ご 教示 ありがとう ござい ます。 「誠にありがとうございました」の意味と使い方・ビジネスメール文例

[orca

ご 教示 ありがとう ござい ます

「ご指摘ありがとうございます」の類語を確認する前に「ご指摘」の類語や言い換え表現を確認していきましょう。 「ご指摘」にはたくさんの類語・言い換えがあります。 例えば「ご教示」「ご教授」「ご指導」「ご鞭撻」「ご意見」「ご忠告」などです。 ただし、これらすべての語句が、「ご指摘」と全く同じ意味で、どれを言い換えに使用してもいいわけではありません。 ここでは、「ご指摘ありがとうございます」の類語・言い換えとして「ご教示ありがとうございます」と「ご意見ありがとうございます」に注目して意味と使い方をみていきましょう。 なお、「ご指導」と「ご鞭撻」については、「ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします」とセットで使われることが多い言葉です。 「ご教示」は「ご」+「教示」であり、「教示」の丁寧語であることはお分かりになるでしょう。 では、「教示」はどういう意味があるのでしょうか? 「教示」の意味は「知識や方法などを教え示すこと」です。 すなわち、「ご教示ありがとうございます」は「教えてくれてありがとう」の敬語表現です。 ちなみに、アドバイスを求めるための「ご教示願います」という表現は、ビジネス場面でも改まった場面でもよく使われます。 「ご教示ありがとうございます」 「教えてくれてありがとう」の敬語 「ご指摘ありがとうございます」は間違いや不足部分を指し示す傾向があることに対し、その類語・言い換え表現の「ご教示ありがとうございます」は、間違いはもちろん、さらなる改善案やステップアップのために教えをいただくという意味合いが強いです。 ご指摘ありがとうございます 間違いや不足部分の指摘 ご教示ありがとうございます 間違いだけではなく、さらなる改善案や知識などの提供 「ご」+「意見」すなわち「意見」の丁寧語が「ご意見」です。 では、「意見」はどのような意味があるのでしょうか。 「意見」は「ある問題に対する主張・考え」という意味です。 すなわち、「ご意見ありがとうございます」は、「この問題について考えを伝えてくれてありがとう」の敬語表現です。 「ご意見ありがとうございます」 「考えを伝えてくれてありがとう」の敬語 「ご指摘ありがとうございます」との違いは、この後のアクションに対する姿勢です。 「ご指摘ありがとうございます」は、「すぐ指摘に対して行動します」というニュアンスがありますが、その類語・言い換え表現である「ご意見ありがとうございます」は、「とりあえず意見としては受け取ったけれど、その通りにするかどうかはもう一度考えます」というニュアンスになります。 「ご指摘いただきありがとうございます」と「ご指摘くださいましてありがとうございます」の意味は同じでした。 では使い分ける必要はあるのでしょうか? 答えはありません。 意味が同じなので使い分けをする必要もありません。 ただ、場面によってよりよく使われている表現というのはあります。 例えば、ビジネスメールのやり取りでは以下のような使われ方が多いです。 ・「~~ 気になる点がございましたらご指摘くださいますようお願いいたします。 ~~」 このように、「ご指摘」を「お願い」するときと、「ご指摘」を「もらった」ときで使い分けする傾向はあります。

次の

丁寧にご教示頂き、ありがとうございます。申し訳ないのですが、...

ご 教示 ありがとう ござい ます

「この度の計画についてご助言いただけないでしょうか。 」(今回の計画について、アドバイスが欲しい。 ) 「今後とも変わらぬご指導、ご助言のほどよろしくお願いいたします。 」(これからも、私にいいアドバイスやヒントをください。 ) このように、相手の深い知識、経験を分けてもらうときに使われます。 言い換えとしては「ご教授願えますか」「ご教示頂けますでしょうか」でも可能です。 ただし、少々意味が異なるので注意が必要です。 ・ご教授(ごきょうじゅ):学問を教える。 さずける。 ・ご教示(ごきょうじ):方法や、知識を教える。 手本を見せる。 とはいえ、昨今ではこの3つはミックスして使われているようです。 文章なら判別つきますが、口頭で教えを乞う場合は発音が似ており紛らわしいでしょう。 その場合、「教えて頂けないでしょうか」と素直に言っても構いません。 「ご助言ありがとうございました」はNG 先述したように、「ご助言」は下の者から「ください」とお願いする言葉です。 そのため、いただいた後はたとえ期待したほどではなかったにしても、「助言(アドバイス)以上の深い収穫があった」とアピールした方が無難です。 よって、返答に「ご助言ありがとうございました」という表現は避けましょう。 相手によっては。 「私の与えた深い知識は助言(アドバイス)程度の軽いものだったのか」と受け取りかねません。 ここでの返答は、以下のようにするのがよいでしょう。 「大変勉強になりました。 」 「ご指導ありがとうございました。 」 内容に触れるのではなく、あなたが私に教えてくれたというその行為そのものを敬う方が感謝を伝えやすくなります。 ただし、乱発はよくありません。 最近は「勉強になりました」という言葉が、「期待したほどではなかったけど、まぁありがとう」という形だけの感謝に使われることもあるからです。 使うタイミングをよく考えて使いましょう。 まとめ 学生のみならず社会人にも、「ご助言ありがとうございました」と使っている人は少なくありません。 とはいえ、言葉は変化していきます。 時代が変われば、いずれこの表現も問題ないとされるかもしれません。 しかし、その時々の流れに応じて言葉を選ぶのも社会人の務め。 使い分けて、デキる社会人を目指しましょう。 執筆:山河丸々(さんが まるまる) 海外で外国人に日本語を教えている兼業ライター。 現在はアジア某国在住。 日々生まれてゆく新しい日本語と、日本語能力試験に出る日本語との乖離に悩む。 趣味はB級グルメ食べ歩き。

次の

「誠にありがとうございました」の意味と使い方・ビジネスメール文例

ご 教示 ありがとう ござい ます

「お心遣いありがとうございます」の意味と使い方 「お心遣い」の読み方は「おこころづかい」 「お心遣い」の読み方は、 「おこころづかい」です。 「お心遣い」の意味は「人のためを思っていろいろと気を使うこと」 「お心遣い」の意味は ・人のためを思っていろいろ気をつかうこと ・祝儀、心付け になります。 「お心遣い」は、「相手のことを思いやり、相手の立場になって考えた言葉や行為」のことを表しています。 「お心遣いありがとうございます」は相手の思いやりに対するお礼・感謝に使う 「お心遣いありがとうございます」は相手から思いやった行動をしてもらったときに、感謝を伝える言葉として使います。 そのため相手から何もしてもらっていないときに使うと不自然になります。 「お心遣いありがとうございます」がビジネスに不向きな2つの理由 「お心遣い」は意味的に"真心"や"おもてなし"を指す 「お心遣い」は意味的に「真心」や「おもてなし」「気持ちのこもった行為」を指します。 ビジネスにおいては、真心というよりも利害関係を意識して行動取るのが普通ですので、「相手の真心に対して感謝する」ということはあまりないでしょう。 「気遣い」や「配慮」の方が使われることが多くなります。 よって、ビジネスシーンで「お心遣いありがとうございます」の使用頻度はあまり高くないでしょう。 「お心遣い」は和語 訓読み なので、口語や手紙、挨拶文に適している また、「お心遣い」は和語です。 和語は柔らかい響きがあり、口語や手紙などで使うのに適しています。 また、ビジネス文章に訓読みの言葉はふさわしくないとされています。 そのため音読みの「ご配慮」などを使いましょう。 「ご配慮ありがとうございます」については後述しています。 「お気遣いありがとうございます」との違い 「お気遣い」の意味は「気を使うこと」「心配や気がかり」 「お気遣い」の読み方は、 「おきづかい」です。 まず「気遣い」の意味は、 ・あれこれと気をつかうこと ・好ましくないことが起こるのではないかという心配・気がかり になります。 それに尊敬を表す接頭語「お」をつけて「お気遣い」となるため、目上の相手に使います。 「お気遣い」を使う場面は ・相手が自分に対して気を使ってくれたことに、感謝を伝えたいとき ・自分が相手に対して気を使う必要はない、という思いを伝えたいとき の2つがああります。 「お気遣いありがとうございます」は1つ目の感謝を伝えたいときに使います。 気遣う必要がない、といった場合は「お気遣いはなさらないでください」などと使います。 「お心遣いありがとうございます」の類語・言い換え 「ご配慮ありがとうございます」が定番 「ご配慮」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」の敬語表現であり、それに対して感謝をする時に使います。 そのため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 例文 ・ご配慮いただき誠にありがとうございます。 ・この度は私の体調をご配慮くださり、誠にありがとうございました。 ・日頃より格別のご配慮を賜りまして、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配慮ありがとうございます」は 「相手が自分に配慮をしてくれたこと」に対する感謝を表した言葉です。 敬語表現のため、目上の相手が自分に対して心遣いをしてくれた時に使う言葉となっています。 「配慮」は「はいりょ」と読み、「他人に対して心をくばること、よく考えて行う心遣い」という意味です。 「配意」は「はいい」と読み、「心を配ること、心配、配慮」といった意味があります。 「ご配慮ありがとうございます」などと同じように使うことができますが、あまり一般的ではなく少し堅い言葉となります。 そのため敬意をしっかり払うべき相手や、普段関わりの少ない相手に対して使うと良いでしょう。 例文 ・ご配意をいただき、誠にありがとうございます。 ・御社におかれては寛大なるご配慮を賜り厚く御礼申し上げます。 「ご配意ありがとうございます」だと少し堅い語に 「ご高配」は 「相手の配慮」に対して敬意を払った言葉になります。 「ご高配」は主にビジネス文書やメール、手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 特に取引先や顧客などに対して用いられています。 「ご高配賜りありがとうございます」「ご高配に心より感謝申し上げます」などといった形でもよく使われます。 例文 ・平素は格別のご高配をいただき、誠にありがとうございます。 ・ここに謹んでご報告申し上げますとともに、これまでの皆さまのご支援ご高配に心より感謝申し上げます。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 「ご高配ありがとうございます」だとより丁寧なニュアンスに 「ご厚情ありがとうございます」はかしこまった挨拶文でも使われる 「ご厚情」は 「厚いなさけ」「心からの不快思いやり」の敬語表現となります。 「ご厚情を賜り」「ご厚情の賜物」など、かしこまった挨拶文でもよく用いられている表現です。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 例文 ・昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、心よりお礼申し上げます。 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ・皆様のご厚情にお礼を申し上げたく、ささやかではありますが下記の通り宴会を催したく存じます。 「ありがとうございます」の代わりに「痛み入ります」を使うのもOK 「痛み入る」は「いたみいる」と読み、 相手の親切や好意に恐縮し、感謝することという意味があります。 「痛み入ります」は、他人からの好意や親切に感謝しつつも、自分には(その親切が)もったいないと思い、胸が痛くなるほど申し訳なくなるということを表しています。 しかし「痛み入ります」は目上の相手に対しての敬語として使われる言葉で、「謝罪」の気持ちではなくあくまでも「感謝」の気持ちを表します。 例文 ・ご面倒をおかけすることになり、痛み入る思いです。 ・小暮様のお心遣い、誠に痛み入ります。 ・この度の急な申し出を引き受けていただき、ありがとうございます。 皆様のお気遣い痛み入ります。 「お心遣いありがとうございます」への返事・返信 「どういたしまして」は不自然 「心遣い」は相手に対して思いやりの行動です。 それに対して感謝を述べられたときは「どういたしまして」ではなく、ここでも謙遜していることを表現しましょう。 「とんでもないことでございます」「滅相もないことでございます」が定番 「とんでもない」を丁寧にした言葉が「とんでもないことでございます」、「滅相もない」を丁寧にした言葉が「滅相もないことです」です。 「とんでもない」も「滅相もない」も「そんなことはない」といった意味になります。 相手から褒められたりした時や感謝された時に、謙遜や遠慮の意味も含めて「褒められるほどではありません」「感謝されるほどではありません」といった意味合いで使います。 ただ否定の意味合いがある言葉ですので、「感謝したのに否定されてしまった」と思われてしまうことがあるため注意しましょう。 「您」は「あなた」の丁寧な言い方です。 「的」は日本語の「の」にあたります。 」 「お気遣いありがとうございます」の韓国語は「신경써주셔서 감사합니다. 」です。

次の