スマホをいじる 英語。 スマホ5分いじるだけで英語マスター?

英語の勉強をスマホで!すきま時間を使ってで出来る最強学習法!

スマホをいじる 英語

iPhone・Androidなどスマートフォンの登場や人気海外ドラマのネット配信等の影響もあるのか日本で普通に生活していても英語に触れる機会が随分と多くなった。 街も外国人観光客だらけ。 今や当然のように会社や学校でも英語力が求められる時代だ。 そんな英語に対して苦手意識が強い人も多いかもしれない。 ただ、この流れは間違いなく今後も加速していくだろう。 実はわたしも英語が大の苦手だった。。 しかし仕事で英語が必要なこともあって、今まで試行錯誤しながら数多くの英語の勉強法を試しており、その甲斐あってか、今ではTOIECのリスニングでほぼ満点が採れるほど語学力が向上している。 日常の英会話はもちろん、英語の会議でも内容はほぼ聞き取れるようになったし、事前に少しばかり準備をしておけば、会議や面接など緊張する場面でも英語で意見をシッカリ主張できるようになった。 様々な勉強法を試して英語を実用レベルで使えるようになる過程で確信したのは、• 英文法と英単語は必ずフレーズで覚える• 英語を聴く・読む・発音する頻度を上げ実行する を繰り返し行うことが最も重要だということ。 今は昔とは違い少し工夫さえすれば、英語教室や何万円もする高価な英語教材を使わなくても手元にあるiPhoneやAndroidなどのスマホを活用して、常に英語が学べる環境を自分で整えることが可能になっている。 そこで今回は 独学でも短い期間で効果的に英語力を身に付ける勉強法を紹介したいと思う。 もちろん自分で実践して効果を得ている内容だ。 各々の理由で日本に居ながら本気で英語をマスターしたい人は参考にどうぞ。 独学でOK!英語力を身に付ける効果的な勉強法 英語学校や高い英会話スクールに通わなくてもスマートフォンを有効に使うことで、英文法や英単語を覚えながら並行して見たり聞いたりの英語に触れる機会を圧倒的に増やすことができる。 通勤通学などスキマ時間を上手く利用すれば誰でも簡単に勉強時間を得ることができるだろう。 「時間が無い」なんてのは言い訳で、スマホがあればどこでも空いた時間で質の高い勉強ができる。 方法も一度決めたら迷わず集中して実行するのが好ましい。 要は決めたことに対する行動力だ。 勉強法もいたってシンプルで、 英文法と英単語をフレーズで覚える 英語を聴く・読む・発声する頻度を上げて実行 を繰り返す! 実に王道の方法だが、常に持ち歩いているスマホを徹底して使うことで、誰でも効率的に短期間で学習効果が実感できるはずだ。 それでは、早速その方法を具体的に説明していこう。 スマホで効果的に!英文法と英単語を覚える勉強法 スマホを使う最大の利点は 「いつでも即座に英語が聴ける」ということ。 つまり信頼できる音声付きの教材を正しく選択して、それを聴きながら覚えるのが効果的だ。 英文法と英単語を覚えるには、フレーズ(幾つかの単語の集まり)で何を説明しているのか 文脈で意味を理解しながら英文フレーズを繰り返して覚えていくのが効率的で記憶に定着しやすい。 そこで、おすすめできるのが「 」という英単語・熟語帳。 英会話の向上やTOIEC対策にも最適で必ず持っておきたい一冊だと言える。 DUOは、560本の英文の中に2600語の英単語・英熟語が詰め込まれており、よく使われる英語の文法フレーズを覚えながら重要な単語と熟語が一気に頭のなかに流れ込むように覚えることができる凄い単語帳だ。 ここで重要なのは、 も一緒に使うこと。 この音源をiPhoneやAndroidのスマホに入れて何度も聴きながら覚えよう。 直訳では理解が難しい印象的な英文フレーズや熟語が数多く盛り込まれており、何周かするだけで英文法と語彙力が格段に向上する。 とにかく英語学習で大切なのは、繰り返し読んだり聴いたりするこの一点に尽きる。 単語帳に目を通すことができないときでも、スマホで復習用の音声を繰り返し聴くよう心がけよう。 そうすることで必ず英文フレーズと一緒に単語や熟語を効果的に覚えることができる。 英語から長らく離れていたり、再び英文法の基礎固めをしたい人には合わせて「 」もおすすめ。 NHK英会話番組にも出演している大西泰斗氏の著で、イラスト入りで直感的にネイティブの感覚を理解しながら英文法が学べる良書だ。 英文法の書籍なのにベストセラーになった異例の本。 しかも読みやすくわかりやすい。 英語のリスニングはアプリを使って学習効果を上げよう 復習用の音声をスマホで聴くときは、 再生スピードが調整できるアプリをインストールしておくと、さらに短い時間で学習効果を効率的に引き上げることができる。 スマホで音声ファイルの再生スピードを調整するなら、Audipoというアプリがおすすめ。 このAudipoは音声ファイルのスピード調整の他に、トラック上の好きなポイントに印を付けて再生や終了の編集が可能で、印を付けた区間のループ再生(AB再生)もできる語学学習には超心強いアプリ。 iPhone・Androidの両方に対応しているので、音声が遅ければ速く、速ければ遅くして、自分の英語力に合わせながら英語耳の習得を目指そう。 スマホで効果的に!英語を聴く・読む・発声する勉強法 DUOで少しでも英語の語彙力やリスニングに自信がついたら、並行してスマホを使って様々な英語の情報にアクセスしてみよう。 今なら電子書籍も豊富なので場所を選ばずスキマ時間に勉強も可能だ。 紹介するのは学習効果を上げながら楽しんで取り組める内容も多いのでぜひ参考にしてほしい。 英語を聴く 興味深いプレゼンテーションを聴く: 最初に紹介するのはTEDの日本語字幕付きのアプリ。 世界各国の各分野で活躍するトップランナーたちのプレゼンテーションが字幕付きで視聴できる。 知的好奇心を満たしながら英語も勉強でき有意義な時間を過ごせる。 好きな海外ドラマ&洋画を見る: アマゾン会員であれば数多くの海外ドラマや映画が無料で見放題。 個人的にはドラマの「24」をおすすめしたい。 ニュースで流れる一般的な報道関係の英単語や、社内での会話、ITに関する単語など実際によく聞いたり使われたりする生きた英語が詰まっている。 しかもシーズン1からシーズン8まで無料で視聴可能だ!アマゾンプライム会員でない人は を試してみて気に入らなければ解約すれば良い。 オーディオブックを聴く: アマゾンが提供しているAudibleというサービスを利用すると、無数にあるオーディオブックが月定額1500円で聴くことができる。 英語学習のオーディオブックも豊富で一ヶ月の無料体験が可能。 アマゾンプライム会員なら無料体験期間は3ヶ月になるのでお得。 英語を読む 最初は慣れるまで長い英文を読むのは少し辛いかもしれないが、根気よく続ければ英語を習得しながら世界の様々な情報を得ることができるので頑張ろう。 ニュースアプリで英語を読む: ゴシップネタ以外で個人的に信頼している海外の有名ニュースソースはBBCがメイン。 このBBCのアプリを入れておけばいつでも世界の正しい最新情報に触れることができる。 身近で馴染みやすい題材の洋書を読む: 最近読んで面白かったのが、アメリカ人なのに読売新聞社に新卒入社して警察担当記者になったJake Adelstein氏が退社後に書き上げた「 」というノンフィクション。 日本の新聞社で奮闘しながらジャーナリスト職を務めた当人だからこそ語れる日本の会社文化や取材した犯罪について裏話を赤裸々に描写している。 ちなみに長らく日本語訳での出版は拒否されていたのだが、読めばその理由が納得。 現在は日本語版「 」も出版されているが、まずは英語版を読んでほしい。 日本人の感覚では考えつかない興味深い視点で日本の裏事情を英語で学べるおすすめの一冊だ。 比較的やさしい英語で書かれておりTOIECなら700点代あれば問題なく読めるだろう。 日本語で既に読んだ本の英語訳版を読むのもおすすめできる。 村上春樹氏のベストセラー「 、 、海辺のカフカ」など知っている本を英語で読み返すのも良い。 また好きな日本のマンガの英訳版を読むのも効果的な勉強法だと言える。 「」を確認してみよう。 英語学習を続ける上で大事なのは自分の興味がある分野を適度に織り交ぜることだ。 ドラマ・映画・洋書であれば必ず何かしら自分の好きなものが見つかると思う。 スマホであれば少しづつでも時間がある時に読み進めることができる。 どうせなら、楽しみながら続けよう。 英語の発音練習をする 英語を習得する上で発音は日本人が最も苦手とするところだろう。 大きな理由のひとつに日本語の発音で使う音が6つだけなのに対して、英語には40以上の音があるからだと言える。 考え方としては、これらの根本的な違いを最初に理解しておくだけで、正しい英語発音の習得に向けて迷いなく突き進むことができる。 逆に後から矯正するのは相当やっかいになるので、カタカナ英語をただ早口で暗唱するような間違った発音練習をしないよう気をつけたい。 発音に関する書籍は数多くあるが、英語の発音ができるようになるには「 」の一冊があれば十分。 フォニックス Phonics とは英語圏の子供が学ぶ「つづりと音」のルールのこと。 この本の優れている点は、日本人が苦手な英語の発音を確実に向上させながら、同時に英単語のつづりのルールも身に付き、初めて見る単語でも正しく発音できるようになるところだ。 実際に日本語の母音 a, i, u, e, o(アイウエオ)が正しく英語発音できるようになるだけで格段にネイティブ発音に近づくことには驚く。 ネイティブの音声CDが付いているので、スマホに入れて繰り返し音読トレーニングしよう。 日本人にはあまり馴染みのないフォニックスだが、その効果は絶大だ。 そして、正しい英語の発音方法を学びながら同時に英語のフレーズも音読しながら覚えてみよう。 英語は日本語と違い単語の並び順で意味がガラッと変わる言語なので、数ある決まったフレーズを覚えておくのは重要。 わたし自身フレーズを数多く覚えることで英会話力が飛躍的に向上し、気軽な日常会話から会議などの緊張する場面でも自信を持って英語で主張できるようになった。 特にフレーズは覚えるほど、とっさの応用が効くようになる。 とにかく数をこなし聴いて発声し、刷り込むように進めよう。 おすすめは使えるフレーズ数が多い「 」や「 」のCD付きから始めて、音源をスマホで常に持ち歩きながら時間があるときに繰り返し聴くと良い。 発音に自信のある人は、気に入ったフレーズ集を見つけて音読しながら読んでいけば、さらに楽しみながら勉強できる。 海外ドラマが好きなら「 」など面白い。 「 」も知っておきたい興味深い内容だ。 英語の発音で特に大事なのは、なるべく早い段階で正しい発音のクセを付けておくことだろう。 学習時間をムダにしない為にも英語の発音に自信が無い人はフォニックスで早めに修正しておきたい。 これらを正しく取り組めば、誰でも英語フレーズを覚えながら早口だけの通じないカタカナ英語から必ず卒業できる。 特にフレーズはやり込むほど英語が流暢になるので、根気強く取り組むべし。 スマホを使って発音をチェック 少し変則的な使い方だがスマホで簡単に自分の英語が正しく発音できているか確認することができる。 iPhoneならSiriの言語を英語に変更して覚えた英文フレーズを話しかけてみよう。 AndroidならGoogleの音声検索を英語に変更すれば英語での音声入力を認識するようになる。 Siri・Googleどちらも英語の音声を精度高く認識することができるので、ある程度学習が進んだら正しく発音できているか確認してみよう。 スマホで英会話に挑戦する 学習の過程で実際の英語力を試してみたくなると思う。 ただ、正しい英語を話す外国人と話す機会はそうないのが現状だろう。 何とかしてネイティブスピーカーの友人を探すのも手だが、そう簡単に出会える訳もなく、そもそも英語目的の友人というのも相手に失礼だ。 しかしながら、英会話の練習は英語をマスターする上で欠かせない。。 そこで、 英会話の機会を確実に得るため、お互いの目的意識がしっかりしているスマホを使う英会話サービスを積極的に利用したい。 相手が英会話講師なら余計な心配をせずに安心して取り組める。 簡単な日常英会話から始めて、覚えたフレーズを試してみるのもよし。 ビジネス英会話や面接の練習をするのもよし。 海外旅行の前に少し練習するだけでも、英語に対して大きな自信が付いて現地での楽しみ方も違ってくる。 幸運なことに今の時代はスマホのアプリを使って信じられないぐらいお手軽に英会話が始められる。 まずオススメなのが、大手で運営体制もシッカリしている「 」だ。 オンライン英会話のサービス評価も高く、嬉しい無料体験レッスンもある。 無料で試してみて内容に納得いかなければ費用も一切かからない。 次に手軽で始めやすいのが、レアジョブという英会話アプリ。 いつでもどこでも好きな時に英会話 50分の英会話体験レッスンが受講できる 日常〜ビジネス英会話まで幅広くカバー 英語学習をサポートする情報が満載 TOEIC 対策にもバッチリ! アプリ自体は無料で英会話Tipsや有名講師による英語学習に関する解説など、レッスンを受けなくても英語学習をサポートする情報が満載なのでインストールしておけば良いだろう。 しかも、50分の英会話体験レッスンが受講できるので、安心してサービスの事を知ることができる。 もし仮に気に入ってレッスンを定期的に受講しても、25分のレッスンが129円〜からと一昔前だと信じられないぐらい破格。 スマホの英会話アプリなら、普段から英語の教材としても使えるし、実際の英会話レッスンも自分のペースに合わせて問題なく続けられるだろう。 しかも英会話教室に通うのと比べ何倍もの費用が抑えられる。 何でもそうだが、有意義なチャンスを見つけたら恥ずかしがらずに挑んでみよう。 特に英会話の上達に限っては、英語を話す環境を得ることが大きな一歩となる。 ファイト! まとめ 昔と違い今はスマートフォンを上手に活用することで、誰でも年齢に関係なく最小限の投資で効率的かつ効果的に英語を学ぶことができる。 紹介の教材も費用対効果が高く信頼できるものを厳選した。 何度も述べたが英語の学習で最も重要なのは数多く繰り返して覚えるに尽きる。 そうすることで、記憶が定着し瞬発力のある筋金入りの英語力を身につけることができるからだ。 いつも持ち歩いているスマホをフル活用して「繰り返し覚える」を実践し習慣化してみよう。 本当に英語が習得したいのであれば自ら行動することで自分の望む語学レベルに必ず到達できるはずだ。 Good luck! 英語を基礎から学べるサイト3選! 基礎から英文法を学びたい・やり直したい人が参考にできるサイトをまとめました。 どのサイトも英文法の基本からわかり易く順を追って勉強を進めていくことができます。 ぜひ自分が気に入ったページで勉強してみてください。 1.スタディサプリ英単語 スタディサプリは、リクルート提供のスマホ・PCでいつでもどこでもできる英語学習サービスです。 基礎から学べ、英語力の向上はもちろんのことTOEICのスコアアップにも役立ちます。 2.基礎英文法のやり直し講座 英語教材のオタクを自称する方が作ったサイトで英文法に関する内容が豊富。 自身が使ってきた参考書の説明もあるのでおすすめの勉強法なども参考になります。 3.ちょいデブ親父の英文法 英文法を例文や口語表現とともにわかりやすく解説。 大学受験レベルまでの英語が幅広く勉強できるサイト。 キャンペーン情報:無料で5,000円プレゼント スタディサプリのTOEICコースでは、Amazonギフト券5000円分の無料キャンペーン中。 実質0円で英語学習可能ですので、この機会にどうぞ!.

次の

スマホの画面が割れている、って英語でなんて言うの?

スマホをいじる 英語

iPhone・Androidなどスマートフォンの登場や人気海外ドラマのネット配信等の影響もあるのか日本で普通に生活していても英語に触れる機会が随分と多くなった。 街も外国人観光客だらけ。 今や当然のように会社や学校でも英語力が求められる時代だ。 そんな英語に対して苦手意識が強い人も多いかもしれない。 ただ、この流れは間違いなく今後も加速していくだろう。 実はわたしも英語が大の苦手だった。。 しかし仕事で英語が必要なこともあって、今まで試行錯誤しながら数多くの英語の勉強法を試しており、その甲斐あってか、今ではTOIECのリスニングでほぼ満点が採れるほど語学力が向上している。 日常の英会話はもちろん、英語の会議でも内容はほぼ聞き取れるようになったし、事前に少しばかり準備をしておけば、会議や面接など緊張する場面でも英語で意見をシッカリ主張できるようになった。 様々な勉強法を試して英語を実用レベルで使えるようになる過程で確信したのは、• 英文法と英単語は必ずフレーズで覚える• 英語を聴く・読む・発音する頻度を上げ実行する を繰り返し行うことが最も重要だということ。 今は昔とは違い少し工夫さえすれば、英語教室や何万円もする高価な英語教材を使わなくても手元にあるiPhoneやAndroidなどのスマホを活用して、常に英語が学べる環境を自分で整えることが可能になっている。 そこで今回は 独学でも短い期間で効果的に英語力を身に付ける勉強法を紹介したいと思う。 もちろん自分で実践して効果を得ている内容だ。 各々の理由で日本に居ながら本気で英語をマスターしたい人は参考にどうぞ。 独学でOK!英語力を身に付ける効果的な勉強法 英語学校や高い英会話スクールに通わなくてもスマートフォンを有効に使うことで、英文法や英単語を覚えながら並行して見たり聞いたりの英語に触れる機会を圧倒的に増やすことができる。 通勤通学などスキマ時間を上手く利用すれば誰でも簡単に勉強時間を得ることができるだろう。 「時間が無い」なんてのは言い訳で、スマホがあればどこでも空いた時間で質の高い勉強ができる。 方法も一度決めたら迷わず集中して実行するのが好ましい。 要は決めたことに対する行動力だ。 勉強法もいたってシンプルで、 英文法と英単語をフレーズで覚える 英語を聴く・読む・発声する頻度を上げて実行 を繰り返す! 実に王道の方法だが、常に持ち歩いているスマホを徹底して使うことで、誰でも効率的に短期間で学習効果が実感できるはずだ。 それでは、早速その方法を具体的に説明していこう。 スマホで効果的に!英文法と英単語を覚える勉強法 スマホを使う最大の利点は 「いつでも即座に英語が聴ける」ということ。 つまり信頼できる音声付きの教材を正しく選択して、それを聴きながら覚えるのが効果的だ。 英文法と英単語を覚えるには、フレーズ(幾つかの単語の集まり)で何を説明しているのか 文脈で意味を理解しながら英文フレーズを繰り返して覚えていくのが効率的で記憶に定着しやすい。 そこで、おすすめできるのが「 」という英単語・熟語帳。 英会話の向上やTOIEC対策にも最適で必ず持っておきたい一冊だと言える。 DUOは、560本の英文の中に2600語の英単語・英熟語が詰め込まれており、よく使われる英語の文法フレーズを覚えながら重要な単語と熟語が一気に頭のなかに流れ込むように覚えることができる凄い単語帳だ。 ここで重要なのは、 も一緒に使うこと。 この音源をiPhoneやAndroidのスマホに入れて何度も聴きながら覚えよう。 直訳では理解が難しい印象的な英文フレーズや熟語が数多く盛り込まれており、何周かするだけで英文法と語彙力が格段に向上する。 とにかく英語学習で大切なのは、繰り返し読んだり聴いたりするこの一点に尽きる。 単語帳に目を通すことができないときでも、スマホで復習用の音声を繰り返し聴くよう心がけよう。 そうすることで必ず英文フレーズと一緒に単語や熟語を効果的に覚えることができる。 英語から長らく離れていたり、再び英文法の基礎固めをしたい人には合わせて「 」もおすすめ。 NHK英会話番組にも出演している大西泰斗氏の著で、イラスト入りで直感的にネイティブの感覚を理解しながら英文法が学べる良書だ。 英文法の書籍なのにベストセラーになった異例の本。 しかも読みやすくわかりやすい。 英語のリスニングはアプリを使って学習効果を上げよう 復習用の音声をスマホで聴くときは、 再生スピードが調整できるアプリをインストールしておくと、さらに短い時間で学習効果を効率的に引き上げることができる。 スマホで音声ファイルの再生スピードを調整するなら、Audipoというアプリがおすすめ。 このAudipoは音声ファイルのスピード調整の他に、トラック上の好きなポイントに印を付けて再生や終了の編集が可能で、印を付けた区間のループ再生(AB再生)もできる語学学習には超心強いアプリ。 iPhone・Androidの両方に対応しているので、音声が遅ければ速く、速ければ遅くして、自分の英語力に合わせながら英語耳の習得を目指そう。 スマホで効果的に!英語を聴く・読む・発声する勉強法 DUOで少しでも英語の語彙力やリスニングに自信がついたら、並行してスマホを使って様々な英語の情報にアクセスしてみよう。 今なら電子書籍も豊富なので場所を選ばずスキマ時間に勉強も可能だ。 紹介するのは学習効果を上げながら楽しんで取り組める内容も多いのでぜひ参考にしてほしい。 英語を聴く 興味深いプレゼンテーションを聴く: 最初に紹介するのはTEDの日本語字幕付きのアプリ。 世界各国の各分野で活躍するトップランナーたちのプレゼンテーションが字幕付きで視聴できる。 知的好奇心を満たしながら英語も勉強でき有意義な時間を過ごせる。 好きな海外ドラマ&洋画を見る: アマゾン会員であれば数多くの海外ドラマや映画が無料で見放題。 個人的にはドラマの「24」をおすすめしたい。 ニュースで流れる一般的な報道関係の英単語や、社内での会話、ITに関する単語など実際によく聞いたり使われたりする生きた英語が詰まっている。 しかもシーズン1からシーズン8まで無料で視聴可能だ!アマゾンプライム会員でない人は を試してみて気に入らなければ解約すれば良い。 オーディオブックを聴く: アマゾンが提供しているAudibleというサービスを利用すると、無数にあるオーディオブックが月定額1500円で聴くことができる。 英語学習のオーディオブックも豊富で一ヶ月の無料体験が可能。 アマゾンプライム会員なら無料体験期間は3ヶ月になるのでお得。 英語を読む 最初は慣れるまで長い英文を読むのは少し辛いかもしれないが、根気よく続ければ英語を習得しながら世界の様々な情報を得ることができるので頑張ろう。 ニュースアプリで英語を読む: ゴシップネタ以外で個人的に信頼している海外の有名ニュースソースはBBCがメイン。 このBBCのアプリを入れておけばいつでも世界の正しい最新情報に触れることができる。 身近で馴染みやすい題材の洋書を読む: 最近読んで面白かったのが、アメリカ人なのに読売新聞社に新卒入社して警察担当記者になったJake Adelstein氏が退社後に書き上げた「 」というノンフィクション。 日本の新聞社で奮闘しながらジャーナリスト職を務めた当人だからこそ語れる日本の会社文化や取材した犯罪について裏話を赤裸々に描写している。 ちなみに長らく日本語訳での出版は拒否されていたのだが、読めばその理由が納得。 現在は日本語版「 」も出版されているが、まずは英語版を読んでほしい。 日本人の感覚では考えつかない興味深い視点で日本の裏事情を英語で学べるおすすめの一冊だ。 比較的やさしい英語で書かれておりTOIECなら700点代あれば問題なく読めるだろう。 日本語で既に読んだ本の英語訳版を読むのもおすすめできる。 村上春樹氏のベストセラー「 、 、海辺のカフカ」など知っている本を英語で読み返すのも良い。 また好きな日本のマンガの英訳版を読むのも効果的な勉強法だと言える。 「」を確認してみよう。 英語学習を続ける上で大事なのは自分の興味がある分野を適度に織り交ぜることだ。 ドラマ・映画・洋書であれば必ず何かしら自分の好きなものが見つかると思う。 スマホであれば少しづつでも時間がある時に読み進めることができる。 どうせなら、楽しみながら続けよう。 英語の発音練習をする 英語を習得する上で発音は日本人が最も苦手とするところだろう。 大きな理由のひとつに日本語の発音で使う音が6つだけなのに対して、英語には40以上の音があるからだと言える。 考え方としては、これらの根本的な違いを最初に理解しておくだけで、正しい英語発音の習得に向けて迷いなく突き進むことができる。 逆に後から矯正するのは相当やっかいになるので、カタカナ英語をただ早口で暗唱するような間違った発音練習をしないよう気をつけたい。 発音に関する書籍は数多くあるが、英語の発音ができるようになるには「 」の一冊があれば十分。 フォニックス Phonics とは英語圏の子供が学ぶ「つづりと音」のルールのこと。 この本の優れている点は、日本人が苦手な英語の発音を確実に向上させながら、同時に英単語のつづりのルールも身に付き、初めて見る単語でも正しく発音できるようになるところだ。 実際に日本語の母音 a, i, u, e, o(アイウエオ)が正しく英語発音できるようになるだけで格段にネイティブ発音に近づくことには驚く。 ネイティブの音声CDが付いているので、スマホに入れて繰り返し音読トレーニングしよう。 日本人にはあまり馴染みのないフォニックスだが、その効果は絶大だ。 そして、正しい英語の発音方法を学びながら同時に英語のフレーズも音読しながら覚えてみよう。 英語は日本語と違い単語の並び順で意味がガラッと変わる言語なので、数ある決まったフレーズを覚えておくのは重要。 わたし自身フレーズを数多く覚えることで英会話力が飛躍的に向上し、気軽な日常会話から会議などの緊張する場面でも自信を持って英語で主張できるようになった。 特にフレーズは覚えるほど、とっさの応用が効くようになる。 とにかく数をこなし聴いて発声し、刷り込むように進めよう。 おすすめは使えるフレーズ数が多い「 」や「 」のCD付きから始めて、音源をスマホで常に持ち歩きながら時間があるときに繰り返し聴くと良い。 発音に自信のある人は、気に入ったフレーズ集を見つけて音読しながら読んでいけば、さらに楽しみながら勉強できる。 海外ドラマが好きなら「 」など面白い。 「 」も知っておきたい興味深い内容だ。 英語の発音で特に大事なのは、なるべく早い段階で正しい発音のクセを付けておくことだろう。 学習時間をムダにしない為にも英語の発音に自信が無い人はフォニックスで早めに修正しておきたい。 これらを正しく取り組めば、誰でも英語フレーズを覚えながら早口だけの通じないカタカナ英語から必ず卒業できる。 特にフレーズはやり込むほど英語が流暢になるので、根気強く取り組むべし。 スマホを使って発音をチェック 少し変則的な使い方だがスマホで簡単に自分の英語が正しく発音できているか確認することができる。 iPhoneならSiriの言語を英語に変更して覚えた英文フレーズを話しかけてみよう。 AndroidならGoogleの音声検索を英語に変更すれば英語での音声入力を認識するようになる。 Siri・Googleどちらも英語の音声を精度高く認識することができるので、ある程度学習が進んだら正しく発音できているか確認してみよう。 スマホで英会話に挑戦する 学習の過程で実際の英語力を試してみたくなると思う。 ただ、正しい英語を話す外国人と話す機会はそうないのが現状だろう。 何とかしてネイティブスピーカーの友人を探すのも手だが、そう簡単に出会える訳もなく、そもそも英語目的の友人というのも相手に失礼だ。 しかしながら、英会話の練習は英語をマスターする上で欠かせない。。 そこで、 英会話の機会を確実に得るため、お互いの目的意識がしっかりしているスマホを使う英会話サービスを積極的に利用したい。 相手が英会話講師なら余計な心配をせずに安心して取り組める。 簡単な日常英会話から始めて、覚えたフレーズを試してみるのもよし。 ビジネス英会話や面接の練習をするのもよし。 海外旅行の前に少し練習するだけでも、英語に対して大きな自信が付いて現地での楽しみ方も違ってくる。 幸運なことに今の時代はスマホのアプリを使って信じられないぐらいお手軽に英会話が始められる。 まずオススメなのが、大手で運営体制もシッカリしている「 」だ。 オンライン英会話のサービス評価も高く、嬉しい無料体験レッスンもある。 無料で試してみて内容に納得いかなければ費用も一切かからない。 次に手軽で始めやすいのが、レアジョブという英会話アプリ。 いつでもどこでも好きな時に英会話 50分の英会話体験レッスンが受講できる 日常〜ビジネス英会話まで幅広くカバー 英語学習をサポートする情報が満載 TOEIC 対策にもバッチリ! アプリ自体は無料で英会話Tipsや有名講師による英語学習に関する解説など、レッスンを受けなくても英語学習をサポートする情報が満載なのでインストールしておけば良いだろう。 しかも、50分の英会話体験レッスンが受講できるので、安心してサービスの事を知ることができる。 もし仮に気に入ってレッスンを定期的に受講しても、25分のレッスンが129円〜からと一昔前だと信じられないぐらい破格。 スマホの英会話アプリなら、普段から英語の教材としても使えるし、実際の英会話レッスンも自分のペースに合わせて問題なく続けられるだろう。 しかも英会話教室に通うのと比べ何倍もの費用が抑えられる。 何でもそうだが、有意義なチャンスを見つけたら恥ずかしがらずに挑んでみよう。 特に英会話の上達に限っては、英語を話す環境を得ることが大きな一歩となる。 ファイト! まとめ 昔と違い今はスマートフォンを上手に活用することで、誰でも年齢に関係なく最小限の投資で効率的かつ効果的に英語を学ぶことができる。 紹介の教材も費用対効果が高く信頼できるものを厳選した。 何度も述べたが英語の学習で最も重要なのは数多く繰り返して覚えるに尽きる。 そうすることで、記憶が定着し瞬発力のある筋金入りの英語力を身につけることができるからだ。 いつも持ち歩いているスマホをフル活用して「繰り返し覚える」を実践し習慣化してみよう。 本当に英語が習得したいのであれば自ら行動することで自分の望む語学レベルに必ず到達できるはずだ。 Good luck! 英語を基礎から学べるサイト3選! 基礎から英文法を学びたい・やり直したい人が参考にできるサイトをまとめました。 どのサイトも英文法の基本からわかり易く順を追って勉強を進めていくことができます。 ぜひ自分が気に入ったページで勉強してみてください。 1.スタディサプリ英単語 スタディサプリは、リクルート提供のスマホ・PCでいつでもどこでもできる英語学習サービスです。 基礎から学べ、英語力の向上はもちろんのことTOEICのスコアアップにも役立ちます。 2.基礎英文法のやり直し講座 英語教材のオタクを自称する方が作ったサイトで英文法に関する内容が豊富。 自身が使ってきた参考書の説明もあるのでおすすめの勉強法なども参考になります。 3.ちょいデブ親父の英文法 英文法を例文や口語表現とともにわかりやすく解説。 大学受験レベルまでの英語が幅広く勉強できるサイト。 キャンペーン情報:無料で5,000円プレゼント スタディサプリのTOEICコースでは、Amazonギフト券5000円分の無料キャンペーン中。 実質0円で英語学習可能ですので、この機会にどうぞ!.

次の

四六時中スマホいじってるねって英語でなんて言うの?

スマホをいじる 英語

目次 太字はジャンプできます)• スマホで出来る英語学習とは? スマホは万能デバイス スマートフォンは「読む」「聞く」「書く」「見る」「録音できる」 なんでも一つで出来てしまう万能デバイスです。 スマーフォンをインターネットに繋げば、世界は無限に広がります! インターネットは語学教材の宝庫 ご存じのように、インターネットは日本語だけでなく、英語、中国語、フランス語、ほぼ全ての言語の情報が存在します。 特に英語は多くの利用者がいる為、膨大な情報がインターネット上に存在します。 昔は、英語の媒体を手に入れる為に、本や、CD、DVDを買っていましたが、これからは全てがインターネット上で手に入ります。 間違った英語もたくさん公開されている 注意しなくてはいけない点が、インターネットの情報には間違った情報が多いという事です。 情報自体の誤りもありますが、文法が間違っている場合もあります。 特に、英語ネイティブでない人が、英語で情報を書き、公開している場合もありますので、「誰がその情報を書いているか?」が、 正しい英語を学びたい学習者にとっては重要なポイントです。 正しい情報源から正しい英語を学びましょう! インターネット上で公開されている情報は無料で閲覧ができる半面、活用方法は、利用者の責任となります。 英語学習であれば、情報元が確認できる、出来るだけ情報の質が高いものを意識的に選らぶよう心掛けましょう。 インターネットでの文章は誤字、脱字、文法ミスがいっぱいです! 安心して勉強に利用できるメディアを探しましょう! 次に管理者おすすめのメディアを英語学習の目的別に紹介します。 スマホで出来る英語学習:リーディング インターネットは文字情報の宝庫です! 個人の書いているブログですと、文法のミスがある可能性がありますので、下記のようなものを教材にすると良いです。 ニュースサイトの記事を読む• 出版されているものを読む• 英語の学習用サイトの記事を読む 一つ一つ説明します。 ニュースサイトを読む! BBCや、CNN等のサイトからニュース記事を読むことが出来ます。 当然、ニュース記事なので、難しい単語等がでてきますが、スマホがあればそのまま英語検索できますので、 とても楽ですね。 ちゃんとした記者が書いているはずですので、文章の間違い等は心配しなくても大丈夫です。 おすすめのニュースサイトを少し記載します。 上記が難しいようであれば、子供向きに簡単に書かれたニュースサイトがあります。 出版されているものを電子書籍として読む 出版社から出版されている本は校正を経て世にだされますので、品質の面で安心感がありますので、非常に良い学習素材になります。 出版物をスマホで読むのなら、Kindleなどがおすすめですね! 読み切れないほどの教材が手に入りますね! 3. スマホで出来る英語学習:リスニング リスニング教材もインターネット上で膨大に見つけられます。 管理者のおすすめは下記です。 ポッドキャストを利用する• Youtubeを聞く• オーディオブックを利用する• 動画サービスを利用する おすすめを紹介します。 ポッドキャストを利用する ポッドキャストも、ブログサイトと同じく、誰でも作成できるメディアです。 ポッドキャストによってはだらだら話しているだけのものもあったりして、教材になる良いものを探すのは結構大変ですが、 自分に合うものを見つけた時の喜びは大きいです。

次の