留守 電 再生。 保存した留守電メッセージを聞く方法

iPhoneで留守電を聞くやり方/設定方法【iPhone入門】 │ andropp(あんどろっぷ)

留守 電 再生

Docomo Docomoの場合は(月額300円)を契約する必要があります。 契約すると、自動的にサービスが「開始」に設定されます。 「停止」には操作が必要です。 最長3分までの留守番電話を最大20件、72時間まで保存できます。 アプリを使う方法 Docomoでは、Android用のを発表しています。 留守番電話アプリに対応した端末であれば、留守番電話サービスとspモードを契約すると自動的にアプリがインストールされます。 留守番電話に伝言メッセージがあると、ホーム画面に通知されます。 通知をタップするとアプリが起動し、メッセージを再生し、アプリからそのまま折り返し電話をかけたりメッセージを消去したりできます。 ダイヤルで操作する方法 電話アプリを起動して「 1417」をダイヤルすると、メッセージがあるか確認して再生できます。 あとはガイダンスにしたがって操作します。 au 3Gやガラケーの留守番電話サービスは無料ですが、4G LTEスマートフォンの場合は「」(月額300円)に契約する必要があります。 「お留守番サービスEX」では最長3分までの留守番電話を最大99件、1週間保存できます。 さらにいろいろな機能がついておトクな「電話きほんパック」「電話きほんパック(V)」を契約し、留守番電話サービスを利用することもできます。 操作 操作は電話アプリからダイヤル操作で行います。 電話アプリから「 1417」をダイヤルすると、メッセージがあるか確認して再生できます。 あとはガイダンスにしたがって操作するだけです。 ソフトバンク 基本のは無料ですが、有料の留守番電話プラス(月額300円)というオプションもあります。 スマホの料金プランが「スマ放題」の場合は「」(月額500円)または「」(月額300円)に加入する必要があります。 無料の留守番電話サービスでは最長3分までの留守番電話を最大30件、72時間保存できます。 留守番電話プラスでは、最長3分までの留守番電話を最大100件、1週間保存できます。 操作 操作は、電話アプリからダイヤル操作で行います。 無料の留守番電話サービスでも有料の留守番電話プラスでも操作方法は同じです。 無料の留守番電話サービスを開始するには、電話アプリから「 1414」をダイヤルします。 あとはガイダンスにしたがって設定を行います。 留守番電話サービスでメッセージを聞くには、電話アプリから「 1416」をダイヤルすると、メッセージがあるか確認して再生できます。 あとはガイダンスにしたがって操作します。 留守番電話サービスを契約していない場合 サービスを契約していなければ、メッセージを残すことはできません。 しかし、不在着信の通知があるので、そこから対応することはできます。 不在着信は、GoogleメッセージにSMSで保存されます。 Docomoなら「Docomo SMS」からのメッセージになります。 「Docomo SMS」をタップすると、これまでの不在着信を見ることができます。 キャリアで購入したスマホは、機種によっては専用のアプリやボタンが用意されているものもあります。 詳しくは、それぞれの機種の取扱説明書や、メーカーやキャリアの公式サイトを参考にしてください。 【あわせて読みたい記事】 ・ ・.

次の

スマホで留守番電話を聞く方法/設定 │ andropp(あんどろっぷ)

留守 電 再生

Androidの留守電!聞き方・消し方など基本操作を解説 留守電は各携帯会社が提供している サービスとなるため、操作方法が 異なります。 携帯会社によって、留守電アプリを 配信しているところもあり、 利用方法は多様化しています。 しかし、対応機種に限りがあったり 有料・無料サービスでアプリを 利用できなかったりすることもあります。 一番簡単な聞き方、消し方は 「1417(1416)」にダイヤルをすること! ガイダンスに沿って番号を押すだけで メッセージを再生・削除・保存 することができます。 あれ?でもなんで「1417」と 「1416」があるの? それは携帯会社によって 設定している番号が違うからなんです。 では、自分が契約している携帯会社の 留守電の聞き方と消し方を 詳しく見ていきましょう! 再生方法&削除方法は? 出典: それでは早速、留守電の再生・削除方法を ご紹介します! 携帯会社ごとにまとめましたので 自分の契約しているキャリアの操作方法を 確認してみましょう! docomo docomoでは、2015年夏モデルから ドコモ留守電アプリという 留守電専用のアプリが配信されています。 留守電が入ると自動的にアプリへ伝言が ダウンロードされ、アプリで留守電を 聞いたり消したりする操作が可能です。 残念なことに対応機種が限られているため、 まだすべての機種に対応していません。 SoftBank SoftBankには 無料で利用できる留守電と 有料の留守番電話プラスという サービスがあります。 料金プランがスマ放題の場合は 有料の留守番電話プラスに 加入が必須のようです。 留守番電話プラスでは ボイスメッセージというアプリがあり 留守電が入ると、自動的にアプリへ メッセージを保存してくれます。 削除方法 1.メッセージを聞き終わると ガイダンスが流れますので 「7」を押すと削除されます au auでは無料のお留守番サービスと 有料のお留守番サービスEXがあります。 利用しているAndroidの端末によって 契約内容が変わってくるようですが 操作方法はサービスに関わらず 同じになります。 再生方法 1.電話アプリを起動して 「1417」 とダイヤルします ガイダンスが流れると、自動的に メッセージが再生されます。 削除方法 1.メッセージを聞き終わると ガイダンスが流れますので 「9」を押すと削除されます 設定&解除方法は? 留守電のサービスに契約していても、 設定をしなければ 利用できない場合もあります。 docomo・auは「1411」 SoftBankは「1406」 ダイヤルをすると、サービス開始となります。 留守電を完全に解除する方法は 各携帯会社に留守電サービスの 解除を申し出る必要があります。 携帯会社のショップ、電話窓口、 インターネットから解除が可能です。 留守電サービスは他のサービスと セットになっていることも多いので 自分の契約内容をしっかり確認してから 解除の手続きをしましょう! 留守電アイコンの消し方は? Androidの通知エリアに 留守電のアイコンが表示されるのは 新しいメッセージもしくは 保存されたメッセージがある場合です。 消し方はカンタン。 留守電をすべて消去し、メッセージを 「0」にしてしまえばアイコンは消えます。 しかし・・・ 新しいメッセージも保存したものもないのに 何故かアイコンが消えない・・・! というときには、もしかすると キャッシュが残っているのかもしれません。 「1417(1416)」へダイヤルをして メッセージがないガイダンスを 一度聞くと、キャッシュが消去され、 アイコンが消えているはず! もし、それでもアイコンが消えない場合は 契約している携帯会社に 相談してみてくださいね。 Androidで留守電と伝言メモの違いとは!? 留守電と伝言メモの大きな違いは メッセージの保存先と圏外のときにもd 利用できるかになります。 留守電は圏外や電源を切っていても 携帯会社の留守電センターに 伝言を預けることができます。 伝言メモは端末に メッセージを保存するため、 電源を切っているときは 利用できません。 携帯会社が配信している サービス内容が異なるため、 留守電センターに保存できる 時間や件数は異なります。 また、伝言メモは利用している端末や 端末の空き容量によって 保存できる件数が決まっています。 そのため、いっぱいになると メッセージを入れられない! なんてこともあります。 最近はLINEですべてを済ましてしまうため、 あまり電話機能を利用していない私は、 留守電サービスに加入せず、伝言メモを 利用しています! 仕事などで電話を頻繁に利用されている場合 留守電サービスがおすすめですが、 そうでなければ有料の留守電サービスは 必要ないかもしれませんね。 まとめ Android留守電の 聞き方・消し方について ご紹介いたしましたが いかがでしたでしょうか。

次の

AQUOSの無料留守番電話アプリを活用しよう!|AQUOS:シャープ

留守 電 再生

留守番電話設定 PDF資料 VRS留守メッセージ変更方法• VRSメッセージ変更操作は親機で行います。 その場合は受話器の代わりにスピーカボタンとなります。 3項目より操作を選択します。 4-1. 録音操作 4-2. メッセージNoを入力。 メッセージNoは001〜100の3桁になります。 再生方法は、「5-1. 再生操作」をご確認ください。 4-3. 5-1. 再生操作 5-2. メッセージNoを入力。 メッセージNoは001〜100の3桁になります。 5-3. 以上で再生操作は完了となります。 6-1. 消去操作 6-2. メッセージNoを入力。 メッセージNoは001〜100の3桁になります。 再生方法は、「5-1. 再生操作」をご確認ください。 特に表示は変わらず音も鳴りませんが消去はされております。 スピーカボタン押して操作終了。 以上で消去操作は完了となります。 ビジネスフォンに関するお問い合わせ たよれーるコンタクトセンターへご連絡いただけますよう、お願いいたします。

次の