仮想通貨 市場。 LINEグループの仮想通貨市場参入から1カ月あまり。見えてきたこと、まだ見えないこと

OKExのクジラが仮想通貨市場をリード?大口取引の調査レポートが発表

仮想通貨 市場

今、投資先として注目されている仮想通貨ですが、市場規模はどのくらいなのでしょうか。 この先も仮想通貨は成長を続けるのか、それとも衰退してしまうのか、仮想通貨の市場規模と今後の展望について、詳しくご紹介していきます。 そもそも仮想通貨における「市場規模」って何? 仮想通貨市場規模とは、ある時点で発行されているすべての仮想通貨の総額のことです。 経済ニュースで耳にする「時価総額」と市場規模は、とても深い関係にあります。 つまり、1枚100円の仮想通貨が100枚ある場合には、時価総額は1万円ということになります。 そして、たくさんある仮想通貨のすべての時価総額を足したものが市場規模です。 仮想通貨の市場規模ってどれくらいあるの? -仮想通貨の市場規模国内編 仮想通貨の日本国内の市場規模に関しては、正式に統計が取られたものは存在しません。 2018年4月10日に金融庁で開催された「仮想通貨交換業等に関する研究会」で利用された日本仮想通貨交換業協会の資料によると、平成29年度の仮想通貨取引量の合計は69兆1,465億円と言われており、時価総額は、約4兆円程度とされています。 -仮想通貨の市場規模世界編 世界の仮想通貨の時価総額はおよそ29兆円といわれています。 実は、仮想通貨の市場規模は2017年末から2018年の初め頃がもっとも高く、当時は80兆円近くにまで成長しました。 その成長率は4,000%とも言われており、価格が高騰したため、かなり注目を集めました。 しかしその後、トラブルなどが相次いだため、市場規模は縮小してしまったのです。 2014年のマウントゴックス事件などを経て、なお仮想通貨の市場規模は広がりを見せていたものの、各国の仮想通貨への規制強化や、取引所のハッキングによる仮想通貨の流出事件などのあおりを受けて、仮想通貨の価格は下落しました。 従来からの投資先としてポピュラーな株の市場規模は8,000兆円程ですから、市場規模ではまだまだ株の方が大きいということになります。 仮想通貨別の市場規模ランキング 現在の仮想通貨の市場規模のランキングを見てみましょう。 ビットコイン 2位. リップルコイン 3位. イーサリアム 4位. ビットコインキャッシュ 5位. ステラ 市場規模が大きな仮想通貨のトップ5ということもあって、知名度の高い仮想通貨がずらりと並んでいます。 まずは、仮想通貨の先駆者のビットコインが堂々の第1位です。 ビットコインの市場規模は8兆円を超えており、仮想通貨全体の25%以上がビットコインです。 まさに、キングオブ仮想通貨と呼べるのはビットコインだと言えます。 そして、2位のリップルコインの市場規模は1兆8,000億円、3位のイーサリアムは1兆4,000億円、4位のビットコインキャッシュはビットコインから派生した仮想通貨で時価総額は4,000億円、そして、5位のステラは時価総額3,900億円となっています。 現時点では、ビットコインの時価総額が飛びぬけていることが、これらの数字からもよくわかります。 仮想通貨の市場規模はこの先まだまだ成長していく? 2017年から2018年初頭にかけて市場規模が拡大した後、衰退しているようにも見える仮想通貨の市場規模ですが、今後もこの市場規模は拡大していくことが予想されています。 仮想通貨に使用されている技術は高度なものが多く、その技術は年々発展しています。 確かな技術開発が進んでいる仮想通貨市場が一時的なブームで終わってしまい、このまま衰退していくことは考えにくいといえます。 たくさんの仮想通貨が発行されており、その中には、技術がしっかりしていないものもあります。 そのような仮想通貨に関しては、生き残っていくのは厳しい状況と言わざるを得ません。 ですが、確かな信頼性と、金融商品としての実力と知名度が高い仮想通貨は、今後も生き残って成長を続けていくことでしょう。 取引の規制などが強化されていく中でも、生き残っていける仮想通貨はわずかかもしれませんが、市場としては確実に成長を遂げて技術が発展していく分野と言えるのが、仮想通貨なのです。 まとめ 仮想通貨の市場規模は2017年終わりから2018年の初頭にかけて80兆円に達しており、その後、規制強化やハッキング事件などの影響で20兆円にまで縮小しました。 仮想通貨でもっとも市場規模が大きいのは、有名なビットコインで仮想通貨全体の約25%を締めています。 市場規模が縮小した仮想通貨ではありますが、知名度が高く、信頼性があり、技術が確かな仮想通貨に関しては、今後も魅力ある金融商品として規模を拡大していくことが予想されています。 これから仮想通貨取引を始めるという場合には、今後も価値がなくならない技術が確かな仮想通貨を選んで取引することをオススメします。

次の

JPモルガンが「仮想通貨・ビットコイン市場の展望予想」を発表

仮想通貨 市場

ビットコイン市場は効率的か~テクニカル分析・ファンダ分析の有効性を探る 2020-07-15 10:31[ ] 岩壷教授の経済教室 第6回 ファイナンスの世界で市場が効率的というのは、資産価格がその本源的価値(ファンダメンタル・バリューあるいはイントリンジック・バリュー)に関する情報を十分に反映しており、価格と本源的価値が一致していることをいいます。 反対に、価格が本源的価値から乖離しているとき、つまりバブルが発生しているときは市場が非効率的になっているということになります。 暗号資産(仮想通貨)市場が効率的かという問題意識で実証分析した研究は非常にたくさんあります。 しかし、暗号資産(仮想通貨)の本源的価値とは何かを議論し始めると禅問答のような終わりの見えない議論になりかねません。 そこで、暗号資産(仮想通貨)の本源的価値は何かという問題を棚上げして、もう少し計測可能な領域で市場の効率性が議論されてきました。 ここでよく使われるのが「ファーマの3つ基準」です。 ファーマは効率性の基準として、価格に含まれる情報の範囲の違いに応じて、(1)ウィーク型の効率性、(2)セミストロング型の効率性(3)ストロング型の効率性という効率性に関する3つの基準を提示しました。 ウィーク型の効率性とは、過去の価格に関する情報を迅速にかつ完全に織り込んでいることをいいます。 過去の価格を利用して現在の価格を予測できれば、過去の価格情報が現在の価格に織り込まれていないことから、価格はウィーク型の意味で非効率的といいます。 逆に将来の価格を予測できなければ、テクニカル分析(チャート分析やシステム取引)の有効性は否定されることになります。 次に、セミストロング型の効率性とは、現在の価格が過去の価格に関する情報とすべての公開情報を迅速にかつ完全に織り込んでいることをいいます。 過去の価格やすでに発表されている公開情報を利用して現在の証券価格を予測できるかどうかを検証し、予測できなければセミストロング型の効率性が満たされることになります。 暗号資産(仮想通貨)の場合、マクロ経済や暗号資産(仮想通貨)に関するニュースをもとに取引して平均的に収益を上げることができなければ、ファンダメンタル分析の有効性は否定されることになります。 最後に、ストロング型の効率性とは、現在の価格が過去の価格に関する情報やすべての公開情報に加えて、内部情報など私的情報を迅速にかつ完全に織り込んでいることをいいます。 私的情報とは暗号資産(仮想通貨)の発行体でしか知りえないインサイダー情報などです。 したがって、ストロング型の効率性が満たされるとき、インサイダーですら収益を上げられないことになります。 ビットコイン市場がウィーク型の効率性を満たしているのかを最初に研究した論文はUrquhart 2016 です。 この研究では2010年から2016年までのデータをもとに、6つの統計的手法を使ってビットコイン市場は非効率的であるが、市場が成熟するに従い効率性が向上していることを示しました。 その後、市場の効率性を支持する研究も出てきましたが、数多くの研究を調査したKyriazis 2019 によると、暗号資産(仮想通貨)市場が非効率的であることを示した論文は40論文中37論文もあり、現在でもビットコインを含む多くの暗号資産(仮想通貨)市場は非効率的といわれています。 セミストロング型の効率性を検証した論文として、Vidal-Tomas and Ibanez 2018 があります。 彼らはビットコインの価格はビットコインのニュースに対しては反応するものの、金融政策のニュースに対しては影響を受けていないことを報告しています。 また、Liu and Tsyvinski 2018 はビットコイン・イーサリアム・リップルの価格変動を分析し、モーメンタム効果が見られることを発見しています。 モーメンタム効果とは過去のパフォーマンスがその後も持続する現象であり、米国の株式市場でみられるアノマリー(効率的市場仮説に反する規則性)の一つとされています。 このことは、暗号資産(仮想通貨)市場では過去の価格変動を利用して収益を上げることができることを示唆しています。 参考文献 Liu,Y. , Tsyvinski, A. , 2018. Kyriazis, N. , 2019. Urquhart, A. , 2016. Vidal-Tomas, D. , Ibanez, A. , 2018. 石田・服部「仮想通貨市場は効率的か」財務省『ファイナンス』2018年10月号. 金融庁のホームページには以下の留意事項が掲載されています。 暗号資産交換業者登録一覧• 本一覧に記載した暗号資産は、取り扱う暗号資産交換業者に説明を求め、資金決済法上の定義を満たしていることが確認されたものにすぎません。 本一覧に記載した暗号資産は、金融庁・財務局がその価値を保証したり、推奨するものではありません。 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産があるわけではなく、財産的価値を有すると認められた電子データに過ぎないことにご留意ください。 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。 暗号資産を利用する際の注意点 ()• 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。 インターネット上でやりとりされる電子データです。 暗号資産は、価格が変動することがあります。 暗号資産の価格が急落し、損をする可能性があります。 利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。 暗号資産交換業者の提供するウォレットで暗号資産を管理する際に、パスワードを設定する場合には、IDと同じものや利用者の名前、電話番号、生年月日等の推測が容易なものを避けるほか、他のウェブサイトと同じID・パスワードの組合せを使用しないなどの対策を講じる必要があります。 管理する暗号資産が盗まれるおそれがあります。 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。 暗号資産の持つ話題性を利用したり、暗号資産交換業に関する制度改正に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。 取引にあたっての注意事項• 取引にあたり手数料が発生することがあります。 手数料の詳細については、こちらをご確認ください。 取引ではスプレッドが発生します。 スプレッドとは売値(BID)と買値(ASK)の差のことで、レートの変動によって値幅が広がる場合、狭まる場合があります。 暗号資産取引では価格の変動等による損失が生じるおそれがあります。 取引にあたっては、各種約款、契約締結前交付書面やお客さま向けの資料等をよくお読みになり、取引の内容を十分にご理解いただいた上で、ご自身の責任と判断において取引を行ってください。 暗号資産に関するリスクについて• 暗号資産は、日本円等の法定通貨とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。 暗号資産取引に使用する秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失うことがあります。 暗号資産は、ブロックチェーンその他の記録の仕組みが破たんした場合には、その価値が失われることがあります。 暗号資産の価格が変動することによって損失が発生することがあります。 暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。 当社はお客様の資産を当社の資産とは分別して管理おりますが、当社が倒産した場合には、預託された資産を返還することができない可能性があります。 当コンテンツは投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的としたものであり、投資に関する最終的な決定は、利用者ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

次の

仮想通貨

仮想通貨 市場

Contents• コンセンシス社6割解雇報道、実は解雇1割 2018年12月、イーサリアム上の分散型アプリdApps開発で有名なコンセンシス社で、Vergeの報道などで約6割の解雇が予定されていると広く報じられていました。 そして、コンセンシス社は、2018年の弱気相場の影響を受け、事業規模を縮小した仮想通貨関連企業の一つとして考えられていました。 しかし、コンセンシス幹部が、実際に解雇されたのは1割以下で主にサポートスタッフであると明らかにしました。 コンセンシス社が解雇に関して言及 1月18日、コンセンシス社エンタープライズ部門とソーシャル・インパクト部門、エグゼクティブ・ディレクター、Vanessa Grellet氏は、スイスにて開催されたクリプト・ファイナンス・カンファレンスにて次のように語っています。 人員整理は自然な措置だ。 主に影響を受けたのはサポートスタッフであり、開発者や技術関連の従業員に関しては、ほとんど影響を受けていない。 人員削減に関して言えば、会社の成長に伴い毎年2回ほど再編する。 仮想通貨市場の悪材料が減る Vanessa Grellet氏は、コンセンシス社は仮想通貨業界の期待に応えられていないとの批判に対して次のように主張しています。 仮想通貨の技術への興味は依然として強く感じられると指摘しており、仮想通貨業界を前進させるほどのプロジェクトをいくつか成し遂げている。 コンセンシス社は、DApps開発最大のプラットフォームであるイーサリアムの共同設立者、ジョセフ・ルービン氏により創設され、仮想通貨業界の牽引役としても注目されています。 そして、コンセンシス社は、仮想通貨業界を代表する企業であり、現在の仮想通貨業界を支える大企業の1つと言っていいでしょう。 今回このコンセンシス社が解雇をサポートスタッフ1割程度に抑えたことは、仮想通貨市場にとって悪材料が1つ減ったことを意味します。 2019年は市場の好材料も多く、これから高騰を予想する専門家も多いですが、今回、市場の悪材料が減ったことは、良い兆候だと言えます。 相場を予想する上で、市場の動向を知ることは重要です。 そんな2019年の仮想通貨市場動向の予想を期間限定で現在無料公開しております。 また仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますのでまずはどんなものかチェックしてみてください。 つまりは、仮想通貨市場の悪材料が1つ減ったことで今後は高騰に傾きやすくなったということです! 悪材料はこの限りではないので、すぐに価格に影響することはないかと思われますが、2019年は好材料も多いので、今後に注目です! そんな2019年の高騰に向け仕込んでおくべき銘柄を期間限定で無料公開しております! 仮想通貨投資に役立つ特典も多数ご用意しておりますので、ご希望の方は以下よりご請求くださいね! 是非仮想通貨投資の参考にしてください! 1. 以下QRコード、友達追加IDもしくは「LINE@で特別な情報を受け取る」からLINE で「あおい」を友達追加! 2.

次の