吉本 お笑い 芸人。 イベント出演依頼

ニューヨーク (お笑いコンビ)

吉本 お笑い 芸人

ダウンタウンのときはNSCが出来たての1期生で、 当時は入っても芸能界に入れる保証など一切無かったので「無料」で募集されてたんです。 それを見た浜田が「無料だから」と松本に声をかけて一緒に入ったと著書に書かれていました。 その後もしばらくは無料だったはずです。 それがダウンタウンらの大ブレイクにより入学希望者が増えたことから、 お金を取って入学者を絞るようになったんです。 千原ジュニアぐらいの頃はまだそこまで高くなくて10万以下だったと思いますが、 吉本興業が有名になりNSCがどんどん流行っていって現在の40万円という金額になったのです。 現在NSCに入る人は親から出して貰ってる人が大半でしょう。 専門学校へ行けば100万以上かかりますから、40万なんて安いものです。 A ベストアンサー NSC入学が2004年。 村上さんは1980年生まれですからこの年で24歳です。 wikipedia. wikipedia. ツネさんは1982年生まれで2004年入学の22歳。 wikipedia. 例えば若井おさむさんとか(入学時28歳)。 NSC入学が2004年。 村上さんは1980年生まれですからこの年で24歳です。 wikipedia. wikipedia. ツネさんは1982年生まれで2004年入学の22歳。 wikipedia.

次の

【胃がずっと痛い】吉本所属のお笑い芸人が死去

吉本 お笑い 芸人

所属事務所の吉本興業は、この報道に問題があるとして「法的措置を取る」としており、また、せいやの証言通りならば女性側は既婚の事実を隠し、性的なやりとりも同意の上だったなどとされている。 事の真相は不明だが、いずれにせよオンラインで下半身をさらけ出していたことに関しては、あきらかに脇が甘かったと言わざるを得ない。 この問題が報じられたことを受けて、レギュラーで出演している『おはスタ』(テレビ東京系)の19日放送回を、コンビで欠席することになった。 吉本が法的措置を取ると発言したことで、今後どのような展開を見せるか、逆に事態が長引く事となってしまいそうだ。 ところでせいやに限らず、芸人がSNSのメッセージ機能やLINEなどを使って女性に下半身などを露出した動画を送りつける事例は多い。 最近だと2019年7月に、ウェストランド・井口浩之の、局部モロ出し写真がネット上に流出し、大きな話題となった。 またこのほど、トイレ不倫で話題となっているアンジャッシュ渡部建も、報じた「週刊文春」の記事に、女性がLINE電話をオンにした途端、下半身がドアップで写っていたという証言が掲載されている。 こうした露骨な下半身露出でなくとも、例えば不倫のやり取りや立場を利用したセクハラ的な文面がLINEなどに残り、そこから大問題に発展するケースもあとを絶たない。 「今の若い子は、やばそうな話は絶対にLINEでやりとりしません。 以前、インパルスの板倉俊之さんが小説を書いた際、最初はガラケーに打ち込んで書いていたと話していましたが、PCを扱ったことない人なんてめちゃくちゃいっぱいいますよ。 もちろん最近ではスマホくらいは持っていますが、ツイッター投稿したりするくらいが関の山で、ナンパに使える便利なツールくらいにしか思っていません。 「ちょっと知名度がある芸人ならば、ネットでファンとつながってすぐセックスできますからね。 ネットリテラシーなんてなんのそので、夜な夜なツイッターでやれそうなファンを探しては、DMしたりしてますよ。 せいやさんやウエストランドの井口さんは恐らく、さほど女性慣れしてなくて相手を信用しきっちゃってたんだと思います。 その上で、心理的なミラーリングを利用して、『自分も脱いだんだから見せてよ!』みたいな、わかりやすい手を使っちゃったんでしょうね」(同) せいやはまだ20代だが、まさかZOOMでのやりとりが録画されてるとはつゆとも思わなかったのだろう。

次の

ニューヨーク (お笑いコンビ)

吉本 お笑い 芸人

ダウンタウン・松本人志 徐々に通常運転に戻りつつあるとはいえ、今なお新型コロナウイルスの影響をもろに受けているエンタメ界。 特に若手芸人にとっては死活問題である。 「テレビに出られない芸人たちは、ライブや営業が収入減となるわけですが、それらが全て飛んでしまった。 無収入となっている芸人は腐るほどいます」(お笑い関係者) そんななか、所属芸人にお見舞金や支援金を出すお笑い事務所もある。 金額は不明ですが、仕事がなくなった若手芸人にしてみれば、本当にありがたいことだったでしょう。 また、マセキ芸能社も多くの所属芸人に支援金を出しました。 こちらも金額は不明ですが、どうやら1回だけではなかったようで、結婚して子供がいる芸人には、多めに出たとのこと。 芸人の状況に応じて、それに見合った支援をしていたということでしょう」(同) お笑い業界最大手の吉本興業も、自社で運営する劇場の出番がなくなった芸人に対し、本来支払われるはずだったギャラの半分を支給した。 さらに、同社所属のダウンタウン松本人志は、コロナの影響で生活苦となった芸人に対し、無利子で1人あたり上限100万円の貸付を行うことを宣言した。 「今後本人が詳細を明かすことないでしょうが、松本さんの融資話は、ポーズでもなんでもなく、ガチです。 芸能事務所関係者はこう話す。 「一番大きいのは、お金に困って、怪しげな仕事に手を出させないためですね。 それこそ2019年、吉本の闇営業騒動もありましたが、ああいう事態に陥ったら、支援金を出すよりも、事務所が大損をしてしまう。 芸人を守ると同時に、事務所を守るための支援金でもあるんです」 また、ここ数年のお笑い界のシステムも関係しているようだ。 「吉本はもちろんですが、ほかの事務所も、以前に比べて所属する芸人が増加傾向にあります。 というのも、今の時代は誰が売れるかわからない。 それまで完全に無名だった芸人でも、ひとつのきっかけで大ブレイクすることがよくあるんです。 裏を返せば、事務所が戦略的にプッシュしたところで、それがハマらないことも多い。 だから、少額でもいいから支援金を出して、多くの若手芸人をつなぎとめておきたい、ということでしょう」 芸人1組が大ブレイクすれば、巨額の利益が舞い込んでくる。 その見返りがあるならば、多くの芸人を抱えるリスクも大したことないのだ。 「吉本の場合は、自社劇場での出番にギャラが発生しますが、他事務所の場合、事務所主催のライブは基本的にノーギャラ。 事務所ライブしか仕事がないみたいな芸人については、多く抱えていても、そこまでコストは掛からないんです。 そういう意味でも、もっと所属芸人を増やしたいという事務所も多いと思います」(前出・芸能事務所関係者) お笑い第7世代の台頭で、再び盛り上がっているお笑い業界。 近い将来、今以上に若手芸人の数が膨れ上がることとなるかもしれない。

次の