ホロライブ 炎上。 湊あくあの前世、りんこの顔は?炎上?体重や身長、休止の理由も!

ライバー事務所「ホロライブ」が「漫画村イブ」と言われている詳細を徹底解説

ホロライブ 炎上

どうも。 とある地方の大学院生です。 最近、何かと話題になっているホロライブ。 私自身、ホロライブのライバーのファンになった者の一人です。 そんなホロライブなのですが、最近、マネージャーのライバーへのストーカー行為、ゲーム実況の無許諾配信問題と、界隈を騒がせております(もういろいろなところで解説されているのでここでは詳細は割愛します)。 また、それに伴い、ホロライブ運営やそのライバーへ様々な批判の声が殺到しているという状態です。 前提として、私は一 いち ファンとしてこの状況を大変残念に思いつつも、ホロライブ側へ過度に擁護しようとは思いません。 ただ、これからホロライブが発展していくために何が必要なんだろうと私なりに堂々巡りしていきたいと思います。 エゴサをしない勇気 最近、ホロライブの癒月ちょこさんが度々炎上していることは皆さんもご存知だと思います。 彼女自身、これまでの批判の声でフラストレーションがたまっていたことでしょう。 「 エゴサはやめよう」。 これは確かに大切なことだと思いました。 コンテンツを長く続けていく上でファンからの指摘を拾っていく作業も大切ですし、そのような意見を蔑ろにしすぎるのは良くないですが、アンチコメントにまで目を向ける必要はない気がします。 知名度が拡大していく中で、アンチや荒らしは付き物ですし、それにいちいち突っ込んでいっては確実に疲弊してしまいます。 火消しをしたい気持ちは分かりますが、この件に関してはあえて配信する必要はなかったと個人的に思います。 それでも人気は衰えていない 様々な問題を抱えたままのホロライブですが、チャンネル登録者数が全体的に増え続けていることには変わりがありません。 また、全ライバーが銀の盾がもらえるまで登録者数を伸ばしています。 これをどう捉えるかは人次第ですが、少なくとも、今の動画スタイルが数十万人に受けているということは分かります。 私が思うに、ホロライブのライバーはアイドルという側面があり、「ゲームが上手い人の実況を見に来た」という視聴者よりは「実況しているライバーに魅力を感じたので来た」という人が多いと思います。 しばらくはゲーム実況もかなりの制約がありますが、歌枠やワードウルフやオリジナルすごろくなどの手軽なボードゲームの配信なども好評であり、まだまだ配信のバリエーションがありそうです。 「立ち止まるホロライブ」~YAGOO社長の思惑~ 「立ち止まる」という言葉は今回の炎上についでではなく、谷郷さんのこちらの記事に由来しているものです。 この記事で谷郷さんは、「一旦立ち止まりたい。 急速に事業を拡大し過ぎて無理が来てしまった。 」と反省しつつ、これから体制を盤石化させることを述べています。 この時期にこのお話をしたのは偶然なのでしょうか。 一旦立ち止まった谷郷社長は、この状況をどう対応していくのか、これから注目ですね。 ホロライブのこれから 小賢しいと言われつつも、独自の戦略で拡大し続けてきたホロライブ。 今後は大きくなるにつれてそれ相応の対応をしないといけません。 おそらくライバーは運営の方針に従って動いている人がほとんどでしょうし、上の不祥事が原因で矛先を向けられているライバーを運営は守っていかなければなりません。 また、ファンである私たちには「推しを信じること」しかできません。 私たちも同様に、変に動くことは控えて、彼女らの今後の活躍を見守っていきましょう。 ホロライブが「今は終焉をただ見守るのみ」という言葉を反論でなく、実力ではねのけるような今後を祈って今回のnoteを終わります。 それでは。

次の

ホロライブさん、新たな燃料が投下され大炎上

ホロライブ 炎上

どうも。 とある地方の大学院生です。 最近、何かと話題になっているホロライブ。 私自身、ホロライブのライバーのファンになった者の一人です。 そんなホロライブなのですが、最近、マネージャーのライバーへのストーカー行為、ゲーム実況の無許諾配信問題と、界隈を騒がせております(もういろいろなところで解説されているのでここでは詳細は割愛します)。 また、それに伴い、ホロライブ運営やそのライバーへ様々な批判の声が殺到しているという状態です。 前提として、私は一 いち ファンとしてこの状況を大変残念に思いつつも、ホロライブ側へ過度に擁護しようとは思いません。 ただ、これからホロライブが発展していくために何が必要なんだろうと私なりに堂々巡りしていきたいと思います。 エゴサをしない勇気 最近、ホロライブの癒月ちょこさんが度々炎上していることは皆さんもご存知だと思います。 彼女自身、これまでの批判の声でフラストレーションがたまっていたことでしょう。 「 エゴサはやめよう」。 これは確かに大切なことだと思いました。 コンテンツを長く続けていく上でファンからの指摘を拾っていく作業も大切ですし、そのような意見を蔑ろにしすぎるのは良くないですが、アンチコメントにまで目を向ける必要はない気がします。 知名度が拡大していく中で、アンチや荒らしは付き物ですし、それにいちいち突っ込んでいっては確実に疲弊してしまいます。 火消しをしたい気持ちは分かりますが、この件に関してはあえて配信する必要はなかったと個人的に思います。 それでも人気は衰えていない 様々な問題を抱えたままのホロライブですが、チャンネル登録者数が全体的に増え続けていることには変わりがありません。 また、全ライバーが銀の盾がもらえるまで登録者数を伸ばしています。 これをどう捉えるかは人次第ですが、少なくとも、今の動画スタイルが数十万人に受けているということは分かります。 私が思うに、ホロライブのライバーはアイドルという側面があり、「ゲームが上手い人の実況を見に来た」という視聴者よりは「実況しているライバーに魅力を感じたので来た」という人が多いと思います。 しばらくはゲーム実況もかなりの制約がありますが、歌枠やワードウルフやオリジナルすごろくなどの手軽なボードゲームの配信なども好評であり、まだまだ配信のバリエーションがありそうです。 「立ち止まるホロライブ」~YAGOO社長の思惑~ 「立ち止まる」という言葉は今回の炎上についでではなく、谷郷さんのこちらの記事に由来しているものです。 この記事で谷郷さんは、「一旦立ち止まりたい。 急速に事業を拡大し過ぎて無理が来てしまった。 」と反省しつつ、これから体制を盤石化させることを述べています。 この時期にこのお話をしたのは偶然なのでしょうか。 一旦立ち止まった谷郷社長は、この状況をどう対応していくのか、これから注目ですね。 ホロライブのこれから 小賢しいと言われつつも、独自の戦略で拡大し続けてきたホロライブ。 今後は大きくなるにつれてそれ相応の対応をしないといけません。 おそらくライバーは運営の方針に従って動いている人がほとんどでしょうし、上の不祥事が原因で矛先を向けられているライバーを運営は守っていかなければなりません。 また、ファンである私たちには「推しを信じること」しかできません。 私たちも同様に、変に動くことは控えて、彼女らの今後の活躍を見守っていきましょう。 ホロライブが「今は終焉をただ見守るのみ」という言葉を反論でなく、実力ではねのけるような今後を祈って今回のnoteを終わります。 それでは。

次の

【湊あくあ】タピオカブームで炎上してしまったってマジ!?

ホロライブ 炎上

が、現状の記事は作って、後は勝手にやれって感じの記事に見えるな。 にはが明を出すような件もあったがそういったものの記載もない。 この記事でやれというなら、問題の記事の双方のにそれぞれのを加えるべきじゃないか? それと記事の扱いというか編集の際はかなり注意が必要になると思う 当たり前か。 例えば今後何か騒ぎがあった時に記載すべきかどうかとか、そもそも問題として扱っていいかとかね。 かの独断で対した事ない件まで問題として扱われそうで怖いわ。 編集時はでのでも推奨しとけば多少違うかもしれないけど。 長々と書いたがになってない記事に見えるし他の方も言った通り不出来では? の摘が不快な方いたらごめんね。 あれだって昔は「ここは演者も見に来てるし、や荒れそうなはの記事で」みたいなしてたけど、結局はらしい荒れ地になってしまったからな にしてはしくな記事(しかも当時はとか荒れてるばかりにあがってたのもあって)だったんだけどな が悪手だったとかじゃない。 ここはなんでもける棒にしたいし、ける棒が手に入るなら殴らずにはいられない人が集まるんだ 隣のには「溺れるは棒でけ」ってがあるらしいけど、それをしたい人がには、のより多すぎるんだ だから、を荒らされたくないならな話で押し流すだけだ。 全肯定という言葉は活動を抑制したいが使うだ。 たい言葉は路端ののに湧くのように底的に視して、を沢山伝えていくだけでいいんだ 18 ななしのよっしん.

次の