町 おこし 成功 例。 町おこしの成功例、失敗例-あきらめるとネット活用の仕方が見えてくる

そもそも、まちおこしの成功事例とは何か? 【地域活性化用語集】

町 おこし 成功 例

少子高齢化が叫ばれていますが、あなたの住む地域はどうですか? 今回は、一旦農産物のネット販売から離れて、少し広い視野で、 農業を通した地域づくり、町おこしについて考えてみたいと思います。 総務省によると、2015年に行った国勢調査で、日本の総人口が初めて減少となったそうです。 田舎のほうでは過疎化がますます進んで、周りは高齢者ばっかりで活気がない、といった状況になってはいないでしょうか。 しかし、 そんな状況の中でも、農業を中心とした取り組みで地域の活性化に成功した事例があります。 農業は単に食物を作るだけでなく、その地域を活性化、守っていく役割もあると思います。 今回の記事は農業による町おこし・村おこしの代表的な成功例を、3つまとめて紹介したいと思います。 【成功例1】お年寄りたちが「葉っぱ」を売って年商2億6000万円!-徳島県上勝町- 上勝町は、徳島市内から車で一時間ほど走ったところにある、四方を山に囲まれた集落です。 かつては林業と温州みかんの栽培をしていましたが、木材の輸入自由化やみかんの価格競争で、林業、みかん共に苦しい状況になっていました。 さらに1981年に異常寒波がおそい、みかんの木が被害をうけ売上げが半減。 町は壊滅的な状況に。 この危機を乗り越えるため、様々な方法を模索し、1986年に「葉っぱビジネス」がスタートしたのです。 料理の飾りに使う「葉っぱ」を売る よく日本料理のお皿に、きれいな花や葉っぱが添えられていますね。 「つまもの」と言ったり、「あしらい」と言ったりするのですが、 この「つまもの」に使う葉っぱを、全国に売ろうとしたのが事業の始まりです。 形のいい笹や紅葉したモミジをパックに入れて売れば、料理人さんも自分で採りにいかなくていいから便利です。 そしてもう一つ、 葉っぱは軽くて採集に力がいらないので、女性やお年寄りでも作業がラクにできます。 実際に、葉っぱビジネスをしている農家さんの約5割が60歳以上で、しかも大半が女性だそう。 過疎と高齢化がすすむ集落にとって、「葉っぱ」はぴったりの農産品だったわけです! 葉っぱビジネスのしくみ 気になるビジネスのしくみですが、葉っぱビジネスは、「」という会社が中心になって行っています。 まず卸売市場から入った注文が、農協を通して「いろどり」に届きます。 そして集めた注文を農家さんに伝え、その注文に応じて農家さんがそれぞれ山で葉っぱを採り、パックにつめて農協に出荷するしくみです。 世界から注目、ITをつかった出荷システム 葉っぱビジネスがここまで注目を集めるようになったのは、 「いろどり」が「上勝情報ネットワーク」というIT技術を利用して、葉っぱの出荷をとても効率よく行っているからです。 卸売市場から入ってくる注文は毎日バラバラ。 もし、どの農家さんも同じ葉っぱを採ってきてしまうと、その葉っぱは供給過多で値段が下がるし、逆に誰も採ってこない葉っぱがあっても困ります。 そこで、注文情報を「上勝情報ネットワーク」を通じて自宅のパソコンで見れるようにし、注文を割り振れるようにしたのです。 それだけでなく、 タブレット端末を導入することで、農作業しながらでも注文・出荷状況をリアルタイムで見れるように改善。 なんと 80歳近いおばあちゃんがタブレット端末を操作しながら、葉っぱを採っているのです。 ほんとに驚きですね! ネットショップもそうですが、ITは実際の運用が大切です。 上勝町では、 80歳のおばあちゃんまでちゃんと運用ができており、ITシステム導入の成功例でもありますね。 葉っぱビジネスで町は生まれかわった 葉っぱビジネスは注目を集め、毎年多くの人が視察や見学に訪れるようになりました。 ときには海外からの視察もあるほど。 インターンシップを積極的に行い、活動を通じて町に移住する若者もいるそうです。 それに、高齢者や女性達に仕事と役割りができたので、 町の雰囲気が明るくなりました。 お年寄りたちは葉っぱビジネスがやりがいになり、老人ホームの利用数が減少。 一人当たりの老人医療費も徳島市の中で最も低くなったとのことです。 本当にすばらしい町おこしの成功例ですね。 【成功例2】たった1000人の村で、ゆず加工品の売上が33億円超え!-高知県馬路村- 馬路村(うまじむら)は高知県の山間地にある、 住民が約1000人ほどの小さな村です。 JRも国道もなく、昔は宅配便も来ないような場所でした。 総面積の96%を山林が占め、林業を主な産業としていたのですが、輸入材木におされてどんどん衰退。 過疎と高齢化がすすむ一方でした。 しかしこの馬路村、なんと今では、ゆずの加工品販売で売上げ33億円、年間観光客が6万人も訪れるまでに成長したのです! ゆずの加工品販売の仕事には、70人以上が勤務しており、村の安定した雇用に貢献しています。 ゆずの生産農家さんも含めればもっと多いですね。 それでは馬路村の成功までのストーリーを紹介しましょう。 木材からゆずの栽培へ、そして加工品を全国に販売 林業が低迷していくなか、1965年頃に傾斜地でも栽培できるゆずを本格的に作り始めます。 ところが、 ゆずの生産量は増えていっても、販売はなかなか増えませんでした。 他産地にくらべ、馬路村のゆずは形があまりよくなかったのです。 そこで、1975年頃からゆずを加工品にして販売することに。 初めは、ゆずの佃煮を売ろうとしたが、まったく売れませんでした。 あきらめず、次に売り始めたのは、「 ゆずのしぼり汁」。 しかし、これも思うように売れません。 当時、 県外ではゆずを食卓で使う習慣が定着していなかったのです。 赤字が続くなか、全国のイベント会場などをめぐり、「ゆずのしぼり汁」を広める営業活動を続けます。 こうした努力により、ジワジワと口コミなどで評判があがり、少しずつ売上げが伸びていきました。 その後も試行錯誤を続け、1988年に、大ヒット商品の「 ぽん酢しょうゆ・ゆずの村」や、「 ゆずジュース・ごっくん馬路村」を開発。 ゆずジュース 「ごっくん馬路村」 この年に売上も1億円を超えたそうです。 その後も売上げは順調に増え、 2000年にはインターネット販売をスタート。 そして 2005年ついに年商30億円を突破! ゆずの栽培を始めてから40年間、こつこつと頑張ったからこそ、ここまで成功したのですね。 馬路村を「丸ごと」売り込むブランド戦略 馬路村が成功できた理由を考えると、そのブランド戦略が挙げられます。 というのも、馬路村はゆずの加工品をただ販売しただけではないのです。 「都会にはない空気を届ける」というコンセプトのもと、村自体のブランド化に取り組んたのです。 自然のなかで遊ぶ子供たちや元気なお年寄りを載せたパンフレットをつくったり、通販の請求書にDMを同封するなどして、観光のアピールにも力を入れました。 その成果が結ばれ、今では年間6万人の観光客が馬路村を訪れています。 村の人口が約1000人ですから、ものすごく地域の活性化になっていますね! ゆずという特産品とあわせて村自体をブランド化する活動が、見事に成功につながった例といえます。 【成功例3】田舎の農業体験型テーマパークに年間50万人も訪れる!-伊賀の里 モクモク手づくりファーム- 民間の会社が運営するテーマパークが人気をあつめ、地域の活性化につながっている例もあります。 三重県にある「」です。 ここでは、地元で栽培した小麦や有機野菜をファーム内でビールやパンに加工し、訪れた観光客に販売。 いわゆる 農業の6次産業化(生産・加工・販売)を、全国に先き駆けておこなったことでも知られています。 現在、 ファームには年間50万人が訪れ、売上げは運営するレストランや通信販売を合わせると50億円にも! なにより雇用面での影響が大きく、 従業員はパート・アルバイトを含めるとグループ全体で1000人近くになるそうです。 ものすごく地域の活性化に貢献していますね。 田舎にある他のテーマパークが苦戦し、閉園も目立つなか、どうしてこれほど人気になったのでしょう? ものを売るのではなく、自分たちの考えを売る ファームをつくるとき、どんな施設を建てるか悩み、こんな方針をたてました。 「 観光だけをテーマにすると失敗する。 自分たちの考えや理念を伝えられる施設にしよう。 」 ・・・なかなか真似できない発想ですね。 モクモクがお客様に提供したかったのは、 「地元で採れた農畜産物を使って、他にはない良いものをつくる」という考え方そのものでした。 そして、それを実現するテーマパークをつくったのです。 そのため、 驚くことに広いファーム内には自動販売機が一台もありません。 「コカコーラも缶コーヒーもモクモクでは製造していないんだから、置く必要がない。 」というのです。 代わりにエコボトルを100円で販売し、ショップのオリジナルドリンクが50円引きで飲めるようになっています。 ファームの考え方をここまで一貫させているからこそ、同じ考えに共感するお客様から支持されるのでしょうね。 「食育」をファーム事業の根っこにする モクモクでは農業の6次産業化だけでなく、「食育」にも力を入れています。 例えば、モクモクのイチゴ狩り体験は、よくある「1時間〇〇円でイチゴ食べ放題」とは違います。 まず初めの30分は、 スタッフがイチゴの育ち方について説明します。 子供たちに虫眼鏡をわたし、「タネはどこにあるのかな?」「花びらは何枚かな?」「どこから赤く熟すのかな?」と問いかけ、 自ら観察してもらうのです。 それから最後に、摘んだイチゴを食べてもらう。 こんな貴重な体験ができるなら、何度も遊びに来たくなりますね。 この他にも様々なイベントを行い、夏のキャンプや収穫体験に参加した子供のお母さんからは、 「 家の手伝いをしなかった子が、自発的に手伝いをするようになった。 」 「 今まで食べられなかった野菜を食べられるようになった。 」 といった声が寄せられるほど! 食育の大切さが実感できるエピソードですね。 このように モクモクは自分たちの考えを明確に発信しているから、魅力的なテーマパークとして成功しているのです。 一貫したコンセプトの設定と、情報発信の大切さが良く分かります。 まとめ 農業による町おこし・村おこしの成功例を紹介しました。 このような成功例を見ると、 農業には町おこしの役割、可能性があるんだなと感じます。 それと同時に、 田舎にはまだまだ素晴らしい価値がある事も教えてくれます。 農業によって田舎がもっと元気になる事が、地方の未来、更には日本の未来へとつながっていきます。 過疎化に嘆くだけでなく、未来のために、どんどん挑戦していきましょう! 農ログ.

次の

リーダー不在で成功した、北海道東川町のまちづくり|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

町 おこし 成功 例

今や、全国各地で議題に上がっている「地域おこし」「地方創生」「地域活性化」。 テレビでちょくちょく見るけども、結局どんな取り組みが成功しているのか知らなかったので、調べて分析してみました。 B級グルメ B級グルメの成功事例と言えば、 静岡県富士宮市の「富士宮やきそば」。 「やきそばでまちおこし」を標榜に取り組み、これまでに 500億円以上の経済効果をもたらしています。 富士宮の家庭や飲食店で出てくる焼きそばの麺は、硬い蒸し麺、肉の変わりに肉カスを使い、鰹節ではなくいわしと青海苔の粉を振り掛けるなど、 戦後の貧しかったときに生まれた製法と味に近いものなんだそうです。 そのような、 もともと地元にあった独自のもので勝負したというところが富士宮焼きそばの特徴ですね。 B級グルメ自体が陳腐化してきているので、インパクト低め。 さすがに焼きそばで人口が増えるとは思えないので、人口増加は星1つ。 地域おこし協力隊 地域おこし協力隊で知名度が高いのは、 「岡山県美作市地域おこし協力隊」。 美作市上山は、かつて8,300枚もの美しい棚田があった地域でしたが、人口減少や高齢化によってそれらが失われ、 いわゆる「限界集落」と呼ばれる場所になってしまいました。 そこで、地域おこし協力隊が住民と協力しながら、2009年より棚田再生を本格的にスタートさせました。 「楽しいことは正しい。 だから人が集まってくる」という理念のもとで活動しており、農道や林道での移動にセグウェイ(企業からの無償提供)を導入するなど、遊び心を忘れないのも美作市地域おこし協力隊の特徴。 現在では昔の4分の1ほどの棚田が再生されたとのことです。 一定量の税金が使われることから、ある程度自由度が制限されるため、費用とインパクトは低い。 いるだけでは税金の無駄遣いで、何をするかが非常に大切です。 その代わり、期限付きではありますが、市の職員として働けるということから移住のきっかけになるため、人口増加が星5つ。 特産品 お年寄りたちが「葉っぱ」を売って年商2億6000万円! で有名な、 徳島県上勝町。 80歳近いおばあちゃんがタブレット端末で注文・出荷状況をリアルタイムで見ながら、葉っぱを採っているらしい。 葉っぱビジネスは注目を集め、毎年多くの人が視察や見学に訪れるようになりました。 ときには海外からの視察もあるほど。 インターンシップを積極的に行い、活動を通じて町に移住する若者もいるそうです。 お年寄りたちは葉っぱビジネスがやりがいになり、老人ホームの利用数が減少。 一人当たりの老人医療費も徳島市の中で最も低くなったとのことです。 地域を知るには特産品、みたいな風潮もあり、もともと注目度が高いためインパクトも比較的高め。 特産品ができることによって雇用もある程度生まれることも考えて、人口増加も高め。 観光地 長崎県五島列島の小値賀島(おぢかじま)は、人口約3000名の、特に有名産業もない半農半漁の島でしたが、 島の民家に宿泊してもらい島暮らしを体験してもらう体験型観光により、 2007年度のアイランドツーリズムの総収入は6000万円、集客数6000人泊を達成しました。 翌年には総収入約1億円、8000人泊を達成。 島、という特徴を活かして、地域一丸となって成功した事例です。 もとを活かすとは言え、環境客を受け入れるためには費用がかかるので評価低め。 施設 三重県にある 「伊賀の里 モクモク手づくりファーム」。 ここでは、地元で栽培した小麦や有機野菜をファーム内でビールやパンに加工し、訪れた観光客に販売。 いわゆる 農業の6次産業化(生産・加工・販売)を、全国に先き駆けておこなったことでも知られています。 現在、ファームには年間50万人が訪れ、売上げは運営するレストランや通信販売を合わせると50億円にもなるそうです。 従業員はパート・アルバイトを含めるとグループ全体で1000人近くになり、雇用面でも大きく貢献しているとのこと。 他は当たればデカい。 リスキーな地域おこしです。 ここでは成功例だけを紹介しましたが、毎年大赤字を出し続けているどうしようもない施設なんてたくさんあるだろうし。 ポイントとしては ・税金をかけない(住人中心) ・ありもので工夫する ・雇用を生み出す というところでしょう。 これらを一番満たしやすいのは、今回のジャンルで言うと 「特産品」ですね。 魅力的な特産品を住人で協力して売り出すことができれば、費用対効果の高い地域おこしが実現できそうです。 番外編 島根県にある隠岐諸島のひとつ、中ノ島。 ここにある町は「海士町」のみ。 ここは、 「学校」を魅力化することで移住者を増やし、地域おこしに成功しているそうです。 地域の唯一の高校である島前高校は、入学者数の激減により、統廃合の危機に直面していました。 そこで、 「島前高校魅力化プロジェクト」なるものを開始。 難関大学を目指す「特別進学コース」や、地域のリーダーを育てる「地域創造コース」などを新設。 この取り組みは評判を呼んで、入学希望者数はV字回復し、異例の学級増。 島留学には県外からの入学希望者が殺到し、今では倍率が2倍以上あるそうです。 もともと存在する「学校」を使い、子どもの人口を増やすとは、なんと賢い地域おこしでしょう。 これこそが、理想の地域おこしではないでしょうか。

次の

地域おこしの成功例をジャンル分けして比べてみた

町 おこし 成功 例

地域活性化。 平たく言うと「村おこし」が私の主な仕事。 過疎化が進む村や町に元気のタネを撒く役割りですね。 仕事柄、様々な町村の資料が集まります。 今回はそのとき見つけた「村おこし」のオモシロ事例を紹介。 まず外国編から。 この町は全米でも最も蚊がはびこっている所です。 殺虫剤を散布するトラックを買う予算さえ集められなかった住民は、蚊が襲来する季節には町を閉じ山の上に逃げるほどだった。 ベイズリーの解決策は何と!蚊の祭りを打ち上げ、スターに変えてしまうことでした。 1980年代半ばから、この祭りは何千という「蚊に噛まれることが好きな人々」を集めてしまいました。 この祭りにはミス・蚊コンテストやパレードまであるのです。 そこで考えたのがここを「国民のアイスボックス」として売り出すことでした。 これがどんぴしゃり!この冷凍庫の中のような町で毎年、企業が商品の寒冷地テストを行います。 そのうえ「ここはもっとも寒いところ」というスローガンを、コロラド州の競争相手の町から勝ち取ってしまいました。 たった一つしかなかったカフェが閉店してしまい、住民は集まってその日の出来事を話し合う場がなくなってしまいました。 ある住民はいった「古ぼけた店だったけど、単にメシを食うところじゃなかったよ。 誰か年寄りの顔が見えなきゃ、皆どうしたのかなって心配して、すぐに誰かがそいつの所を見に行くんだ」住民たちは行動を起こした。 60人の株主集めて会社を設立。 零細企業管理ローンから4万5000ドルの支援を受け再オープンしました。 彼らは語ります「カフェは町の心の拠り所であり、私たちの価値観、家族、文化を再認識する場である」と。 主演のリチャード・ドレイファスが無意識のうちにマッシュポテトで作り上げた例の奇観の山ですね。 ここを舞台に繰広げられる宇宙人との第三種接近遭遇のシーンは、その音楽と共に忘れられません。 映画公開中、このワイオミングの山を訪れる人が膨れ上がった。 しかし現在では、このデビルズタワーを訪れる人は少ない。 行きにくい場所にあることと、地元の応援がなかったため、この場所の記憶は薄れてしまいました。 巨費を投じたハリウッド映画が創り上げたユニークなイメージ。 しかし、地元と住民たちの応援と努力がなければ、もとの田舎に戻ってしまうという事例です。

次の