなくなるケースのほとんどは、このマムシによるものです。 子どもの時は目がクリっとして愛嬌ある顔なのも特徴。 マムシと異なり、丸い瞳孔をしています。 体色は、個体差・地域差で違いがあり判別がしにくく、西日本では、アオダイショウに酷似するものもあります。 カエルを好むため、川沿いなど、水場周辺に多く見られます。 性質はとてもおとなしく、咬まれることは少ないですが、毒性は極めて強く危険です。 毒には強い血液凝固作用があり、血管内で血栓を形成し、体の防衛反応として現れる溶血作用と相まって、皮下や消化管などでの内出血を引き起こす傾向があります。 また、首元にも防御用の別の毒をもっています。 マムシと同じく、猫のような縦長の瞳孔をしています。 比較的、攻撃的な性格です。 ネズミを好むため、人家周辺や、サトウキビ畑にも出現し、被害を受けることがあります。 毒性はニホンマムシよりも弱いですが、毒量が多いため、甚大な被害を引き起こします。 症状としては患部の腫張、筋肉の壊死にはじまり、皮下出血や、腎機能障害などにおよび、後遺症につながる場合もあります。 基本的に夜行性で、昼間は穴の中や草地内で休んでいることが多いです。

次の

神経毒と出血毒(血液毒)|ヘビ毒 大研究

ハブ と マムシ の 違い

マムシと蛇の違い 今回、蛇とマムシを区別して紹介していますが、 マムシも蛇の一種です。 蛇には無毒な種類と有毒な種類がいて、 マムシは有毒グループに入る、というイメージがわかりやすいと思います。 ただの蛇とマムシは、体の大きさで区別がつきます。 マムシは基本的に小ぶりで、全長は 45㎝~80㎝程度。 蛇の場合、頭から尻尾の先までが一本の線のように見えますが、マムシは エラがやや張っていて、コブラに近い顔つきをしています。 蛇と言えばとぐろですが、 マムシはとぐろを巻きません。 アウトドア中にいきなり蛇に遭遇した時はまず大きさと頭部をチェックして、マムシかどうかを判断しましょう。 Sponsored Link ハブにも注意! ちなみに、危険なのはマムシだけではありません。 毒蛇の代名詞と言えば、やはり ハブでしょう。 マムシと同じく クサリヘビ科に分類され、大きいものでは 全長メートルを超えます。 毒性はマムシに及ばないものの、噛まれると 毒液がすぐに体内をめぐってしまうので注意が必要です。 ヤマカガシについて ヤマカガシもまた、要注意グループの一種です。 マムシとは違って ユウダ科に分類され、 鋭い毒牙が特徴。 基本的におとなしい性格なのでむやみに人間に噛みつくことはありませんが、刺激には敏感に反応するので、うっかり踏みつけないように気をつけましょう。 素手でつかまえるのも厳禁です! Sponsored Link 蛇の毒性 注意すべき蛇の種類について紹介してきましたが、次に 蛇の毒性についてもチェックしておきましょう。 蛇の毒性は、 LD50という数値で比較できます。 LD50は「 半数の人が死に至る毒の強さ」を表し、新薬の致死量検査にも使われています。 それでは、先ほど紹介した蛇たちの毒性についてみてみましょう。 ヤマカガシ 5. 分布地域も広いので、こちらもこわいヘビと言えそうです。 沖縄ではハブはもちろん、 ヒャン、ハイといった種類の蛇にも注意が必要です。 ただし、蛇の危険度は毒性だけで測れるものではなく、分布の広さや季節、蛇の性格などにも左右されるので、LD50は目安程度にしておきましょう。 もしも噛まれてしまったら… どんな種類の蛇であれ、毒性をもっている蛇に噛まれれば一大事! アウトドア中などで病院に行けない場合は、ただちに 応急処置をする必要があります。 ということで、事前に応急処置の手順をチェックしておきましょう。 応急処置の手順 1. 止血(タオルが最適) 2. 毒の吸引 3. 止血できたら患部を塩水で洗い、熱い湿布をする 4. 患部の消毒 実際には、毒液が完全になくなったと判断できるまで、 「2」と「3」を繰り返し行います。 口で吸いだすことも可能ですが、衛生面を考えると吸引器の使用がベスト。 アウトドアの際には、万一にそなえて吸引器を携行するのがおすすめです。 応急処置後の対応としては、絶対安静、 アルコール摂取の禁止などが重要です。 また、タンニン酸には蛇毒を無毒化する作用があり、タンニン酸溶液を使うことでより早く解毒することができます。 もしもかまれた場合は、施設の管理人の人などに常備してあるかなどをきいてみましょう。 そして、噛まれて数日間は 水分を多めに摂り、尿による毒の排出を促しましょう。 打撲などと違い、患部を冷やすのは逆効果となります。

次の