炭酸飲料 ランキング。 【徹底比較】ソーダマシンのおすすめ人気ランキング13選

炭酸飲料 ランキングTOP20

炭酸飲料 ランキング

夏場にスーパーでよく売れる清涼飲料とは? 8月が終わり、暦の上では秋に入った。 今年の夏も暑い日が多かった。 汗をダラダラかくほどの暑さの中では、熱中症対策の水分補給という観点からも、ジュースやお茶、スポーツドリンクなどの清涼飲料水をつい買い求めたくなるものだ。 清涼飲料水(ソフトドリンク)とは「一般に飲んだとき、さわやかで、のどの渇きをいやすのに適した飲み物。 アルコール1%以上のアルコール飲料や牛乳、乳酸菌飲料以外の飲み物」(日本コカ・コーラHP)をいう。 ペットボトルや紙パックのお茶、コーヒーなども広義に含まれる。 そんな清涼飲料で売れ筋となっている商品は何だろうか。 筆者は5000万人規模の消費者購買情報を基にした全国標準データベース「True Data」を使って、主要な全国のスーパーマーケットのPOSデータを調べてみた。 清涼飲料の売れ行き上位100商品について、100万人がスーパーマーケットに入店したとして、その100万人単位における売上金額を調べ、ブランド・商品別にランキングにした。 また調査対象期間が2017年5月15日~8月6日であり、夏場の売れ筋になっている点も付け加えておきたい。 ランキングにはノンアルコール・ビールやノンアルコール・カクテル、また6本セットなどの複数本パッケージは含んでいない。 「アクエリアス 2L」が1位 1位は「アクエリアス 2L」(日本コカ・コーラ)。 100万人当たりの売り上げは93. 6万円だ。 アクエリアスは「ポカリスエット」(大塚製薬)と並び、日本で最もポピュラーなスポーツドリンクで2リットル入りの平均売価は131円。 コストパフォーマンスの高さから、家庭向けに買い求めるニーズが強いのだろう。 ちなみにポカリスエットは500ml入りが11位(同65. 9万円)にランクインしている。 2位には「ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 甘さひかえめ 900ml」(ネスレ日本)が入った。 100万人当たりの売り上げは88. 2万円。 3位には「コカコーラ OTGボトル PET 500ml」(日本コカ・コーラ)が同79. 8万円で続いた。 上位の多くを占めるのが歴史の長い定番品だ。 いわばベタな商品が並んでいると気づく。 アクエリアス、ネスカフェ エクセラ、コカコーラ以外では、「伊右衛門」「お~いお茶」「健康ミネラルむぎ茶」「三ツ矢サイダー」などだ。 定番がもっとも訴求性がある。 いま無数の商品が投入されているが、この定番に残るのが難しい。 逆に、いったん定番となれば、消費者の購買行動に習慣づくことによってロングセラーとなる。

次の

[2020年]炭酸水メーカーおすすめランキング9選

炭酸飲料 ランキング

どこでも気軽に買える「炭酸飲料」。 バリエーションが豊富なので、人によってお気に入りの商品もさまざまだろう。 そこでgooランキングは「結局一番うまい炭酸飲料はどれなのか?」を調査・ランキング化した。 あなたのお気に入りはランクインしてる? 1位はやっぱりあの定番!「結局一番うまい炭酸飲料ランキング」 3位は「ファンタ グレープ」 3位の「ファンタ グレープ」は、コカ・コーラ社が販売している人気の炭酸飲料。 1957年に日本で製造・販売を開始した「コカ・コーラ」に比べると後発商品のイメージを持つ人もいるかと思うが、日本での初登場はわずか1年遅れの1958年。 発祥の地となったドイツや、アメリカでは当時すでに人気の商品だったのだとか。 ブランドイメージの親しみやすさから若者層を中心に支持を集めているが、子どものころからこの味に親しんでいるという中高年層も多いようだ。 2位は「三ツ矢サイダー」 2位は日本生まれの炭酸飲料「三ツ矢サイダー」。 現在の商品名になったのは1968年だが、ルーツとなる炭酸水「平野水」が発売を開始したのはなんと1884年。 2019年現在で135年の歴史を持つロングセラー商品だ。 1952年には甘味成分に砂糖のみを使用した「全糖三ツ矢シャンペンサイダー」が登場するが、砂糖が貴重だったこともあり、当時はぜいたくな飲み物として話題になったそうだ。 今でこそ気軽に飲める商品として幅広い層に愛されているが、ぜいたく品として扱われていた時代があったというのは面白いエピソード。 結局、1位は「コカ・コーラ」! 最も多くの人が支持した「コカ・コーラ」は、1886年にアメリカのジョージア州で誕生した定番の炭酸飲料。 ふとした好奇心から香りの良いキャラメル色のシロップを調合した薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士が、そのシロップを近所の薬局に持ち込んで炭酸水と合わせたのが始まりと言われている。 1985年には、コカ・コーラ社が業績不振の打開策として長年親しまれてきた味を変更する「ニュー・コーク騒動」があったが、オリジナルの味を愛する消費者の猛反発を受け、同年のうちに味を元に戻している。 これほど多くの人が味にこだわりを持つ商品であることを考えると、人気の高さもうなずけるのではないだろうか。 調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものになる。 投票数合計:3,456票 調査期間:2019年10月31日~2019年11月14日 構成/ino DIME.

次の

【楽天市場】炭酸飲料

炭酸飲料 ランキング

筆者も子どものころから飲んでる (画像出典:アサヒ飲料 公式Facebook) 安定のロングセラー、三ツ矢サイダーが堂々1位。 続く2位には、こちらも不動の人気商品コカ・コーラがランクインです。 三ツ矢サイダーと答えた人は、「どの食べ物と一緒に飲んでも味の邪魔にならない」、コカ・コーラと答えた人は「飲むと気分もスッキリし、爽快感があるので」といった理由をあげていました。 ふーむ、なるほど! ちなみに6位には「カルピスソーダ」(26. 8%)がランクインしていました。 もしかすると、このレモンジーナ旋風に引っ張られて、オランジーナ(3位)を飲む人も例年より増えたのかな? 炭酸飲んで、リフレッシュ 1位に関しては、 そりゃそうでしょうよ!とツッコミを入れたくなりますが、「スカッとしたいとき」「お風呂あがり」「気分転換したいとき」に関しては全面的に同意。 ただ冷たい飲み物というだけじゃなく、そこに炭酸のシュワシュワなのどごしがあってこそ、初めて満たされるカラダ(とココロ)の渇きってありますよね。 ちなみに6位が「おやつのとき」、7位が「暑いとき」でした。 なお、「食事と一緒に」という回答も11位にランクイン。 ……欧米か! また、少数派意見としては「寝る前」「眠気を覚ましたいとき」「イライラしたとき」「お酒を飲んだ後」などがありました。 2%) 2位:価格(45. 5%) 3位:商品ブランド(35. 8%) 4位:メーカー品(26. 2%) 5位:飲み慣れている(19. 9%) みんな知ってるコカ・コーラ 商品ブランドやメーカー品と答えた人が多かったのは、先述の「1年以内に飲んだ炭酸飲料」で三ツ矢サイダーやコカ・コーラといったブランド飲料が上位を占めていることからも納得のいく結果。 でもやっぱり一番のポイントになるのは、味や飲み口ですよね。 自分の舌に合ったフレーバーやお好みの炭酸の強さを見つけて、それを「飲み慣れている」ものとしてリピートするのかも。 なお、6位は「カロリーゼロ」、7位は「甘さ控えめ」と続き、炭酸は飲みたいけれどヘルシーなものを、と意識する人も多いのかなという印象を受けました。 今からコンビニ行ってきます。 回答者は男性5,497人、女性5,367人の計1万864人。 年代内訳は10代1%未満、20代7%、30代17%、40代29%、50代以上46%。

次の