東京 パワー スポット 神社。 東京都内最強パワースポット「大宮八幡宮」の伝説/Mr.都市伝説・関暁夫の連載 Vol.00【Lets】レッツエンジョイ東京

東京の祈願別パワースポット|スピリチュアルの達人が厳選【2019】

東京 パワー スポット 神社

パワースポット目次• 歴史が動く舞台になった火の神様 愛宕神社はもともと火除け・火伏せの神として有名でした。 京都の愛宕神社より勧進されたのが愛宕神社(東京)の始まりです。 標高26mの山の上に立っており、なぜこんなところに山ができたのかは地質学的にも謎のままです。 桜田門外の変の前に水戸浪士の集結の場所になったり、勝海舟と西郷隆盛の江戸城明け渡しの会談の場所になったり、NHKによる日本初のラジオ放送が行われるなど、数々の歴史の名場面の舞台となりました。 愛宕神社(東京)の概要 名称:愛宕神社(東京) ふりがな:あたごじんじゃ 主祭神:火産霊命・罔象女命(相殿)・大山祇命(相殿)・日本武尊(相殿) 創建:1603年 住所:東京都港区愛宕1-5-3 アクセス:地下鉄「神谷町駅」より徒歩10分、地下鉄「虎ノ門駅」より徒歩10分、JR「新橋駅」より徒歩15分 別称:特になし 属性:神道、火、水・海、大地・山、武神・軍神 公式HP: 愛宕神社(東京)のご利益 守護(特に諸難除け・災難除け、火災除け) 恋愛・良縁(特に縁結び、良縁、恋愛成就) 金運(特に商売繁盛) 愛宕神社(東京) のお参りの仕方 神道式参拝です。 愛宕神社(東京)のパワースポットトピックス 徳川家にゆかりの深い神社であり、曲垣平九郎の故事などで出世にご利益があると言われています。 ビジネスの中心地である港区にぴったりの神社です。 出世の石段をひとっ飛び 参道にある86段の急勾配の石段は出世の石段として有名です。 徳川家光が階段の上にある梅の枝を所望された際に、曲垣平九郎は見事40度の傾斜のある石段を駆け上って見事梅の花を家光に献上します。 この石段は明治以降3人の名人が石段を駆け上がることに成功したそうです。 曲垣平九郎の出世譚にちなんで、愛宕神社(東京)は出世にご利益があると言われています。 招き石で幸運を呼び寄せる 社殿の手前にある招き石を撫でると福が身につくと言われています。 末社も豊富で様々なご利益を期待できる 愛宕神社は境内に太郎坊社(天狗・猿田彦)で道案内のご利益、稲荷で商売繁盛、弁財天で芸能、金運UPなど様々なご利益が期待できます。 こんなパワースポットも人気です。 日吉神社(東京)は日本の政治経済の中心である赤坂のど真ん中にある神社です。 比叡山にルーツを持つ山王さまを祀る神社として古くから信仰を集めました。 近くには省庁や大企業の本社が並ぶため、ビジネスマンの参拝が非常に目立ちます。 Posted in• 豊川稲荷東京別院は、名奉行大岡越前が自分の屋敷内に豊川稲荷を勧進したのが始まりです。 稲荷神社ではありますが、曹洞宗の寺院という変わった成り立ちをしており、稲荷なのに赤い鳥居がないという個性的な神社です。 Posted in , , , , ,• 源頼義・義家父子が前九年の役の際に安倍貞任討伐の祈願のため建立した鳩森八幡宮が前進です。 その後江戸時代に南部藩主南部氏が現在の場所に再建しました。 国の選択無形文化財に指定されているチャグチャグ馬コが有名で、境内に12も社殿があることから神社のテーマパークと呼ばれることもあります。 Posted in , , , , , ,• 本山は成田山新勝寺。 成田山の不動明王は江戸時代大変な人気で、5大将軍綱吉の母である圭昌院が江戸で参拝したいと言い出し、新勝寺の不動明王を出張して展示したのが、深川不動堂の始まりでした。 その後廃仏毀釈によって展示場所であった永代寺は廃寺となりますが、不動明王信仰は根強く、跡地に不動堂が創建されました。 Posted in• 神社の歴史自体は古く1100年近くの歴史があります。 徳川八代将軍吉宗の時代に今の場所に移転しました。 江戸時代以来の天災・戦禍をまぶがれており、江戸時代以来の姿がそのまま残っています。 都心のオアシスとして親しまれる一方、縁結びの神様として人気です。 Posted in ,• 深大寺は733年に創建された寺院です。 ある青年がこの土地の豪族の娘に恋をし、恋文を千通送りますが、両親に反対され娘は湖の小島に隠されてしまいます。 青年は最遊記の沙悟浄としておなじみの「深沙大王」に祈ったところ、霊亀が青年を島まで運んでくれました。 Posted in , ,• 浅草寺は外国人が東京観光で必ず行く場所の一つです。 境内は仲見世という商店街が並び江戸時代以降現代に至るまで大歓楽街に発展し続けてきました。 都内最古の寺院でもあり、奈良時代にこの辺りの漁師の網に聖観世音菩薩像がかかったことからお堂を建ててことが始まりと言われています。 Posted in• 芝大神宮は伊勢神宮を鎌倉時代に勧進して創建されました。 江戸時代は門前町もたいそうな賑わいを見せ、江戸の一大歓楽街として栄えました。 芝大神宮のお守りは当時から縁結びnご利益があると言われ、江戸の町娘たちに大人気だったということです。 Posted in ,• 貴船神社は神武天皇の母である玉依姫命が水神の加護を受け大阪湾から川を遡り上陸したのが始まりだと言われています。 絵馬の発祥の地、和泉式部がお参りをしたところ夫と復縁できたという恋愛成就のエピソード、丑の刻参り(呪いの解釈は間違い)など様々な物語が貴船神社から生まれました。 Posted in ,• 古代より祭祀が行われており、三輪山をそのまま拝むため本殿がない非常に変わった神社です。 三輪山には古代遺跡も残っており、古事記や日本書紀でも伝説が多く伝わっているミステリースポットでもあります。 おおみわじんじゃと読みますが、美輪=神とのことからこの読み方になっています。 Posted in• 待乳山聖天は浅草寺の近くにある穴場的なパワースポットです。 境内には大根がお供えとして備えられ、巾着モチーフの造形物もたくさん目に入ります。 夫婦円満のお参りに人気です。 七福神としては毘沙門天を祀っっており、勝負事の神様としても有名です。 Posted in• 祭神の天津日高彦穂々出見尊は580歳まで生きて筑紫国(今の鹿児島県)を納め後いう伝説があります。 鹿児島神宮は天津日高彦穂々出見尊が住んでいた宮殿「高千穂宮」を、死後に鹿児島神宮にしたというのが始まりと言われています。 Posted in ,• 江戸時代には寛永寺を比叡山延暦寺、不忍池は琵琶湖に見立てられて造成されたそうです。 琵琶湖の真ん中にある聖地竹生島に見立てて、不忍池にも中島が築かれ、弁天堂が建立されました。 寛永寺と不忍池の造成計画を立てた天海僧正は、「庶民の憩いの場になるように」という願いを込めて蓮と桜を埋めたそうです。 Posted in ,• もともと田中稲荷と呼ばれていましたが、江戸時代に豪商三井家が自家の守り神として勧進しました。 三井の「井」の字にかこいをつけると「囲」になるため、三囲神社は三井家のための神社であり、弘法大師の伝説は後付けだと言われています。 Posted in , ,• 明治天皇と昭憲皇太后を祀っている神社で、明治期以降にできた比較的新しい神社ですが、日本を代表する神社であり、渋谷原宿という立地の影響もありたくさんの参拝客、外国人観光客が訪れます。 パワースポットとしては清正井が有名でマスコミに度々取り上げられました。 広大な森に囲まれており都会のオアシスとしても人気です。 Posted in , ,• 日本の軍事の守護神として古来から国のVIPたちの崇敬を集めました。 海賊であった伊豫水軍は白村江の戦い、藤原純友の乱、壇ノ浦の戦い、元寇と中世まで日本の海戦の主役として瀬戸内海で活躍し、伊豫水軍の力を借りた幕府や朝廷の武将たちは刀剣や甲冑類を大山祇神社に奉納しました。 Posted in ,• 東京のビジネス街のど真ん中、日本橋にある水天宮です。 水天宮の総本山は福岡県にある久留米水天宮です。 江戸時代に久留米藩主の有馬頼徳が江戸屋敷内に分祀したのが今の水天宮の起源です。 明治5年に今の住所に移りました。 Posted in , ,• 神田神社のお祭り「神田祭」は江戸3大祭りの一つとされており、江戸時代から下町の住民の信仰を集めてきました。 その歴史は古く、元々は出雲族の末裔である真神田臣(まかんだおみ)によって現在の大手町のあたりに創建されたのが始まりです。 Posted in , ,• 宇佐神社は聖武天皇の勅願によって応神天皇を祀り始めたのが創建と言われていますが、それ以前にも聖地として崇敬の対象でした。 祭神の一人比売大神は女神であるということ以外に出自がよくわかっていない神で、一説には卑弥呼を祀っていると言われています。 Posted in , ,• 高山稲荷神社は、青森県は津軽半島にある、参道に連なる「千本鳥居」が有名な神社です。 北海道新幹線開業に合わせたキャンペーンで取り上げられ、参拝客が急増しました。 Posted in ,• 正式名称は浄土宗極楽山西方寺といいます。 平家の重臣・平貞能が平家衰退の折に守り抜いた阿弥陀如来の御宝軸を、墓上に祀ったことが起源とされています。 貞能が定義と名を改めたことから、「定義さん」と呼ばれ、大願成就の如来として多くの人々に親しまれています。 Posted in , , , ,• 少林山達磨寺は、高崎名物の縁起だるま発祥の寺として有名です。 明治時代に火災によって寺院とともに古文書の大半が焼失してしまい、創建などは不詳となりました。 Posted in , , ,• 根津神社は4世紀前半に日本武尊によって現在の千駄木付近に創建されたという、伝説的な古社です。 その後、江戸城を作った太田道灌によって社殿が建てられ、徳川5代将軍綱吉の時代に現在の根津に遷座しました。 その時に作られた建築物は全て国の重要文化財です。 Posted in , ,• 高牟神社の祭神の高皇産霊神・神皇産霊神を祀る神社は全国でも珍しいです。 なぜ珍しいかというと、この2神は日本の神々の中で最も古い神と考えられており、古事記では天地創造の主役です。 これほど古い神を祀っているというのはあまり例がないのです。 Posted in ,• 岩清水八幡宮は大分の宇佐神宮からの神託を受け、京都の裏鬼門を守る八幡宮として武士から崇敬を受けて来ました。 源氏の氏神であり、武神・弓矢の神・必勝の神として江戸時代まで多くの有名武将が参拝しています。 Posted in , ,• 鑑真が建立したと言われ、弘法大師の伝説も残る由緒正しいお寺です。 境内には屋島の氏神である太三郎狸を祀る蓑山大明神もあります。 太三郎狸は日本三大狸の一つで、平成狸合戦ぽんぽこのモデルになりました。 Posted in , , , ,• 金劔宮は古くは剣宮と言われ、戦勝祈願をする武将たちに篤く信仰されてきました。 特に戦国時代までは白山三社と呼ばれ篤く信仰されており、源義経の参拝の記録も残っています。 近年では金運アップの神社として有名になりました。 Posted in , , ,• 地主神社は修学旅行で京都に来た女子中高生の人気のスポットです。 理由は縁結びのご利益が有名だからですが、境内には縁結び以外にも様々なご利益が期待できるパワースポットにあふれています。 清水寺の近くというのも常に混雑している理由ですが、実は京都で最も古い歴史を持つ古社の一つです。 Posted in , , , ,• 虎ノ門という日本のビジネスと政治の中心にある金比羅様です。 香川県が発祥の神様で、江戸時代に讃岐藩邸内にありましたがあまりの人気で江戸町人に屋敷の参拝を解放したという逸話があります。 禁酒・禁煙の「押手の誓」という祈祷を受けることができます。 Posted in• 継体天皇が治水工事を行い越前平野を拓いた際、九頭竜川(黒龍川)の守護と国土平穏、万民守護のために高龗神、闇龗神を祀った「毛谷神社」が始まり。 神祇史によると国土開闢の際に国土守護のために四座の神を祀ったとされ、毛谷黒龍神社はその一つとされています。 Posted in , , ,• 元々は萬福庵という観音様と弁天様を祀る草庵だったということです。 室町時代末期にこの草庵に一人の老人が稲穂を持って現れたため歓迎して滞在してもらったところ、実は老人は稲荷大神だったという伝説があります。 それ以来江戸の稲荷神社として数々の奇跡を起こしてきました。 Posted in• 劔神社の創祀は悠久の昔に遡り、神功皇后摂政の頃、第十四代仲哀天皇の第二皇子忍熊王が劔大明神として現地に社を祀ったことに始まります。 奈良時代より祈願の霊場として厚い信仰を集めました。 Posted in , , ,• 秋葉神社の祭神は火之迦具土大神といって伊邪那岐尊と伊弉冉尊の末子です。 火の神として崇敬され、木造建築が中心の日本においては鎮火・防火のご利益のある神社として秋葉神社は重要な神社でした。 最盛期の江戸末期には全国に2万7000社の秋葉神社があったと言います。 秋葉山本宮秋葉神社は全国の秋葉神社ときはの総本山です。 Posted in• 大崎八幡宮の創建年代は不明ですが、坂上田村麻呂が宇佐神宮を現在の岩手県奥州市水沢に勧請し、室町時代に奥州管領大崎氏が、現宮城県大崎市に移したことから大崎八幡宮と呼ばれます。 Posted in , ,• 皆中稲荷神社の皆中とは「みなあたる」という読み方もできます。 新宿区の百人町はもともと江戸幕府の鉄砲隊「百人組」が住んでいたことからその名がつきました。 しかしこの百人組鉄砲の腕前はからきしで上達せず困っていました。 Posted in , ,• 源氏にゆかりが深い神社です。 そもそもの歴史は古く宿窪明神という古代の霊場でした。 その後源義経が冠の中に伏見稲荷神社の分霊を肝心してきたのを納めます。 その後新田義貞がつうは甘くらバクホ討伐の際に兜の中に神霊を呼び込み戦勝祈願し、見事勝利しました。 Posted in ,• 所属自治体は青梅市ですが、奥多摩の山間部にある神社といった方がイメージが湧くでしょう。 駅から20分バスでケーブルカーの駅まで行き、ケーブルカーで登山後さらに歩くという東京とは思えない場所にあります。 古代から重要な神域とされ、江戸時代には江戸城の守護の役割があった強力なパワースポットです。 Posted in ,• 富岡八幡宮は江戸の昔から、徳川家の庇護を受け周辺は「門前仲町」として栄えます。 例祭である深川八幡祭りは日本で最大の大きさの神輿を誇る江戸三大祭りに数えられています。 深川地区の鎮守として栄えてきましたが、2017年に宮司が親族間のトラブルで殺害されるという事件が起こりました。 Posted in• 王子神社は平安時代以前から王子にある歴史ある神社です。 熊野詣でで有名な紀州熊野権現三社から勧進されており、日本代表のトレードマークである八咫烏が眷属です。 末社の関神社は百人一首で有名な蝉丸が祭神です。 Posted in ,• 武蔵国三大宮として東京で最も由緒のある神社の一つです。 平安時代に源頼義が奥州の安倍氏討伐に向かう際に、この地で八幡大神のシンボルである八畳の白雲に出会いました。 そして石清水八幡宮が肝心されたことで、まずは必勝の神として崇め奉られました。 Posted in , ,• 神武天皇の東征で一同を導いた八咫烏の化身である賀茂建角身命とその娘の玉依媛命を祀っています。 日本建国に関わる神であり、京都の守護として非常に重要な神社です。 糺の森に位置し、京都人の心のふるさとといってもいいパワースポットでしょう。 Posted in ,• 筑波山は男体山と女体山の二つからなる双耳峰です。 筑波山神社はそれぞれの頂上に本殿があり、筑波山の中腹にある拝殿から拝むこともできますし、登山して直接参拝することもできます。 男と女の山ということから夫婦和合の神として子宝祈願や夫婦円満のご利益が期待できます。 Posted in , ,• 椿大神社は天孫降臨神話で瓊瓊杵尊の道案内をした猿田彦大神を祀っています。 修験道の中心地としても栄え、現宮司は役小角の末裔であると言われています。 獅子舞発祥の地とされ、吉備真備の奉納した獅子頭が現存しています。 Posted in , , ,• 元々は阿蘇山自体を崇めていたと考えられますが、その後建磐龍命がこの地を収めることになり、阿蘇神社ではその一族を祀っています。 阿蘇山の火口自体が建磐龍命と見なされており、宮司の阿蘇氏はその末裔とされています。 Posted in• 会津地方の象徴とも言える磐梯山をご神体としています。 素朴な神社で派手さはありませんが、地元に親しまれている感じが伝わってきます。 社殿の前の垢鳥居は、なんと宮司が塩化ビニールとコンクリートを使って自作したということです。 桜の木や名水で有名で、春には満開の桜の下でお茶の野点が開催されます。 Posted in• 源頼家が奥州鎮圧の記念に兜と太刀を納めや肩上を祀ったのが起源とされています。 また、江戸時代に当時の宮司が住む庵を作るために、山裾を切り開くと大穴が出現し中から金銅の御神像があらわれたそうです。 時の将軍家光は穴八幡宮を正式な幕府の祈祷所、城北の総鎮護としました。 Posted in , ,• 門田稲荷神社は日本の三大縁切稲荷の一つです。 人間関係の縁切りの祈願はやはり非常に多く、男女の縁切り、親類との縁切りを願う奉納絵馬で絵馬掛けは埋め尽くされ、瘴気を放っています。 マイナスパワースポットですので、緊急時以外は近寄らないほうがいいでしょう。 Posted in ,• 長崎は戦国時代からキリスト教の影響が濃いエリアだったため、町民から打ちこわしにあってしまいますが江戸時代に再興され、その後日本三大祭りの1つである長崎くんちが開催されることで有名になります。 境内の狛犬も見所です。 Posted in• 祭神の家津美御子大神は、素戔嗚尊や阿弥陀如来のことであると言われていま。 しかし、実はニギハヤヒという大和朝廷より以前の朝廷の神を祀っているという説もあり、謎が多いです。 熊野詣でのゴールであり、再生のエネルギーが強い神社です。 Posted in• 出羽三山の一つ月山は、月読命を祀る神社です。 月読命は天照大御神・須佐之男命と一緒に生まれた三兄弟の一人で、夜・死後の世界・海上の守護を受け持っているといわれています。 月山神社は出羽三山の中では死後の世界の象徴であるとされ、生命力UPや再出発に絶好のパワースポットです。 Posted in• 東京大神宮は明治時代に創建された比較的新しい神社ですが、伊勢神宮の代わりにお参りすることができる神社として当時から人気でした。 大正天皇が日本で初めての神前結婚式をあげたことで縁結びの神様として信仰されるようになり、今や若い女性で行列ができるパワースポットです。 Posted in• 元々は班女神社と呼ばれていましたが、いつの頃からか訛って繁昌神社と言われるようになりました。 安産や縁結びの神様として崇められる一方、繁昌神社と呼ばれるようになってからは金運アップ商売繁盛のご利益でも人気です。 Posted in , , ,• 角館の総鎮守として安土桃山時代以降に栄えました。 例大祭では角館の町内中から山車が引かれ、その上で娘が独特の囃子に合わせてて踊りをする飾山囃子(おやまばやし)が行われます。 金運アップのエピソードもある神社です。 Posted in , ,• 熊野三山は「熊野本宮大社」「熊野速玉大社」「熊野那智大社」の総称であり、奈良時代以降日本で最もパワーのある修験道の聖地として、熊野詣でが盛んに行われてきました。 道や環境はかなり厳しく、現在でも極限状態の中で神と出会うと言われています。 Posted in• 生石神社は巨大な石を御神体とする謎が多い神社です。 2名の神がこの地に降臨し、一晩で神殿を建てようと急いでいました。 しかし、地元の豪族が地元の悪神が反乱を起こし、建設が途中で終わってしまったという伝承が残っています。 Posted in , , ,• 桜松神社はその昔、松の木に桜の花が咲くという珍事が起こり、それを吉兆としてここに神社を創建しました。 境内の不動の滝では不動明王が祀られ、桜松神社では滝や川の神である瀬織津姫が祀られています。 不動の滝は日本の滝百選に選ばれる名所です。 Posted in , ,• ヤマトタケルの東征で自らを犠牲にして夫を守った多治速比売命を祀っています。 縁結びの神様として知られており、本堂は室町時代の珍しい彫刻様式が残っています。 周辺には梅林もあり散策にもオススメです。 Posted in , ,• 武蔵国秩父郡より自然銅が発見されたことを祝い、朝廷が発行した日本初の貨幣「和同開珎」を祀る聖神社は、地元の人から銭神様と呼ばれ、お金儲けの縁起神として広く親しまれています。 Posted in , ,• 富士山から流れる水脈は龍脈と言われ、池田山は2つの龍脈がクロスする場所ということで強力なパワースポットです。 また武蔵野台地の東端に位置し、富士山と皇居をつなぐ位置にある重要な場所です。 周辺は高級住宅地であり土地のパワーが強いことを表しています。 Posted in• 1884年に広島県からの開拓移民が福住厳島神社として厳島神社の分霊と稲荷の祠を創建しました。 その後福住稲荷神社と別れる形で現在の場所に月寒神社として遷座しました。 周辺は広大な自然林が手付かずで残っている月寒公園が広がっています。 Posted in• 白鬚神社は、垂仁天皇25年に倭姫命によって社殿が建てられたのが創始と言われます。 674年には天武天皇の勅旨によって「比良明神」の号を賜ったとされています。 白鬚神社は全国にある白髭神社の総本社として知られ、古来より延命長寿の神様として崇敬を集めています。 Posted in , , , ,• 今戸焼とは戦国時代頃から浅草近辺で焼かれていた陶器であり、当初今戸神社の招き猫はこの今戸焼で作られていました。 今戸焼発祥の地、招き猫発祥の地、沖田総司終焉の地など様々なゆかりを謳っており、マスコミの特集で近年人気の神社です。 Posted in• 元々は那智の滝をご神体とした飛瀧神社を原型としており、現在では伊邪那美命、もしくは千手観音と同一とされる夫須美大神を祀っています。 神武天皇が東征の際に那智の滝が光り輝いており神として祀った、その後八咫烏が現れて大和まで導いてくれたと言う伝説があります。 Posted in• 南湖はもともと白河藩の民衆のために松平定信が作った日本最古の公園でした。 松田定信公は民衆のための善政を敷いた名君として知られており、大正時代に御祭神として南湖神社に祀られました。 縁結びにご利益があり桜の名所としても知られています・ Posted in , , ,• 神倉山頂の「ゴトビキ岩」に神が出現し、祀るようになった場所が熊野速玉大社です。 熊野三山の中では最も古い神社で、古くから朝廷や大名から庇護されて来ました。 国宝・新宝は1000点にも登ります。 Posted in ,• 弁天さまといえば琵琶を弾く姿が美しい女神のイメージがありますが、ここ布施弁天東海寺の弁天さまは腕が8本生えており、弓矢や剣を構えて戦闘態勢です。 武器で煩悩をたち切ってくれると言われています。 また手には珠玉も持っており、これによって人ボトの願いを叶えてくれるといいます。 Posted in , , ,• 江ノ島は古来は修験者の修行地でした。 島全体が龍の巣と言われるほどエネルギーが強く、ご利益の種類もたくさんあります。 よく言われるのは悪縁切り、金運、厄除け、開運、縁結びで、厄除け祈祷からデートまで非常に多くの参拝客が訪れます。 江島神社を全部回るのは半日近くかかると見ていいでしょう。 Posted in , ,• 仙台藩の開祖、伊達政宗を神格化して祀っています。 戦国大名の中でも特に有名な伊達政宗を祀っていることもあり、さまざまなイベントの中心になっています。 多くの人々の信仰を集める青葉神社からは、きっと大きなエネルギーを得られることでしょう。 Posted in , , , , ,• 大国魂大神は素戔嗚尊の子供である大国主命と同一神であると言われています。 大国主命は縁結びにご利益があると言われており、現在でも奇祭として有名なくらやみ祭りは、明治期以前は夜這いの場として男女の重要な出会いの場でした。 Posted in , ,• 古くから霊泉が湧き出る地として、八大龍王が祀られていました。 秩父山系の清流が境内から湧き出し、神社全体が水にまつわる龍のパワーで守られています。 見所が多く、秩父に来た際には観光先に組み込んでおくのがいいでしょう。 Posted in , ,• 鹿島神宮の武甕槌神と一緒に国譲りの偉業を成し遂げた経津主神を祀っています。 香取神宮の要石は地中の大鯰の尾を押さえていると言われ、東国の鎮護に大きな役割を果たしています。 紀元前643年の創建で最古の神宮の一つであり、元々は地元の豪族の氏神であると言われています。 Posted in ,• 日本最古の神社で、東国の武神です。 地下に眠る大鯰を香取神宮と一緒に押さえつけていたり、神武天皇の東征を助けたり、大国主命との国譲りの最初の交渉役になったりと大活躍の武甕槌神を祀っています。 海と勝利の神として、多くの人の信仰を集めています。 Posted in ,• もともと八幡宮は由比ヶ浜にありま舌が、源頼朝によって鎌倉に移され祀られました。 平家討伐ごは鶴岡八幡宮の神前で征夷大将軍の任命式を執り行い、鎌倉幕府、源氏の守護神として崇敬を集めてきました。 今では特に勝負や仕事運にご利益があると言われています。 Posted in ,• 近くに全国的に有名な明治神宮があるため、あまり知られていませんが、昔は出陣する武将が必ずお参りをしていくというくらい勝負の神として信仰を集めていました。 現愛では代々木八幡宮の周辺に住むと運気が上がり成功しやすくなると言われています。 芸能人に人気があります。 Posted in• 平安時代初期、清和天皇の勅願により、円仁が高幡山上に霊場を開いたのが始まりとされ、関東三大不動のひとつに数えられています。 歴史ある寺社であり、重要文化財も多数所蔵しています。 Posted in ,• 霧島神宮のある霧島エリアは、瓊瓊杵尊が天照大神の名を受けて降臨した地という伝説が伝えられています。 瓊瓊杵尊は稲作の神であり、天孫降臨とは日本に稲作文化が伝えられたことを案に表現している神話という説があります。 多くの神話が伝えられている九州の中でも非常に人気のあるパワースポットです。 Posted in ,• 妙義山の南麓に鎮座する轟岩を御神体とする、巨岩信仰の神社です。 境内には、日本一大きな大黒様の像が鎮座しています。 Posted in ,• 関東に二荒山神社は多数ありますがその中でも有名なのが日光の二荒山神社、そして宇都宮二荒山神社です。 宇都宮市街のど真ん中にあり、ここにお参りすれば下野国(今の栃木県)にある神社全てにお参りした事になると言われているパワースポットです。 Posted in , ,• 四天王寺は日本で最古の寺として有名で、宗派にこだわらない立場を保つ「和宗」の総本山です。 飛鳥時代に日本に仏教を広めようとする蘇我氏と、仏教を排斥しようとする物部氏の争いがありました。 最終的に蘇我氏が勝利し、四天王の加護に対する奉納の意味で、聖徳太子によって建立されたと言われています。 しかし、四天王寺の最奥にはなぜか物部守屋を供養する「守屋の祠」があり、その起源に謎が多い寺院です。 Posted in , ,• 豊川稲荷は戦国時代以降、武将たちからの信仰篤く栄えました。 庶民にも人気で立身出世、盗難よけ、金運UPのご利益で参拝者を集めています。 境内中に溢れる狐像は圧巻で近年では特に金運アップのパワースポットして有名です。 Posted in , ,• もともと海辺で海運が発達し、市が立つ商売の要衝にあった今宮戎神社。 室町時代以降、貨幣経済が発達するに従い商人の信仰 も篤くなりました。 有名な十日戎の祭礼では、今や100万人を動員するようになった大阪のえべっさんです。 商売繁盛のご利益の代名詞といって良いでしょう。 Posted in ,• 日本を代表する経営コンサルティング会社「船井総研」の創業者船井幸雄が「参拝すると金に困らない神社」として紹介したことで有名になりました。 現在でも経営者や金融関係の重鎮達からの信仰を集めています。 富士山の2合目にあり、地元の富士信仰の重要な拠点の一つです。 Posted in ,• 椙本神社はいの大黒と呼ばれ伊予国随一の大黒として信仰されてきました。 奈良の三輪山から大国主(大黒)の神像をいただいたのが始まりという由緒正しい神社です。 大国主を祀っている神社ですが、縁結びよりも商売繁盛のご利益が注目されており、まるで十日戎のような大国祭は大層盛り上がります。 Posted in ,• 平将門の乱を鎮めるための祈願のため、空海作の不動明王像と共に成田山で護摩祈祷を行いましたが、乱が静まっても不動明王像が動かなかったため、この地に留まりたいという霊告と解釈し、成田山新勝寺は不動明王を祀る護摩祈祷の名勝として定着しました。 初詣客は毎年全国2位です。 Posted in , , , , ,• 髙龍神社は新潟県内でも特に金運アップにご利益がある神社として人気です。 山の中にありますが、商売、ビジネス、ギャンブルなどの祈願に訪れる人が絶えません。 本堂に壁に刺さった無数の名刺は見ものです。 Posted in ,• 金刀比羅神社は四国の金刀比羅神社の分霊を祀っています。 江戸時代に一度全燃し再建できずにいましたが、この地方の船の海難事故が多発し、こんぴらさまの祟りだと言われたことかあります。 そのため当時の宮司威寶院第23代峯順が四国の金毘羅大権現に33回祈願に行った結果、事故は減りました。 その後再建されています。 Posted in , ,• 招き猫美術館は日本全国のあらゆる招き猫を一堂に集めた美術館です。 おしゃれなアートスペースのような雰囲気の館内で、一斉に手をあげる招き猫の群れは神々しさすら感じます。 幸運をもらえるパワースポットです。 Posted in , ,• お松さんが、死後化け猫になって悪徳富豪や悪代官にたたったという痛快な伝説が伝わっています。 猫らしく金運アップはもちろん、勝負事や受験合格の神様としても人気で、受験生の参拝客も多いです。 Posted in , , ,• 修験道の開祖役小角によって開かれ征夷大将軍坂上田村麻呂によって社殿が創建されるという豪華な由来の神社です。 また、主祭神の三吉霊神は大平城主の藤原鶴寿丸三吉で、厳しい修行の末に神通力を身につけ神様になったと言われています。 Posted in ,• 古来より白山信仰の中心地として栄えました。 祭神の菊理媛尊は伊弉諾と伊弉冉の夫婦喧嘩を仲裁した神として有名で、縁結びや夫婦円満、仕事や友人アド全ての縁にご利益があると言われています。 Posted in , ,• 創建の言い伝えとしては白亀に乗った白蛇が流れ着いて、これを神として祀ったと言われています。 この白蛇も長寿・金運の神様として有名ですが、境内にある面足神社はイケメンの神様がいる神社として人気です。 美男美女を目指すなら参拝しておきたいパワースポットです。 Posted in , , , ,• 源頼朝は若い頃、佐(すけ)殿と呼ばれていた。 頼朝が伊豆に島流しにあった際に、稲荷の神が老人の姿で夢枕に立ち平家を討てというお告げをした。 無事平家討伐後、ここに佐助稲荷神社を創建する。 頼朝が鎌倉幕府の初代将軍として出征をしたことから、佐助稲荷神社は出世や仕事運に強大な力を発揮すると言われています。 Posted in , ,• 三皇熊野神社は全国的には三光神社という表記で点在している神社の系統です。 日・月・光を祀っており祈祷を受ければ運命が光り輝くという大変ありがたい神社です。 最も有名なのが縁結びのご利益で、恋愛だけでなくあらゆる縁を取り持つと言われています。 また、星の巡りをコントロールする厄除けの祈祷も人気です。 Posted in , , , ,• 白山神社は石川県の白山比咩神社から勧進されました。 ここの祭神の菊理姫命(くくりひめのみこと)は復縁の神様として有名で、恋愛だけでなく、各種和解、商談成立などにご利益があると言われています。 足利尊氏や徳川綱吉も信仰したという言い伝えがあります。 Posted in ,• 大化の改新の主役である中臣鎌足と中大兄皇子が談合を交わした場所と言われており、「談山」の名前の由来となっています。 その後中臣鎌足は藤原氏の祖となり、談山神社に祀られています。 桜と紅葉の名所としても有名です。 Posted in , ,• 尾崎神社は加賀藩四代藩主の前田光高によって、日光東照宮を勧進して創建された神社です。 そのため「北陸の東照宮」「金沢東照宮」と呼ばれ、江戸時代以降人々の信仰を集めました。 境内には東照宮らしく、そこかしこに葵の御紋が散りばめられています。 Posted in , , ,• 天智天皇が頴娃を訪れた際に、接待のために蒸していた米の釜の蓋が突風で飛んで行ってしまった。 その蓋がここまで吹き飛んだということで、ありがたい釜の蓋として祀ったのが始まりと言われています。 釜の蓋にちなんだ参拝方法で有名です。 Posted in , ,• 芦ノ湖に住む毒龍が度々嵐を呼んで困ったため村人は若い娘を人身御供で捧げていました。 万巻上人はこの毒龍を仏法の力で調伏し、芦ノ湖に生える逆さ杉に縛り付けます。 反省した毒龍は龍神となり、九頭龍神社に祀られました。 1200年にわたって縁結びの神として信仰されています。 Posted in ,• 三嶋神社はもともと伊豆諸島の火山を、「御島」として神格化し祀ったのが始まりと言われています。 平安時代には源頼朝の源氏再興・平氏打倒の戦勝祈願所として篤く信仰され、幕府が開かれたのちは代々の将軍が参詣を行いました。 戦国武将、江戸幕府からも篤く保護され続けました。 Posted in , ,• ある大嵐の日の末に海から1槽の船が流れ着いた。 船の中からは神秘的な琴の音が流れて来て、中では一人の翁がおり「私は八幡大菩薩だが、この地の景色がよく去流のが惜しい」と告げて消えたと言います。 琴弾山で修行をしていた日証上人はその話を疑い証拠を見せるように要求したところ、一夜にして砂浜が松林となった。 Posted in ,• 真清田神社は尾張地方に稲作技術を持ち込んだ尾張氏によって創建された神社です。 土地を開墾して水田地帯が形成されたことから水にちなんだパワースポットが人気です。 祭神の天火明命はもともと尾張氏が祀っていた太陽神だと言われています。 Posted in• 元々は天岩戸の扉を投げ飛ばした怪力の神様である天手力雄神を祀っていましたが、室町時代に住民の西岸によって菅原道真を勧進して湯島天満宮となったということです。 関東三大天満宮の一つであり、江戸時代以降は学問以外にも観光地、盛り場としても周辺が発展しました。 Posted in ,• 北野天満宮が創建された際に菅原道真公の神像が作られたが、小さかったため彫りなおしになった。 そこで最初にできた小さい像をどうするかという話になり「道真公の希望される地に神殿を建てよう」と全国行脚の旅に出た。 Posted in• 神武天皇が熊野の邪神を討伐した際に使った布都御魂剣を祀っていたと言われます。 元々は大和朝廷の武器庫で物部氏が代々守ってきました。 禁足地に剣など神宝が埋められているらしいという伝説だけがありましたが、発掘調査したところ剣が実際に出土しました。 Posted in• 実は防府天満宮は日本で一番最初に建てられた天満宮です。 もっとも最初は「松崎の社」と言う名前でした。 菅原道真が太宰府に左遷される旅の途中でこの地で同族の土師信貞のところに数日滞在した折に「魂はいつか必ずこの地に帰ろう」と誓いました。 Posted in ,.

次の

2020年のパワースポットはここ!関東でおすすめの神社10選

東京 パワー スポット 神社

[PR] 【6】根津神社/根津• ヤマトタケル尊が創建したとされる古社。 約7,000坪と広大な境内で、一番のパワースポットと言われるのが「願掛けカヤの木」です。 神の遣いと言われた白蛇が住みついており、白蛇が願いを叶えてくれるのだそう。 また朱色の鳥居が連なる「千本鳥居」の真ん中には「乙女稲荷神社」があり、縁結びのパワースポットとして女性に人気です。 境内にある「つつじ苑」は都内有数のつつじの名所で、毎年4月中旬から5月初旬ごろにかけて「つつじまつり」を開催。 約100種3,000株のつつじが咲き誇り、祭りの期間中は甘酒茶屋などの出店もあり賑わいます。 根津神社の御朱印 根津神社の御朱印は、拝殿の右側にある授与所にて10時から16時まで受け付けています。 初穂料は300円。 御朱印帳は、ツツジなどが描かれた薄いピンク色の御朱印帳と、黒ベースの御朱印帳があり、御朱印込みで1,500円です。 【7】出雲大社東京分祠/六本木• 出典: photo by 江戸村のとくぞう CC BY-SA 4. 0 from Wikimedia Commons 縁結びの最強パワースポットとして全国的に知られる、島根県の「出雲大社」。 「出雲大社東京分祠」は、出雲大社の御祭神大国主大神の御分霊を奉斎する都内唯一の分祠で、本家とまったく同じご利益を得られるそう。 紅白の糸をよく着用する衣服につけたり、知り合いにおすそ分けすることで、良いご縁に恵まれると言われています。 出雲大社東京分祠の御朱印 出雲大社東京分祠の御朱印は、拝殿の右側にある社務所にて9時から17時まで受け付けています。 初穂料は300円。 御朱印帳は、赤と青があり各1,500円。 島根県にある出雲大社と同じものです。 御朱印帳と同時に御朱印をいただく場合には、御朱印分の初穂料は不要になります。 【8】赤坂氷川神社/赤坂• 良縁、縁結びの神社として古くから親しまれている「赤坂氷川神社」。 毎月1回行われる「縁むすび参り(良縁祈願祭)」は、受付開始後すぐに予約が一杯になるほど大人気で、男女の縁だけでなく仕事などさまざまな良縁を祈願することができます。 スケジュールはでご確認ください。 また末社の「四合稲荷神社」は、かつては4社の稲荷を合祀(現在は7社の稲荷を合祀)していたことから勝海舟が「四合稲荷」と名付けました。 四合(しあわせ)という名前の縁起のよさから、ぜひあわせて参拝したい神社と言われています。 赤坂氷川神社の御朱印 赤坂氷川神社の御朱印は、社務所にて9時から17時まで受け付けています。 初穂料は300円。 2018年から例祭などにあわせて限定の御朱印を授与しており、限定の御朱印は500円になります。 御朱印帳は緑・青・ピンクがあり、御朱印を含めて各1,500円。 御朱印帳の詳細はでご確認ください。 【9】愛宕神社/虎ノ門• 東京23区で最も高い山と言われる、標高25. 7mの愛宕山にあり、俳優の東出昌大さんと女優の杏さんが挙式を行った神社として話題になりました。 愛宕神社の御朱印 愛宕神社の御朱印は、社務所にて9時から17時まで受け付けています。 初穂料は300円。 御朱印帳は、濃紺ベースに出世の石段が描かれたもので1,300円です。 【10】花園神社/新宿• 大都会・新宿の繁華街に鎮座する神社で、商売繁盛にご利益があります。 毎年11月に行われる「酉の市」が有名で、一の酉、二の酉、三の酉、そして各前夜祭があり、境内には商売繁盛の熊手を商う露店商がずらりと並びます。 また境内にある「威徳(いとく)稲荷神社」は、縁結びや夫婦円満、子宝にご利益があるとして女性を中心に人気。 そして「芸能浅間神社」は芸能にご利益があるとして、奉納者である有名芸能人の名前がズラリと並ぶ光景が有名です。 花園神社の御朱印 花園神社の御朱印は、社務所にて8時から20時まで受け付けています。 初穂料は300円。 酉の市の日は、一の酉、二の酉、三の酉の墨書きが加わる限定の御朱印がいただけます。 御朱印帳は4種類ほどあり、御朱印分込みで1,300円です。

次の

東京のおすすめ神社・パワースポット39選!御朱印情報も(2ページ目)

東京 パワー スポット 神社

[PR] 【6】根津神社/根津• ヤマトタケル尊が創建したとされる古社。 約7,000坪と広大な境内で、一番のパワースポットと言われるのが「願掛けカヤの木」です。 神の遣いと言われた白蛇が住みついており、白蛇が願いを叶えてくれるのだそう。 また朱色の鳥居が連なる「千本鳥居」の真ん中には「乙女稲荷神社」があり、縁結びのパワースポットとして女性に人気です。 境内にある「つつじ苑」は都内有数のつつじの名所で、毎年4月中旬から5月初旬ごろにかけて「つつじまつり」を開催。 約100種3,000株のつつじが咲き誇り、祭りの期間中は甘酒茶屋などの出店もあり賑わいます。 根津神社の御朱印 根津神社の御朱印は、拝殿の右側にある授与所にて10時から16時まで受け付けています。 初穂料は300円。 御朱印帳は、ツツジなどが描かれた薄いピンク色の御朱印帳と、黒ベースの御朱印帳があり、御朱印込みで1,500円です。 【7】出雲大社東京分祠/六本木• 出典: photo by 江戸村のとくぞう CC BY-SA 4. 0 from Wikimedia Commons 縁結びの最強パワースポットとして全国的に知られる、島根県の「出雲大社」。 「出雲大社東京分祠」は、出雲大社の御祭神大国主大神の御分霊を奉斎する都内唯一の分祠で、本家とまったく同じご利益を得られるそう。 紅白の糸をよく着用する衣服につけたり、知り合いにおすそ分けすることで、良いご縁に恵まれると言われています。 出雲大社東京分祠の御朱印 出雲大社東京分祠の御朱印は、拝殿の右側にある社務所にて9時から17時まで受け付けています。 初穂料は300円。 御朱印帳は、赤と青があり各1,500円。 島根県にある出雲大社と同じものです。 御朱印帳と同時に御朱印をいただく場合には、御朱印分の初穂料は不要になります。 【8】赤坂氷川神社/赤坂• 良縁、縁結びの神社として古くから親しまれている「赤坂氷川神社」。 毎月1回行われる「縁むすび参り(良縁祈願祭)」は、受付開始後すぐに予約が一杯になるほど大人気で、男女の縁だけでなく仕事などさまざまな良縁を祈願することができます。 スケジュールはでご確認ください。 また末社の「四合稲荷神社」は、かつては4社の稲荷を合祀(現在は7社の稲荷を合祀)していたことから勝海舟が「四合稲荷」と名付けました。 四合(しあわせ)という名前の縁起のよさから、ぜひあわせて参拝したい神社と言われています。 赤坂氷川神社の御朱印 赤坂氷川神社の御朱印は、社務所にて9時から17時まで受け付けています。 初穂料は300円。 2018年から例祭などにあわせて限定の御朱印を授与しており、限定の御朱印は500円になります。 御朱印帳は緑・青・ピンクがあり、御朱印を含めて各1,500円。 御朱印帳の詳細はでご確認ください。 【9】愛宕神社/虎ノ門• 東京23区で最も高い山と言われる、標高25. 7mの愛宕山にあり、俳優の東出昌大さんと女優の杏さんが挙式を行った神社として話題になりました。 愛宕神社の御朱印 愛宕神社の御朱印は、社務所にて9時から17時まで受け付けています。 初穂料は300円。 御朱印帳は、濃紺ベースに出世の石段が描かれたもので1,300円です。 【10】花園神社/新宿• 大都会・新宿の繁華街に鎮座する神社で、商売繁盛にご利益があります。 毎年11月に行われる「酉の市」が有名で、一の酉、二の酉、三の酉、そして各前夜祭があり、境内には商売繁盛の熊手を商う露店商がずらりと並びます。 また境内にある「威徳(いとく)稲荷神社」は、縁結びや夫婦円満、子宝にご利益があるとして女性を中心に人気。 そして「芸能浅間神社」は芸能にご利益があるとして、奉納者である有名芸能人の名前がズラリと並ぶ光景が有名です。 花園神社の御朱印 花園神社の御朱印は、社務所にて8時から20時まで受け付けています。 初穂料は300円。 酉の市の日は、一の酉、二の酉、三の酉の墨書きが加わる限定の御朱印がいただけます。 御朱印帳は4種類ほどあり、御朱印分込みで1,300円です。

次の