コロナ 家賃 補助。 【第四弾】新型コロナを乗り切るための個人事業主が使える助成金・給付金・補助金(5月29日分まで)

【第四弾】新型コロナを乗り切るための個人事業主が使える助成金・給付金・補助金(5月29日分まで)

コロナ 家賃 補助

新型コロナウイルス感染症により、中小企業の経営がさらに深刻化しています。 収入が急激に減少した場合、真っ先に表面化する問題の1つが、「当面の家賃をどう工面するのか」ということ。 この状況に対応するため、国会では野党が共同で法案を提出するなどの動きを見せていましたが、このほど自公両党が「特別家賃支援給付金」の創設を決定し、5月27日の閣議決定を目指す第2次補正予算案に盛り込まれる見通しとなりました。 概要を説明します。 (5月20日現在の情報です) 「最長6ヵ月間、毎月最大50万円」を補助 報道などで現在までに明らかになっている「特別家賃支援給付金」のポイントは、以下の通りです。 ただし、以下の上限がある• 申請はそれ以降ということになりますが、早ければ6月中に給付が始まるものとみられます。 逆に言えば、支給は少なくともそれ以降になります。 現在のところ、申請にどのような書類が必要なのかなどについては不明です。 ただ、この問題を検討してきた「与党賃料支援プロジェクトチーム」が5月8日に公表した「テナントの事業継続のための家賃補助スキームについて」には、「給付にあたっては従前の賃貸借契約書(家賃額、契約期間)を確認の上、家賃への使用を確保しつつ、複数月分をまとめて支給するなど、実務面で簡易な方法とする。 」という記載があります。 さきほど説明したような売上減少が給付の条件となっていますので、速やかに申請を行うためには、それを証明できる帳簿類なども準備しておくべきでしょう。 関連記事:• 「減収世帯」への家賃補助も、幅が広がった 一方、「コロナ禍」で収入が減少した世帯も、家賃で苦しんでいます。 このため、国は経済的に困窮した人に対して家賃を補助する「住居確保給付金」の支給要件を緩和しました。 この制度は、もともと離職したり廃業したりして住む場所を失った、またはその恐れがある人に対して家賃補助を行うことにより、安定した住居を確保し、自立をサポートする目的で設けられました。 しかし、新型コロナウイルスの感染拡大によって、大幅な減収を余儀なくされる人が増加したため、そうした世帯も対象に含めることになったのです。 具体的には、「離職・廃業後2年以内の者」とされていた支給対象に、「給与等を得る機会が当該個人の責に帰すべき理由・当該個人の都合によらないで減少し、離職や廃業と同程度の状況にある者」という条件が加わりました。 支給の内容は、次の通りです。 関連記事: 収入、資産には要件がある 一方、支給要件は、次の通りです。 ただし100万円を超えない額 例えば、東京23区の目安は、単身世帯で50万4000円、2人世帯で78万円、3人世帯で100万円。 「新型コロナ」の感染が拡大する下では、それは困難だという判断からです。 支給額や要件については、東京特別区を例に説明しましたが、家賃には地域差があるため、これらは自治体によって異なります。 問い合わせ、申請などは、お住まいの市町村の「自立相談支援機関」が窓口になります。

次の

【コロナ家賃補助】家賃支援給付金を解説!第2次補正予算案が成立?最大600万の事業者支援とは|DX導入をどこよりも支援|Wiz cloud(ワイズクラウド)

コロナ 家賃 補助

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者に対する支援のうち、資金繰りについては「」や「制度融資(セーフティネット保証4号等)」があり、人件費についてはがありました。 各地方公共団体ごとで行っている「休業要請協力金(例:、)」もあったものの、「全てテナント賃料の支払いに消えてしまう」という悲痛の声が多く、日本政府における支援として「テナント賃料(家賃)補助」が望まれておりました。 今回、自民党からの提言は、このような声を拾うもので、事業者向けの支援策を充実される極めて大きな意義を持つ支援策となっています。 と「雇用調整助成金」に加え、 「特別家賃支援給付金」が加わることで、多くの事業者が事業を継続できるのではないかと期待しています。 売上が大幅に落ち込むなど特に厳しい状況にある中堅・中小企業者・小規模事業者・個人事業主のテナントに対し、に加え、無利子・無担保融資(例: )の元本返済にも活用できる給付金(=家賃支援給付金)を給付する家賃補助制度ですが、以下の通り「支給要件(給付対象者要件)」が定められております。 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 令和2年5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 また、必須書類としては 「賃貸借契約書」になると思われます。 もし未整備の場合や、不備がありそうな場合は、制度開始前に前もって準備しておいても良いかもしれません。 また契約書とあわせ、支払いの事実がわかる書類等も必要になる可能性があります。 「家賃支援給付金」の申請受付期間(期限)については、 本ブログ執筆現在の情報では、明らかにされておりませんが、国会での審議状況も踏まえ、以下になると推測しています。 野党からもスピード感のある審議に協力する意向が得られており、かつ4月中旬ごろから議論自体は始まっていたこともあるため、早期のスタートが期待されます。 なお、持続化給付金と同様、「受付から2週間」が標準的な振込みスケジュールとなりますが、(混雑等により)早くても3週間~1か月は見ておいた方が良いでしょう。 また情報が確定次第、更新して参ります。

次の

※更新 コロナウィルスで家賃減額要請された場合の大家さんの対応について Ⅰ(共同住宅編)

コロナ 家賃 補助

キーワード :• 緊急事態宣言がとうとう解除されました。 しかし、専門家は「新しい生活様式」を掲げ、今後とも第二波、第三波の感染拡大が起きないよう気は抜けないとしており、すぐにこれまでの生活に戻るというわけにはいかないようです。 政府も第2次補正予算を閣議決定し、家賃補助など新たな給付金を創設しています。 第2次補正予算で新たに創設される内容を中心に、いま使える給付金などについて見ていきます。 詐欺に注意! 助成金の申請や、申請のための相談を受け付けるといった記載の書面を一方的に送付、電話で勧誘する業者の情報が国に寄せられています。 また、「生活支援給付金」などで検索すると副業紹介サイトへ誘導されることもあります。 事業再開支援を利用したい場合は、それぞれの補助金に申し込みが必要です。 内容:新型コロナウイルス対策の設備投資を行うことで、投資資金に対して補助金を受けることができます。 内容:新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行う事業者が、通常枠とは別に新たに設けられた、補助率の引き上げ・営業経費を補助対象とした「特別枠」により、優先的に支援を受けられるものです。 内容:新型コロナウイルス感染症の影響への対策、拡大防止に向け具体的な対策に取り組む事業者がITツールを導入するのに、優先的に支援を受けられるものです。 詳細はまだ発表されていません。 内容:感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を総合的に支援する事業。 額は同額の50万円(2事業所以上で100万円)で、申請用の特設サイトは現在準備中です。

次の