エース バーン 育成 論。 【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【主人公ポケモン!ヌルアント対策】

エースバーン育成論 : ハチマキリベロエースバーン|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

エース バーン 育成 論

エースバーンの基本情報 タイプ・特性 タイプ ほのお 特性 もうか HPが3分の1以下で ほのおタイプの技が1. とびひざげりを採用することでカビゴンやバンギラスなど、ほのお技だけでは倒しづらかったポケモンも突破しやすくなります。 性格は攻撃を上げるいじっぱりでも問題ありませんが、先制で攻撃しやすくなるようきが無難です。 おすすめ技構成 フレアドライブ 高火力のほのお技で命中が100なので外す心配がありません。 とびひざげり ノーマルやあくなど、ほのお技で対応し辛い敵に対して刺さりやすいです。 ふいうちを使う場合は相手の型からある程度技を読む必要があるので注意しましょう。 しねんのずつき アイアンヘッド タイプ補完として必要な場合は採用するのもいいでしょう。 基本的には素早さを活かして上から殴る型なので持ち物はいのちのたまで火力をアップさせるのがおすすめです。 しかし、耐久力が心もとないので、万が一素早さで負けても1度だけ耐えられるきあいのタスキ を持たせるかこらえるを覚えさせるのも一つの手です。 特性のもうかを活かしたい場合はHPが4分の1以下で火力が上がるチイラのみを持たせましょう。 命中が90ですが反動を受けません。 フレアドライブは命中が100ですが体力が削られてしまうので、 きあいのタスキを持たせる場合はかえんボールの方が安定でしょう。 とびひざげり 確定技 ほのおタイプの弱点であるいわタイプに刺さる格闘技です。 いかりのまえば 当たれば確実に体力を半分にすることができるので耐久の高いポケモンや相性の悪いポケモンに対してごり押しすることができます。 とんぼがえり ダメージを与えつつ他のポケモンに変更することができます。 ランクバトルでも技の採用率は高め。 エースバーンの対策・弱点 麻痺が有効 エースバーンは物理アタッカーとしての採用が多いため、行動を制限できる麻痺が非常に機能します。 ただし、エースバーンはほのおタイプのため、鬼火などによるやけどは効かないということは留意しておきましょう。 攻撃ダウンを活用しよう エースバーンは攻撃に特化しているため、攻撃をダウンさせる変化技が効果的です。 いかくであれば場に出しただけで攻撃を下げることができるので、相手の編成からエースバーンの順番を読んだ場合はうまく活用していきましょう。 対策におすすめのポケモン ポケモン 概要 ギャラドス ・いかくによりAを下げられる ・たきのぼりで確1を取れる 水ロトム ・ハイドロポンプで確1を取れる ・一方的に有利を取れる ドヒドイデ ・水属性かつ防御が高いため技を受けやすい ・水技で弱点を突ける ヌオー ・耐久しつつダメージを与えられる ・エースバーンはヌオーへの有効打が少ない エースバーンの与ダメージ計算 フレアドライブ エースバーンの攻撃の個体値が31、努力値が252、もうか発動時のフレアドライブで相手ポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。 とびひざげり エースバーンの努力値が252、持ち物がいのちのたま、特性がリベロでとびひざげりを使った場合、相手のポケモンを何発で落とせるかを掲載しています。

次の

【ポケモン剣盾】炎タイプ御三家エースバーンの育成論をゲッコウガっぽく考えてみた【種族値と育成論】

エース バーン 育成 論

ページ:• 投稿者:どる• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:大天使 ポケモン復帰• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:アンチマン• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:アイリス• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:あいうえお• コメント 9 みんなの評価 :• 投稿者:rin• コメント 35 みんなの評価 :• 投稿者:まじん。 コメント 10 みんなの評価 :• 投稿者:アブソリュート・デュオ• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:kzk• コメント 39 みんなの評価 :• 投稿者:みね• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:ヒバニー愛好家• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:代々デフォネ• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:ポジリドリー• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:tさくや さく? 陽キャラ??? コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:まっしゅ• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:真鰺• コメント 4 みんなの評価 :• 投稿者:ミズキ• コメント 5 みんなの評価 :• 投稿者:毘沙門天• コメント 15 みんなの評価 :• 投稿者:willow• コメント 3 みんなの評価 :.

次の

【育成論】エースバーンの調整と対策方法(ポケモン剣盾)

エース バーン 育成 論

見た目のダサさも去ることながら名前までダサいので、炎の御三家を選ぶことは並大抵の覚悟がないと難しいという持論をより完璧なものに昇華してくれたのがエースバーンの功績なのではないかと思っています。 インテレオンと同じく、特性《もうか》とダイバーンによる晴れ効果で炎タイプの大火力で攻めていくポケモンです。 隠れ特性の《リベロ》もゲッコウガの《へんげんじざい》と同じ効果を持っているので、解禁後にはまた評価が変わってくるとは思いますが、ここでは猛火を前提に考察します。 元々の素早さが高いので、素早さの上をとって身代わりを張りながら猛火圏内まで自分自身のHPを削っていきましょう。 とは言えドラパルトや、それこそ同じ戦術を取るインテレオンに関しては素早さ負けしているので、猛火戦術と相性のいい《カムラのみ》を使って素早さを補うのもいいでしょう。 また、耐久種族値も決して高くはないものの、ペラッペラの紙耐久というレベルでもないため、仮想敵に合わせて耐久調整を施すことで、相手の攻撃を耐えつつ猛火の発動を狙ってもいいと思います。 猛火やカムラ、チイラのみといったピンチの時に発動する効果も、HPを倍にするダイマックスと併用すれば、発動中でも多少の耐久を確保できるので過去作に比べると動きやすさは段違いのはずです。 先制技として《ふいうち》を覚えたりするので、カムラ無しでもドラパルトに縛られにくいのも評価が高いでしょう。 ただ、現環境における炎タイプは、サザンドラなどのドラゴンタイプ、バンギラス、ロトムといった炎耐性を持つポケモンが多いことから一貫性を作るのが難しいですが、アーマーガアやナットレイなどのよく見る鋼タイプを身代わりの起点にできる点が非常に強力です。 インテレオンと異なり、炎タイプゆえのメジャータイプの弱点の多さが注意すべきポイントなので、どのタイミングで動き出すのかというのがエースバーンの使い手として試されることでしょう。 技考察 かえんボール 物理炎技の最高打点。 フレアドライブとは、命中率や反動ダメージの有無で選択になりますが、タスキを持てるようになったり猛火との相性もいいので火炎ボール推奨です。 晴れ+猛火で威力が405となり、たとえ半減されたとしても大ダメージは必至でしょう とびひざげり 炎タイプに対して繰り出される岩タイプに強烈に刺さります。 また、抜群を取れずとも炎を半減するポケモンに対して等倍ダメージが出しやすく、素の威力が高いので相性補完に最適ですが、技を外したりゴーストタイプに無効化されたり守られたりすると自分自身のHP最大値の半分が削れてしまうので、不安定さがあります ふいうち 威力の高い先制技。 相手が攻撃技を選択していないと技が出ませんが、前述の通りS負けしているドラパルトを縛り返せるのが強みです ダストシュート 高威力の毒技です。 毒タイプに変化することで水、岩からの攻撃を等倍に抑えることができるので、主にリベロでの採用となります アクロバット こちらはリベロ時に地面技を透かせるようになります。 ダイマックス中には素早さを上げる追加効果を発動できたり、タスキやカムラといった消費アイテムとの相性もいいので選択肢として魅力的な技です ニトロチャージ 非ダイマックス時に能動的に素早さを上げることができる技です。 晴れギミックを使う意味でも一度はダイマックスを経由したいポケモンなので、火焔ボールとタイプが被りダイジェットと効果が被るこの技はスペース的にも採用は難しいと思ってます しねんのずつき 炎、格闘をメインに据えるとキツいドヒドイデに対する役割破壊ができる技です。 サイコフィールドを展開してしまうと、不意打ちとの相性が悪くなり、そもそもスペース的に厳しくなります アイアンヘッド 技範囲を広げるわけではありませんが、ダイスチルで耐久を上げることができます いかりのまえば 相手のHPを半分削り取りますが、条件下の火焔ボールでも相手のHPを半分削るぐらいのことは大抵の場合で可能です カウンター タスキとの相性が良く、次ターンも猛火で殴れるようになるので無くはないです ブラストバーン インテレオンと違い、物理ベースのエースバーンとは不協和音が発生します。 御三家しか使えないし反動もあるし、AとCの高いほうにカテゴリを合わせるみたいな効果があっても良いと思いました(小並感) みがわり HP調整として、またダイマックス中のダイウォールとして使いどころが多い技です。 まぁ向こうには自己再生があるので、ドヒドイデ入りに出しにくいポケモンですね。 HP無振り(実数値155)で 4n-3 の状態なので、残りの4は防御か特防に回しましょう。

次の