セゾンカード 比較。 アメックスゴールドとセゾンゴールドアメックスの違い・サービスの差を比較

人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について

セゾンカード 比較

TOPIC• セゾンカードとは セゾンカードとは、株式会社クレディセゾンから発行されているクレジットカードの総称です。 カードブランドそのものを指して「セゾンカード」と呼ばれることもあります。 選べる国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレスとバリエーションに富んでおり、 メインカードとしても、サブカードとしても好きなブランドを選べるのは嬉しいところです。 特徴である「永久不滅ポイント」や「発行スピードの早さ」は、他社カードと比較して優れているポイントでもありますので、そういったメリット面を重視してセゾンカードを選ぶ方もいます。 西武グループが前身のため、百貨店や西武グループ関連、アウトレットなどの「お店」の提携カードを多数発行しており、オリジナルカードである「セゾンカードインターナショナル」をはじめとした魅力あるカードも多くあります。 気軽に使える年会費の安いクレジットカードから、プレミアムなサービスがついたカードまでありますので、様々な需要に応えてくれるカードブランドです。 POINT セゾンカードを持つべきと言えるメリット• 貯めやすい!永久不滅ポイント• セゾングループのお店で便利なサービスが受けられる• とにかく審査・発行スピードが早い• 年会費のコストパフォーマンスが良い 1. 貯めやすい!永久不滅ポイント セゾンカードの特徴の一つが「永久不滅ポイント」です。 永久不滅ポイントとは、セゾンカード独自のポイントプログラムで、名称通り ポイントの有効期限がない、「永久不滅」のポイントが貯められます。 一部のカードではマイルやそのカード独自のポイントが貯まりますが、ポイント還元率は特殊なカードを除き基本的に0. ですが、ネット予約サービスやネットショッピングなどは「セゾンポイントモール」経由で利用することで還元率が大幅にアップしますので、上手に使えば高還元率カードとしても活用可能です。 永久不滅ポイントの利用先としては、請求から割り引いてもらえるキャッシュバックのほか、Amazonギフト券や他社ポイントへの交換など使い道も豊富です。 こまめにポイントをチェックするのが面倒な方や、じっくりとポイントを貯めたい方にはぴったりのカードです。 サービス内容や割引、ボーナスポイントのつきかたは選ぶカードによりますので、カードごとの特徴やサービス内容などを比較した上でぴったりのカードを選ぶとよいでしょう。 とにかく審査・発行スピードが早い セゾンカードは他社と比較して、 特に「審査・発行スピード」が早いという特徴があります。 セゾンは即日発行カウンターが全国に設置されていますので、ネット申し込みで店頭受け取りを選択すれば、セゾンカードインターナショナルをはじめ、一部アメックスカードも含めて「即日発行」も可能です。 さらに、発行カウンターでカードを受け取る際に「ETCカード」も申し込みをすれば、ETCカードも即日受け取れます。 店頭発行、即日発行のクレジットカードは他にもありますが、セゾンカードは「ETCカード」まで即日発行に対応している唯一のクレジットカードです。 こちらも読まれています 4. 年会費のコストパフォーマンスが良い セゾンカードを作るもう一つのメリットは、 「年会費」のコストパフォーマンスの良さです。 例えば、即日発行のセゾンカードインターナショナルは年会費無料で持つことが可能ですし、セゾン・アメックスシリーズは「ゴールドカード」であっても年会費1万円、しかもサービスは非常に充実しているという内容になっています。 アメックス本家のゴールドカードを作ろうと思うと、年会費が3万円程度必要になることを考えると、ステータス性はやや本家に軍杯があがるものの、サービス力を加味すると非常に優秀なカードと言えます。 セゾンカードの永久不滅ポイントとは? セゾンカードを作るべき理由のところでポイントについて簡単に解説いたしましたが、ここではセゾンカードの最大の魅力の一つである「永久不滅ポイント」について、さらに掘り下げて解説していきます。 おさらいになる部分もありますので、より「永久不滅ポイント」のメリット・デメリットについて知りたい方はぜひご覧ください。 有効期限は無期限でためやすい!還元率は「0. カード会社の傾向としては、ポイント還元率が良ければ有効期限が短く、還元率が普通であれば長めになりやすいということがありますので、セゾンカードも例に漏れず「長い有効期限」のかわりに、還元率は0. 一部カードでは「永久不滅ポイント」はたまらない 永久不滅ポイントは、一部カード、特に提携カードでは「独自ポイント」がたまるケースもあるため、 すべてのカードで永久不滅ポイントがためられるわけではありません。 中には設定次第でマイルを非常にお得にためられるカードや、提携カードで店舗利用時にポイント還元率が良かったり、割引があったりと「永久不滅ポイント」以外のところでお得が高いものもあります。 汎用性の高いポイントがたまるカードを希望する方は永久不滅ポイントがいいですが、自分のライフスタイルを見直して「よく利用するお店」で安くなるカードなどをチョイスするのもおすすめです。 使い道豊富!Amazonギフト券がおすすめ 永久不滅ポイントの交換先としては、各種カタログ商品やギフト券、他社ポイントなど幅広く設定されていますが、 その中でもおすすめなのが「Amazonギフト券」です。 しかも、多くの商品は店頭で購入するよりもAmazonで買ったほうが安いケースが多いため、商品数豊富なAmazonギフト券にかえておけば「安く」、「好きなものが手に入る」可能性が高くなります。 もちろんほかの交換先でもレートが良いものもありますので、最終的には自分が使いやすいものに交換するのが一番です。 セゾンカードの種類 セゾンカードが発行するクレジットカードは、カード種類の多彩さも大きな特徴です。 セゾングループのお店はもちろん、それ以外のお店やカードブランド、メーカーなどの提携カードも充実しています。 ここでは、そのなかのごく一部を簡単にご紹介します。 POINT セゾンカードの一例• セゾンカード インターナショナル• セゾンアメックス各種 パール、ブルー、ゴールド、プラチナ• セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード(法人カード)• 無印良品MUJIカード《セゾン》• LoFtロフトカード《セゾン》• PARCOパルコカード《セゾン》• Francfrancフランフランカード《セゾン》• クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン• マイレージプラス MileagePlus セゾンカード セゾンカード インターナショナル 言わずと知れた、セゾンカードオリジナルの定番カードです。 年会費無料で、VISA、MasterCard、JCBから国際ブランドを選択でき、もちろん「永久不滅ポイント」にも対応しています。 西友やリヴィンなどでも優待が受けられてお得な、セゾンカードで迷ったらこれ、と言えるスタンダードタイプのカードです。 無印良品MUJIカード《セゾン》 無印良品との提携カードで、VISAブランドを選べば年会費無料です。 無印良品の利用で永久不滅ポイント還元率1. 8〜3. LoFtロフトカード《セゾン》 LoFtロフトカードはロフトとセゾンカードの提携カードです。 PARCOパルコカード《セゾン》 PARCOパルコカードは基本年会費無料で発行される、セゾンカードとパルコの提携カードです。 Francfrancフランフランカード《セゾン》 Francfrancフランフランカードはセゾンカードとフランフランの提携カードです。 年会費は無料で、フランフランポイントが1. ポイントはフランフラングループ専用の「バルスギフトカード」に交換して使うことになりますが、還元率が非常に高いため、フランフラングループユーザーにぴったりです。 クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン クラブ・オン/ミレニアムカードは西武・そごうとセゾンカードの提携カードです。 年会費は無料で、西武・そごうでクラブ・オン/ミレニアムポイントと永久不滅ポイントが「二重取り」可能です。 西武・そごうなら常時2. 年会費は無料で、国際ブランドがJCB、MasterCardから選べます。 セゾンカードの審査は厳しい? セゾンカードの魅力がわかったところで、次に気になってくるのが「審査難易度」ですよね。 いくら魅力あるカードだったとしても、審査が厳しく手に入らないのでは意味がありません。 セゾンカードの審査難易度は、 一概に「やさしい」、「むずかしい」とは言いづらいのが本当のところで、提携先や種類によって難易度は大幅に変わります。 例えばパルコ提携のパルコカードなどは「パルコ」で買い物をしてくれるリピーターを増やすことが目的で発行されていますので、審査はやさしめで、学生や専業主婦でも発行されやすくなっています。 一方で、セゾンカードの中でもステータス性やサービス力が高い「セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、審査難易度がやや高くなっており、クレヒスがしっかりして収入がある程度安定していないと厳しいと言えます。 ほとんどのカードはクレヒスがきちんとしていればOK とはいっても、プラチナカードのように審査難易度が高いカードはそれほど多くはありません。 ほとんどのカードは普通、もしくは流通系の提携カードが多数を占めていますので、やや審査が「やさしい」傾向があります。 そのため、セゾンカードの多くはクレヒス 信用情報 に問題がない、つまりクレジットカードやローンを利用してきちんと真面目に返しているような方であれば、収入がそれほど多くなくても、専業主婦であっても審査に通ると言えます。

次の

人気のセゾンカードを比較してみる!種類が多すぎてわからない件について

セゾンカード 比較

20年来のお付き合い「セゾンカード」 セゾンカードの存在を知ったのは、もう20年以上前になります。 居住している地域に西友があり、頻繁に利用していた事が自然とセゾンカードを知るきっかけに繋がっていたと思います。 セゾンカードのカウンターがあり、店員さんが頻繁にカードを作る事を奨めてくださったのがカードを作ったきっかけでした。 詳しい説明の中に セゾンポイントや 優待等の特典がある事に惹かれ、その場で作った事を覚えています。 あれから変わらず、ずっとセゾンカードを使い続けています。 引越しをして西部百貨店を頻繁に利用するようになり、数年前には2枚目のセゾンカードを作りました。 本当に便利に使えてますので、是非皆様にもお奨めしたいです。 セゾンカードをおすすめする理由 セゾンカードをおすすめする理由を3つにまとめるとこんな感じになります。 セゾンカードをおすすめする理由1・優待特典が豊富 まず、 様々な優待が使えるという点です。 マメにコンサートや観劇のチケット情報を教えてくれます。 会員限定枠があり、以前利用しましたが 良い席が楽に取れて満足でした。 ホテルの優待もあり、そこそこお値段の張るホテルが安くなるのは嬉しいですね。 その案内が届くのも楽しみですし、オンラインで眺めるのも楽しみの一つです。 こうした「不必要なしばり」が少なくなっていくことはメリットがいっぱいですね。 せっかく貯めたポイントが期限によって失効してしまうことがないのは、とても大きなメリットだと思います。 セゾンカードをおすすめする理由3・日常的使用から高級百貨店まで使えます 普段よくいくスーパーとして西友を使っている私としては、メリットは大きかったですね。 クレジット機能を持たせる事で、面倒な現金のやり取りがなく スムーズに会計処理をしてくれます。 日常の買い物には特にサインも必要ありません。 通帳残高さえあれば財布の中身を気にする事もなく、気軽にショッピングが出来ることは大きいメリットです。 セゾンカードに対する不安もあった セゾンカードを初めて作る時は、若くて知識不足だった事もあり不安でした。 クレジット機能を持たせる事で、詐欺にあってしまったりするのでは?とかなり考えました。 ですが当時、海外旅行に行く機会があり、やはりどうしてもクレジット機能は必要でしたので、VISAカードの機能を付けて申し込みました。 不安解消に繋がったのは、 カード社会である海外ではクレジットカードは必需品である事と、 セゾンカードが国内でも大手で信用できるイメージのある大会社だったという点が大きかったと思います。 当時、近々初めての海外旅行の予定があり、不便だけど安全なトラベラーズチェックを利用しようか、それともクレジットカードを作ろうかかなり悩みました。 クレジットカードを作る決め手になったのは、周囲からの後押しでした。 どうしようか悩んで誰かに相談すると、みんな口をそろえて「カードの方が便利だから作っておいて損はないよ」と言っていましたね。 クレジット機能に抵抗があるのであれば、最初は使わなければいいともよく言われました。 そう言った周囲からの後押しが決め手になりました。 今の世の中であれば、「クレジットカードを持っていない」ことの方が、デメリットが大きいように思いますね。 自分のライフスタイルに合わせて、効率的にポイントを貯められるおトクなクレジットカードは絶対に持っておいた方がよいです。 セゾンカードとイオンカードを比較した話し 特にその時は他のカードと比較をする事はありませんでしたが、数年前に2枚目のカードを作ろうとしたときは、 イオンカードと迷いました。 近所に まいばすけっとが出来、頻繁に利用する事になったからです。 車で1時間弱で行ける場所に大型イオンモールが出来たという事からも、イオンカードをつくるべきか迷いました。 いっそのこと、イオンカードにクレジット機能を移してしまおうか迷ったこともありましたが、良く行くまいばすけっとでは、西友に比べて1回に使う買い物の合計金額が安かったんです。 (ちょっとしたコンビニのような感覚で使用していました) 大型のイオンに行く回数よりは西部百貨店や西友に行く頻度の方がやはり高かった事を考慮し、そのまま持っていたポイントを溜めるだけのクラブオンカードとセゾンカードと統合し、一時期は2枚のセゾンカードを使用する事になりました。 イオンカードについてはポイントを溜めるだけのワオンカードを使用しています。 今では1枚にまとめましたが、2枚あったうちの一つの永久不滅ポイントも1つにまとめられましたので、この点については良かったと思います。 セゾンカードは必需品になった セゾンカードが日常で必需品となっている今は、スーパーで頻繁に使用していうくちにポイントがどんどん溜まり、ポイントと交換できる商品一覧カタログを見るのが段々と楽しみになってきました。 ある程度ポイントが溜まり、 初めて欲しいと思っていた商品が交換できるポイントに達したときは嬉しかったですね。 昔はまだ永久不滅ポイントではありませんでしたので、日常に使うような小物でしたけれど、そんなささやかな楽しみが味わえるもの良い点だと思います。 海外に何度も行くようになると、VISAカードの使い勝手の良さが身に染みました。 不安に思っていたクレジットの機能も、結局は相当利用しました。 地域によってはマスターカードやJCBの方が使える箇所もありますが、VISAでほぼ問題なかったです。 日本では殆どセゾンカードとしての機能しか使っていませんが、西友や西武百貨店を頻繁に使う身としては本当に便利だった事と、周囲にセゾンカードを使っている人が多かった事が一番の決めてになりました。 慣れてみると本当に便利なものです。 セゾンカード、是非皆様におすすめしたいです。

次の

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスのメリット・デメリットを紹介!おすすめクレジットカード比較!

セゾンカード 比較

セゾンカードの「ポイントサイト」報酬額は常に高水準で推移。 セゾンカードのラインナップは数十種類あり、複数枚所有が可能。 永久不滅ポイントの貯まるセゾンカードであれば、異なるカード間であっても、ポイントの合算が可能。 ほとんどのカードが年会費永年無料。 というわけで、ポイントサイト系陸マイラーには格好の対象となっています。 以下では、セゾンカードの中でも特に人気の高いカードについて、「ポイントサイト」毎の報酬額を比較してみたいと思います。 ところで、セゾンカードの「ポイントサイト」を攻略する上で、注意しなければいけないことが2つあります。 まず、そのことを紹介してから、「ポイントサイト」報酬額を比較したいと思います。 セゾンカードの「ポイントサイト」案件を攻略する上での注意点 条件によって報酬額が異なる 1つ目は、同じカードでも、• カード発行後のカード利用で報酬が貰える案件• キャッシングご利用可能枠の設定で報酬が貰える案件• カード発行のみで報酬が貰える案件 に分かれているケースが多いことです。 報酬額も異なります。 おおむね、以下のような傾向があります。 報酬額の傾向 カード発行後のカード利用で報酬が貰える案件 高 キャッシングご利用可能枠の設定で報酬が貰える案件 中 カード発行のみで報酬が貰える案件 低 カード発行会社のクレディセゾンとしては、「ポイントサイト報酬目当てだけの人」はなるべく減らしたいのでしょうね。 「ポイントサイト報酬だけが目当ての人」は、当然、稼働率も低く、セゾンカードを死蔵させてしまうでしょうからね・・・ セゾンカードを毎月5日・20日に、西友・リヴィン・サニーで使うと、5%OFFになる上に、永久不滅ポイントも貯まります。 非常にお得ですので、この日に腐らない食料品、生活雑貨などを是非まとめ買いしてください。 「キャッシングご利用希望枠」は「10万円」に設定しよう 2つ目は、「キャッシングご利用可能枠の設定で報酬が貰える案件」に申込むときは、「キャッシングご利用希望枠」を一番低い「10万円」に設定しよう、ということです。 「キャッシングご利用可能枠の設定で報酬が貰える案件」では、以下の条件をクリアする必要があります。 「希望枠」と「可能枠」は違います。 「希望枠」が「10万円」でも、実際設定された「可能枠」は「0円」ということはあり得ます。 その場合、「ポイントサイト」報酬の対象外になります。 セゾンカードを複数枚所有している場合、「キャッシングご利用可能枠」は各カード共通です。 例えば、年収500万円の人がセゾンカードインターナショナルで「50万円」の「キャッシングご利用可能枠」を持っている場合、MileagePlusセゾンカードで「キャッシングご利用希望枠」を希望したとしても、それが叶わない可能性があります。 なぜなら、セゾンカードインターナショナルの「キャッシングご利用可能枠」が大きすぎるのです。 もし、セゾンカードインターナショナルの「キャッシングご利用可能枠」が「10万円」であれば、MileagePlusセゾンカードでも「キャッシングご利用可能枠」が設定できたかもしれません。 セゾンカードを複数枚所有している場合、「キャッシングご利用可能枠」は各カード共通ということを意識しておきましょう。 セゾンカードインターナショナルの「ポイントサイト」報酬額を比較する セゾンカードインターナショナルは、セゾンカードの「プロパーカード」です。 「プロパーカード」とは、他社と一切提携していないカードという意味です。 国際ブランドは、Visa、Mastercard、JCBから選べます。 希望すれば、全国のセゾンカウンターで、「即日受取り」も可能です。 2019年2月28日までに、当サイトのリンクから「モッピー」に登録して、条件を満たすと、合計 1,300円相当のポイントが貰えます。 登録するだけで300円相当のポイントが貰えます。 他のサイトから登録すると何も貰えません。 入会するだけで300円相当のポイントが貰えます。 これは通常の入会ポイントの3倍です。 当サイトのリンクから「すぐたま」に登録して、条件を満たすと、合計 2,500円相当のポイントが貰えます。 セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの「ポイントサイト」報酬額を比較する AMEXブランドのプロパーカードは、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードと呼ばれます。 こちらも、希望すれば、全国のセゾンカウンターで「即日受取り」も可能です。 カードの詳細は、以下の記事でご確認ください。 あわせて読みたい セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの「ポイントサイト」報酬額を比較したのが以下の表になります。 「プライオリティ・パス」のサービスが付くことと、「SAISON MILE CLUB」の登録でJALマイル還元率が1. 125%になる点が特長です。 カードの詳細について知りたい方は、以下の記事をご覧ください。 あわせて読みたい 生活圏に西友・リヴィン・サニーがある方なら、凄くお得なカードです。 なんといっても、マイル還元率が高いです。 そして、ご存じの方もいらっしゃると思いますが、MileagePlusマイルは、ANAマイルより少ないマイル数で、ANAの国内線特典航空券に交換できます。 ありえないくらいお得に交換できますので、ご存じない方は、ぜひ、以下の記事もご覧ください。 あわせて読みたい MUJI Cardの「ポイントサイト」報酬額を比較したのが以下の表です。 ですが、さらに高額の報酬が得られるクレジットカードもあります。 年経費永年無料でありながら、期間限定で「ポイントサイト」報酬が1万円以上になることもある楽天カードはその典型です。

次の