鳥羽 一郎 熊野灘。 熊野灘 / 鳥羽 一郎 のギターコード譜

熊野灘 鳥羽一郎 歌詞情報

鳥羽 一郎 熊野灘

略歴・人物 [ ] 石鏡町出身。 父は、母はという漁業一家に生まれた。 5年間、の船員としてやまでやの捕獲に従事。 海が荒れれば命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは、『』『』といったの作品だった。 一度はを志し、調理師免許も取得していた。 だが実弟の山川豊が東京での活躍もあり、もともと抱いていた歌手への想いを断ち切れず27歳で上京。 かねてから憧れの存在だった船村に弟子入りし、3年間の修行生活を経て、出身地に由来する芸名をつけて『』で歌手デビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは「潮の香りが似合う男」。 「海の男」という、それまで殆ど取り上げられなかった独自の路線を開拓して、その年の新人賞を総なめにする。 このとき既に30歳を迎えていた。 弟の山川がしなやかに「大人の色気」を歌い上げるのに対し、鳥羽の演歌は、大海原を相手に日々格闘する漁業従事者たちの「心意気」や「絆」を力強く歌い上げる。 港町の漁師達の中では、友人と酒盛りをしながら鳥羽の演歌を聞くのはもはや日常となっている。 また、において船に乗り込み漁に出るようながあったり、漁師や仕事で船に乗っている人が出演すると、挿入歌として「」が流されることが多い。 に初出場したは、2007年で20回目の出場を数えた。 また、全国に12個の歌碑が建設されている。 数々の音楽賞の他、海難遺児の進学機会確保のための80回に及ぶ献身的なチャリティー活動などが評価され、7度の受章歴もある。 に歌手デビュー25周年を迎え、に記念曲第1弾『母の磯笛』を発売。 息子のも歌手・作曲家として活動している。 対戦相手の歌手名の 内の数字はその歌手との対戦回数を表す。 出演順は「(出演順 / 出場者数 」で表す。 2004年はコーナーの形を取り、、鳥羽、の順で歌唱したため、対戦相手がいない。 出演 [ ] 音楽番組 [ ]• (テレビ東京) バラエティ番組 [ ]• (2004年 - ・・「ことば一郎」としてレギュラー出演)• (テレビ東京系列) テレビドラマ [ ]• 6〜旬を喰らう真夏の伊勢志摩()• () 映画 [ ]• (1984年、東映) - 森将人 舞台公演 [ ]• 歌と喜劇の年忘れ(〜・新宿コマ劇場・座長兼任)• 爆笑痛快時代劇・珍説荒神山(〜・新宿コマ劇場・座長兼任)• 弥次喜多 〜故郷に帰る〜(〜・・山川豊と共演)• 清水港 〜石松と次郎長〜(〜・新歌舞伎座・山川豊と共演)• 兄弟船(〜・新歌舞伎座・鳥羽/山川両人の半生を描いた内容) 歌碑 [ ]• 『男の港』( 旧 ・建立)• 『翁』(・建立)• 『兄弟酒』(・建立)• 『豊後の一心太助』(大分県佐伯市 旧南海部郡 ・建立)• 『瀬戸の水軍』(愛媛県・建立)• 『北斗船』(・建立)• 『志摩半島』(三重県 旧 ・建立)• 『泉州春木港』(・2002年建立)• 『街灯台』(・建立)• 『愛恋岬』(・建立)• 『大阪湾』(・建立) チャリティー活動 [ ] 漁師時代に数多くの友人を海難事故で亡くした経験から、鳥羽はより、海難遺児救済活動の一環として『海難遺児チャリティー・漁港コンサート』を定期的に開催。 その回数は80回を数える。 これは、個人によるチャリティー活動では異例の数字である。 それ以外にもチャリティーコンサートを山川豊と共催するほか、全国のへの慰問も積極的に行っている。 受賞 [ ]• 上半期奨励賞・ 新人賞• 新人賞• 古賀政男記念大賞 入賞 『海の祈り』『愛恋岬』• 最優秀歌唱賞 『龍神』• 、「漁船海難遺児育英会」より感謝状を送呈。 長年に亘る海難遺児支援事業が評価され、1996年8月・1999年2月・2001年4月・2003年1月・2005年12月・2007年7月・2010年1月の7回紺綬褒章を受章。 その他 [ ]• 、実弟の山川豊が第12回・優秀放送新人賞候補にノミネートされているのをテレビで見て、たまらず会場のに直行。 制止する警備員を振り切り(当時鳥羽はまだ歌手デビュー前だった)、放送音楽新人賞を受賞した山川と共に、涙ながら抱擁する一幕があった。 のには、とが年始にのに出席したことで辞退に追い込まれ、とともに代役に充てられた。 しかし、「自分もこのような暴力団との仕事上の付き合いはある。 歌手ならこのような付き合いは避けられない」とNHKの偽善を批判して辞退した(その代役にはが充てられた)。 、に「」を建国。 大統領に就任。 、全国各地のへの積極的な慰問などが評価され、服役者の社会復帰を支援する「」に就任。 に山川豊と共に三重県に就任。 頃より通信カラオケシステムの機種改良に伴い、「兄弟船」を初めとする代表曲で背景映像に鳥羽本人が出演する映像が多く採用されている。 「兄弟船」では、漁師役として漁船に乗船している映像が使用されている。 「ステーション」では、CDシングルのパッケージでロケーションを行ったのにて鳥羽本人が出演する映像が使用されている。 からまで放送されたのでは「ことば一郎」という名で出演していた。 、にあるラーメン屋「夢道」のCMに出演。 「鳥羽一郎です。 木更津に、うまいラーメンを見つけたぜ」のセリフのあとに鳥羽の曲「流氷浪漫」が流れるという奇抜な構成で、特にこのCMを放送していたの各番組内で話題となる。 2007年、ラジオ番組「」の「突撃アポなし」のコーナーに電話出演、パーソナリティのを驚かせたことがある(鳥羽と川嶋は以前から、家族ぐるみの付き合いがあった)。 には、この番組放送300回を祝うメッセージが流された(と共演)。 別寅かまぼこの関西ローカルCMに出演。 2011年10月5日発表の『』は、の800回忌に合わせて発表されたが、歌詞の中にある「(やま)は崩れて」の表現について、を総本山とするが、「比叡山といえば延暦寺が連想され、延暦寺を間接的に揶揄している」としてクレームを付けた。 天台宗は、『月の黒谷』の発売元であるに対して歌詞の書き換えなどを要請し、同社はこれに応じ歌詞を変更した。 「イチロー」という商品があるが、羅臼の会社から販売されているものに関しては、鳥羽本人に名前使用許可を得たものである。 作品 [ ]• 1982. 両面ジャケットあり• 1983. 1983. 1984. 1984. 1985. 1985. 1985. 21 作詞 船村 徹 (補)荒川利夫, 作曲 船村 徹 共演/ムーディー松島• 1985. 1985. 1985. 1986. 1986. 1987. 1987. 1988. 1988. 1988. 1989. 1989. 1989. 1990. 1990. 21 作詞 渡辺 桂 (補)星野哲郎, 作曲 中村典正• 1991. 1991. 1991. 1991. 1991. 1991. 1991. 1992. 20 作詞 星野哲郎, 作曲 中村典正• 1992. 1992. 1992. 1992. 1993. 1993. 1993. 5 作詞 南沢純三, 作曲 中村典正• 1993. 1994. 1994. 1994. 1994. 1994. 21 作詞 星野哲郎, 作曲 北原じゅん• 1994. 1995. 1995. 1995. 1995. 1995. 1995. 1996. 1996. 1996. 1996. 1997. 1997. 1997. 1998. 1998. 1998. 1998. 1998. 1998. 23 作詞 千家和也 , 作曲 三木たかし 共演/ キムヨンジャ• 1999. 1999. 1999. 1999. 2000. 2000. 2000. 2001. 2001. 2001. 2001. 2002. 2002. 2002. 2002. 2002. 2003. 2003. 18 作詞 吉岡 治, 作曲 N. 2003. 2004. 2004. 2005. 2005. 2006. 2006. 2006. 2007. 2007. 2008. 2009. 2010. 201102. 2011. 2011. 2011. 2012. 2012. 2013. 2013. 2013. 2014. 2014. 2015. 2016. 2016. 2016. 2016. 2017. 2017. 2017. 2017. 2018. 2019. 2019. Vシネマ『首領の野望』(2008年)エンディングテーマ曲「龍の道」• NHK名古屋放送局制作ドラマ『ヤアになる日』(2012年9月30日)挿入歌「俺 おい の答志島」 脚注 [ ].

次の

鳥羽一郎

鳥羽 一郎 熊野灘

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

鳥羽一郎 熊野灘 LYRICS

鳥羽 一郎 熊野灘

略歴・人物 [ ] 石鏡町出身。 父は、母はという漁業一家に生まれた。 5年間、の船員としてやまでやの捕獲に従事。 海が荒れれば命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは、『』『』といったの作品だった。 一度はを志し、調理師免許も取得していた。 だが実弟の山川豊が東京での活躍もあり、もともと抱いていた歌手への想いを断ち切れず27歳で上京。 かねてから憧れの存在だった船村に弟子入りし、3年間の修行生活を経て、出身地に由来する芸名をつけて『』で歌手デビュー。 デビュー時のキャッチフレーズは「潮の香りが似合う男」。 「海の男」という、それまで殆ど取り上げられなかった独自の路線を開拓して、その年の新人賞を総なめにする。 このとき既に30歳を迎えていた。 弟の山川がしなやかに「大人の色気」を歌い上げるのに対し、鳥羽の演歌は、大海原を相手に日々格闘する漁業従事者たちの「心意気」や「絆」を力強く歌い上げる。 港町の漁師達の中では、友人と酒盛りをしながら鳥羽の演歌を聞くのはもはや日常となっている。 また、において船に乗り込み漁に出るようながあったり、漁師や仕事で船に乗っている人が出演すると、挿入歌として「」が流されることが多い。 に初出場したは、2007年で20回目の出場を数えた。 また、全国に12個の歌碑が建設されている。 数々の音楽賞の他、海難遺児の進学機会確保のための80回に及ぶ献身的なチャリティー活動などが評価され、7度の受章歴もある。 に歌手デビュー25周年を迎え、に記念曲第1弾『母の磯笛』を発売。 息子のも歌手・作曲家として活動している。 対戦相手の歌手名の 内の数字はその歌手との対戦回数を表す。 出演順は「(出演順 / 出場者数 」で表す。 2004年はコーナーの形を取り、、鳥羽、の順で歌唱したため、対戦相手がいない。 出演 [ ] 音楽番組 [ ]• (テレビ東京) バラエティ番組 [ ]• (2004年 - ・・「ことば一郎」としてレギュラー出演)• (テレビ東京系列) テレビドラマ [ ]• 6〜旬を喰らう真夏の伊勢志摩()• () 映画 [ ]• (1984年、東映) - 森将人 舞台公演 [ ]• 歌と喜劇の年忘れ(〜・新宿コマ劇場・座長兼任)• 爆笑痛快時代劇・珍説荒神山(〜・新宿コマ劇場・座長兼任)• 弥次喜多 〜故郷に帰る〜(〜・・山川豊と共演)• 清水港 〜石松と次郎長〜(〜・新歌舞伎座・山川豊と共演)• 兄弟船(〜・新歌舞伎座・鳥羽/山川両人の半生を描いた内容) 歌碑 [ ]• 『男の港』( 旧 ・建立)• 『翁』(・建立)• 『兄弟酒』(・建立)• 『豊後の一心太助』(大分県佐伯市 旧南海部郡 ・建立)• 『瀬戸の水軍』(愛媛県・建立)• 『北斗船』(・建立)• 『志摩半島』(三重県 旧 ・建立)• 『泉州春木港』(・2002年建立)• 『街灯台』(・建立)• 『愛恋岬』(・建立)• 『大阪湾』(・建立) チャリティー活動 [ ] 漁師時代に数多くの友人を海難事故で亡くした経験から、鳥羽はより、海難遺児救済活動の一環として『海難遺児チャリティー・漁港コンサート』を定期的に開催。 その回数は80回を数える。 これは、個人によるチャリティー活動では異例の数字である。 それ以外にもチャリティーコンサートを山川豊と共催するほか、全国のへの慰問も積極的に行っている。 受賞 [ ]• 上半期奨励賞・ 新人賞• 新人賞• 古賀政男記念大賞 入賞 『海の祈り』『愛恋岬』• 最優秀歌唱賞 『龍神』• 、「漁船海難遺児育英会」より感謝状を送呈。 長年に亘る海難遺児支援事業が評価され、1996年8月・1999年2月・2001年4月・2003年1月・2005年12月・2007年7月・2010年1月の7回紺綬褒章を受章。 その他 [ ]• 、実弟の山川豊が第12回・優秀放送新人賞候補にノミネートされているのをテレビで見て、たまらず会場のに直行。 制止する警備員を振り切り(当時鳥羽はまだ歌手デビュー前だった)、放送音楽新人賞を受賞した山川と共に、涙ながら抱擁する一幕があった。 のには、とが年始にのに出席したことで辞退に追い込まれ、とともに代役に充てられた。 しかし、「自分もこのような暴力団との仕事上の付き合いはある。 歌手ならこのような付き合いは避けられない」とNHKの偽善を批判して辞退した(その代役にはが充てられた)。 、に「」を建国。 大統領に就任。 、全国各地のへの積極的な慰問などが評価され、服役者の社会復帰を支援する「」に就任。 に山川豊と共に三重県に就任。 頃より通信カラオケシステムの機種改良に伴い、「兄弟船」を初めとする代表曲で背景映像に鳥羽本人が出演する映像が多く採用されている。 「兄弟船」では、漁師役として漁船に乗船している映像が使用されている。 「ステーション」では、CDシングルのパッケージでロケーションを行ったのにて鳥羽本人が出演する映像が使用されている。 からまで放送されたのでは「ことば一郎」という名で出演していた。 、にあるラーメン屋「夢道」のCMに出演。 「鳥羽一郎です。 木更津に、うまいラーメンを見つけたぜ」のセリフのあとに鳥羽の曲「流氷浪漫」が流れるという奇抜な構成で、特にこのCMを放送していたの各番組内で話題となる。 2007年、ラジオ番組「」の「突撃アポなし」のコーナーに電話出演、パーソナリティのを驚かせたことがある(鳥羽と川嶋は以前から、家族ぐるみの付き合いがあった)。 には、この番組放送300回を祝うメッセージが流された(と共演)。 別寅かまぼこの関西ローカルCMに出演。 2011年10月5日発表の『』は、の800回忌に合わせて発表されたが、歌詞の中にある「(やま)は崩れて」の表現について、を総本山とするが、「比叡山といえば延暦寺が連想され、延暦寺を間接的に揶揄している」としてクレームを付けた。 天台宗は、『月の黒谷』の発売元であるに対して歌詞の書き換えなどを要請し、同社はこれに応じ歌詞を変更した。 「イチロー」という商品があるが、羅臼の会社から販売されているものに関しては、鳥羽本人に名前使用許可を得たものである。 作品 [ ]• 1982. 両面ジャケットあり• 1983. 1983. 1984. 1984. 1985. 1985. 1985. 21 作詞 船村 徹 (補)荒川利夫, 作曲 船村 徹 共演/ムーディー松島• 1985. 1985. 1985. 1986. 1986. 1987. 1987. 1988. 1988. 1988. 1989. 1989. 1989. 1990. 1990. 21 作詞 渡辺 桂 (補)星野哲郎, 作曲 中村典正• 1991. 1991. 1991. 1991. 1991. 1991. 1991. 1992. 20 作詞 星野哲郎, 作曲 中村典正• 1992. 1992. 1992. 1992. 1993. 1993. 1993. 5 作詞 南沢純三, 作曲 中村典正• 1993. 1994. 1994. 1994. 1994. 1994. 21 作詞 星野哲郎, 作曲 北原じゅん• 1994. 1995. 1995. 1995. 1995. 1995. 1995. 1996. 1996. 1996. 1996. 1997. 1997. 1997. 1998. 1998. 1998. 1998. 1998. 1998. 23 作詞 千家和也 , 作曲 三木たかし 共演/ キムヨンジャ• 1999. 1999. 1999. 1999. 2000. 2000. 2000. 2001. 2001. 2001. 2001. 2002. 2002. 2002. 2002. 2002. 2003. 2003. 18 作詞 吉岡 治, 作曲 N. 2003. 2004. 2004. 2005. 2005. 2006. 2006. 2006. 2007. 2007. 2008. 2009. 2010. 201102. 2011. 2011. 2011. 2012. 2012. 2013. 2013. 2013. 2014. 2014. 2015. 2016. 2016. 2016. 2016. 2017. 2017. 2017. 2017. 2018. 2019. 2019. Vシネマ『首領の野望』(2008年)エンディングテーマ曲「龍の道」• NHK名古屋放送局制作ドラマ『ヤアになる日』(2012年9月30日)挿入歌「俺 おい の答志島」 脚注 [ ].

次の