ネット ワン システムズ 不祥事。 ネットワン「不正繰り返す企業」トップの責任の取り方

ネットワン「不正繰り返す企業」トップの責任の取り方

ネット ワン システムズ 不祥事

「ネットワンシステムズ HP」より 昨年暮れあたりから取り沙汰されてきた、IT業界を舞台とする 架空循環取引の全容が概ね明らかになってきた。 不正行為の中心にいたのは、 ネットワンシステムズのシニアマネージャーだった人物とみられている。 過去を振り返れば、IT業界では2004年から2008年頃にかけ大規模な架空循環取引が次々と明らかになったことがある。 じつはこの時もキーマンの1人として暗躍していたのは、ネットワンシステムズの幹部社員だった。 そんな業界に蔓延る闇の系譜を紐解いてみよう。 まずは今回明らかになった架空循環取引である。 不正行為発覚の端緒は、東京国税局が昨年11月に行った税務調査だった。 それを機に各社の社内調査が本格化した。 これまでに関与が判明した企業はネットワンシステムズのほか、日本製鉄系の日鉄ソリューションズ、東芝系の東芝ITサービス、富士電機系の富士電機ITソリューション、ダイワボウホールディングス系のダイワボウ情報システム、みずほリース系のみずほ東芝リースといったところ。 不正行為は2015年頃に始まり、税務調査が入った2019年11月頃まで約5年間にわたり続いた。 架空循環取引とは商品の実態がないにもかかわらず、証憑類を形式的に整え、それに基づいた入出金を行うことで、正当な取引と見せかけ、売上や利益を水増しするものだ。 今回、そうした不正取引の累計額は多くの会社で200億円前後に上った。 最も多額だった日鉄ソリューションズでは429億円である。 各社が懐に入れていたマージン(粗利益、仕入れ額に対する販売時の上乗せ額)は販売額に対し概ね5%前後だったようだが、ネットワンシステムズだけは約13%と高い数字になっていたようだ。 これら不正取引を主導していたのは、ネットワンシステムズの東日本第1事業本部で中央省庁向け営業を担当していたシニアマネージャーだったとみられる。 その人物が各社の営業マンに話を持ち掛け、次々と架空取引をでっち上げ、複雑多岐にわたる商流を仕切っていたようだ。 それら取引で動いていた資金の一部は、システムエンジニアに対する教育費の名目で友人が経営する会社に流れていた疑いがあるという。 その額は毎月数千万円に上ったとされる。 また、各取引のマージンを調整するため、取引から捻出した資金をあとで関与企業に補填することもしていたようだ。 架空循環取引が行われやすい業界の特徴 IT業界の特徴は、ひとつのシステムを完成させるのに際し上流企業と下流企業の見分けがつきにくい点にある。 一般の取引なら素材メーカーから部品メーカーを経て完成品メーカーへと至る一方通行の流れがある。 ところが、IT業界の場合、ある会社は上流企業になることもあれば、下流企業になることもある。 このため同業者間の取引が輻輳することが常態化、それにつけこんで架空循環取引が行われやすい。 ただし大半の場合、次々とマージンが上乗せされていくため取引額が膨らみ、どこかで資金的に行き詰まる。

次の

就活生です。ネットワンシステムズという会社についてお聞きし...

ネット ワン システムズ 不祥事

来歴 [ ]• 1937年(昭和12年)に生まれる。 1960年(昭和35年)に卒業後、入社する。 1985年(昭和60年)日本アイ・ビー・エム㈱を退職し、アンガマン・バス株式会社に入社、営業部長を経て、常務取締役営業本部長に就任。 1988年(平成2年)2月、アンガマン・バス 株 代表取締役社長がと合弁で設立したネットワンシステムズ㈱の取締役副社長に就任し、上原政二の退任に伴い、1992年6月、同社代表取締役社長に就任した。 1996年(平成8年)には株式店頭公開を行い、当時、株価は300倍以上の上昇を見せ、IT系ベンチャー企業及びの存在を市場に認知させた。 ネットワンシステム 株 代表取締役会長に就任後、1996年、イントラネットシステムを設立し、代表取締役社長に就任するが、1998年にに自己破産を申請し、事実上倒産をさせた。 株式会社エムティシーアイ MTCI の副社長、ルート株式会社の副社長を経て、 [ ]2004年7月、アライドテレシス㈱代表取締役社長に就任するが、2005年3月に退任した。 そして、2006年11月、からアライドテレシス㈱役員時代の違反()の疑いで、次男・浩と共ににされ、2007年3月、さいたま地方裁判所の判決公判で1年6月(5年)、罰金100万円、約1,090万円の判決を受けた。 略歴 [ ] 1937年(昭和12年)8月5日、福井県に生まれる 1960年(昭和35年)3月 - 早稲田大学商学部卒業後、日本アイ・ビー・エム㈱入社。 1985年(昭和60年)5月 - アンガマン・バス㈱に入社し、営業部長を経て、常務取締役営業本部長に就任。 1988年(昭和63年)2月 - ネットワンシステムズ㈱取締役副社長に就任 1990年(平成2年)5月 - ネットワンシステムズ㈱代表取締役副社長に就任 1992年(平成4年)6月 - ネットワンシステムズ㈱代表取締役社長に就任 1996年(平成8年)7月 - イントラネットシステム設立、代表取締役社長に就任 1997年(平成9年)12月 - ディエスシーとの合併を発表 1998年(平成10年)7月30日 - 営業停止、従業員全員を解雇する 1998年(平成10年)8月7日 - イントラネットシステム倒産 2004年(平成15年)7月1日 - アライドテレシス㈱代表取締役社長に就任 2005年(平成16年)3月 - アライドテレシス㈱代表取締役社長を退任 2006年(平成18年)11月7日 - 証券取引等監視委員会から証券取引法違反の疑いでさいたま地方検察庁に告発される 2007年(平成19年)3月20日 - さいたま地方裁判所で判決公判が行われ、懲役1年6月(執行猶予5年)、罰金100万円、追徴金約1,090万円 の判決を受ける。 趣味 [ ]• 株式会社BCN 『週刊BCN vol. 463』(1992年8月17日号)の掲載記事 - 経歴欄では、趣味はゴルフ、絵画鑑賞と記載されている。 インサイダー取引事件 [ ]• 2006年5月30日、は違反の疑いで、さいたま市在住、アライドテレシス㈱山本収・元上級執行役員(当時68歳)と次男の山本浩(当時37歳)、知人女性2人の計4人をにした。 容疑は2004年4月に同社が株式分割を実施する計画があることを知り、次男、知人らと合計6,500株を取得し、その後、同年6月に売却することによって合計1,400万円の利益を得たの疑いであった。 (2004年4月15日頃、技術開発担当だった山本元執行役員は業務打ち合わせ等を通じ、事前に株式分割の情報を知ったとされる)• 2006年11月7日、(今岡健裁判官)に開かれた初公判では、検察側は「山本収被告は2004年4月、アライドテレシス社の株式分割を事前に知り、分割公表前に知人女性の堤被告らの名義で同社株2,500株を買い付け、他の被告も山本収被告から情報を聞き計4,000株を購入。 分割公表後に全株を売り抜け、計約1,430万円の利益を得た」と冒頭陳述を行った。 冒頭陳述に対して、山本収被告と山本浩被告は起訴事実を認めたものの「株式分割の決定について、確定的な情報を得ておらず、インサイダー取引にはあたらない」として無罪を主張した。 2007年3月20日、さいたま地方裁判所で判決公判が行われ、山本収(当時69歳)と次男の浩(当時38歳)の両被告に対し、今岡健裁判官(飯田喜信裁判官代読)は「証券市場の公正性と健全性を害し、投資家の信頼を損なう犯行」として、山本被告に懲役1年6月(執行猶予5年)、罰金100万円、追徴金約1,090万円、浩被告に懲役1年2月(執行猶予4年)罰金50万円・追徴金約1,532万円を言い渡した。 判決日 裁判所 被告人 判決内容 2007年(平成19年)3月21日 さいたま地方裁判所 山本 収 懲役1年6月(執行猶予5年)、罰金100万円、追徴金約1,090万円 2007年(平成19年)3月21日 さいたま地方裁判所 山本 浩 懲役1年2月(執行猶予4年)、罰金50万円、追徴金約1,532万円 脚注 [ ] []• 758』 (1998年8月31日号) 掲載記事 「イントラネットシステム倒産 - 時期尚早のビジネスだったのか」• J日経BP社 1998年9月4日. 2009年12月1日閲覧。 株式会社BCN 『週刊BCN vol. 463』 (1992年8月17日号) 掲載記事 「ネットワンシステムズ 山本社長の就任パーティ開く」• 株式会社BCN 『週刊BCN』 (1997年12月22日号) 掲載記事 「イントラネットシステム ディエスシーと合併」• 日経BP社 1998年8月24日. 2009年12月1日閲覧。 日経BP社 1998年9月4日. 2009年12月1日閲覧。 2009年12月8日閲覧。 2009年12月1日閲覧。 2009年12月1日閲覧。 読売新聞 2006年11月8日 埼玉版 「株不正取引4被告 - 起訴事実認める」• 埼玉新聞 2006年11月8日 「元役員側、無罪主張。 インサイダー取引で初公判」 参考文献 [ ]• 株式会社BCN 『週刊BCN vol. 463』 (1992年8月17日号) 掲載記事 「ネットワンシステムズ 山本社長の就任パーティ開く」• 株式会社BCN 『週刊BCN』 (1997年12月22日号) 掲載記事 「イントラネットシステム ディエスシーと合併」• 日経BP社 『日経ソリューションビジネス』 1998年8月21日号 記事 「イントラネットシステムが営業停止 原因は高コスト体質と無理な投資」• 日経BP社 『日経ソリューションビジネス』 1998年9月4日号 記事 「イントラネットシステム倒産の経緯 従業員の9割以上は転籍を終了へ」• 株式会社BCN 『週刊BCN vol. 758』 (1998年8月31日号) 掲載記事 「イントラネットシステム倒産 - 時期尚早のビジネスだったのか」• 2006年11月8日 埼玉版 記事 「株不正取引4被告 - 起訴事実認める」• 2006年11月8日 記事 「元役員側、無罪主張。 インサイダー取引で初公判」• 2007年3月21日 記事 「アライドテレシスのインサイダー取引 - 父子に有罪判決」 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

2013年3月 ネットワンシステムムズの続報 不正のトライアングル(2)

ネット ワン システムズ 不祥事

上方修正の際には公表していなかった受注高ですが、引き続きセキュリティ対策及びクラウド基盤ビジネスが堅調に推移し、前年同期にあった大型案件の剥落をカバーして、前年とほぼ同水準で着地することができました。 また、売上高及び利益は中央省庁の合計約60億円の複数案件について、当初は第3四半期での売上を見込んでいたものが第2四半期へと前倒しになったこともあり、大きく伸びております。 それでは個別の数字をご説明します。 受注高は1,004億8,800万円です。 前年同期とほぼ同額、期初計画比で10. 1パーセント増となりました。 売上高は887億2,300万円で、前年同期比で10. 1パーセント増、期初計画比で8. 6パーセント増となりました。 売上総利益率は25. 6パーセントで、前年同期比で0. 6ポイント増、期初計画比で0. 1ポイント減となりました。 販売管理費はほぼ期初計画どおりに推移した結果、比率は17. 6パーセントとなり、前年同期比で1. 3ポイント減、期初計画比で1. 7ポイント減となりました。 利益面では、営業利益は70億9,600万円、経常利益は73億1,300万円、親会社株主に帰属する当期利益は50億5,500万円、それぞれ前年同期比で増加いたしました。 営業利益と経常利益で約2億円の差分が発生しておりますが、決算短信6ページにも記載しているとおり、関係会社からの業務委託収入等によるものです。 受注残高は874億9,400万円で、前年同期比で1. 7パーセント減となりました。 マーケット別 受注高・売上高・受注残高 続きまして4ページ、マーケット別の受注高・売上高・受注残高についてご説明します。 上から順に説明させていただきます。 紫色はエンタープライズ市場です。 引き続きセキュリティ対策、クラウド基盤、働き方改革、そして中期事業計画で注力市場としているスマートファクトリーのビジネスが堅調に推移いたしました。 受注高・売上高ともに前年同期比で増加しています。 緑色は通信事業者市場です。 サービス基盤ビジネスを中心に堅調に推移いたしました。 受注高・売上高ともに前年同期比で増加しています。 赤色はパブリック市場です。 注力市場のヘルスケアや教育を含め、セキュリティ対策やクラウド基盤ビジネスが堅調に推移しました。 受注高は前年の第1四半期に受注した大型案件約120億円が剥落したものの、かなりキャッチアップしてきています。 また、売上高は中央省庁の複数案件が前倒しになったこともあり、前年同期比で大きく増加しています。 青色はパートナー事業です。 主要パートナー向けのビジネスが堅調に推移しています。 受注高は前年同期比で増加いたしました。 売上高は前年同期比で減少いたしましたが、豊富な受注残高もございますので、通期では問題なく進捗できるものと見込んでおります。 商品群別 受注高・売上高・受注残高 次の5ページは商品群別の受注高・売上高・受注残高です。 上から順に、薄紫色が機器、ピンク色がサービスとなっております。 統合サービス事業が拡大し、サービス比率が受注高・受注残高において増加いたしました。 売上高については、前倒しとなった中央省庁の複数案件が機器中心であったことでサービス比率は低下していますが、サービスビジネスそのものは継続して順調に成長しております。 セグメント情報 続きまして、セグメント情報となります。 資料の6ページをご覧ください。 上段が当期、下段が前年同期となっております。 エンタープライズ市場とパブリック市場は、売上高及び売上総利益率が拡大したことで、セグメント利益が増加いたしました。 パートナー事業は子会社のネットワンパートナーズが担当しているセグメントですが、ネットワンシステムズと同様にクラウドやセキュリティ等のソリューション提案が進捗したことで、セグメント利益が増加いたしました。 通信事業者市場は、売上高は微増しておりますが、第1四半期の決算説明会でもご説明しましたが、以前導入した機器のリプレイス案件で機器販売ビジネスの割合が増加したことに伴い、利益率が減少しております。 連結貸借対照表 続きましてBSとなります。 7ページをご覧ください。 前期末との比較表を記載しております。 前年同期と比較しますと、大きな変動はございません。 為替レート等 続きまして8ページ、為替レート等をご覧ください。 為替レートについて、当四半期累計の平均レートは109円65銭でした。 1株当たりの当期利益は59円68銭と増加いたしました。 1株当たり配当金は、期初計画どおりの21円を予定しております。 連結の従業員数は93名増加して2,448名となりました。 なお、注記で記載しておりますが、前年同期末と同じ基準でカウントした場合、つまり当期より連結対象となった3社及び非連結子会社への出向の影響を除いた場合の従業員数は2,321名となり、多少の減少となりました。 私からの説明は以上で終了します。 参考記事.

次の