憮然 と する。 憮然(本来は「茫然自失」に近い意味だが……)

憮然とはどういう意味?間違えやすい日本語を解説

憮然 と する

[ト・タル][文] [形動タリ]失望・落胆してどうすることもできないでいるさま。 また、意外なことに驚きあきれているさま。 「 憮然としてため息をつく」「 憮然たる面持ちで成り行きを見る」 [補説]近年、「憮然たる面持ちで」とした場合、「腹を立てているような顔つき」の意味で使われることが多くなっているが、本来は誤り。 文化庁が発表した「」で、「然として立ち去った」を、「 失望してぼんやりとしている様子」と「 腹を立てている様子」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。 平成15年度調査 平成19年度調査 平成30年度調査 失望してぼんやりとしている様子 (本来の意味とされる) 16. 1パーセント 17. 1パーセント 28. 1パーセント 腹を立てている様子 (本来の意味ではない) 69. 4パーセント 70. 8パーセント 56. 7パーセント 出典 デジタル大辞泉について の解説.

次の

「憮然」は腹を立てる?=6割誤解、「砂をかむ」も-国語世論調査・文化庁:時事ドットコム

憮然 と する

「憮然」の意味と使い方 「憮然」は「 ぶぜん」と読みます。 「憮然」の意味は「 落胆したりあきれたりして、どうすることもできないこと」です。 「憮」は「へこむこと、肩を落とすこと」、「然」は「状態を表す語」を意味します。 物事が思い通りにならず、失望したり気落ちしたりしてぼんやりしているさま、放心状態になることを表します。 「腹を立てているさま、不満に思っている様子」という意味で使われていることも多いですが、本来の意味とは異なります。 しかし、近年「憮然」を「 ムッとする、不機嫌になる」という意で使用することが増えています。 例えば、「憮然として反抗する」と用います。 本来ならば誤用である使い方が一般的になってきています。 ・憮然たる面持ち ・憮然たる思い ・憮然として ・憮然とした表情 ・憮然とした態度 というような使い方をします。 例文 ・ショックを受けたのか、彼は憮然たる面持ちだった。 ・オーディションに落ちてしまった彼女は憮然として、その場を立ち去った。 ・頑張りが認められず、憮然たる思いでいた。 「呆然」の意味と使い方 「呆然」は「 ぼうぜん」と読みます。 「呆然」の意味は「 予想外の出来事に驚き呆れて、気が抜けたようになること」です。 「呆」は「意外なことに驚くこと、あきれること」を意味します。 予期していなかった出来事に呆気にとられて物も言えないこと、気が抜けてぼんやりしていることを表します。 この場合の「予期せぬ出来事」とは、嬉しくない、大したことないなど、マイナスなことに対して用います。 ショックを受けるような出来事に遭遇したり、自分が予測していなかった相手の態度や言葉が返ってきて驚いた場合などに使います。 「サプライズでパーティーを開いてくれて呆然とした」などと、嬉しい出来事に「呆然」を使うと不自然です。 ・呆然とする ・呆然となる ・呆然と立ち尽くす というような使い方をします。 例文 ・彼女は事故の悲惨な状況を見て、呆然とした。 ・暴漢に襲われ呆然としていたが、何とか話せるようだ。 ・見知らぬ場所で迷子になってしまい、呆然と立ち尽くした。 「茫然」の意味と使い方 「茫然」は「 ぼうぜん」と読みます。 「茫然」の意味は、 ・漠然として、つがみどころがない ・予想外の出来事に驚き呆れて、気が抜けたようになる です。 「茫」は「はっきりとしていない、ぼんやりしていること」を意味します。 「茫然」には二つの意味があります。 一つ目の意味は「漠然、曖昧としていてとらえどころがないこと」です。 例えば、「茫然たる未来」「茫然とした文章」などと使います。 感じや話が曖昧で、どう評価して良いかはっきりしないことを表します。 二つ目の意味は「呆然」と同じです。 「茫然自失」という言葉があり、これは「驚き呆れて、我を忘れること」を意味します。 「呆然自失」と書くこともあります。 ・彼の文章は茫然としていて、どう評価して良いか分からなかった。 ・家に帰ると、猫がいなくなっていて、しばらく茫然自失としていた。 「唖然」の意味と使い方 「唖然」は「 あぜん」と読みます。 「唖然」の意味は「 予想外の事態に、あきれて言葉に詰まるさま」です。 「唖」は「驚いた時に出る声」を意味します。 予想していなかった出来事や事態にあって、驚き呆れて言葉が出ないことを表します。 ぼーっとしている様子ではなく、驚いて声も出ない状態を指します。 例えば、「スリに遭い、唖然とする」と用います。 「唖然」はマイナスな意味合いで使われることが多いイメージですが、「見た目からは想像できない美味しさに唖然とする」などとプラスな意味合いで使うこともできます。 ・唖然とする ・唖然として言葉を失う ・唖然たる面持ち というような使い方をします。 例文 ・父親の不倫現場に遭遇し、唖然として言葉を失った。 ・最後の最後で逆転を許してしまい、観客も選手も唖然としていた。 ・今まで見たことのない神秘的な景色に唖然とした。 「悄然」の意味と使い方 「悄然」は「 しょうぜん」と読みます。 「悄然」の意味は「 気にかかることがあって、元気がないこと」です。 「悄」は「しょんぼりする、元気がなくなること」を意味します。 気力を失って落ち込んでいること、がっかりしていることを表します。 古典においては「ひっそとしていて寂しいさま」という意味で使われています。 「悄然」は主に書き言葉として用います。 話し言葉として使うことは少ないです。 例えば、「落選と聞き、悄然としてしまう」と用います。 「落選と聞いて、落ち込む」というニュアンスになります。 ・悄然と去る ・悄然たる後ろ姿 ・悄然とした面持ち ・悄然としてうつむく というような使い方をします。 「孤影悄然(こえいしょうぜん)」という言葉があります。 これは「一人ぼっちでものさびしいこと」を意味します。 例文 ・楽しみにしていたイベントが中止になり、悄然とした。 ・彼は悲しい知らせを聞いて、悄然としてうつむいた。 ・仲の良かった友達が引っ越して、孤影悄然としてしまう。

次の

「憮然」の本当の意味と使い方!「悄然」との違いは?【類義語・対義語】|語彙力.com

憮然 と する

朝日、毎日、教育新聞など、さまざまなサイトで取り上げられている「憮然」の意味。 本来は、失望してぼんやりしているという意味と書かれています。 「国語に関する世論調査」で、不快感を表す言葉として用いられていることが多い「憮然とする」という言葉ですが、私も、「ぼんやりとしている」という意味では使っていませんでした。 なぜ、不快感を表す言葉として用いられるようになったのか このことについて、文化庁のサイトでは 「腹を立てている様子」という意味として用いられるようになってきた原因としては,『「憮然」の「ブ」という音が,「ぶうぶう言う」などの「ぶうぶう」(「小言や苦情を言い立てるさま。 ぶつぶつ。 また,その人」(広辞苑 第6版))などを連想させる可能性があることや,また,「ぼんやりとしている様子」としては「呆然」などを使うのが一般的であるために,「憮然」という語「ぼんやりとしている様子」という意味が結び付きにくいことなどがあるかもしれません。 と書かれていました。 なるほど、その音の持つニュアンスが意味に影響するというのは、なんだかわかる気がします。 しかし、それだけではなく、この平成30年度の「国語に関する世論調査」の概要がPDFファイルとなって公開されていたので、さらに他の調査も見てみました。 読書量がじわじわ減っていた 言葉だけでなく、読書に関する調査も行われていました。 読書量が減っていると答えた人が67. 結構な数字です。 電子書籍、漫画、雑誌などを含め、相対的に読書量が年々減少しているのがわかります。 驚いたのは、読書量を増やしたいと思うかという質問に対して「そうは思わない」と「あまりそう思わない」「わからない」人が半数近くいるということです。 もう、読書量を増やしたいとすら思っていないというのが、単純に「読書の時間が取れない」ということなのか「読書に価値を見出さない」ということなのかがわかりません。 「聞いたことがない」を連発する人続出 最近、特に感じていたことなのですが、中学生などと話していると、そんなに多くはないのですが、ときどき何を聞いても「聞いたことがない」「知らない」という子がいるんです。 この調査の中ではいくつかの言葉に関して「使うことがある」「聞いたこ とはあるが使うことはない」「聞いたことがある」「聞いたことがない」のどれにあてはまるかという調査項目もありました。 我々が普段読書をしているのなら、あるいは普通に生活をして会話をしているならどこかで見聞きする言葉でも、20%以上「聞いたことがない」と回答した言葉があります。 これは「聞いたことがない」ということに加え、「聞いたことがあってもそれを記憶する予備知識が不足している」ということがあるのではないかという気がします。 まとめ 言葉は変わっていくものなので、その言葉本来の意味で使われなくなる語があるのは自然な流れだと思います。 どちらかというと、読書量の減少の方が問題なのではないかと思ったのですが、みなさんはどのように思われたでしょうかね。 では、今日はこの辺で。 追記 昨日、Microsoftのexcelは無限ループからいとも簡単に脱したと書いていましたが、それからアプリが開けないことが判明。 サポート窓口に問い合わせることにしました。 カテゴリー: 投稿ナビゲーション.

次の