クラブ ユース 全国 大会。 商工中金全国ユース会

静岡県高校サッカー情報

クラブ ユース 全国 大会

委員長 挨拶 小林 道徳 九州クラブユースサッカー連盟は、九州内のU-18(高校生年代)とU-15 中学生年代 のクラブチームにて構成され、一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟に加盟しています。 主な活動は、U-18・U-15全国大会の予選である九州選手権を始め、U-17・U-14・U-13大会を実施しています。 又、クラブ運営や指導者育成の講習会等を実施し、クラブチームの普及と育成に取り組んでいる団体です。 連盟のスタートは、1985年に、福岡県の10チームがクラブジュニアユース(U-15)チームとして「日本クラブジュニアユースサッカー連盟」に加盟登録し、その後、長崎県、佐賀県、鹿児島県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県へと順次チームが結成され、連盟発足から18年目の2003年に九州全県にクラブチームが発足しました。 ユース(U-18)チームは、福岡県において1988年(昭和63年)に最初のチームが結成され、それから順に他県でも結成されていきました。 しかし、「U-15」の加盟登録のように増加する事は無く、地域ユースクラブの運営の厳しさが大きな課題でありますが、Jクラブの下部組織としてのユースチームが定着しています。 2007年度までは「U-15」の「九州クラブジュニアユースサッカー連盟」と、「U-18」の「九州クラブユースサッカー連盟」の2つの連盟に分かれて各々が活動を行ってきましたが、九州サッカー協会での位置付けが1つのクラブ組織とするように指導され、また日本クラブユースサッカー連盟の各地域も2つの連盟が統合された組織となっていました。 2008年度から組織を統合し新たな組織として「九州クラブユースサッカー連盟」がスタートし、加盟チーム数の増加によりこれまでの運営体制を見直し、会長・副会長職等の役職を設け、会議も執行機関の理事会と決議機関の評議員会を組織し、開かれたクラブ連盟を目指して活動しています。 2011年度の九州クラブユースサッカー連盟登録チームは、「U-15」は152チーム、「U-18」は8チームが登録し活動しています。 今後、九州サッカー協会の2種・3種の大会において、クラブチームが出場する割合が増え、当クラブ連盟も積極的に運営協力をしていく体制が求められており、クラブ連盟としての役割を十分に果す時期にきていると思います。 名 簿(2016・2017年度 九州クラブユースサッカー連盟役員) 役 職 氏 名 所 属 会 長 小林 道徳(長崎県) 特定非営利活動法人 Handshake させぼ(佐世保 FC )、 長崎県クラブユースサッカ連盟会長 副会長 藤家 澄夫(熊本県) 一般社団法人 九州サッカー協会顧問 理事長 平山 勇(福岡県) NPO法人 Club Grass Roots 北筑後 Turkey、 一般社団法人 九州サッカー協会理事、 一般社団法人 九州サッカー協会2種委員会委員、 一般社団法人 九州サッカー協会3種委員会副委員長、 一般財団法人 日本クラブユースサッカー連盟理事 副理事長 (U-18担当) 兼事務局長 丸山 和毅(福岡県) 特定非営利活動法人 西南フットボールクラブU-18、 一般社団法人 九州サッカー協会2種委員会委員、 一般財団法人 日本クラブユースサッカー連盟評議員 副理事長(U-15担当) 河原 忠明(佐賀県) VALENTIA、 一般財団法人 日本クラブユースサッカー連盟評議員、 一般社団法人 九州サッカー協会3種委員会委員 理 事 渡邉 透(福岡県) 特定非営利活動法人 春日イーグルス 理 事 川内 満 (長崎県) キックス フットボールクラブ、 日本クラブユースサッカー連盟評議員 理 事 原 弘明(熊本県) FCK MARRY GOLD KUMAMOTO、 日本クラブユースサッカー連盟評議員 理 事 二宮 慎太郎(大分県) NPO法人 大分スポーツクラブ&カルチャークラブ 理 事 曻 浩幸(宮崎県) 旭スポーツFCジュニアユース 理 事 久永 辰徳(鹿児島県) FCアラーラ鹿児島 理 事 山下 俊郎(沖縄県) EACフットボールクラブ 理事(U-18) 松山 周平(熊本県) ロアッソ熊本 理事(学識) 佐藤 考範(大分県) NPO法人 カティオーラ、 一般社団法人 九州サッカー協会3種委員会事務局長 理事(Jリーグ) 神川 基(大分県) 大分トリニータU-18 監 事 中山 貴夫(熊本県) ブレイズ熊本 監 事 椎木 邦弘(大分県) 大分県クラブユースサッカー連盟顧問 事務局員 白濱 敬悟(福岡県) 特定非営利活動法人 西南フットボールクラブ 試合結果・組合せ表等 PDF形式 クラブユース試合結果・組合せ表等をご覧いただくには、【ADOBE READER】が必要です。 お持ちでない方は下のリンクよりダウンロードが可能です。

次の

東京都クラブユースサッカー連盟 of 東京都クラブユースサッカー連盟

クラブ ユース 全国 大会

第 42 回 日本クラブユースサッカー選手権( U-18 )大会 大 会 要 項 1 主 旨 公益財団法人日本サッカー協会及び一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟は、日本の将来を担うユース年代選手のサッカー技術の向上と健全な心身の育成を図るとともに、クラブチームの普及と発展を目的とし、連盟第 2 種加盟登録チームの全てが参加できる大会として実施する。 1)出場選手は他のクラブチーム及び高等学校サッカー部などに二重登録されていないこと。 2) 2000(平成 12)年 4 月 2 日以降の出生者を対象とする。 3)出場チームは、 15 名以上の選手でチーム構成され、うち 11 名以上は日本サッカー協会第 2 種加盟登録選手であり、なお且つ 2000 年 4 月 2 日から 2003年 4 月 1 日までの出生者を対象とする。 4)出場チームの同一下部組織第 3 種(日本サッカー協会クラブ申請済みクラブなお且つ日本クラブユースサッカー連盟に 2018 年 5 月 11 日までに加盟登録したクラブ)登録選手に限り、種別変更(移籍)せず第 3 種登録選手のままの出場を認める。 但し、同一下部組織第 3 種登録チームを複数所有しているチームの選手登用は、いずれかの 1 チームからに限定するものとする。 また、同じクラブ内の同じ年代の女子登録している選手も移籍を行うことなく出場することを認める。 5) 各チームの登録選手は、 原則として JFA 発行の選手証を持参しなければならない。 ただし、写真貼付により、顔の認識ができるものであること。 6)予選から本大会に至るまでに、一つのチームで大会メンバー登録した選手は、異なるチームへ移籍後再び大会メンバー登録することはできない。 なお都道府県内の大会で予選名が付されていない場合であっても、その大会が実質的に予選を兼ねている場合は、その大会は予選と同じ扱いとなり上記を適用する。 11 表 彰 優勝チームには優勝杯(日本サッカー協会杯・日本クラブユースサッカー連盟杯)を授与し、次回までこれを保持せしめる。 優勝以下第 3 位までに表彰状並びにメダルを授与する。 12 得 点 王 本大会において最多得点を挙げた選手を表彰する。 13 フェアプレー賞 本大会において、フェアプレー精神の育成・向上のために選考基準に従いフェアプレー賞を選考する。 フェアプレー賞はチーム単位とし、ベスト 4 に進出したチームの中から選考する。 表彰はトロフィー及び副賞を授与する。

次の

関西クラブユースサッカー連盟

クラブ ユース 全国 大会

関西 8• 中国 3• 四国 2• 九州 6 予選リーグ [ ]• 48チームを4チームずつ12組に分けて1回戦総当り方式でリーグ戦を行い、各組第2位までの24チームと各組第3位の中から成績上位8チームの32チームが決勝トーナメントに進む。 試合は80分(40分ハーフ)。 延長戦は行わない。 勝ち点は勝ち3、引き分け双方に1、負け0とし、同点の場合得失点差、総得点、当該チームの対戦成績、抽選により決定する。 決勝トーナメント [ ]• 32チームのトーナメント戦で行われる。 試合は80分(40分ハーフ)。 同点の場合20分(10分ハーフ)の延長戦(方式ではない)、更に同点の場合はとする。 3位決定戦はしないので、準決勝敗戦2チームは自動的に3位となる。 結果 [ ] 回 年度 優勝 結果 準優勝 3位 1 - 0 チーム別成績 [ ] チーム名 優 準 優勝年度 準優勝年度 6 4 1995,1996,1997,2010,2011,2016 1998,1999,2006,2014 6 3 1986,1988,1989,1990,1991,2004 1995,2002,2007 5 2 1992,1993,2000,2013,2015 1997,2005 2 2 1999,2007 2000,2009 2 0 2001,2005 2 0 2017,2019 1 3 2012 2004,2008,2011 1 2 2006 1990,1991 1 2 1998 1993,1994 1 2 2009 1987,2012 1 2 2003 2001,2013 1 1 1994 1996 1 1 2002 2017 1 0 1987 1 0 2008 1 0 2014 1 0 2018 0 2 1988,1989 0 2 2018,2019 0 1 1986 0 1 1992 0 1 2003 0 1 2010 0 1 2015 0 1 2016 個人賞 [ ] 回 年度 MVP MIP 得点王 浦和レッズジュニアユース 林佑樹 FC東京U-15 (FC東京U-15) 河上徹(ジェフ市原ジュニアユース舞浜) (ヴェルディジュニアユース) (ガンバ大阪ジュニアユース) 田仲智紀(浦和レッズジュニアユース) (横浜F・マリノスジュニアユース) (横浜F・マリノスジュニアユース) 中田航平(横浜F・マリノスジュニアユース追浜) 畑直樹(清水エスパルスジュニアユース) (ガンバ大阪ジュニアユース) (京都サンガジュニアユース) (東京ヴェルディ1969ジュニアユース) 宮吉拓実(京都サンガジュニアユース) (名古屋グランパスU-15) 小谷光毅(ガンバ大阪ジュニアユース) 小谷光毅(ガンバ大阪ジュニアユース) (ヴィッセル神戸ジュニアユース) 森口亮(京都サンガF. U-15) (セレッソ大阪U-15) 鈴木聖矢(清水エスパルスジュニアユース) (ジュビロ磐田ジュニアユース) (コンサドーレ札幌U-15) (横浜F・マリノスジュニアユース追浜) 海野智貴(清水エスパルスジュニアユース) (清水エスパルスジュニアユース) (ガンバ大阪ジュニアユース) 北川航也(清水エスパルスジュニアユース) 高木彰人(ガンバ大阪ジュニアユース) 松原啓介(ヴィッセル神戸U-15) 宮森祐希(ガンバ大阪ジュニアユース) 西田優太(横浜F・マリノスジュニアユース) (FC東京U-15深川) (柏レイソルU-15) (ガンバ大阪ジュニアユース) (鹿島アントラーズジュニアユース) 吉田峻(清水エスパルスジュニアユース) 鈴木魁人(清水エスパルスジュニアユース) 中丸流佳(横浜F・マリノスジュニアユース) 竹浪良威(FC東京U-15むさし) 棚橋尭士(横浜F・マリノスジュニアユース) 青島太一(清水エスパルスジュニアユース) 廣岡睦樹(JFAアカデミー福島U15) 宮城天(川崎フロンターレU-15) 佐藤聡史 (サガン鳥栖U-15) 田村蒼生(柏レイソルU-15) 田中禅(サガン鳥栖U-15) 佐藤聡史(サガン鳥栖U-15) 堀井真海(浦和レッズジュニアユース) 津久井匠海(クマガヤサッカースポーツクラブ) 棚田遼 (サンフレッチェ広島ジュニアユース) 西村昴(セレッソ大阪U-15) 水谷優佑(千里丘FC) 鬼木健太 (サガン鳥栖U-15) 藤田崇弘(セレッソ大阪U-15) 池田怜央() デベロップカップ [ ] 日本クラブユースサッカー選手権 U-15 大会に出場できなかったチームが参加し、より同大会とほぼ同時期にで開催されることになった。 同大会のMVPとMIPは下記の クラブユース東西対抗戦に出場する。 2012年大会の地域別参加チームは以下の通りである。 関西 2• 中国 2• 四国 1• 九州 2 以上16チーム 結果 [ ] 回 年度 優勝 結果 準優勝 1 4 - 2 2 4 - 1 宇治FCジュニアユース 3 6 - 0 4 6 - 2 個人賞 [ ] 年度 MVP MIP 得点王 新堀真也(ジェフユナイテッド千葉U-15) (ロアッソ熊本ジュニアユース) 新堀真也(ジェフユナイテッド千葉U-15) 遠山拓民(ヴァンフォーレ甲府U-15) 千葉涼介(宇治FCジュニアユース) 遠山拓民(ヴァンフォーレ甲府U-15) 加藤睦次樹(クマガヤサッカースポーツクラブ) 庄司朋乃也(クマガヤサッカースポーツクラブ) 加藤睦次樹(クマガヤサッカースポーツクラブ) 服部剛(横浜FCジュニアユース) 松岡大智(カターレ富山U-15) 松岡大智(カターレ富山U-15) メニコンカップ クラブユース東西対抗戦 [ ] 当大会期間中、クラブユース連盟の技術委員会による審査を行い、優秀選手には毎年9月に(2015年より「パロマ瑞穂ラグビー場」)で開かれるカップ・日本クラブユースサッカー東西対抗戦の出場メンバーとして推薦される。 これは当大会の第10回記念大会を記念してから毎年開いている。 試合方式 [ ]• 全国を東西に分けての対抗戦。 東軍:北海道、東北、関東、北信越 西軍:東海、関西、中国、四国、九州• 40分ハーフで同点の場合延長戦はなしでで勝敗を決める。 結果 [ ] 太字は勝利チームを表す 年度 スコア 最優秀選手 敢闘賞 1995 東軍 3-3(PK4-5) 西軍 長沼良太、 1996 東軍 1-1(PK4-2) 西軍 塙豊満、 1997 東軍 1-1(PK2-4) 西軍 、佐野裕也 1998 東軍 3-3(PK5-6) 西軍 深沢良輔 浅野大地、 1999 東軍 2-0 西軍 、 2000 東軍 3-2 西軍 江口正輝 2001 東軍 0-1 西軍 、 2002 東軍 3-2 西軍 中台晶大 、 2003 東軍 3-3(PK4-3) 西軍 伊藤大地、 2004 東軍 1-3 西軍 岡田翔太、 2005 東軍 6-0 西軍 、 2006 東軍 2-1 西軍 、 2007 東軍 0-2 西軍 、 2008 東軍 3-1 西軍 梶野勇太 2009 東軍 2-0 西軍 宇佐見康介、 2010 東軍 2-3 西軍 石川大貴 川上盛司、 2011 東軍 1-4 西軍 山崎拓海、望月大 2012 東軍 1-1(PK2-4) 西軍 山崎海秀、加藤大智 2013 東軍 3 - 1 西軍 佐多秀哉 関海斗、 2014 東軍 2 - 3 西軍 川村拓夢 金亮也、シマブク・カズヨシ 2015 東軍 2 - 3 西軍 榊原彗悟、 2016 東軍 3 - 5 西軍 川本梨誉 食野壮磨、細谷真大 2017 東軍 1 - 5 西軍 小川雄一郎 唐山翔自、谷口大晟 2018 東軍 3 - 1 西軍 山根陸 真家英嵩、中村仁郎 2019 東軍 1 - 4 西軍 池田怜央 渡部一歴、大屋瑛音 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の