多摩川競艇 リプレイ。 ボートレース尼崎 Official Site

スマートフォン版 レースリプレイ ボートレース多摩川 レース選択

多摩川競艇 リプレイ

毎年6月下旬から7月上旬の間に開催されるSG(スペシャルグレード)の競艇レース「 グランドチャンピオン2019」。 46回目となる2019年は、6月18日(火)~6月23日(日)に多摩川ボートレース場で23年振りに開催されました。 今回は、2019年のボートレース多摩川の結果・出場選手・リプレイをまとめてみました。 グランドチャンピオン2019とは? 「 グランドチャンピオン2019」とは、毎年6月下旬〜7月上旬に開催されるボートレースのSG競走の1つ。 モーターボート競走法制定40周年を記念して創設された大会で、創設時の競走名はグランドチャンピオン決定戦競走でした。 SG出場者でないと出場資格は無いため、 本大会によるSG初出場は不可能になっています。 優勝賞金は2500万円! 他のSGに比べるとやや低い金額です。 グランドチャンピオンの出場資格とは? 「 グランドチャンピオン2019」は、出場資格を満たした52名の選手が出場します。 まず優先出場枠で ちなみに、優先出場選手以外は、 開催年前期A1級であることと、 160走以上の出走回数が必要です。 また、得点率ではなく、合計得点で出場できるかどうかが決まるので、SG競走にたくさん出走している選手が出場しやすいと言えます。 つまり、グランドチャンピオンにはSG競走の大舞台に慣れている選手が集まりやすいですね。 52名の出場選手一覧 「グランドチャンピオン2019」には、52選手が出場しました。 今回は出場回数とともにご紹介します。 優先出場・順位 登録番号 ボートレース 備考 前年度優勝者 3897 白井 英治 4年連続13回目 第33回グランプリ優勝戦出場者 4320 峰 竜太 6年連続7回目 4238 毒島 誠 年連続7回目 3960 菊地 孝平 15年連続15回目 4024 井口 佳典 2年ぶり12回目 4296 岡崎 恭裕 7年連続9回目 直前SG優勝者 3854 吉川 元浩 4年連続10回目 SG競走優勝戦完走者 4444 桐生 順平 7年連続7回目 9 3941 池田 浩二 15年連続16回目 10 4190 長嶋 万記 2年連続2回目 11 4013 中島 孝平 12年連続12回目 12 4418 茅原 悠紀 4年連続6回目 13 3388 今垣 光太郎 2年連続15回目 14 4344 新田 雄史 7年連続8回目 15 4019 笠原 亮 4年連続8回目 16 4262 馬場 貴也 4年ぶり2回目 17 3942 寺田 祥 3年連続13回目 18 3946 赤岩 善生 7年連続14回目 19 3721 守田 俊介 6年連続13回目 20 4266 長田 頼宗 4年連続4回目 21 4168 石野 貴之 3年連続6回目 22 4044 湯川 浩司 3年連続12回目 23 3822 平尾 崇典 4年ぶり10回目 24 4074 柳沢 一 3年連続3回目 25 3744 徳増 秀樹 3年連続7回目 26 4337 平本 真之 5年連続8回目 27 4166 吉田 拡郎 8年連続8回目 28 4028 田村 隆信 2年連続12回目 29 4042 丸岡 正典 4年連続9回目 30 4459 片岡 雅裕 初出場 31 4075 中野 次郎 2年ぶり6回目 32 4497 桑原 悠 初出場 33 3473 石川 真二 4年ぶり8回目 34 4362 土屋 智則 初出場 35 3996 秋山 直之 3年連続14回目 36 3622 山崎 智也 17年連続21回目 37 4547 中田 竜太 2年連続2回目 38 3415 松井 繁 18年連続25回目 39 3556 田中 信一郎 7年連続18回目 40 3573 前本 泰和 2年連続6回目 41 3780 魚谷 智之 5年連続14回目 42 4530 小野 生奈 2年連続4回目 43 4061 萩原 秀人 2年連続4回目 44 3959 坪井 康晴 4年連続13回目 45 4831 羽野 直也 初出場 46 3908 重成 一人 12年連続13回目 47 3557 太田 和美 2年ぶり24回目 48 2992 今村 豊 7年連続21回目 49 3898 平田 忠則 6年連続12回目 50 4848 仲谷 颯仁 初出場 51 4659 木下 翔太 初出場 52 3779 原田 幸哉 4年連続14回目 グランドチャンピオン2019の競走スケジュールは? 「 グランドチャンピオン2019」の競走スケジュールは、6月18日(火)~6月23日(日)の6日間。 選出順位の上位5名と推薦枠の1名で争われるドリーム戦は、初日の12Rに行われました。 菊地 孝平• 井口佳典• 毒島誠• 峰竜太• 桐生 順平• 白井英治 以上の6名で争われました。 グランドチャンピオン2019の結果は? 「ボートレースオールスター2019」は、1号艇の 柳沢 一選手がイン逃げで見事優勝を果たしました。 優勝戦の結果は次の通りです。 着 枠 ボートレーサー レースタイム 1 1 4320 峰 竜太 1'47"0 2 6 3897 白井 英治 1'48"7 3 2 4238 毒島 誠 1'50"3 4 4 4024 井口 佳典 1'51"6 5 5 4444 桐生 順平 6 3 3960 菊地 孝平 ドリーム戦の結果は、1号艇の峰竜太選手がコンマ13で勝利しました。 リプレイ:柳沢 一選手が見事SG優勝! 準優勝戦の第1戦目では、 フライング失格の選手が2名も出る波乱の展開に。 優勝戦に出走するのは、6月22日に行われた3回の準優勝戦の1着、2着を獲った選手だっただけに、予想が外れた方も多かったのでは無いでしょうか? そんな中で行われた優勝戦は、すべての艇がオールスロー発進となりました。 コンマ01の電撃スリットを放った1号艇の柳沢選手が先制ターンし、ドンドン突き放します。 多摩川ボートレース場は「日本一の静水面」と呼ばれており、風の影響も少ないことが特徴です。 パワーとスピードが優先され、走りやすく全速で攻める選手が多い傾向にあります。 続く2マークも着実に先取りした柳沢選手は、後続との差を拡大。 2号艇の太田 和美選手が差して迫りますが惜しくも届かず、 そのまま独走状態に持ち込んだ柳沢が先頭でゴール!! 柳沢は、嬉しいSG初優勝を掴み取りました。 その後の2着争いは、太田選手と3号艇萩原 秀人選手の接戦となりますが、2周1マークを正確に回った萩原選手に軍配が上がりました。 まとめ:今年のグランドチャンピオンは柳沢選手がSG初優勝! 今年も熱戦が繰り広げられた「 グランドチャンピオン2019」。 皆さんの予想はいかがだったでしょうか? パワーとスピードが優先される多摩川ボートレース場での予想は優勝戦直前に波乱の展開が起こるなど、予想困難となったことでしょう。 そして、今年は 柳沢 一選手が優勝を飾りました。 柳沢選手はデビュー20年目にしてSG初優勝、通算50回目の優勝! 次回の第30回大会は、5年振り4回目のボートレース宮島で、6月23日 〜 6月28日に開催されますよ。

次の

レースリプレイ

多摩川競艇 リプレイ

17:02• モーニング• サマータイム• ナイター• ルーキーシリーズ• オールレディース• ヴィーナスシリーズ• 締切予定時刻は締切5分前より赤く表示されます。 お好みレーサー出場のレース場は で表示されます。 (ログイン後に表示されます).

次の

競艇場(ボートレース)ライブ

多摩川競艇 リプレイ

17:02• モーニング• サマータイム• ナイター• ルーキーシリーズ• オールレディース• ヴィーナスシリーズ• 締切予定時刻は締切5分前より赤く表示されます。 お好みレーサー出場のレース場は で表示されます。 (ログイン後に表示されます).

次の