茅野 市 運動 公園。 茅野市の都市公園 「前宮水眼広場」が完成

【茅野市運動公園マレットゴルフ場】アクセス・営業時間・料金情報

茅野 市 運動 公園

諏訪大社上社前宮近くに完成した都市公園「前宮水眼広場」(奥の建物が交流センター前宮) 茅野市が同市宮川の諏訪大社上社前宮の参道近くに整備していた都市公園「前宮水眼広場」が完成し、27日から供用を始めた。 広場内には展示や飲食のスペースを備えた「交流センター前宮」も完成。 参拝者らが気軽に立ち寄れる施設で、憩いの場として観光客と地域住民との交流を促進する。 前宮の十間廊と内御玉殿の付近の道路に面した市有地を活用し、面積は約4340平方メートル。 公園名は近くを流れる水眼川から取った。 広場には庭園風の芝生広場や親水広場、水車などを設けた。 一角にある交流センターは木造平屋で床面積は約120平方メートル。 休憩や飲食ができる多目的スペース、調理室などを備えた。 展示スペースでは御柱祭や周辺の史跡をパネルで紹介している。 公衆トイレを併設した。 公園造成費や建築費は計9400万円。 供用開始前には約30人が出席して竣工式を行い、交流センターの看板を除幕した。 今井敦市長は「訪れる人がほっと一息つける場所ができた」とあいさつ。 高部・安国寺地区歴史環境整備合同委員会の小池春夫委員長(82)は「全国から来る参拝者と住民が温かく交流したい」と述べた。 市は、地元の安国寺と高部の住民有志が5月に発足した「前宮水眼の会」に交流センターを含む広場の管理を委託。 同会は7月24日からセンター内で「茶房すいが」を金曜~日曜日に開設し、寒天や草餅など飲食を提供する予定。 鎌倉道遊歩道の整備や前宮周辺の石畳風舗装など市が2015年度から進めてきた高部・安国寺地区歴史環境整備事業は同日の施設竣工で完了となった。

次の

陸上競技場

茅野 市 運動 公園

まずは写真を見てください。 これは、写真愛好家の橘田 利幸(きった としゆき)さんが撮影したものです。 〇〇とは野生のニホンリスのことです。 実は、市街地で野生のリスが観察できるのは茅野市の運動公園だけらしいのです。 茅野市の運動公園は東海大学付属諏訪高校のすぐそばにあります。 1976年 昭和51年 に都市公園としてオープン。 40年ほど経過した今は住宅街に囲まれています。 その公園に野生のニホンリスが生息し、ファンを惹き付けているそうです。 本当にニホンリスを見ることができるのか、運動公園にいた方々に聞いてみました。 散歩中のご婦人や、ご夫婦、ランニング中の男性など、次々と声をかけましたが、 その全員から『見たことあるよ!』『良く見るよ!』などのお答えが…。 インタビューをするかぎり、ニホンリスとの遭遇率は100%でした。 先日、運動公園のニホンリスを保護し、ニホンリスにとって良い自然環境を守ろうということで、 写真愛好家や市民の有志が集まり、「茅野市ニホンリスの会」が誕生しました どうしてこの会が生まれたのかを、初代会長に選ばれた堀 晃(ほり あきら)さんに聞きました。 理由は二つあるそうです。 一つは公園の管理者である茅野市へ意見や要望を伝える窓口を作るため、もう一つはみんなの意見を集約するためとのことです。 この運動公園のリス、2003年(平成15年)ごろには35頭くらいいそうですが、 天敵に襲われたり、交通事故にあったりして少しずつ減り、 ここ数年は20頭余りで推移しているそうです。 参考までに、ニホンリスの寿命は5年、大きさは大人で体が20センチ、しっぽが20センチくらいとのことです。 この会の目的には「茅野市運動公園に生息する野生のニホンリスが、自力で長く棲み続けることと、ニホンリスの野生の生態を観察できる自然環境を維持すること」と書かれています。 大切なのは保護し過ぎないこと。 茅野市運動公園は都市公園法に従い、たくさんの木が残されました。 エサとなるオニグルミの木が園内にあることが、野生のニホンリスが生き続ける大きな要因といえるそうです。 保護しすぎない…なかなか難しいことだと思いませんか? 正式な会が発足する前も、ニホンリスの愛好家の皆さんは力を合わせいろいろ市にお願いをしてきた。 リスに注意の交通標識、 エサを持ち帰らないでほしいという看板の設置、 ニホンリスが道路を横断するためのパスウェイ…歩道橋の下に設置、 会長の堀さんは、もともとは陸上競技に関わっていたそうです。 市の体育協会の役員として28年、運動公園に通ううちニホンリスの虜になっていったとのこと。 メンバーの中には、仲間と写真展を開催している人たちもいる。 そんな一人、写真愛好家で副会長に選ばれた 橘田 利幸さんに、 ニホンリスに嵌ったキッカケや魅力について聞きました。 『とにかく可愛い!!! この運動公園にリスは一年を通して生態が良く分かる。 生態が分かるともっと知りたくなってますますハマって行く』と話してくれました。 会が発足した初年度の今年は、ニホンリスの生息数や繁殖の状況などを調査したいそうです。 茅野市運動公園は桜の名所:温かくなると訪れる人が増えます。 橘田さんのお話では『ニホンリスは貯食…自分たちの食料を土手の土の中に貯めこむ。 そこを踏みつけてしまうとエサを食べられなくなるので、気をつけて欲しい』とのこと。 長年ニホンリスを愛し守って来た、さらにこれからも守っていこうとする人たちがいるということを知って、市民や訪れた方たちも協力をしてほしいと願う調査となりました。 調査隊員:土橋桂子 埼玉在住のカメラマンをしております。 この取材の内容などを見てとても共感を持てたので多用のついでに運動公園に寄ってみました。 現地でカメラを持った数名の方たちがいたので声を掛けたところ守る会のメンバーさんとのことでした。 撮影時のマナーや注意事項をお伺いしたところ 餌を与えないでください。 ドングリやクルミなど餌になるものを拾って持ち帰らないでください。 三脚などは問題ないがリスにあまり近づかないでくださいとのことでした。 早速公園をぐるっと一周したら高いカラ松の枝やクヌギの木などの高いところで3匹ほど見ることができました。 駐車場に戻ると先ほどの守る会の方たちが5人ほど小さな木の周りを取り囲んで撮影している姿を見かけたので様子をうかがっているとその木にリスが居るようでした。 その小さな木の下にまで入り込んで撮っているので正直びっくりしました。 案の定リスは他の木に逃げていきました。 その木は赤い実がついていて餌場になっているみたいでした。 あまりにも接近しすぎて撮影していたので守る会の人に意見したところ無視されたので少し強めに言い直したら 枝が邪魔だから仕方ないと言い訳されました。 餌を食べているときは近づいても平気と言われました。 私はあきれて撮影を辞めて帰りました。 Posted by KENZO at 2019年11月08日 16:23.

次の

【ランニング】茅野市運動公園のウォーキングコースは走りごたえがすごい

茅野 市 運動 公園

施設概要 今後の状況によっては、再度休館・一部利用停止になる場合があります。 面積 34,580平方メートル 陸上競技(日本陸上競技連盟第3種公認)• 走高跳2か所(全天候型舗装)• 走幅跳/三段跳4か所• 砲丸投2か所(円盤投、ハンマー投、やり投は競技会時のみ各1ヶ所)• 助走路全天候型舗装• インフィールド芝生張• 観客席メインスタンド1,000人芝生3,000人• 身障者用20人 <外部リンク> 利用案内 開場時間 午前5時から午後10時 (ただし、小学生、中学生、高校生の使用は午後9時までです。 ) 休場日 12月29日から翌年1月3日 (ただし、冬期間はお使いいただけないことがあります。 また11月24日から翌年4月中旬頃までは事前予約できません。 ) 料金• 専用使用1時間当たり 市民1,800円 市民以外2,700円• 個人使用1時間当たり 一般 市民150円 市民以外220円 大学生等 市民110円 市民以外220円 小中学生・高校生 市民70円 市民以外100円• 通年使用料 一般 市民7,500円 市民以外11,000円 大学生等 市民5,500円 市民以外11,000円 小中学生・高校生通年使用料 市民3,500円 市民以外5,000円 その他• アマチュアスポーツ、体育レクレーション以外の使用の場合は、使用料は倍額となります。 サッカーでの利用は、大会のみになります。 また、大会での利用については、専用使用となります。 サッカーの大会は、地域主催大会及び都道府県大会で利用することが可能です(国際試合、Jリーグ公式戦等での利用はできません)。 関連情報• ダウンロード• 地図情報 茅野市運動公園陸上競技場 茅野市玉川500番地.

次の