ち 首 が 痛い。 首の後ろの痛み【原因と簡単な改善方法】|府中オステオパシーまるちゃん整体院

首の痛み(頚部痛)

ち 首 が 痛い

本記事の内容 1.首の後ろが痛いのは? 2.首の後ろが痛い時にしてはいけないこと 3.首の後ろの痛みの解消法 まとめ この記事を書いている私は、オステオパシー歴6年、臨床歴8年。 国家資格である理学療法士を持っていて、病院での勤務経験もあります。 1. 首の後ろが痛いのは? なんで首の後ろが痛いんだろう? 首の後ろが痛かったり、やたらと凝ってしまったり、辛いですよね。 なんでいつも首の後ろ側が辛いのでしょうか? 実は、その原因はあなたの 姿勢にあるのです。 あなたは普段からこんな姿勢をしていませんか? あなたは普段からこのような姿勢をしていませんか? いわゆる猫背状態の丸まった姿勢です。 デスクワーク、運転、勉強、テレビを見ている時、スマホを見ている時、気付いたらこのような姿勢になっていませんか? 首の後ろに痛みやコリを訴える方のほとんどがこのような姿勢を普段からしています。 首はボーリングの球くらいの重さがある頭を支えています。 その頭が前方に倒れているこの姿勢で、どれだけの力が首の後ろ側にかかっているのか想像がつきますでしょうか? 想像がつかない方は試しにボーリングの球(6~7㎏)を持ってみてください。 どれだけ重いかが実感できるでしょう。 万病のもととなる姿勢 この姿勢は首の後ろ側の痛みだけでなく、多くの病気のもととなる姿勢です。 頭痛をはじめとして、 ストレートネック、 頚椎症、 頚椎椎間板ヘルニアなど、この姿勢を続けて、頸椎に負担がかかりつづけることで起きてしまう病気です。 もし、あなたが本記事をお読みでしたのなら、そのような状態になる前に早めに改善することを心掛けましょう。 そうでないと、後々苦しい思いをしてしまいます。 そのためにも本記事をぜひ最後までお読みください。 2. 首の後ろが痛い時にしてはいけないこと 首の後ろ側のマッサージ 首の後ろが痛い・凝っているからって首の後ろをマッサージするのは良いことではありません。 なぜなら、丸まった姿勢を続けている影響で 首の後ろ側はもうすでに伸びきっている状態で筋肉が緊張しているのですね。 これが首の後ろの痛みやコリの原因となっています。 この伸びきって緊張した筋肉をマッサージしたらどうなるでしょう? ストレッチしている状態の筋肉をマッサージすることを想像してみてください。 とても多大な負荷がかかってしまいますよね。 ストレッチをしながらその筋肉を揉むなんて強度の高いことは施術としても行いませんし、筋繊維への負荷は多大です。 筋繊維が損傷し炎症を引き起こすきっかけにもなってしまいますので、首の後ろ側のマッサージは避けるようにしてください。 首の後ろだけでなく背中にかけても同様のことが言えますから、避けるようにしてください。 首の後ろを伸ばすストレッチ 首の後ろを伸ばすストレッチも同様にNGです。 理由はマッサージの時と同様です。 普段から 伸びていて緊張している首の後ろの筋肉をさらに伸ばす必要性はありません。 そんなことを続けていれば、猫背や丸まった首の状態が助長するだけです。 首をボキボキ鳴らすこと 首を捻ってボキボキ鳴らすとスッキリすると思いがちですが、実はそうではありません。 簡単に言うと首のボキボキは可動性を上げるために行うものです。 不用意に首のボキボキを続けてしまうと可動性がつきすぎてしまって、安定性のない首になり、余計に首周りの筋肉が緊張してしまいます。 また、頸椎には神経や血管など大切な組織がたくさんあります。 ボキボキすることはそれらの大切な組織を傷つけてしまう恐れがあります。 実際にそういう事故の報告も多くあり、厚生労働省では頸椎に対するアジャスト(ボキボキ)は 禁止 しています。 3. 首の後ろの痛みの解消法 首の後ろが痛い・凝っているからといって、首の後ろを伸ばしたり、揉んだりしても効果がないということは分かって頂けたでしょうか? では、どうしたらいいのかをここで解説していきます。 縮まっている前側を伸ばす 大切なのは バランスです。 猫背の丸まった姿勢で縮まってしまっているのは後ろ側ではなく、 前側です。 後ろは伸びて、前側は縮まっている。 このバランスを改善することが大切です。 そのためにあなたができる簡単な方法は、 縮まっている首の前側、おなか側を伸ばすことです。 縮まっている側を伸ばすことで徐々に首の前後のバランスが整っていきます。 でも、急にぐっと伸ばしてはいけませんよ。 ゆっくり、徐々に行うようにしてください。 良い姿勢を保つ 縮まった前側が伸びてきたら、その状態を維持するためにも良い姿勢を保ちましょう。 デスクワークの時に前かがみになってしまうようなら、そうならない工夫をしましょう。 スマホを見ていて、首が前に倒れてしまうなら、スマホの見方を変えましょう。 普段からの姿勢に気を使い注意することを 習慣化することが大切です。 初めは辛いかもしれません。 でも、徐々にいい姿勢を保つことになれていけば、今までの姿勢がどれだけ身体に負担をかけていたのかを実感するでしょう。 深呼吸する 試しに丸まった姿勢で深呼吸をしてみてください。 息を深くたくさん吸えますか? 吸えないですよね。 その状態をずっと続けていると酸素を取り入れることができず、また、体液循環も妨げられてしまいます。 首の後ろが痛い・こっているという方は そんな身体の状態が続いていると考えてもらって構いません。 普段から、気が付いたら深呼吸をするという習慣をつけるといいですね。 まとめ まとめ いかがでしたか? 首の後ろが痛い原因やその解消法について少しでも理解して頂けたら幸いです。 首の後ろ側が痛い時はすでに身体が丸まっている癖がついてしまっている状態です。 その状態が続くことは、後々ヘルニアなどの症状を招きかねない危険性を孕んでいます。 そうならないように気付いたその時から、改善を心掛けるようにしていきましょう。 もし一人でやっていても中々上手くいかない、首の後ろの痛みが取れないという方は、相当身体に悪い癖がついてしまっている可能性があります。 早めに改善していくためにも当院までご相談ください。

次の

首が痛い…「ストレートネック」「寝違え」など、原因チェック|Good Sleep Labo

ち 首 が 痛い

年齢を重ねるに連れて「いつも肩がこっている」、「首筋が痛い」というような症状を訴える人が多くなってきます。 実は、この痛み、頸椎の老化現象によって引き起こされる神経痛なのです。 首、肩が痛む神経痛とは 首、肩、腕の痛みはいろいろな原因でおこります。 そのひとつが頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)と呼ばれる首や肩の神経痛です。 この頚椎症性神経根症は、加齢により椎間板が弾力を失い、クッションとしての役割が果たせなくなってしまった結果、椎骨と椎骨がこすれ合って変形したり、骨の並び方が変わってしまったことに起因するといわれています。 というのも、この首の骨の変形によって、脊髄から分かれて腕に向かって伸びていく神経根が圧迫されて痛みやしびれが生じるからなのです。 頚椎症性神経根症の主な症状は 首や肩の痛みとしびれですが、脳に血液を供給している椎骨動脈が圧迫されると、めまいや耳鳴り、肩こりや目のかすみなどのも症状も現れてきます。 また、首の角度によって血流の量が変化するため、首を後ろへそらせると痛みが強くなり、下に向けると痛みが和らぐといった特徴もあります。 痛みは軽いものから耐えられないような強烈な痛みまで、人によってさまざまですが、上肢の筋力低下や感覚の障害が生じることも少なくないそうです。 また、首、肩、腕以外にしびれや痛みが出ている場合には頚椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)の可能性も考えられます。 頚椎症性脊髄症は頚椎症性神経根症と違い神経の塊が圧迫されるため、症状はさらに重く、体の重要な機能が失われる可能性もあるので注意が必要です。 首や肩の神経痛になってしまったら 頚椎症性神経根症は基本的には自然に治癒する疾患です。 ですから、はじめは軽い体操をしたり、温めたり、または安静にするなどして様子をみることもよいでしょう。 しかし、痛みやしびれが解消されない場合は、やはり医師へ相談すべきです。 首にネックカラーを装着することで痛みが寛和されることも多いようですし、鎮痛薬や筋弛緩剤、ビタミンB12などを服用したり、神経根ブロックを行うことによって辛い症状を和らげることも可能です。 しかし、頚椎症性神経根症は 治るまでには数か月以上かかることも少なくなくありませんので、痛みが和らいでも、首を後ろにそらさない、無理の体勢をとらないなど、症状が出ないように注意をする必要があります。 また、長時間、同じ姿勢でのデスクワークも症状を悪化させることになりますので控えましょう。 適度なマッサージは血流が良くなり、痛みやしびれが楽になることもありますが、力まかせに行うマッサージやストレッチは逆効果にもなりかねません。 では、首や肩の神経痛を解消するために、具体的にどんな方法が安全なのか?.

次の

首の痛み...その原因と解消法

ち 首 が 痛い

首は頭の重みを常に支えており、負担がかかりやすい部位です。 首が痛いと日常生活にも支障をきたしやすく不便を感じている方も多いでしょう。 キーボードの入力作業が多く、首が痛い。 首だけでなく腕や手の痛み、しびれ、動かしにくさがある。 首の向きや腕の動きによって痛さが違う。 こういった場合に考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 病気が原因の首の痛み 首が痛いときに考えられる代表的な病気には、以下のようなものがあります。 頸椎捻挫・外傷性頚部症候群 けいついねんざ・がいしょうせいけいついしょうこうぐん 首の骨は、7つの骨(頸椎)がつながってできています。 骨のつなぎ目である関節に強い力がかかると、骨をつないでいる靭帯や筋肉が引き延ばされ、伸びすぎたり切れたりします。 これが「 ねんざ 」です。 交通事故で追突されたなどで頸椎が起こると、レントゲンなどを撮っても異常がないのに、長期間にわたって痛み・・・手のしびれなどの症状が続く場合があり、とも呼ばれます。 受診の目安とポイント 安静にしても痛みが治まらず、生活に支障がある場合、腕が動かしにくい、しびれるといった場合は、整形外科へ相談しましょう。 いつからどのような症状があり、どのような動きで悪化するのか、普段どのような仕事・趣味などをしているか、首に負担のかかるような出来事がなかったかなどを医師に伝えましょう。 日常生活上の原因と対処法 首の痛みを予防するために、もしくは悪化させないためにできる日常生活上のポイントには以下のようなものがあります。 姿勢が悪い 猫背で前かがみの状態で正面を見たり、逆に、椅子に浅く座って反り返った状態で正面を見ると、頭の重みを支えるために首にかかる負担が大きくなります。 姿勢をよくするために 机・椅子の高さ、パソコンモニターの位置などを見直し、無理しなくても背筋を伸ばしていられるように環境を整えましょう。 背中で左右の肩甲骨を引き寄せるようにすると、猫背になりにくいといわれています。 スマホ・PCの見過ぎ 熱中しながら作業を続けていると、つい無理な姿勢を長時間続けてしまいがちです。 スマホやPCを長時間見る時は 体の正面でタイピングできるようキーボードの位置や幅を整えます。 手首やひじが机から浮いていると、腕の重みが肩や首にかかってしまいます。 疲れを感じる前に、1時間に1回は休憩を取ってストレッチをするといった習慣をつけましょう。 寝具が合わない 仰向けに寝る場合と横向けで寝る場合では、必要な枕の高さが異なります。 横向きで寝ることが多いのに、仰向けに合わせた枕の高さにしていると、首に負担がかかることもあります。 マットレスが沈み込み過ぎたり、硬すぎたりしても体に負担がかかることがあります。 寝具が合わないかもと思ったら 寝具の耐用年数が過ぎたら買いかえるようにしましょう。 寝具店や枕専門店で、自分に合う高さの枕や寝具を選んでみましょう。 よくならないときには 日常生活でできる対処法を試しても症状がよくならない場合には、一度整形外科を受診しましょう。

次の