ロジャー フェデラー。 ロジャー・フェデラー

【テニス】ロジャー・フェデラー115億円で初の長者番付1位 大坂29位、錦織40位 [鉄チーズ烏★]

ロジャー フェデラー

史上最高のテニスプレイヤー、ロジャー・フェデラーの強さの秘密を解き明かす! フェデラーの凄さは記録を見れば一目瞭然である。 ・グランドスラム最多タイトル獲得 ・男子世界ランキング1位最長記録 ・ウィンブルドン最多優勝 ・全米オープン史上初の5連覇 ではなぜ、彼はこれほどまでの強さを誇り、そして維持することができたのか。 相手の裏をかくサーブ。 27種類のフォアハンド。 ゲームの流れを変えるボレー。 誰よりも静かなステップ。 ジュニア時代を支えてくれた敬愛するコーチとの死別。 憧れのプレーヤー、ピート・サンプラスとの交流。 最強のライバル、ラファ・ナダルとの激闘。 新たなライバル、ノバク・ジョコビッチ、アンディ・マレーとの戦い。 「伝説になりたい! 」と願い、誰よりも高みを目指した男はどうやって成長を遂げたのか。 それらの答えは、すべて本書にある。 ホジキンソン,マーク スポーツ・ジャーナリスト。 デイリーテレグラフ紙の元テニス記者。 『ESPN』『GQ』などの雑誌でも記事を執筆。 小学校1年生から高校3年生までアメリカ在住。 慶應義塾大学法学部政治学科卒。 大手総合商社に12年間勤務。 うち4年間はマレーシアとシンガポールに駐在。 世界各国との契約交渉を担当し、某国の外務大臣、エネルギー大臣の通訳含め、英和・和英の翻訳・通訳業務も行っていた。 時事英語参考書のナレーション、テレビの報道番組で翻訳、英会話参考書の添削・取材協力、英語塾講師などの経験あり 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 言わずと知れたテニス界の至宝ロジャー・フェデラーについて、少年時代から現在に至るまでの、彼の人と成り、彼を取りまく人々(両親、コーチ、妻と子供、ライバル選手たち)との関係等を、詳細な試合データや写真と共に詳述している評伝本です。 如何にしてロジャー・フェデラーという名選手が誕生し成長し現在に至っているのかが、実に細かく語られていて読み応えがあります。 今ではクールな印象のあるフェデラーも、若い時分には試合中にラケットをへし折るほどの激情家であったことや、オフでは妻をからかったりするお茶目な性格であったりするような意外な一面も紹介されていて、フェデラーファンにはたまらない情報が満載で一気に読んでしまいました。 まさにフェデラーファンならば必携の書と言えると思います。 この本に掲載されている写真を見て改めて感じることは、彼のテニスはやはり美しく唯一無二のものであるということです。 それはボールを打つ瞬間の顔の表情に顕著に表れています。 ほとんどの選手がボールを打つ瞬間は歯を食いしばったりして鬼のような形相になりますが、そんな中、フェデラーだけは顔の表情が崩れません。 口を閉じボールを一心に見つめている彼の表情は、実にクールで美しい。

次の

フェデラーの記憶に残る1戦(その1)(テニスネットPro)ロジャー・フェデラー(スイス)はキャリア…|dメニューニュース(NTTドコモ)

ロジャー フェデラー

2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• 2003• 2002• 2001• 2000• 1999• 2013• 2012• 2011• 2010• 2009• 2008• 2007• 2006• 2005• 2004• 2003• 2002• 2001• 2000• 1999• GRAND SLAM 全豪オープン• 2020. 20 - 2020. ハードコート ラウンド 対戦者 勝敗 スコア 準決勝 0-3 LOSE 1 2 3 4 5 6 1 4 3 7 7 6 6 準々決勝 3-2 WIN 1 2 3 4 5 6 2 2 7 10 6 3 6 6 6 8 3 4回戦 3-1 WIN 1 2 3 4 5 4 6 6 6 6 1 2 2 3回戦 3-2 WIN 1 2 3 4 5 4 7 7 6 4 7 10 6 6 2 4 6 6 8 2回戦 3-0 WIN 1 2 3 4 5 6 6 6 1 4 1 1回戦 3-0 WIN 1 2 3 4 5 6 6 6 3 2 2.

次の

【選手名鑑】 ロジャー・フェデラー

ロジャー フェデラー

グランドスラム20度優勝を誇るフェデラーは、友人であり元世界1位の(ブラジル)との会話の中で、これまでの選手生活の中で、コート外でのトレーニングを劇的に増やすことを決意した瞬間があったことを明かした。 当時のコーチであったトニー・ローチ氏と話して、フェデラーはトレーニングを増やすことを決心した。 優勝するために、必要なら1つの大会で5セットの試合を7回戦える状態になりたかったのだ。 フェデラーが最後にグランドスラムで優勝したのは2018年の「全豪オープン」だ。 2019年の「ウィンブルドン」では、決勝で2度を握りながら敗れ、大きな悔いが残る結果となった。 「若い頃は、苦しみながら学ばなければならなかった。 問題は、勝った時はいつもとても簡単そうに見えたと言われ、負ければもっと一生懸命やれたのではと言われたことだ」 「僕のテニスはとても簡単そうに見えたから、いつもバランスが難しかった。 力を出し切っていることを見せるために、もっとうめき声を上げたり汗をかいたりするべきなのかと混乱したよ。 だから、僕は闘志を顔に出す方法を学ばなければならなかった」 「トニー・ローチの指導を受けていた頃から、激しいトレーニングに打ち込むようになった。 彼にグランドスラムで2週間の間に5セットの試合を7回戦う気力と体力があるかと聞かれて、僕はできると思うけれど100%の確信はないと答えたよ。 そうしたらトニーは、確信が欲しいから、どのグランドスラムでも優勝できるように、5セットを7試合戦えるように訓練しなければいけないと言ったんだ。 その時から、僕は厳しいトレーニングに打ち込むようになった」 フェデラーは、オープン化以降では最も長く世界ランキング1位に君臨(310週)。 年末のランキング上位8選手だけが参加するシーズン最終戦で、最多の6度優勝を果たしている。 またフェデラーは2002年10月14日から2016年10月30日までの14年と2週にわたって、世界ランキング上位8位に在位し続けた。 記録が途絶えたのは、怪我により2016年シーズンの多くの大会に出場できなかったためだった。

次の