トリス クラシック。 トリス<クラシック>新発売/すっきり軽快ウイスキー [ウイスキー&バー] All About

トリス<クラシック>新発売/すっきり軽快ウイスキー [ウイスキー&バー] All About

トリス クラシック

そして、そのハイボールに使ってるウィスキーがこのサントリー「トリスクラシック」です。 アルコール度数は37%です。 お酒はそんなに強くないので、さすがにロックではのみません。 ウィスキーが美味しいってわかるほど、まだ大人になりきれてないってのもありますがw スーパーマーケットなどでは600~700円くらいで買えますので、 お財布にも優しい仕上がりになっております。 水割りやハイボールなどなら結構コスパいいんじゃないでしょうか。 「トリスクラシック」は吉高由里子さんがCMやってますね。 そもそもハイボール用として売ってるんですかね、これ。 ちなみに、「トリスウィスキー」のマスコットのおじさんキャラの名前は 「アンクルトリス」と言うらしいです。 トリスおじさん。 トリスハイボール 「トリスクラシック」ですが、もちろんハイボールで味わいます。 ハイボールと言えば、 「ウィスキー」+「炭酸水」です。 他にも、 「ジンジャーハイボール」(「ウィスキー」+「ジンジャエール」) 「コークハイボール」(「ウィスキー」+「コーラ」) 「ウィスキー」+「カルピス」 「ウィスキー」+「炭酸水」 など、アレンジによっては色んな飲み方ができます。 ウィスキー自体ちょっと苦手な人は、少し甘めの飲み物と割ると飲みやすくなります。 ただ、甘ったるくなるので、 我が家では最近、「ウィスキー」+「炭酸水(レモン)」がスタンダード。 「ウィスキー」+「炭酸水」だと、慣れなないと結構ウィスキーがガツンと来ます。 結構って言うか少しですけど・・ 私のように初心者の方には、「ウィスキー」+「炭酸水(レモン)」がオススメ。 「トリスクラシック」での「トリスハイボール」以外にも 「角ハイボール」こと「角瓶」もありますが、 こちらはちょっと大人向けかな。 おそらく味わいは「角瓶」の方がいいと思います。 飲みやすいのは「トリスクラシック」かな。 宅飲みするなら「ハイボール」で自分流のアレンジを楽しむのもいいんじゃないでしょうか。 以下、サントリー「トリスクラシック」の評価です。

次の

トリスクラシック|楽天西友ネットスーパー

トリス クラシック

そして、そのハイボールに使ってるウィスキーがこのサントリー「トリスクラシック」です。 アルコール度数は37%です。 お酒はそんなに強くないので、さすがにロックではのみません。 ウィスキーが美味しいってわかるほど、まだ大人になりきれてないってのもありますがw スーパーマーケットなどでは600~700円くらいで買えますので、 お財布にも優しい仕上がりになっております。 水割りやハイボールなどなら結構コスパいいんじゃないでしょうか。 「トリスクラシック」は吉高由里子さんがCMやってますね。 そもそもハイボール用として売ってるんですかね、これ。 ちなみに、「トリスウィスキー」のマスコットのおじさんキャラの名前は 「アンクルトリス」と言うらしいです。 トリスおじさん。 トリスハイボール 「トリスクラシック」ですが、もちろんハイボールで味わいます。 ハイボールと言えば、 「ウィスキー」+「炭酸水」です。 他にも、 「ジンジャーハイボール」(「ウィスキー」+「ジンジャエール」) 「コークハイボール」(「ウィスキー」+「コーラ」) 「ウィスキー」+「カルピス」 「ウィスキー」+「炭酸水」 など、アレンジによっては色んな飲み方ができます。 ウィスキー自体ちょっと苦手な人は、少し甘めの飲み物と割ると飲みやすくなります。 ただ、甘ったるくなるので、 我が家では最近、「ウィスキー」+「炭酸水(レモン)」がスタンダード。 「ウィスキー」+「炭酸水」だと、慣れなないと結構ウィスキーがガツンと来ます。 結構って言うか少しですけど・・ 私のように初心者の方には、「ウィスキー」+「炭酸水(レモン)」がオススメ。 「トリスクラシック」での「トリスハイボール」以外にも 「角ハイボール」こと「角瓶」もありますが、 こちらはちょっと大人向けかな。 おそらく味わいは「角瓶」の方がいいと思います。 飲みやすいのは「トリスクラシック」かな。 宅飲みするなら「ハイボール」で自分流のアレンジを楽しむのもいいんじゃないでしょうか。 以下、サントリー「トリスクラシック」の評価です。

次の

トリスウイスキーについて

トリス クラシック

このページの目次 CLOSE• サントリー トリス クラシック サントリーの トリス クラシックです。 サントリーが販売するブレンデッドウイスキーで、 マッサンブームの最中に発売されました。 2015年9月に「トリス〈ブラック〉」の後継商品として発売さ、 アルコール度数は従来のトリス同様の37度に抑えられています。 シェリー樽モルトのスパニッシュオークに由来する熟成香を生かしつつ、 オイリーな白州モルトが淡い香味ながらもボディに厚みを与える。 奥行きと立体感のあるバランスの良い香味です。 】だそうです。 (サントリーホームページ参照) (参考価格) ・ブレンデッド ・アルコール度数 37度 ・180ml 285円 ・700ml 900円 ・2700ml 3,110円 ・4000ml 4,430円 サントリー トリス クラシックの飲み方、レビュー (ストレート) 香りはアルコールがメインで、若干の果実感がほんのり、 そのほかは、残念ながらあまり感じとれませんでした。 飲んでみると、まずはアルコールの刺激、 その後に甘さがありまが、味に深さはありません。 酸味やスモーキー感も感じられません。 悪い意味で、後味が刺激的です。 (ロック) 香りは、ロックにすると落ち着いた感じで、アルコールの香りのみ。 味はアルコールの刺激が薄くなった分、甘さが出てきます。 ただ、ストレートと同じで、後味の悪さはかわりません。 (トワイスアップ) 香りは、トワイスアップにしてみると、アルコールがさらに落ち着いて 樽の香りなのか、心地よい香りが引き立ちます。 味は、アルコールの刺激が薄くなり、ウイスキーらしさが見えてきます。 自分の好みとしては、本来はストレートが好きなのですが、 トリスクラシックにおいてはトワイスアップが好みです。 ハイボール) 香りは、癖のない香りというか、ほんのりウイスキーっぽい感じ。 味は、嫌なアルコールくささが無くなり、飲みやすくなりましたが、 ウイスキーとしてのおいしさが少なくなったような気がします。 ハイボール向けとされていますが、ハイボールでもちょっと。 価格も700mlあたり、800円前後、もしかしたらもっと安く買えます。 いろんな方が、ハイボールがおすすめの飲み方としていますが、 ハイボールにしてみても、ちょっと美味しさを感じることができませんでした。 おすすめの飲み方としては、トワイスアップくらいでしょうか。 まあ、好みでしょうが・・・ スポンサーリンク ウイスキー関連記事 サントリー のどごし爽快ウイスキー 三四郎(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー 和イスキー 膳(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー 膳丸(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー ウイスキーレッドの飲み方とレビュー、評価 サントリー 角瓶の飲み方とレビュー、評価 サントリー プレミアム角瓶の飲み方とレビュー、評価 サントリー 山崎 NA(ノンエイジ)の飲み方とレビュー、評価 サントリー 山崎 12年の飲み方とレビュー、評価 サントリー 白州 NA(ノンエイジ)の飲み方とレビュー、評価 サントリー 白州 12年の飲み方とレビュー、評価 サントリー 知多の飲み方とレビュー、評価 サントリー ローヤル スリムボトルの飲み方とレビュー、評価 サントリー ローヤル 12年(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー ホワイトの飲み方とレビュー、評価 サントリー ホワイト スーパークリーン(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー スペシャルリザーブ 10年(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー スペシャルリザーブ 12年(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー Q 1000 1級(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー ウイスキー 座(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー ウイスキー 角瓶 復刻版(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー オールド 特級(終売品)の飲み方とレビュー、評価 サントリー オールド プレミアム(終売品)の飲み方とレビュー、評価.

次の