天皇陛下と雅子様。 天皇陛下と雅子さまのなれそめとプロポーズ!仲良しご夫妻の秘話は?

天皇陛下と雅子様の馴れ初めは?出会いとプロポーズの言葉からご結婚まで!

天皇陛下と雅子様

天皇陛下の即位に伴う祝宴「饗宴の儀」は、10月22日から31日まで4回にわたり開かれ、万事つつがなく終了。 雅子さまも笑顔でもてなされていた。 しかし一連の儀式のさなかには、皇室の未来を左右するかもしれない重要な報道もあった。 共同通信社による世論調査の結果が10月27日に報じられ、女性天皇を認めることへの賛成が81. 9%に達したことが明らかとなった。 反対はわずか13. 5%だった。 ただ、愛子さまの人気が高まるにつれ、雅子さまの苦悩は深まってしまう状況にあるのだ。 「政府は年内にも、皇位継承策を議論する有識者会議を設置する予定でしたが、来春以降への先送り案が浮上しています。 結論が先送りされれば、愛子さまの将来設計も定めることができません。 雅子さまは一人の母として、愛子さまには自由に職業を選び、結婚も自らの意思で決めさせてあげたいというお気持ちもあるはずですが……」(前出・皇室担当記者) しかし宮内庁関係者によれば、雅子さまはすでに苦渋の決断をくだされているのだという。 天皇陛下と雅子さまは、そうお考えになっています。 このご懇談には愛子さまも同席されたのだという。 「約1時間のご懇談では、ラグビーW杯や東京オリンピック・パラリンピック、さらには即位の礼が話題に上りました。 もちろん英語でのご懇談でしたが、愛子さまは熱心にお聞きになり、英語で王女夫妻に質問されることもあったそうです」(前出・宮内庁関係者) 即位礼正殿の儀には未成年の愛子さまは出席されなかった。 しかし愛子さまにとってこの日は、ご自身のお立場を自覚される重大な一日となったはずだと前出の皇室担当記者は言う。 「愛子さまは前日に中間テストを終えられたばかりでしたが、その解放感とは無縁の一日であったことでしょう。 早朝から赤坂御所と宮殿を往復される両陛下を愛子さまは欠かさず見送られ、またお出迎えもなさっていたのです。 儀式は御所のテレビでご覧になりました。 天皇陛下がなさった即位の宣明を、もしかすると将来は、愛子さまがされる可能性もあるのです。 紀子さまは悠仁さまとご一緒に全国各地を旅行され、自然・文化・歴史を学ぶ機会を作られてきた。 雅子さまも皇后としてご公務に取り組まれる傍ら、そうした教育までなさることになるのだろうか。 静岡福祉大学名誉教授の小田部雄次さんはこう語る。 「政治や行政に関わらない象徴天皇であっても、現代社会とその成り立ちについて体系的にきちんと学ぶ場があってもいいかと思います。 しかし大切なのは天皇陛下のおそばで、天皇陛下のお考えや行いのあり方を身をもって学ぶことでしょう。 すでに5月の御代替わり後の愛子さまは、帝王教育のさなかにあるともいえます」 娘が天皇になるのかはわからない。 見えない未来に向かって、天皇ご一家は新たな一歩を踏み出されていた。

次の

天皇陛下と雅子さまのなれそめとプロポーズ!仲良しご夫妻の秘話は?

天皇陛下と雅子様

現在のページは 天皇皇后両陛下のご日程 のページです。 天皇皇后両陛下のご日程 令和2年• 令和元年• 平成31年4月までのご日程 天皇皇后両陛下のご日程 平成31年• 平成30年• 平成29年• 平成28年• 平成27年• 平成26年• 平成25年• 平成24年• 平成23年• 平成22年• 平成21年• 平成20年• 平成19年• 平成18年• 平成17年• 平成16年• 平成15年• 平成14年• 平成13年• 平成31年4月までの外国ご訪問のご日程.

次の

雅子様の不妊症の原因は?2人目を作らなかったのはなぜか調査!

天皇陛下と雅子様

平成19年1月19日、東宮仮御所で 圧倒的なキャリアと美貌で当時メディアの話題を独占した雅子さま。 そんな雅子さまを皇太子妃に、と仲介役を果たしたのは、外務省のOBであった故中川融氏だ。 旧ソ連大使時代の一等書記官に雅子さまの父・小和田恒氏がいた関係で、幼い頃から雅子さまのことをよく知っていた。 また陛下の英国留学の際の首席随員を務めたのも、中川氏であった。 中川氏は、昭和60年の暮れ頃より、宮内庁関係者から『お妃のことでご協力を』と依頼されていた。 陛下が英国留学から帰国されたすぐ後のことだ。 中川氏は宮内庁に雅子さまをお妃として推薦した理由を、以下のように語っている。 「雅子さんは大変な才媛であり、しかもお美しい。 それでいて大変柔らかく、人当たりのいい感じを与えられる女性だというお話を聞きました。 アメリカで暮らされて語学もおできになる。 また、当時、雅子さんは外交官試験に合格が内定していらしたのですが、ハーバードから東大に学士入学して3ヶ月で外交官試験に通った。 これはつまり、新しい立場になっても、それを短期間に、容易に克服できる能力がおありになるんじゃないか。 上皇后美智子さまも民間のご出身ではあるが、大企業の社長令嬢であり、職に就くというご経験もなかった。 仕事の経験を有する女性は皇太子妃として除外されるという考え方があったのだ。 「その為、当時雅子さまのことをお妃候補としては適切でない、と主張する宮内庁幹部も少なからずいたそうです」(前出の皇室ジャーナリスト) しかしその懸念はすぐに払拭された。 女性が憧憬する対象としての要素をほぼパーフェクトに兼ね備えた雅子さまは、すぐに多くの国民のハートを射抜き、国民の大歓迎を受けたのだ。 「文句のつけようがない圧倒的な知性、外交官という真のキャリア、アカデミックな家風、そして女性なら誰もが憧れる、卓越したファッションセンス。 どれだけ美しい人物でも、高級ブランドをまとうだけでは『着せられている感』が拭えないものです。 しかし小物使いや細部に至る色彩コーディネートなど、雅子さまのセンスはまさにインテリジェンスの為せる技なのです。 多くの国民が、陛下と雅子さまの結婚を祝福しました」(皇室担当記者) 当時の読売新聞の世論調査で、実に9割がお二人の結婚に「好感を持つ」と回答した。 また美智子さまと交流のあったある女優は、先に皇室入りをしていた紀子さまと比較し 「紀子さまから学ぶことは少ないけど、雅子さまにはたくさんある」と語ったという。 「また、陛下(当時皇太子殿下)の会見も、多くの国民の涙を誘いました。 『雅子さんのことは僕が全力でお守りします』というあの有名なお言葉です。 以後、雅子さまは茨の道を歩まれることになりますが、陛下はこの間じっと、この時のお気持ちのまま、雅子さまをお守りになってこられたのです」(前出の皇室ジャーナリスト) 33歳のお誕生日会見で「お互いに学び合っていく、非常に良きパートナーであるという思いを新たにいたします」と雅子さまとの関係性を語られた陛下。 結婚27周年を迎えられ、今後天皇ご一家が手を携えて歩まれていく道は、限りなく輝かしい豊穣であるに違いない。 当時の天皇家の息子さん達のお嫁さんを比べたら、雅子皇后陛下は、全てを圧倒していたし、今もそれは続いている。 洗練された女性で、しかも聡明で心優しく美しい。 ご両親や妹さん達も含めて素敵なご一家。 片や、芋ねーちゃんのような風貌でふにゃふにゃねちょっとして、くにゃっと隣にいる礼宮を見てニタニタする…なんと下品な…長女の月と太陽会見も同じく気持ち悪い。 平成の見せびらかす天皇皇后には、うんざりしていた。 秋篠宮夫婦もそっくりだし。 やっと世界に誇れる誠実で素晴らしい今上の両陛下と、お二人が愛情をかけて育てた敬宮殿下の御代になった!.

次の