つばさ と ホタル ネタバレ。 つばさとホタルの最新ネタバレ!試し読みだけでハマります

つばさとホタル DAY52 感想

つばさ と ホタル ネタバレ

by つばさちゃん完璧でしょう かわいいかわいい!安心の安定の少女マンガです。 始めこそ主人公のつばさちゃんは思い込みの激しいストーカー体質ですが、バスケ部のマネージャーを明るく一生懸命にこなし、恋に疎いアッキーを一途に想う、みんなに優しい素直な女の子です。 そんな女の子が、イケメン君に思われたり、恋を実らせたり、いい仲間になっていったりするお話です。 ことです。 幸せな気分になれます。 物語を読むことは、主人公の苦労とか課題とかから考え学ぶといった(硬い言い方をすれば)こともありますが、ふんわりといい気分に完璧な主人公と同化してなるという、楽しみに向いている作品です。 完璧理想過ぎますが、これだけ描ける作者さん、すごいと思いました。 リアリティも感じられ、作者さん自身がつばさちゃんの物語?と思うことも。 by ほたるちゃんがかわいい 助けられた相手にストーカーまがいのつきまとい、尽くしてしまうほたるちゃん。 しかも、ホントはその人は助けてくれた相手じゃなかったという惨めさ。 でもそれは、ほたるちゃんのまっすぐな性格からきてるもので、バスケ部のマネージャーになる事でその魅力がどんどん開花していくストーリー。 はじめは大丈夫か?と思っていたのが、次第にほたるちゃんが可愛く見えてきちゃうもんだから、ホントはお試しだけのつもりが、結局最後まで読んでしまいました。 私的には鳥羽くんが器用貧乏で切ないです。 しかし、ストーリー的にはほたるちゃんとアキくんがうまくいかなくてはいけないわけで…。 でも、鳥羽くんの幸せを願わずにはいられないくらい、いいキャラです。 むしろ、鳥羽くんが良すぎて、一回くらい付き合ってやっても良かったんじゃないの?と思ってしまうくらい。 それでもアキくん一筋のほたるちゃんが、結局一番魅力的ですね。 ハッピーエンドで良かったです。

次の

つばさとホタル9巻ネタバレ!無料で読む方法も紹介

つばさ と ホタル ネタバレ

審判に呼ばれた、大島さんとつばさでしたが、つばさは日曜日に熱を出して試合に行けなくなってしまいます! 対戦終わったら、結果報告がてらお見舞いにくると烏丸くんは電話でそうつばさに言うのですが、お見舞いにアッキーと鳥羽の3人でくるといわれて、アッキーが家にくる!?とドキドキのつばさ。 一方で練習試合のほうは… 練習試合につばさがこないことを知り、少しほっとした様子の大島さん。 しかし試合が終わると、 お見舞いはアッキーが一人で行ったほうがいいのでは?と突然鳥羽君が言い出したのです。 つばさが一人で家にいるみたいだから、早く行ってあげたほうがいいと…。 それを聞いた大島さんは、急に具合が悪くなってしまい、家が近所なのでアッキーが家まで送ることになったので、つばさのお見舞いには行けなくなります。 ーーアッキーと大島さんの帰り道。 昔はよく一緒に帰ったよねと昔話をするアッキー。 そんな話をしていると、大島さんの切ない想いが溢れます。 やっぱり大島さんは昔のまま、アッキーのことが好きだったみたいですねぇ・・。 大島さんの突然の告白。 うぅ……これはこれで切ないぞう!泣 大島さんは、よく考えて返事をしてほしいとアッキーと約束します。 この日から、大島さんは積極的にアッキーにアピールするようになり、アッキーもきちんと真剣に考えている様子。 いつもは、バス通なのにアッキーに会いたいからホームまでやってきたり、髪型も変わり可愛らしい雰囲気になった大島さんを見てつばさは驚くのです。 そんなつばさも、このままではアッキーをとられると危機を感じて、おいしいお弁当を作って皆で海に遊びに行く計画をたてます。 しかし結局その海へは、アッキー、鳥羽くん、烏丸くん、そして大島さんも行くことに…(笑) そこでついに…突然アッキーが、大島さんを散歩に誘います。 アッキーは大島さんに、告白の返事をしたようです。 その答えを大島さんが帰ってからアッキーに聞いたつばさは……自分も、告白をしたらどうなるだろう?と思ったのでした。 スポンサードリンク 学校のイベントで文化祭がはじまった! そんな一件が落ち着いたある日、つばさの学校で文化祭が始まりました。 クラス展は動物喫茶、バスケ部の出し物は、お好み焼きやさんです! ミス、ミスターコンテストの代表になった鳥羽くんのスピーチをつばさがやることになり、つばさは、忙しい日々を送ることに。 そんな時……!! 部室で先輩たちに、つばさとのことを問い詰められている、アッキーの声を耳にしてしまう。 先輩たちがあまりの仲の良さに質問しているようです。 その答えをしっかりドア越しに聞いているつばさ…。 アッキーのきっぱりとした答えにショックを隠せないつばさ。 ががーーん!ってかんじですよねw しかし、文化祭の準備が忙しくなると、バスケ部の出し物の準備を練習でなかなかできない部員のため一生懸命1人で頑張っていたつばさ。 そんなつばさのことを心配してアッキーは一緒に手伝ってくれたのです! アッキーは自分のことをなんとも思ってないとわかっていたつばさですが、どうしても好きだと伝えたくなります。 そして……思わず告白してしまったつばさ。 アッキーの告白の返事は?!つばさとホタルの4巻へつづきます。

次の

春田なな「つばさとホタル」8巻ネタバレ

つばさ と ホタル ネタバレ

アッキーがどんな道に進みたいのか分かりませんが、つばさと 同じ学校に進学するという保証はないですし。 高校を卒業したら 離れ離れになってしまうのだとしたら、つばさは大変そうだ。 仮につばさとアッキーが遠距離恋愛になったら、どうなるのだろう? つばさは基本的にお世話をすることによって愛情表現するタイプ ですが、遠距離恋愛だと、お世話もできませんし。 宅配便で何かを 定期的に送りつけたりするのだろうか? www まだ高校卒業は先のことかもしれないけど、もう修学旅行も 終わったから、卒業まであっという間ですよね。 先輩につきまとっていた頃は 有名だったようですが、その後は真面目にマネージャーとして仕事を しているから、あまり校内で注目されている感じはしませんが。 つばさもすっかりいい子になったから、魅力はあるのは間違いないの ですが、まぁ今はアッキーとつきあっているのだから、誰かに好かれて いるかどうかなんて考えるだけ無駄か w 誰に告白されようがアッキーと 分かれるとは思えないし。 バスケ部にはたくさんの部員がいますが、アッキーや鳥羽などメインキャラ 以外はほとんどどんな性格か分からないまま物語が終わってしまい ましたね。 結局作品を通じてカップルが成立したのはつばさとアッキー、まいまいと 烏丸だけか。 まぁ友梨も彼氏がいたので、その分も含めれば3組ですが。 「ひな」は嘘をついたけど、その後は恋愛に関する話は一切出なかった ですね。 マネージャーとしての仕事が忙しくなってしまったから それどころではなくなったのかもしれませんが。 三日月がもっと早い段階から、真面目に鳥羽に迫っていたら お話はどういう展開になったのだろう… 照れ屋さんなのか、無意識の うちにふざけてしまうようですね。 まぁ鳥羽もそういうところがあるから ある意味似たもの同士なのかもしれませんが。 つばさをアッキーから奪ったとしたら、自動的に親友の恋人を 奪ってしまうことになるのですから。 そんなことをして鳥羽が満足するとは 思えないですし。 最終回となった今回のお話でも三日月が鳥羽にちょっかいを出して きていますが、表情を見ると結構真剣な感じもするな。 つばさみたいに 自分の気持ちを分かりやすく表現することができないのかもしれないけど、 相手が鳥羽だから、普通の愛情表現では通じないかも。 鳥羽の108ページの3コマ目でちょっち意味深な反応をしていたけど、 なんだかんだ言っても鳥羽は色々つらい思いをしてきたから、三日月 の態度次第では鳥羽の気持ちが変わってもおかしくないかも。 もっと色々 読みたかった話もあるので、残念でならないのですが、つばさ達の 物語も今回で一区切りとなります。 砂賀との試合も終わったので、今回のお話は後日談みたいな感じ でしたが、校内新聞の一面にバスケ部のことが大きく載っているのか。 まぁ強豪を倒したのだから、当然ですよね。 この新聞は良い記念に なりそう。 「まいまい」が校内新聞が貼られている掲示板を写真に 撮りたくなった気持ちも分かるwww まいまいと烏丸の恋愛が物語で 描かれることはあまりありませんでしたが、交際が順調に進んでいる ようで何より。 烏丸が自然な感じでまいまいと話をしているのを見てると、何だか 楽しくなってきます。 この校内新聞にどんなことが書かれていたのか 読んでみたい。 まぁここまで 成長したのは例のうそ事件が背景にあるのですが w もしひながつばさに対して嘘をつかなかったら、どういうマネージャーに なっていたのだろう? 毒舌キャラで通したのだろうか? もうひなの態度が 悪かったことなんて忘れそうになるくらい今はおとなしくなったし。 まぁつばさに 迷惑をかけてしまったということが強力な薬になったのでしょう。 思えばつばさだって最初の頃は周りに迷惑をかけまくっていましたが、 人は失敗して成長していくものなのかもしれません。 バスケ部の部員は みんな本当にいい子ばかりだから、余程のことがない限り許してくれますよね。 初登場時のひなみたいな性格の子って周りから反発されそうですが、バスケ部の みんなはスルーしてくれてましたし。 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2017. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2016. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2015. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2014. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013. 2013.

次の