千と千尋 神様 よきかな。 「よきかな」の意味とは?千と千尋で腐れ神が言ったセリフの意味!! | 情報トレジャー

千と千尋の神隠しのキャラクター一覧!名前は?神様、ハク、ねずみなどを調査

千と千尋 神様 よきかな

この記事で分かること• 「カオナシ」の人物像とは まず、千と千尋の神隠しに登場する「 カオナシ」について軽くおさらいしておきましょう。 カオナシとは、背が高く黒い服で全身をまとい、 白いお面をつけた不思議な登場人物のこと。 言語能力がないために「 ア、エ」といった弱々しい声でしか会話することができず、千尋でなければコミュニケーションが成立しないほど。 千尋の他には理解者や友達もいない感じでしたね。 このカオナシ。 彼も他の登場人物と同様に、人間界とは異なる性質の生き物。 実際の中身は土の塊ではあるものの、体の中から砂金などを出すことができます。 姿を見せずに登場できることから、何らかの 魔力を持っている様子です。 千尋のことを油屋の入口近くで見つけて親近感を抱き、気に入ってもらおうと助けになろうとします。 中盤では油屋のスタッフたちを取り入れて言語能力を手に入れました。 ここで砂金をダシに千尋とコミュニケーションを取ろうとするものの断られ、 逆上して暴れだす…というのがハイライトですよね。 気弱そうな印象とは裏腹に、暴れん坊な気質を合わせ持った彼。 油屋の従業員のみならず、湯婆婆まで手こずらせる厄介ぶりが話題になりました。 最後は湯婆婆の姉の銭婆に引き取られて、何かと心穏やかに暮らせそうですね。 カオナシの正体は「人間の欲」? 「千と千尋の神隠し」に登場する不思議なキャラや神様たちは、ほとんどがその正体やルーツを持っています。 が、カオナシについては全くその正体が明らかにされていません。 宮崎駿氏によると、映画の初期構想の段階では「 カオナシを登場させる予定はなかった」と話すほどで、後になってから存在に重要性が与えられたとのこと。 そんな意味深な設定がジブリらしいと言えば否めませんが…これをネタにネット上では、 カオナシの正体について様々な憶測が飛び交ったのです。 中でも、カオナシは「 人間の欲が具現化された存在ではないか」とのこと。 砂金をダシに千尋に近づこうとしたり、これを使って従業員の心を惑わして飲み込んだりと… いわゆる欲望を自由自在に操り、自身も強欲な存在なのです。 そんな姿が欲の中で生きる「 人間そのもの」と例えられることもあります。 宗教の世界では「 欲」は忌み嫌われるべき存在とされていて、キリストやブッダも聖人になる前に自身の欲と向き合う試練を受けたとのこと。 そんなことから、カオナシの正体はその「 試練の過程による欲」だとも言われています。 つまりカオナシの正体とは、他の神様のように大根や鳥などと形のハッキリしたものではなく、分かりやすくも姿を持たないものといった感じでしょうか。 そんな抽象さもカオナシっぽいですね。 Sponsored Link 実は「悪魔」だったという噂も… こうして見ていくと「カオナシの正体」に良いイメージは抱きづらい感じですね… さらにはカオナシの「 サタン説」を唱える憶測すらあるそうで。 千尋が銭婆のところへ向かう際、カオナシや坊たちを連れて電車に乗ります。 車窓からは色々なものが見えますが、一瞬「サタン」という文字が映っているのです。 そのシーンを注意深く見ていたジブリファンから、カオナシの正体は「 サタン」であるとさえ言われています。 カオナシの正体=「今どきの若者」とも捉えられる? こんなにハンパな立ち位置でも「千と千尋の神隠し」では重要キャラとされるカオナシ。 その正体については、様々な憶測が飛び交う中「カオナシは 現代の若者そのものではないか」との見方も出てきています。 千と千尋の神隠しに登場するカオナシの特徴ですが、それは次の3つです。 ・コミュニケーション能力がない ・お金で全てを解決しようとする ・嫌なことがあるとすぐ暴れる これらの特徴を合わせて見ていくと、確かにカオナシは今の若者の特徴をそれとなく掴んでいる気がします。 千尋でさえ、現代社会に生きる無気力な子供の象徴だと言われてますしね。 常にメッセージ性の高い作品を輩出しているスタジオジブリだけに、カオナシを現在の若者像と位置づけて伝えたい想いがあったのかもしれません。 宮崎駿氏によると、カオナシは誰の心にもいる これほど様々な憶測を呼んでいる カオナシの正体。 それだけに、スタジオジブリ側の見解も聞いてみたいところです。 宮崎駿氏によると「 カオナシは誰の心の中にもいる」とのこと。 あの感情の起伏の激しさや超然としていないところを見ると、カオナシのルーツは「 人間」と捉えることができそうです。 色々と憶測の絶えない、千と千尋の神隠しに登場するカオナシ。 物語の世界でなかなか居場所が得られない不安定な感じが気の毒ではありましたが、無事に銭婆の家に居場所を見つけられてよかったですね。 その正体が人間の心だとしたら、私たちも生きることに欲求不満を感じたら穏やかな場所に自分の拠り所を見つけるといいのかもしれません。

次の

千と千尋の神隠し

千と千尋 神様 よきかな

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【千と千尋の神隠し】おしら様がエレベーターで千尋を助けたのはなぜ? 冒頭でも書いたように、千尋が湯婆婆に会いに行くときのエレベーターで、おしら様は千尋のピンチを救いました。 蛙は「ウマそなニオイがする」なんて言っていましたが、彼らにとって「人間は食べ物の認識」なんでしょうか?(怖いですねw) 面倒役のリンがうまい具合にエレベーターに乗せたかと思えば、すかさずおしら様が乗り込む連携技。 上手い感じで千尋はおしら様に助けられ、無事に蛙に見つかることなく上の階へ向かいます。 なぜおしら様が千尋を助けてくれたのか、ネットや個人的な意見をまとめてみました。 千尋を助けた私の大好きなおしら様がオクサレ様がでてった後に喜ぶ姿が最強に可愛いのでみんな見逃さないでね!!! — いかり kumar98r 初対面ではありますが、なぜか千尋が気になってしまってなんとなく加担したパターンですね。 千尋はハクやリン、カオナシや銭婆(ゼニーバ)、坊など多くの人から好かれています。 恐らく千尋は誰にでも好かれる素質があるのかもしれません。 で、おしら様も例外ではなく千尋をみて気に入ったので同じエレベーターに乗ったの可能性も考えられます。 実はおしら様は女や子供の守り神的な役割を持っているとのことなので、千尋を守ってもおかしくはないです。 それ、私も気になった。 元々おしら様は上に行きたかったようですし、ただ単にエレベーターに乗っただけで、結果千尋が助かっただけというのも考えられます。 個人的には 「偶然助けた」という形になった可能性的に高い気がします。 確かに「子供好き」みたいな感じの雰囲気は出ていますが、流石に急に会った人間を助けるほどの考えは持っていなさそうですが・・・。 最上階の『天』に到着したおしら様は、周辺を見渡しただけでエレベーターから降りずに、またエレベーターでどこかへ言ってしまいました。 なぜ、 おしら様は最上階の天まで千尋と共に行ったのでしょうか? こちらについても考えてみました。 千尋が湯婆婆のところに無事到着したかを見届けるためについて来たという考えですね。 ボーッとしているようで、全てお見通しだったってことも神様ですからあるかもしれません。 ネットではこの考えが1番多いようです。 最上階についてすぐ辺りを見渡しますが、何も面白そうなものがないと分かるとすぐに帰って行きましたからね~w 僕もこのパターンが1番有力な気がします。 千尋がいて二天では降りられなかった? これは完全な僕の憶測の話ですので参考までに。 もしかしたら、おしら様は天の1個前の回の『二天』という場所で降りたかったのではないかと考えました。 全然裏付けがありませんが、二天という場所は、 『神様達がサービスを受ける場所』という解釈が千と千尋ファンの一部でささやかれているからです。 本当は二天で降りたかったんですが、千尋が居た手前降りることが出来なかった。 で、 結局『天』まで来てしまったとも考えられます。 最上階で周囲を見てたのはカモフラージュで、本当は最上階になんか興味がなかったのではないでしょうか? リンが「レバーを引いてください」的なことを言ったのに全く動かなかったおしら様が、二天では率先してレバーを引いています。 もしかしておしら様は、自分の行動がバレそうで焦っちゃったんでしょうか?w 二天を過ぎた後に千尋を見るシーンがありますが、 「二天に行こうとしたことバレてないかな・・。 」的な感じだったのかもしれませんねw まぁ、二天のことも公式では明言されていませんので、僕個人の冗談として受け止めてください。 関連: 【千と千尋の神隠し】おしら様がエレベーターで千尋を助けた理由まとめ おしら様はエレベーターで千尋を助けましたが、 偶然の可能性が高そうです。 ただ、おしら様は子供好きという情報もあるので、「千尋を守ってやらないと」という感情もゼロではないかもしれません。 個人的には二天に行くつもりが、 「結果的に千尋を助けた」というのが面白いなと思っています。 だとしたらおしら様は、千尋を最上階で降ろした後、速攻で二天に直行していることでしょうw.

次の

千と千尋の神隠しのキャラクター一覧!名前は?神様、ハク、ねずみなどを調査

千と千尋 神様 よきかな

冒頭と結びに登場する彼女ですが、千尋に対してやたらと冷たい態度を取っているように思えます。 対照的に、千尋が迷い込む世界で支配者として君臨している湯婆婆(CV:夏木マリ)は、息子の坊(CV:神木隆之介)に対し過保護であり、かなり甘やかしている様子。 しかし、甘やかされてばかりで何もできなかったはずの坊はネズミに変えられ、家を飛び出し旅をすることで、最終的に千尋の味方をします。 2本足で屹立し、湯婆婆から自立したような状態になるのです。 そしてその描写があった直後、千尋は最後の試練を乗り越え、冷たい態度を取っていた母親のもとに帰ることができたのでした。 子育てにおいて、子どもを立派に自立させることはひとつのゴール。 一見淡白そうな千尋の母親でしたが、やはり最後には帰るべき場所として設定されており、千尋がそれを見失うことはありません。 2人の親の対立構造は、甘やかしてばかりが親の在り方ではないというメッセージになっているようにも感じられます。 宮崎駿監督いわく「カオナシなんて周りにいっぱいいますよ。 中略)ああいう誰かとくっつきたいけど自分がないっていう人、どこにでもいると思いますけどね」とのこと。 彼はカオナシという名前の通り、「個性を持たない」存在として表現されているようです。 実際、カオナシは千尋に自分のことを尋ねられたとき、かなり困ったような表情をしていました。 「自分がない」、「自分の居場所がない」からこそ他者の欲望を煽って自身に取り込み、パーソナリティを得ようとしたのでしょう。 カオナシはしばしば千尋にお金を渡そうとしますが、彼女は断り続けました。 この行為からカオナシは「欲望の象徴」なのではないか、という考え方もあります。 そして、一連の掛け合いや砂金がやがて泥へと変わってしまったことを考えると、この作品には「お金では買えないものがある」というテーマも存在するのかもしれません。 海原電鉄の黒い乗客 3週連続冬もジブリ! 来週は世界が絶賛、日本映画市場圧倒的なNo. 乗客が黒い影で表現されている理由は、作者が宮崎駿であることに注目すれば紐解けそうです。 宮崎駿は宮沢賢治の影響を強く受けていることで有名です。 海原電鉄は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』が背景にあると思われます。 死者をあの世へ送るための銀河鉄道に着想を得ているのだとすれば、『千と千尋の神隠し』で舞台となっている八百万の神がいる世界は「あの世」に重ねられているのかもしれません。 海原電鉄の乗客が亡くなった人々として黒い影になっているのも頷けるのではないでしょうか。 その説を支持した場合、『千と千尋の神隠し』という物語は"千尋が味わった一時の臨死体験"とも言えそうですね。 千尋さんは書き間違えただけなのか、わざと間違えたのか…気になるところですぅーー😳 — スタンリー@金曜ロードSHOW! それはなぜなのか。 物語の中で明示されてはいませんが、実は彼女が生還できたのにはきちんと理由があります。 千尋は湯婆婆との契約の際、「萩野千尋」の「萩」の字を「获」と書き間違えていました。 そのおかげで契約は成立しておらず、千尋は現実世界に帰ってくることができたのです。 後にハクからも「湯婆婆に本当の名前を教えてはいけない」と言われた通り、本当の名前でなければあの世界に縛られることはなかったのです。 しかし、ハクは湯婆婆との契約をしっかりとしてしまったせいで、現実世界に帰ってくることはありませんでした。 普通の人より少し遠くを見ていたり、人の内側を見ているような瞳になるように描かれているそうです。 同じような場面は、世界中の逸話にしばしば登場します。 「見るなのタブー」とも言われるこのような描写は、日本の神話やギリシャ神話、旧約聖書にもあり、身近な話としては『鶴の恩返し』などが挙げられます。 物語の結びに古来から用いられてきたそんなお約束を踏まえた上で、千尋に「振り向かないで前を見て進め」とエールが送られているのでしょう。 「行き」のトンネルと「帰り」のトンネルが違うのはなぜ? 荻野一家はトンネルをくぐって神々の世界に足を踏み入れましたが、現実世界に帰って来たとき、トンネルは行きとデザインが異なっていました。 これには、「神々の世界には現実世界と別の時間が流れており、現実世界のトンネルが経年劣化した」という解釈もあります。 しかし、冒頭に建築関係の仕事をしている千尋の父が、トンネルは「モルタル製」であることに触れていますから、帰りのトンネルが石造りになっていることを考えるとその線は薄いのではないでしょうか。 最初から、行きのトンネルには神々の世界に導くための魔法がかかっており、もともと例のトンネルは石造りだったと考えた方が良さそうです。 ユニークな名前が並んでいます。 リンさんの横には「コイ」「ふな」「トロ」…魚の姿をしているのでしょうか。。。 そのほかにも「馬」「へそ」など気になる名前がたくさんあります。 — スタンリー@金曜ロードSHOW! とはいえ、作品の中では風俗のモチーフとして湯女が用いられたわけではありません。 宮崎駿は過去にエンタメ雑誌「プレミア」で、「"あれは日本そのものです。 (中略)みんな千尋が暮らす湯屋の従業員部屋のような、ああいうものだったんですよ。 日本は少し前までああいう感じだったんです。 "」と語っており、風俗産業の表出というわけではなく、日本の労働環境のモデル化という面があるようです。 宮崎駿監督は最後のシーンについて次のように語っています。 「この物語は、何か思いのほか切ない話です。 特に終わり方が。 しかしどの情報も、肝心となるエンディングの内容はストーリー中の様々な場面をつぎはぎにくっつけたような印象を受け、支離滅裂です。 謎めいた展開が魅力であり、国内では他に類を見ないほどの人気作品ですから、「そういえばそんなシーンあったかも」と「幻のエンディング」の存在が本当であるかのように噂が広まってしまったのだと思われます。 これに関しては過去にネットメディアがジブリと東宝に取材をしており、言質を得ていますので、やはり「幻のエンディング」は存在しないようです。 最後の豚の集団に両親がいないと気づいた理由 物語の終盤、湯婆婆が千尋に課したテスト。 それは豚の集団から、豚になってしまった父母を当てるという難題でした。 そこで千尋はその場に父母がいない、と確信を持って湯婆婆に伝えたことで、元の世界へと戻ることを許されます。 なぜ千尋は答えを出せたのか?これについては様々な考察がなされていますが、宮崎監督も明言していません。 ただひとつ言えるのは、物語を通して千尋が大きく成長し、ある種の洗脳(魔法)が解けた状態になったということ。 宮崎監督も「なぜわかるか、でもわかるのが人生ですよ。 それしかないんですよ。 」と答えたそう。 映画の中での経験が、千尋にとって人生を生き抜く確実な力になったのです。 具体的な考察、説明は野暮なのかもしれませんね。 『いつも何度でも』は映画制作前に作られた 主題歌『いつも何度でも』の優しい歌詞は、本作の不思議な世界観と少女の成長物語に寄り添っているように感じられますが、実はこの曲は映画制作前に完成していました。 というのも、前作『もののけ姫』に感銘を受けた木村弓さんが宮崎監督に自らのCDと一緒に手紙を送ったところ、宮崎監督も気に入り、当時企画中だった『煙突描きのリン』が形になったら連絡する、ということで作品概要を木村さんへ伝えます。 そこから着想を得て作られたのが「いつも何度でも」なのです。 しかし、ある理由がありボツになってしまった『煙突描きのリン』。 曲もお蔵入りしかけましたが、当初『千と千尋の神隠し』の主題歌になる予定だった『あの日の川へ』の作詞が難航し、再度監督が『いつも何度でも』を聴き直したところ、歌詞が映画と合致していることに気が付いたそう。 そして主題歌に起用されたという不思議な繋がりのある曲だったのです。 幻の先品「煙突描きのリン」 先述した『煙突描きのリン』は、1998年6月から企画が進められていました。 物語としては、大地震に見舞われた東京を舞台に、銭湯の煙突に絵を描く18歳の学生・リンが、東京を影で支配する集団と対峙し、戦うというもの。 ですがその制作中、鈴木プロデューサーは鑑賞した『踊る大捜査線 THE MOVIE』で感じた「リアルな若者の気持ち」に衝撃を受けます。 そして、その気持ちを宮崎監督に伝えます。 若者とは言えない自分たちが、本当に若者の気持ちを表現することができるのか疑問に思ったというわけです。 結果監督も納得し、この作品が日の目を見る日はありませんでした。 その後、千尋と同年代の子どもたちに向けた『千と千尋の神隠し』を手掛けるのですから、制作側の心境の変化もうかがえます。 最後に 『千と千尋の神隠し』に関する噂や謎、作品に込められたメッセージやテーマについて考察しました。 公式の見解が出揃っているわけではないので、一概に言えることではありませんが、これほど考察が深まるのはジブリ作品の特徴であり、醍醐味といえるでしょう。 スポンサーリンク.

次の