ウイルス 感染 映画。 映画『コンテイジョン』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。新型ウイルス発生と感染の危機的状況を描く

コロナ流行中の今こそ映画に学べ!ウイルス感染を扱ったおすすめ映画5選!

ウイルス 感染 映画

ストーリー [ ]。 の流域で内戦に参加していた部隊に原因不明のが流行し、多数の死者を出した。 調査の為に現地を訪れたは想像以上の感染速度と凶悪さに驚き、感染者の血液を採取した後、隠蔽と封じ込めのため部隊のキャンプをの投下で壊滅させる。 時は流れ90年代、モターバ川流域の小さな村で未知のによる出血熱が発生する。 空気感染は無いとしながらも、ダニエルズはウイルスの致死率の高さと感染者を発病後24時間で死に至らしめるスピードの早さ、持ち帰った検体から見つかった新発見のウイルスがエボラでも数日かかるダメージを数十時間でもたらすという実験結果に危機感を抱き、軍上層部と「」に勤務する元妻のロビー・キーオに警戒通達の発令を要請するが、如何に恐ろしいウイルスと言えどアメリカに入り込んで蔓延する可能性はゼロに等しいと双方から却下されてしまう。 喧嘩別れしたロビーはともかく、軍上層部の反応にダニエルズは不審を抱く。 そんな折、アフリカから1匹のがアメリカにされた。 密売人のジンボは検疫所の係員に賄賂を渡して口封じをしつつサルを沿岸の田舎町シーダー・クリークのに売りつけようとするが、客がオスを欲していたのにメスを持ち込んだため失敗し、持て余したサルを森に放す。 その後、サルを輸送している最中に飲んでいた水を顔にかけられたジンボと、彼とキスをしたジンボの恋人アリスがモターバ熱を発病し搬送されるが、病院の医師は病気の正体が分からず保健当局へ通報。 謎の熱病発生の報告を受けてロビーはダニエルズから聞いたウイルスの話を思い出し、ボストンへと向かい聞き取り調査を試みるも失敗するが解剖の結果正体不明の出血熱である事が判明し警戒通達を発表。 そしてサルに腕を引っかかれたペットショップの店長ルディーがモターバ熱を発症し死亡。 更に、不注意でルディーの血液を浴びた技師ヘンリーが発病して恋人と町の映画館へ行ったのを機に、飛沫感染によって「」が始まってしまう。 一時はジンボの乗っていた飛行機の乗客、治療に当たった病院関係者、出入りしていた検疫所の職員全員がシロだった事に沸き立ったCDCにも15人発病の一報が届き、支援と調査のためスタッフが現地入りする事を決める。 一方上層部のドナルド・マクリントック少将とフォード准将は、この伝染病が以前モターバ川流域で派生した伝染病と同じであることに気づく。 かつて患者を救うどころか抹殺して持ち帰った血液は、マクリントックの指示によって、医師でもあるフォードも絡んで密かにとして保管されており、E-1101という治療用の血清も作られていた。 正義感の強いダニエルズに細菌兵器の存在を知られる事を恐れて彼を今回の伝染病対策から外したフォード達だが、人命優先のダニエルズは命令を無視して密かに部下と共にシーダー・クリークへ飛び、ロビー率いるCDCのチームと協力して治療法の研究と感染ルートの特定を進める。 その最中、宿主のサルが食べていたを盗み食いして感染した別のサルが、軍から運び込まれ患者に投与されていたたE-1101という医薬品によって回復する。 フォードはE-1101をエール大の作った抗血清でもしかしたら効果があるかもしれない、と言ったがダニエルズは既に血清が作られていたことで細菌兵器にされたモターバ・ウイルスの存在に気がつくが、空気感染するウイルスに変異した伝染病には血清が効かなかった。 更に調査を進めると、空気感染しないアフリカン・モターバも変異して空気感染するようになったヤンキー・モターバも、共にアメリカに持ち込まれた宿主が保菌しているという結論に行きつく。 その矢先、ダニエルズの友人でもあるケイシー・シュラー中佐が不慮の事故で感染・死亡して、ロビーも彼から採血する際に偶然注射針で指を刺し感染してしまう。 彼女が発症する前に血清を完成させようと奔走するダニエルズは、部下のソルト少佐と2人で陸軍のヘリを盗み、感染源の調査を続ける。 一方、マクリントックは細菌兵器の存在を隠し通すために策謀を巡らせ、モターバ川流域で傭兵部隊のキャンプを焼き払った時のように、アメリカと世界を守るためという名目で閣僚を取り込み街へ燃料気化爆弾を搭載した爆撃機を差し向ける。 宿主であるサルが森に逃がされた事も突き止めたダニエルズらは、軍からの追っ手を振り切りつつサルを捕獲、アフリカン・モターバ用の血清をベースとして、ヤンキー・モターバ用の血清を合成する。 ロビーへのも成功し、治療の目処が立ったが、爆撃機はもう目前まで迫っていた。 ダニエルズとソルトは司令部に治療法の存在を伝えるがマクリントックに握りつぶされてしまい、実力行使で爆撃を止めるためヘリで爆撃機の進路を阻みつつ、無線通信で爆撃機の操縦士に作戦中止を懇願するも、最終的には爆弾が投下される。 あわや住民達も新しい血清も灰燼に帰するかに思われたが、爆弾はシーダー・クリークから大きく逸れ、沖合で炸裂する。 操縦士達は歪んだ軍命に従うよりも人命を救うことを選び、風で流されたように見せかけて狙いを外したのだ。 そして、フォードも人間として行動することを選択しマクリントックを逮捕、ダニエルズは快方に向かうロビーと共に新たな人生を踏み出すのであった。 モターバ・ウイルス [ ] 劇中に登場する架空のウイルス。 ジンボと彼の恋人アリス、ペットショップで宿主の隣のにいたサルなどが感染したウイルスは、血液などの液体を介したのみだが、ヘンリー以下シーダー・クリークの住民達が感染したウイルスはも可能になっており、エボラ以上の致死率と感染力を併せ持つようになった。 名前の由来は感染が確認された村の近くを流れる「モターバ川」から。 一方、アメリカで発見された空気感染するタイプは「ヤンキー・モターバ」と呼ばれた。 更にヤンキー・モターバには髭状の物質が生えているのが特徴である。 映画では「宿主が原株とヤンキー・モターバの両方を保持している」と説明されているが、小説版では「原株がヘンリーの持病であるから遺伝子的影響を受けてヤンキー・モターバに変異した」と推測されている。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 サム・ダニエルズ大佐 ロビー・キーオ ビリー・フォード准将 ケイシー・シュラー中佐 ソルト少佐 ドナルド・マクリントック少将 ジンボ フリオ ベンジャミン・アイワビ医師 ブリッグス中佐 (クレジットなし) 役不明又はその他 南民恵 翻訳 プロセンスタジオ 演出 福永莞爾 調整 滝沢康 山田太平 録音 効果 リレーション 音響制作 相原正之 中西真澄 プロデューサー 貴島久祐子 制作 プロセンスタジオ ムービーテレビジョン 初回放送 1998年1月9日 『』 その他 [ ] 本作のプロデューサーであるアーノルド・コペルソンは元々、エボラ出血熱の感染危機を追ったリチャード・プレストンによるノンフィクション『ホット・ゾーン』の映画化を進めていた。 『』の脚本家が脚色し、との共演と監督によるの企画であったが、進捗しないまま監督、出演者とも他の作品に取り掛かってしまい製作は中止。 代わりにオリジナル脚本で臨んだのが本作である。 検疫施設のサルの間で空気感染が発生した事実も描かれた『ホット・ゾーン』について、20世紀フォックスはにもデヴィッド・シーゲルとスコット・マッギーヒーの共同監督作として映画化をアナウンスしたが、やはり中止。 原作者のプレストンをコンサルタントに迎え元々企画に携わっていたリドリー・スコットがプロデュースするテレビシリーズ制作が2014年に発表され、が全6回を2019年5月27~29日に放送した。 、、、などが主演。 アメリカでも感染者が出た「」を踏まえた内容になった。 エボラ出血熱が連続殺人に用いられる作のサスペンス『アウトブレイク-感染』(出版は1987年)が本作公開と同じ1995年に『Virus』のタイトルで主演でテレビドラマ化されている。 日本では『LEVEL4』としてビデオ化、『ロビン・クックの死の処方箋』としてNHK-BS2で放映された。 病院の検査技師ヘンリーが恋人と映画館で観ているのは『』であり、登場人物が劇中同じような行動をとる描写もある。 この映画が公開中のに、ザイール(現・)で(エボラ・ザイール)が流行した。 出典 [ ].

次の

パンデミック映画15選 コロナウイルスの感染拡大!今観て欲しいウイルス猛威の恐怖!〈感染症パニック〉 (2020年5月2日)

ウイルス 感染 映画

新型コロナウイルスが全世界で流行しており、世界中で感染拡大が深刻化しています。 すでに世界の感染者数は66万人を超え、死者数も3万人を超えています。 海外では人気俳優のトム・ハンクスなどの有名人や、イギリスのチャールズ皇太子をはじめ、ブラジル・ボルソナロ大統領の側近、カナダのトルドー首相の妻、イギリスのジョンソン首相など、皇室から政府の主要人物までが感染する事態となっています。 日本国内でも、タレントの志村けんさんやプロ野球選手の藤浪投手など、著名人やスポーツ選手などの感染も確認され、感染拡大は収束の目処が立っていない状態です。 そんな中、アメリカの「 イアン・リプキン医師」が感染したことがアメリカ国内だけでなく、世界中で話題となっているようです。 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、2011年に公開されたアメリカのパニック映画『コンテイジョン』が「まるで予言のようだ」とネットやSNSで話題となっており、この映画の医療監修を務めた医師が、このイアン・リプキン医師とのこと。 イアン・リプキン医師は「 私に感染するくらいなら、誰にでも感染するでしょう。 」と語っているようです。 映画『コンテイジョン』の医療監修を務めたイアン・リプキン医師とはいったいどんな人物なのでしょうか? 「映画『コンテイジョン』コロナウイルス感染で話題のイアン・リプキン医師とは?」と題し、詳細を確認してみたいと思います。 映画『コンテイジョン』のコロナウイルス感染で話題のイアン・リプキン医師とは? 今朝の では、コロンビア大学感染症・免疫センターのイアン・リプキン氏が新型コロナウイルスについて説明しています。 ワクチンができるまでには、6ヵ月、またはそれ以上かかるとし、課題としては、そうしたワクチンや薬の安全性を高めることだと話しています。 — Marika Katanuma MarikaKatanuma イアン・リプキン医師は、米コロンビア大学公衆衛生学院感染症免疫センターで所長を務め、感染症専門家として世界的に最も有名な人物だそうです。 そんなイアン・リプキン医師の異名はなんと「 ウイルスハンター」。 これまで世界中の感染症に立ち向かってきたことからこのような異名を持つようになったようですね。 今回の新型コロナウイルスについても、世界中のメディアから専門家としてインタビューを受けており、中国をはじめ日本メディアのインタビューにも答えていますね。 これだけの実績があることから、2011年に公開された映画『コンテイジョン』でも専門家としての知見を映画製作に役立てるために医療監修を務められたようです。 そんな「ウイルスハンター」であるイアン・リプキン医師が、3月25日に新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。 アメリカの報道番組のFox Businessにテレビ電話出演し、インタビュー中に以下のように語っています。 And this is miserable. 確かに、「ウイルスハンター」という異名を持つ世界で最も有名な感染症専門家が感染するくらいなら、誰でも感染しそうですよね。 イアン・リプキン医師は、新型コロナウイルスすでにアメリカ中に蔓延していると警告したようです。 これは日本でも同じことが言えそうですよね。 映画『コンテイジョン』のコロナウイルス感染で話題のイアン・リプキン医師とは?まとめ 「映画『コンテイジョン』コロナウイルス感染で話題のイアン・リプキン医師とは?」と題し、詳細を確認してみました。 イアン・リプキン医師は「ウイルスハンター」という異名を持つ世界で最も有名な感染症専門家のようです。 そんな方が感染するほど、新型コロナウイルスは脅威であるということですね。 日本でも感染拡大が深刻化していますが、この先どうなってしまうか心配ですね・・・。 ちなみに、こちらがイアン・リプキン医師が医療監修を務めた映画『コンテイジョン』です。 今だからこそ、この映画がかなりリアルに感じられるかもしれないですね。

次の

おすすめ感染パニック(パンデミック)映画10選 人類最大の敵は小さい。

ウイルス 感染 映画

症状についてはあまり触れられていなかったと思いますが、99%の人類を死滅させて、わざわざウイルスを過去から持ってこないといけないレベルのウイルスなので、きっと特に症状もなく突然死するのではないかと予想します。 住民ごとアパートが隔離されるというお話です。 噛まれるとゾンビになるウイルス。 ゾンビになってしまうので、辛いのかどうかはわかりませんが、ゾンビ化する前は熱でしんどそうです。 汚染された水を飲んだ住人は次々に発狂していく…というお話です。 ある程度知能を残した状態で徐々に気が狂っていくというのはかなり怖いものがあります。 自分でも狂ってるのかどうかわからないでしょうし。 第7位 感染(2004年 日本) 破綻してスタッフが疲弊しきっている病院に、未知のウイルスに感染しドロドロになった患者が運ばれてきて…というお話です。 感染すると血が緑色になって気が狂い、異常行動を起こします。 痛さや苦しさの程度はわかりませんが、狂ってるからたぶん感じないのではないかと思われます。 第6位 ハプニング(2008年 アメリカ) 人々が唐突に自殺し始め、その現象が次第に広がっていくというお話です。 原因が明確にされていないので、ウイルスかどうかはわかりません。 痛みや恐怖があるのかはわかりませんが、自殺の方法は結構えぐいものが多いです。 第5位 パルス(2006年 アメリカ) ネットであの世とこの世繋がってしまったことで、じわじわとこの世が死者に浸食されていくというお話です。 邦画ホラー『回路』のリメイク作品。 ウイルスといってもコンピューターウイルスですが電波に乗って亡霊がやってくるウイルスも病気のウイルス並みに嫌なものがあります。 第4位 らせん(1998年 アメリカ) 呪いのビデオで死んだ遺体の解剖を担当した監察医。 彼はその死亡原因を調べるうちに、ビデオを見ることで天然痘ウイルスに似たウイルスが体内に発生するという驚愕の事実を突き止めるが…というお話です。 リングと同時上映された、リングの続きから始まる話なのですが、呪いの正体はウイルスとなっていて、しかも変異して強力になり、ビデオを見なくても夢でビデオの光景を見て死ぬようになっていきました。 ウイルス感染後は咳などの症状が出てが辛そうです。 第3位 ブラインドネス(2008年 日本、ブラジル、カナダ) 視界が真っ白になって失明状態になるという症状が世界的に広がるというお話です。 失明というだけでも嫌なのに視界が真っ白というのがまた嫌ですね。 眠れなそう。 目が見えないと自殺するのも困難そうです。 第2位 キャビン・フィーバー(2002年 アメリカ) 学生5人が森の奥の山小屋へ遊びにやってきたが、そこへ血だらけの男が乱入してくる。 なんとか男を追い払うが、仲間の一人に男と同じ皮膚病の症状が現われ…というお話です。 皮膚が腫れて爛れて剥がれ落ちて血が噴き出すという何とも嫌な症状がでます。 物凄く痛そう。 第1位 震える舌(1980年 日本) 破傷風にかかった女の子がひたすら苦しむというお話です。 全身の筋肉が一斉に縮んでけいれんが起こり、背骨が折れたり、呼吸ができなくなって死亡するケースもあるそう。 意識ははっきりしているので、痛みや苦しみがすごいらしいです。 現代でも毎年何人かがこの病気でなくなっているのだそう。 もうリアルに怖い。 いかがでしたでしょうか? 感染系って独特の恐怖があっていいですよね。 グロさも出しやすいですし、もっと色んな作品が出てきてほしいなと思います。 ホラー映画を無料で見る方法 実はホラー映画を無料視聴する方法はたくさんあります。 違法アップロードされた動画を見るというのもその1つですが、この方法はそもそも見たい作品を探すのが大変だったり、見つけても消されていたり、再生途中にブツブツ止まったり、画質も音質も最悪だったり、洋画なのに字幕が付いていなかったりなどなど、問題点が山のようにあります。 そもそも違法ですから処罰の対象になるリスクまである始末。 ですが、以下で紹介している方法を使えば、 今すぐ完璧合法で無料視聴できるのです。 もちろん画質も音質も十分視聴に耐えるレベルですよ! 見たい映画があったときは試してみてくださいね。

次の