高卒 就職 情報 web 提供 サービス。 高卒採用のルール|株式会社ジンジブ

高卒で就職しやすい仕事とは!?【おすすめの就活方法まとめ】

高卒 就職 情報 web 提供 サービス

この記事の流れ• 高卒の就職チャンスを高めるには「今すぐ」を意識する まず最初に意識したほうが良いのは、 高卒で就職するなら一日でも早く就活を開始することが大切だということです。 高卒で就職を考えている方のなかには、フリーターをしている方もいるはずです。 下記は、厚生労働省が調査した「フリーターの就職率」のデータです。 【フリーターの就職率(フリーター歴)】• 半年以内 72.5%• 2年から3年 62.1%• 3年以降 57.0% 見て分かるように、フリーター歴が長ければ長いほどに就職率が下がっていますよね。 一般的に就活は、 ブランクが長かったり、年齢が上がるにつれて不利になっていきます。 また、年収に関して高卒のフリーターと高卒の正社員を比較すると、 18歳前後では正社員のほうが年収で約100万円多い 30歳前後では正社員のほうが年収で約200万円多い このようにどんどん広がっていくことがわかっています。 つまり、就職が遅くなればなるほど正社員との収入差が広がり、取り返せない状態になってしまう可能性があります。 ですので、 高卒で就職をするなら今すぐに就活をスタートさせることが大切。 今すぐに就活を開始するのと、1年後に就活を開始するのとでは、それだけで就職チャンスや収入面が変わってくるということは頭に入れておきましょう。 就職を諦めないことも大切 中にはデータをみて、 高卒で3年以上フリーターをしてる 就職率も低そうだしどうしよう。。。 と落ち込んでしまった方もいるかもしれません。 でも、 今やるのとあとでやるのとでは就職できる可能性が変わってくると考えることが大切です。 ぼくは、3年以上フリーターをしたあとに就職しています。 ですので、 諦めずに早めに行動をすることが大切ですよ。 【高卒でも就職しやすい仕事】に目を向けることがおすすめ 次におすすめしたいのが、 高卒でも就職しやすい仕事に目を向けてみるということです。 高卒の既卒者やフリーターが就職するには、新卒枠ではなく「中途採用枠」に応募することになります。 そこには、高卒の応募者だけではなく、• 社会人経験のある転職者• 大卒の既卒者やフリーター• 第二新卒者 など、様々な応募者がエントリーしてきます。 中途採用は、「経験がある人」「スキルがある人」を優遇するので、高卒者は不利になりがちです。 ですので、自分がやりたい仕事や希望する業界だけでなく、• 未経験でも挑戦しやすい仕事• 高卒や フリーターでも歓迎される業界 などの求人をたくさん集めることが大切です。 おすすめできる職種は次の章で詳しくお話ししていきますが、ポイントになるのは、• 求人需要が高い業界・仕事• 伸び盛りの業界・仕事• 未経験者が入りやすい業界・仕事 です。 こうした業界や仕事を見極めて、求人をたくさん集め、そのなかで 「自分に合っていそうな仕事」 「興味が湧く業界」 「チャレンジできそうな求人」 にアプローチしていくのがおすすめです。 求人自体はたくさんあるので、 「高卒でも就職しやすく自分に合う仕事を絞れるか」が重要です。 高卒でも就職しやすい仕事って!?おすすめの仕事4選 それではここからは、高卒でも就職しやすい• 求人需要が高い業界・仕事• 伸び盛りの業界・仕事• 未経験者が入りやすい業界・仕事 を4つご紹介していきます。 「これがやりたい!」という仕事や業界が決まっている方は、まずはチャレンジしてみることが大切ですが、それではなかなか就活がうまくいかないことは多いです。 就職チャンスをアップさせるために、参考にしてくださいね。 『営業の仕事』は高卒でも就職しやすいのでおすすめ まずは、高卒でも求人数が多い 「営業職」です。 接客系のアルバイトをしていた方ならその経験を活かせますし、「若い」というだけで十分に就職チャンスがある職種と言えます。 営業職は、• 法人営業(顧客が法人)• 個人営業(顧客が個人) の2種類に分かれます。 とくに個人営業は、 フレッシュな人材を求めている企業が多く、就職しやすいですね。 営業職は、やる気や熱意など「精神的なタフさ」を求められるので、向き不向きはあります。 しかし、• がんばっただけリターンがある• 短期間でスキルが経験が身につく という特徴があり、非常にやりがいのある仕事です。 「なんとなく営業は厳しそう」と思う方は多いかもしれませんが、会社の方針や商品(売るもの)によって雰囲気はだいぶ異なります。 先入観を捨てて営業職に目を向ければ、魅力的な会社に巡り会えるかもしれませんよ。 『事務員の仕事』は未経験就職OKの求人が多いのでおすすめ 2つ目の仕事は、未経験歓迎も多い 「事務職」です。 事務職は派手な仕事ではありませんが、会社には無くてはならない存在。 求人自体は多く、これといったスキルがなくても就職しやすい仕事と言えます。 高卒でも会社の雰囲気に合う人物と思ってもらえれば、「これから経験やスキルを伸ばしてほしい」と期待され、採用されることがあります。 実際、事務関連スキルは簿記検定3級程度しかなかったぼくも、事務職で1社内定をもらいました。 求人企業によっては、人柄や熱意などを重視しているケースも多いと思います。 ただし、事務職は、一般的なイメージよりも幅広い能力を求められる仕事です。 「デスクに座っていれば良い」という気持ちでいると、採用チャンスは遠のいてしまいます。 事務員としてこんな風に成長したい• 今後はこんなスキルを身に着けたい ということをきちんとアピールすることが大切です。 『エンジニアやプログラマの仕事』人材不足なのでおすすめ 続いては、人手不足で需要が高まっている 「エンジニアやプログラマ」です。 現在IT系企業では、人材不足が深刻化していると言われています。 高卒でスキル的に不安があっても、• これから経験を積んで技術を習得したい• 今後はこの道で一流になりたい という気持ちがあれば、就職しやすいのがIT業界です。 学歴不問、未経験OKという求人も多いので挑戦しやすいというのもおすすめの理由です。 ただし、エンジニアやプログラマの仕事は、座りっぱなしで長時間労働など、精神的にも肉体的にもハードな面があることを頭に入れておいてください。 「コツコツ仕事ができる」• 「体力や健康面に自信がある」 というアピールが効果的です。 また、最近はオンラインで手軽にIT系スキルを学べるサービスが充実しているので、• 資格取得の勉強をしてみる• プログラミング言語をかじってみる などして、やる気があることを示しましょう。 「販売・サービス業」はアルバイト経験が活かしやすくおすすめ 最後4つめの仕事は、「販売・サービス業」です。 販売やサービス系の仕事は、高校時代のアルバイト経験を生かせるので、非常に就職しやすい職種と言えます。 販売・サービスと言っても、• 「飲食店」• 「アパレルや雑貨店」• 「電気店」 など、さまざまな業界があるので、 興味がある分野を選びやすいところもおすすめできる理由です。 ただし、販売やサービス業は、• 「店長になったけど、これ以上は出世できそうにない」• 「販売員を今後も続けるのは厳しいかも…」 このように、将来性に不安が残る部分もあるので、どのようにステップアップするかを考えておくことも大切です。 「いずれは本社でマーケティングなどをしたい」 「エリアマネージャーとして複数店舗を受け持ちたい」 などの展望をもって就活にチャレンジしてください。 高卒の就活はブラック企業対策をしておくことが大切 最後におすすめしたいのは、 高卒から就活する場合は、就職先の下調べや情報収集をしっかり行うことがなにより大切だということです。 これは、 ブラック企業対策という意味合いがあります。 高卒で就活をすると、 「就職できるなら仕事内容は気にしない」 「多少疑問はあるけど、正社員になれるなら我慢する」 と妥協する方もいるはずです。 しかし、下調べや情報収集が中途半端なために、ブラック企業に当たってしまったり、ギャップを感じて早期離職に追い込まれるケースは多いです。 実際、ぼくの友人もブラック企業に入社してしまい、2ヶ月で離職。 再就職にかなり苦労していました。 先ほどお話しした、高卒でも就職しやすい仕事や業界は、 チャンスが増える分ブラック企業に当たるリスクが高くなります。 ですので、しっかり下調べや情報収集をして就活を進めることがとても大切です。 書類落ちが格段に減った• 企業別に面接のコツをアドバイスしてくれるので安心• 企業とのやりとりを任せられるので気が楽 などのメリットを感じました。 「就活は誰にも邪魔されたくない」というなら、就活エージェントを活用する必要はありませんが、相談できるキャリアアドバイザーがいると精神的にとても楽です。 なにから始めていいかわからないという方も、まずは就職エージェント選びからスタートすることをおすすめします。 高卒の就職におすすめの就職支援サービスは? とくにおすすめしたいのは、 「ジェイック(JAIC)」というサービスです。 ジェイックは未経験者やフリーター、既卒者などに特化した就職サービスで、こんな特徴があります。 自宅にいながら安心して相談できます。 ジェイックのサポートエリア外で就職する場合は、 「第二新卒AGENTneo」というサービスに登録しておきましょう。 第二新卒エージェントneoは、株式会社ネオキャリアが運営している フリーターや既卒者に特化した就職エージェントです。 特徴は、スタッフが全員「第二新卒経験者」ということです。 なかには淡々と機会的にサポートを進めるエージェントもありますが、第二新卒エージェントneoは「二人三脚」で就活を進めていくイメージ。 キャリアアドバイザーや担当者も第二新卒を経験しているので、はじめてエージェントを使う方も安心して相談できるのが大きな魅力です。 もしかするとあまり聞き馴染みがないサービスかもしれませんが、.

次の

高卒求人情報webサービス ハローワーク: 高卒求人情報webサービス

高卒 就職 情報 web 提供 サービス

高校生の就職について。 私は現在高校三年生です。 もう年末だというのに就職先がきまっていません。 就職担当の先生に相談しに行っても、 「6月までは新卒扱いだから」となにかと理由をつけてイマイチ真剣に取り組んでくれません。 求人を見せて欲しいと頼みにいっても、年末だからどこも募集してないと言われました。 私の学校は進学が8割以上なので就職には余り力が入っていないようです。 就職活動を行うにあたって私は今何ができますか? 冬休み中になにかしらしたいと思っています。 けれど、その後先生に、ハローワークに行くなら学校を通してからにしろ、年明けから忙しくなるから学校通さないと相手にしてくれない、求人は学校で見るのと変わらないと言われました…。 学校に言ってからもう一度行くべきですか? 現在高校3年のものです。 自分も進学校(9割以上)なので就職は余り力を入れていないようでした。 求人は今年度卒業見込みの高卒求人ですよね。 自分もハローワークに行って相談しましたが、高卒求人については「高卒求人情報webサービス」という厚生労働省のサイト()で全国の高卒求人が閲覧できます。 しかし、閲覧の為には就職担当の先生が利用者IDとパスワードを入力する必要があるので、相談しなければいけません。 余りよくないと思うのですが自分は教えてもらいました。 高卒求人(公開求人)に関しては上記のサイトのみです。 なので先生も「求人は学校で見るのと変わらない」と言ったのでしょう。 高卒求人の場合は原則、学校が企業とコンタクトを取るので、生徒が直接ハローワークに行く事は学校側にとって都合が悪いのです。 それにハローワークに行っても、高卒求人は扱っていません。 先程述べたようにすべて「高卒求人情報webサービス」に掲載されているからです。 親身になってくれない学校のは、昼休みや放課後に毎日進路部に行って真剣さを先生に示すしかありません。 自分も毎日行きました。 その甲斐あって3社目で内定もらいました。 ひとつ分かった事として内定が確定したら通知が早く、不採用の場合は通知が遅い傾向があります。 ですので、採用試験を受けて手応えがなかったら、通知が来る前に次の就職受験先を決めておいた方がスムーズです。 冬休み中に一般常識・作文・面接練習はしておいた方がいいです。 特に面接練習は重要です。 明るく元気に面接を受ける事によって好感を持ってもらえます。 とにかく、焦らず自信を持って頑張る事です。 就職活動頑張ってください。 応援しています。 学校が頼りにならないなら、ハローワークに行ってみては? 今、冬休み中だから平日でも行けるでしょ。 少なくとも学校の先生よりは親身になって相談に乗ってくれるはずだよ。 ハローワークに行かれたならわかると思いますが、学校に来てる求人と、ハローワークに出てる求人では全然数が違いますし、公開の早さが違います。 学校で紹介されてる求人が100%ではありません。 ハローワークに行ったら、自分の可能性がもっともっと広がりそうな求人がありませんでしたか? また自分が住んでる市町村だけではなく、近隣の市町村のハローワークに足を運んでみるのもいいですよ。 また違った求人が出てたりしますよ。 ハローワークは求職者全てに門戸が開かれています。 貴方が高校生でも例外ではありません。 忙しいから学校を通さないと相手にしてくれないことはありません。 学校を通せ、というのは学校を通さずに就職されると卒業生の就学・就職実績に上げられないからです。 とは言え、学校の体裁を良くしたいが為に貴方の可能性を狭めるようなことはあってはなりません。 でも3年間世話になった高校のメンツも立ててやりたいしという場合には、自分がどうしても応募したいと見つけた求人があったらハローワークにお願いして、応募と同時に学校に紹介してもらっとくこともできるはずですよ。 学校に内緒でやるなら、ハローワークで申し込んだときに、貴方が高校生であれば配慮して土曜日とかに採用試験日時を設定してくれる企業もありますから、そこはハローワークと先方企業に相談してみましょう。

次の

「高卒就職情報WEB提供」に関するQ&A

高卒 就職 情報 web 提供 サービス

入札公告 次のとおり一般競争入札に付します。 (4)契約期間 契約締結日〜令和3年3月31日 (5) 入札方法 入札金額は総価とする。なお、落札決定に当たっては、入札書に記載された金額に当該金額の10%に相当する額を加算した金額(当該金額に1円未満の端数があるときは、その端数金額を切り捨てるものとする。 )をもって落札価格とするので、入札者は、消費税に係る課税事業者であるか免税事業者であるかを問わず、見積もった契約金額の110分の100に相当する金額を入札書に記載し入札すること。 2 競争参加資格 (1) 予算決算及び会計令(以下「予決令」という。 )第70条及び第71条の規定に該当しない者であること。 なお、未成年者、被保佐人又は被補助人であっても、契約締結のために必要な同意を得ている者は除くものとする。 (2) 平成31・32・33年度(令和01・02・03年度)厚生労働省競争参加資格(全省庁統一資格)「役務の提供等」で「A」、「B」又は「C」等級に格付けされている者であること。 (3) 資格審査申請書に虚偽の事実を記載していないと認められる者であること。 (4) 経営の状況又は信用度が極度に悪化していないと認められる者であること。 (5) 労働保険及び厚生年金保険・全国健康保険協会管掌健康保険・船員保険又は国民年金の未適用及びこれらに係る保険料の滞納がないこと(入札書提出期限の直近2年間の保険料の滞納がないこと。 ) (6)厚生労働省から指名停止の措置を受けている期間中の者でないこと。 (7)その他予決令第73条の規定に基づき、支出負担行為担当官が定める資格を有する者であること。 なお、電子調達システムによりがたい者は、支出負担行為担当官に書面により申し出た場合に限り、紙入札方式に代えることができる。 5 その他 (1)本入札及び 契約手続において使用する言語及び通貨 日本語及び日本国通貨。 (2) 入札保証金及び契約保証金 免除。 (3) 入札者に要求される事項 この一般競争入札に参加を希望する者は、令和2年5月27日午後5時00分までに上記2の競争参加資格を有することを証明する書類を上記3(1)まで提出すること。 また、入札に参加を希望する者は、上記確認書類とあわせて暴力団等に該当しない旨の誓約書を提出しなければならない。 入札者は、支出負担行為担当官から当該書類に関し説明を求められたときは、それに応じなければならない。 (4)郵送による入札 郵送(書留郵便に限る。 )による提出の場合は、上記3(1)宛てに入札書の受領期限の前日までに到着するよう送付しなければならない。 なお、未着の場合、その責任は参加者に属するものとする。 郵送の場合、担当者の職氏名及び連絡先を明記すること。 (5) 入札の無効 本公告に示した競争参加資格のない者の提出した入札書、入札者に求められる義務を履行しなかった者の提出した入札書、その他入札の条件に違反した者の入札書は無効とする。 (6) 契約書作成の要否 要。 (7) 落札者の決定方法 予決令第79条の規定に基づいて作成された予定価格の制限の範囲内で最低価格をもって有効な入札を行った入札者を落札者とする。 (8) 詳細は入札説明書による。 6 Summary 1 Official in charge of disbursement of the procuring entity : Kei Matsumoto ,Director, Employment Insurance Division, Employment Security Bureau, Ministry of Health, Labour and Welfare. 2 Classification of the products to be procured : 71. 27 3 Nature and quantity of the products to be procured : Development and Improvement of KOUSOTSU-SYUSHOKUJOUHOU-WEB-TEIKYOU-SERVICE 4 Qualification for participating in the tendering procedures : Suppliers eligible for participating in the proposed tender are those who shall : [1] not comeunder Article 70 of the Cabinet Order concerning the Budget, Auditing and Accounting. Furthermore, minors, Person under Conservatorship or Person under Assistance that obtained the consent necessary for concluding a contract may be applicable under cases of special reasons within the said clause. [2] not come under Article 71 of the Cabinet Order concerning the Budget, Auditing and Accounting. [3] have Grade A ,Grade B or Grade C in the public tender qualification category of Offer of services etc. by Organizations related to the Ministry of Health,Labour and Welfare Single qualification for every ministry and agency in the fiscal years 2019, 2020 and 2021. [4] prove to have no false statement in tendering documents. [5] prove neither the business condition nor credibility is deteriorating. [6] for bidders subject to the following insurance system and it is not in arrears either of insurance premiums of labor insurance and Welfare annuity insurance, Health insurance, Seamen's insurance or National pension 2 insurance year for the last two years of the bid submission dead line of this bid. [7] Are not being suspended from transactions by request of the officials in charge of contract. [8] meet the qualification requirements which the Obligating Officer may specify in accordance with Article 73 of the Cabinet Order concerning the Budget, Auditing and Accounting. 5 Time-limit of submission of proposals : 5:00 PM, May 27, 2020. 6 Time-limit of tender : 11:00 AM, June 11, 2020. 7 Contact point for the notice : Toda Satoshi Accountants Section, Labour Market Center Operation Office, Employment Security Bureau, Ministry of Health Labour and Welfare, 4-8-4 Kamishakujii Nerimaku Tokyo 177-0044 Japan TEL 03-3920-3311 ex.

次の