プライバシーポリシー アドセンス 申請前。 【ブログ初心者・ノミ】アドセンス合格までの道のり【申請13回目で承認!】

アドセンスブログに必須! プライバシーポリシー(コピペでOK)と運営者情報の作成手順

プライバシーポリシー アドセンス 申請前

今回は、アドセンスブログにプライバシーポリシーを完璧に作る方法をテンプレート付き(コピペ可)で詳しくご紹介していきます。 アドセンス広告を設置するブログ(サイト)であれば、プライバシーポリシーは必ず明記しなければいけないという規約があるのはご存知ですか? 「プライバシーポリシー」と言われて何それ?と思うアドセンスブログを運営している方はすぐさま対応してくださいね。 といっても、何を設置すればいいのか分からない方も多いですよね。 ここではそんな方に向けて、プライバシーポリシーを完璧に作る方法をテンプレート(コピペ可)も用意していますので、是非ご活用くださいね。 また、これからアドセンス審査に申請する方もこれは必須ですので、ここでしっかりと学び設置しちゃいましょう! アドセンスブログに必須!プライバシーポリシーって何? プライバシーポリシーとは、 プライバシーポリシー 英語: privacy policy は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。 wikipedia. 別名「個人情報保護方針」とも言われていますが、こちらの方が聞き馴染みがあるという方もいるのではないでしょうか? このご時世、個人情報に大変シビアで良く「個人情報保護方針」って言葉を目にしますもんね。 また最近では、個人情報保護方針についての研修を受ける時間を設けている企業も少なくありません。 あなたが普段ネットサーフィンしているサイトもしっかりと設置されていると思いますので、今度是非見てみてくださいね。 Googleアドセンス広告を利用するなら設置する事は必須! プライバシーポリシーについて、Googleアドセンスの利用規約を見てみると、「必須コンテンツ」として記載されています。 必須という事は、 『Googleアドセンスを利用する人は、必ずプライバシーポリシーを提示(設置)しなければいけない』という事。 アドセンス広告を掲載しているサイトでも、プライバシーポリシー設置していないブログ(サイト)もたまにありますが、厳密に言えばそれはルール違反でいつか警告や注意を受けてもおかしくないので、あなたはそんな勧告を受ける前に、早々としっかりと設置していってくださいね。 ではなぜ、プライバシーポリシーが必須コンテンツなのか?というと、例えばアドセンス広告などを使って収益化する時、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを利用する人も多いですが、アクセス解析のために収集するデータも「個人情報」に該当します。 個人情報=個人の特定ができる情報、と一般的に認識されている方も多いと思いますが、それ以外のデータも全て個人情報としているため、プライバシーポリシーが必要になるわけです。 他にも、アドセンスはデータ収集のために Cookie を使用して、これまでの閲覧履歴などから相応しいと判断された広告を表示します。 これも、閲覧履歴という重要な個人情報を取り扱うため、プライバシーポリシーでCookieを使用している事を明記しなければならないというわけです。 これらを見ても分かる通り、アドセンスなどの広告配信を利用する時には必ずプライバシーポリシーが必要だという事ですね。 プライバシーポリシーはどこに掲載するのが最適? プライバシーポリシーは、どこに設置しなければならないというルールはありません。 そのため、設置場所はサイト毎に違いますが、一般的に多いのは• グローバルメニュー:ページ上部に必ず固定表示されるメニュー• フッターメニュー:ページの一番下(多くは左隅)に表示されるメニュー のどちらかですね。 私の場合は、フッターメニューに設置しています。 サイトに訪れた人全員が目を通さなければならない記事ではありませんので、閲覧できるようにしておく程度で大丈夫です。 しかし、分かりづらい部分に設置をしても、プライバシーポリシーの意味が無くなってしまうので、必要な時に見つけられる場所に設置をしてくださいね。 アドセンスブログに適したプライバシーポリシーのコピペOKテンプレート いざプライバシーポリシーを作ろう!と思っても、そもそも何を書けばいいの?という方もいるのでは?! まず、念頭に置いておく必要があるのが、アドセンスのプライバシーポリシーに関する規約に書かれている項目は満たさなければいけないという事。 しかし、これらをプライバシーポリシーに分かるようにまとめていくだけです。 といっても、法に関する事項を知識も無い状態で1から作っていくのはとても難しいので、テンプレート(雛形)が欲しいですよね。 テンプレートを使用する時の注意点とは? インターネットでコピペでプライバシーポリシーが作れるテンプレートを探してみると、選びきれないほどにたくさんの量が出てきて実際迷ってしまいますよね。 しかし、アドセンスの規約違反にならないプライバシーポリシーを作るためには、どれでも設置しておけば良いという事ではありません。 ブログの収益化をする時に多く用いられる、• Adsense• Amazonアソシエイト• net などの広告サービスは、それぞれにプライバシーポリシーに明記しなければならない事項が決められています。 さらに、データ解析ツール「GoogleAnalytics」を使用する場合、その項目もプラスしなければいけません。 そのため、正しいプライバシーポリシーは自分がどの広告サービスを使うのか?にもより異なりますので、一通り必ず目を通して確認するようにしましょう。 制定日:xxxx年xx月xx日 最終改訂日:xxxx年xx月xx日 代表者名:XXXX XXXX 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、〇〇、〇〇)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をご覧ください。 引用・転載について 当サイトはリンクフリーですが、コンテンツ内の画像、文章の無断転載は固くお断りしています。 引用は下記を厳守の上、著作権の範囲内で引用されるようお願いします。 正当な範囲内(最小限の複製)で用いること• 引用範囲を分かるように明示すること• 当サイトからの引用である旨を必ず明示すること• 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをご覧ください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 当サイトからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答 ご注文いだいた商品を発送する場合• 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項・著作権について プライバシーポリシーは、個人情報保護方針について謳ったものになりますが、その項目と合わせて「免責事項」と「著作権」についても明記していく人が増えています。 それぞれの意味としては、• 免責事項 あなたのサイトの訪問者に何らかの不利益が講じた場合「どのような条件の時にあなたが責任を取らないのか」を記載しておくのが「免責事項」になります。 例えば、「広告をクリックした先で購入した製品に不具合があっても当サイトは責任を負いません。 販売業者にお問い合わせください」という内容をあらかじめ提示しておくという事です。 著作権 自分が作成した画像や動画を利用する場合には「ここにある画像や動画は私が作成したものであり権利は私にあります」と表明する事です。 画像や動画だけでなく、文章もその対象になりますので、コピペでオリジナルの文章を盗まれないようにするためにもしっかりと書いておきましょう。 これら2つはサイトを訪れた人に表明するためだけに設置するのではなく、自分自身を守るためでもあります。 上記のテンプレートには、「免責事項」と「著作権」についての記述も加えておりますので、そのままご使用ください! アドセンスブログにプライバシーポリシーを設置する方法・手順 では、使用するプライバシーポリシーのテンプレート(雛形)を見つけたら、早速サイトに設置していきましょう。 プライバシーポリシーを設置するためには大きく分けると、• プライバシーポリシーのページを作る• サイトにプライバシーポリシーを設置する の 簡単2ステップになります。 そこで今回は、「固定ページにプライバシーポリシーを作成して、フッターメニュー(サイトの左下)に設置する」方法についてご紹介をしていきます。 この方法であれば、簡単にプライバシーポリシーを作ってフッターに設置する事ができますので、是非ご活用ください。 投稿ページは、最新記事が投稿される度に、以前の記事が下の方に埋もれてしまいますが、固定ページにすると最新記事とは関係なく独立しているので、情報が埋もれてしまうことがありません。 そのため、プライバシーポリシー以外にも、お問い合わせのフォームやプロフィールの設置に使用される事も多いですね。 タイトルはずばり「プライバシーポリシー」などと入れておくと後に分かりやすくて良いですね。 間違いないかしっかりと目を通して問題が無ければ、公開をします。 設置場所は決まりはありませんが、今回は、設置している方が最も多い、ヘッターメニューに設置をしていきましょう。 メニューの編集画面の上部に「以下のメニューを編集するか新規メニューを作成してください。 」と表示されるので青字の部分をクリックします。 メニュー名に「フッターメニュー」と入力• 右側の下にある「フッターナビ」にチェックを入れてメニューを保存を押す 基本動作は以上です。 ナビゲーションラベルとは、サイトや記事の左下に表示される名前を変更する項目です。 例えば、「プライバシーポリシー」ではなく、「当サイトのプライバシーポリシー」など名称を変更して表示したい場合は、ナビゲーションラベルを入力してからメニューを保存するようにしてください。 ほとんどの方は「プライバシーポリシー」とされていますので、そのままでも問題はありません。 設定が完了すると、サイトの最下部の「フッターメニュー」に画像のように表示が出ますので、確認をしてみてくださいね。 『アドセンス プライバシーポリシー コピペ』まとめ 今回は、アドセンスブログにプライバシーポリシーを完璧に作る方法をテンプレ付き(コピペ可)についてご紹介してきました。 私のをコピペして後はあなたのブログ(サイト)に併せて少し調整が必要ですが、そこは面倒くさがらずやっていきましょうね。 本当は、アドセンスブログを運営する前ですね、アドセンス審査の時に設置しておく事がオススメです。 フッダーに設置しておくだけで良いので、ブログをもう1つ作った際も初めに設定する癖をつけておきましょう! また、アドセンス規約は他にも色々とルールがありますので、是非下記の記事もご覧ください。

次の

アドセンス審査(申請)前プライバシーポリシーとアフィリエイト必須内容

プライバシーポリシー アドセンス 申請前

全8記事(自己紹介含む)• カテゴリー3つ• 1日あたりのPV数は一桁~100PV未満• Google アナリティクス 導入済み• Google サーチコンソール 導入済み、 サイトマップ送信済み• 独自ドメイン取得• プライバシーポリシー 設置• お問い合わせフォーム 設置 サイトマップやプライバシーポリシー、お問い合わせフォーム等太文字の項目がアドセンス申請時には一般的にあったら良いとされることです。 サーチコンソールの設定など苦戦しながらも、最低限のことは対策しました。 私が懸念していたアフィリエイトのリンク、外部サイトのリンクや画像の引用をした記事もしっかり審査対象となっています。 それでも合格しました。 Google AdSense 結果を待っている間にやったこと Googleアドセンスに申請したのが2019年3月29日で 審査通過のお知らせメールが届いたのが1週間後の2019年4月5日でした。 Twitterでは私より後に申請された方が「1日で合格通知が来た!」などの喜びのツイートを見かけて焦ったり、アドセンス合否が出るまでの1週間はとても長く感じました…。 申請から1週間が過ぎるとアドセンスに直接催促の連絡ができるお問い合わせフォームがあるということも教えて頂きました。 ただし、問い合わせる事によって審査結果が出るまで更に時間が掛かるケースもあるとかないとか…。 多くの方から励ましのお言葉を頂き、私は引き続き 記事を書き続けること、そして アフィリエイトに登録することを選びました!(なぜかここでチャレンジ精神が湧く) ちなみに、その時登録したのはアフィリエイト界で有名なA8. netというASPです。 それでも幸いなことに、今回Google AdSenseに合格しました。 憶測でしかありませんが、「ケースバイケースなのかな?」と思う所もあったりするので、 可能な範囲で対策してから思い切って申請してみてはいかがでしょうか?.

次の

運営者情報とプライバシーポリシーは、アドセンス申請前にブログに設置しましょう!

プライバシーポリシー アドセンス 申請前

今回は、アドセンスブログにプライバシーポリシーを完璧に作る方法をテンプレート付き(コピペ可)で詳しくご紹介していきます。 アドセンス広告を設置するブログ(サイト)であれば、プライバシーポリシーは必ず明記しなければいけないという規約があるのはご存知ですか? 「プライバシーポリシー」と言われて何それ?と思うアドセンスブログを運営している方はすぐさま対応してくださいね。 といっても、何を設置すればいいのか分からない方も多いですよね。 ここではそんな方に向けて、プライバシーポリシーを完璧に作る方法をテンプレート(コピペ可)も用意していますので、是非ご活用くださいね。 また、これからアドセンス審査に申請する方もこれは必須ですので、ここでしっかりと学び設置しちゃいましょう! アドセンスブログに必須!プライバシーポリシーって何? プライバシーポリシーとは、 プライバシーポリシー 英語: privacy policy は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。 wikipedia. 別名「個人情報保護方針」とも言われていますが、こちらの方が聞き馴染みがあるという方もいるのではないでしょうか? このご時世、個人情報に大変シビアで良く「個人情報保護方針」って言葉を目にしますもんね。 また最近では、個人情報保護方針についての研修を受ける時間を設けている企業も少なくありません。 あなたが普段ネットサーフィンしているサイトもしっかりと設置されていると思いますので、今度是非見てみてくださいね。 Googleアドセンス広告を利用するなら設置する事は必須! プライバシーポリシーについて、Googleアドセンスの利用規約を見てみると、「必須コンテンツ」として記載されています。 必須という事は、 『Googleアドセンスを利用する人は、必ずプライバシーポリシーを提示(設置)しなければいけない』という事。 アドセンス広告を掲載しているサイトでも、プライバシーポリシー設置していないブログ(サイト)もたまにありますが、厳密に言えばそれはルール違反でいつか警告や注意を受けてもおかしくないので、あなたはそんな勧告を受ける前に、早々としっかりと設置していってくださいね。 ではなぜ、プライバシーポリシーが必須コンテンツなのか?というと、例えばアドセンス広告などを使って収益化する時、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールを利用する人も多いですが、アクセス解析のために収集するデータも「個人情報」に該当します。 個人情報=個人の特定ができる情報、と一般的に認識されている方も多いと思いますが、それ以外のデータも全て個人情報としているため、プライバシーポリシーが必要になるわけです。 他にも、アドセンスはデータ収集のために Cookie を使用して、これまでの閲覧履歴などから相応しいと判断された広告を表示します。 これも、閲覧履歴という重要な個人情報を取り扱うため、プライバシーポリシーでCookieを使用している事を明記しなければならないというわけです。 これらを見ても分かる通り、アドセンスなどの広告配信を利用する時には必ずプライバシーポリシーが必要だという事ですね。 プライバシーポリシーはどこに掲載するのが最適? プライバシーポリシーは、どこに設置しなければならないというルールはありません。 そのため、設置場所はサイト毎に違いますが、一般的に多いのは• グローバルメニュー:ページ上部に必ず固定表示されるメニュー• フッターメニュー:ページの一番下(多くは左隅)に表示されるメニュー のどちらかですね。 私の場合は、フッターメニューに設置しています。 サイトに訪れた人全員が目を通さなければならない記事ではありませんので、閲覧できるようにしておく程度で大丈夫です。 しかし、分かりづらい部分に設置をしても、プライバシーポリシーの意味が無くなってしまうので、必要な時に見つけられる場所に設置をしてくださいね。 アドセンスブログに適したプライバシーポリシーのコピペOKテンプレート いざプライバシーポリシーを作ろう!と思っても、そもそも何を書けばいいの?という方もいるのでは?! まず、念頭に置いておく必要があるのが、アドセンスのプライバシーポリシーに関する規約に書かれている項目は満たさなければいけないという事。 しかし、これらをプライバシーポリシーに分かるようにまとめていくだけです。 といっても、法に関する事項を知識も無い状態で1から作っていくのはとても難しいので、テンプレート(雛形)が欲しいですよね。 テンプレートを使用する時の注意点とは? インターネットでコピペでプライバシーポリシーが作れるテンプレートを探してみると、選びきれないほどにたくさんの量が出てきて実際迷ってしまいますよね。 しかし、アドセンスの規約違反にならないプライバシーポリシーを作るためには、どれでも設置しておけば良いという事ではありません。 ブログの収益化をする時に多く用いられる、• Adsense• Amazonアソシエイト• net などの広告サービスは、それぞれにプライバシーポリシーに明記しなければならない事項が決められています。 さらに、データ解析ツール「GoogleAnalytics」を使用する場合、その項目もプラスしなければいけません。 そのため、正しいプライバシーポリシーは自分がどの広告サービスを使うのか?にもより異なりますので、一通り必ず目を通して確認するようにしましょう。 制定日:xxxx年xx月xx日 最終改訂日:xxxx年xx月xx日 代表者名:XXXX XXXX 当サイトに掲載されている広告について 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8. net、Amazonアソシエイト、〇〇、〇〇)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をご覧ください。 引用・転載について 当サイトはリンクフリーですが、コンテンツ内の画像、文章の無断転載は固くお断りしています。 引用は下記を厳守の上、著作権の範囲内で引用されるようお願いします。 正当な範囲内(最小限の複製)で用いること• 引用範囲を分かるように明示すること• 当サイトからの引用である旨を必ず明示すること• 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをご覧ください。 当サイトへのコメントについて 当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。 これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。 当サイトからのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答 ご注文いだいた商品を発送する場合• 禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。 その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。 免責事項・著作権について プライバシーポリシーは、個人情報保護方針について謳ったものになりますが、その項目と合わせて「免責事項」と「著作権」についても明記していく人が増えています。 それぞれの意味としては、• 免責事項 あなたのサイトの訪問者に何らかの不利益が講じた場合「どのような条件の時にあなたが責任を取らないのか」を記載しておくのが「免責事項」になります。 例えば、「広告をクリックした先で購入した製品に不具合があっても当サイトは責任を負いません。 販売業者にお問い合わせください」という内容をあらかじめ提示しておくという事です。 著作権 自分が作成した画像や動画を利用する場合には「ここにある画像や動画は私が作成したものであり権利は私にあります」と表明する事です。 画像や動画だけでなく、文章もその対象になりますので、コピペでオリジナルの文章を盗まれないようにするためにもしっかりと書いておきましょう。 これら2つはサイトを訪れた人に表明するためだけに設置するのではなく、自分自身を守るためでもあります。 上記のテンプレートには、「免責事項」と「著作権」についての記述も加えておりますので、そのままご使用ください! アドセンスブログにプライバシーポリシーを設置する方法・手順 では、使用するプライバシーポリシーのテンプレート(雛形)を見つけたら、早速サイトに設置していきましょう。 プライバシーポリシーを設置するためには大きく分けると、• プライバシーポリシーのページを作る• サイトにプライバシーポリシーを設置する の 簡単2ステップになります。 そこで今回は、「固定ページにプライバシーポリシーを作成して、フッターメニュー(サイトの左下)に設置する」方法についてご紹介をしていきます。 この方法であれば、簡単にプライバシーポリシーを作ってフッターに設置する事ができますので、是非ご活用ください。 投稿ページは、最新記事が投稿される度に、以前の記事が下の方に埋もれてしまいますが、固定ページにすると最新記事とは関係なく独立しているので、情報が埋もれてしまうことがありません。 そのため、プライバシーポリシー以外にも、お問い合わせのフォームやプロフィールの設置に使用される事も多いですね。 タイトルはずばり「プライバシーポリシー」などと入れておくと後に分かりやすくて良いですね。 間違いないかしっかりと目を通して問題が無ければ、公開をします。 設置場所は決まりはありませんが、今回は、設置している方が最も多い、ヘッターメニューに設置をしていきましょう。 メニューの編集画面の上部に「以下のメニューを編集するか新規メニューを作成してください。 」と表示されるので青字の部分をクリックします。 メニュー名に「フッターメニュー」と入力• 右側の下にある「フッターナビ」にチェックを入れてメニューを保存を押す 基本動作は以上です。 ナビゲーションラベルとは、サイトや記事の左下に表示される名前を変更する項目です。 例えば、「プライバシーポリシー」ではなく、「当サイトのプライバシーポリシー」など名称を変更して表示したい場合は、ナビゲーションラベルを入力してからメニューを保存するようにしてください。 ほとんどの方は「プライバシーポリシー」とされていますので、そのままでも問題はありません。 設定が完了すると、サイトの最下部の「フッターメニュー」に画像のように表示が出ますので、確認をしてみてくださいね。 『アドセンス プライバシーポリシー コピペ』まとめ 今回は、アドセンスブログにプライバシーポリシーを完璧に作る方法をテンプレ付き(コピペ可)についてご紹介してきました。 私のをコピペして後はあなたのブログ(サイト)に併せて少し調整が必要ですが、そこは面倒くさがらずやっていきましょうね。 本当は、アドセンスブログを運営する前ですね、アドセンス審査の時に設置しておく事がオススメです。 フッダーに設置しておくだけで良いので、ブログをもう1つ作った際も初めに設定する癖をつけておきましょう! また、アドセンス規約は他にも色々とルールがありますので、是非下記の記事もご覧ください。

次の