翼よ、あれが巴里の灯だ。 映画【翼よ!あれが巴里の灯だ 】感想

DVDラベル検索

翼よ、あれが巴里の灯だ

生涯 [ ] 生い立ち [ ] の息子としてで生まれ、で成長した。 父()は、その後のとなりへのアメリカの参戦に反対した。 母エヴァンジェリン( Evangeline Lodge Land Lindbergh)はだった。 リンドバーグは幼少時から機械への関心を示したが、にはから離れ、でとの訓練に参加したあとJN-4「ジェニー」を買い、になった。 にはで飛行士として訓練を始めた。 訓練を一番の成績で終えにはなどの民間パイロットとして働いた。 大西洋単独無着陸飛行 [ ] 5時52分(出発時の現地時刻)、リンドバーグはスピリットオブセントルイス号(ライアンNYP)に4つと水筒2本分の水、1700リットルのガソリンを積んでニューヨーク・のぬかるんだルーズベルト飛行場 の滑走路を離陸。 途中、海面近くまで降りの海岸までの距離を聞こうと漁船に向かって叫んだが上手くいかなかった。 22時21分(到着時の現地時刻)、のに着陸、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した。 この時、リンドバーグは25歳であった。 飛行距離は5,810kmで飛行時間は 33時間29分30秒 [ ]だった。 これによりリンドバーグは、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるとその賞金25,000ドル、さらに世界的な名声を得た。 無着陸飛行を達成した際にル・ブルジェ空港へ押し寄せた観客の数は、空港に入り切らなかった分も含めて延べ75万人とも100万人ともいわれている。 [ ] スピリットオブセントルイス号は、リンドバーグの指示の下に特別にカスタマイズされた機体であった。 多量の()を積むべくの前方に燃料タンクを設置したため、座席からは直接前方が見えず、のようなものを使うか、機体側面の窓から顔を出す必要があった。 当時、無名の操縦士だったリンドバーグには出資者が少なかったため、他のオルティーグ賞挑戦者のように大型の機材を用意できず、また機材そのものもリンドバーグが望んだベランカ社製品より性能の低いものにせざるを得なかったことから、前方視界を犠牲にして燃料の搭載量を増やすことで対処したのである。 さらにバックアップの操縦士を乗せることもできなかったため、パリまでの全行程を一人で操縦し続けるという過酷な飛行となった。 飛行中、リンドバーグは強い睡魔に襲われたが、これを克服してパリに到達した。 現在、この機体はに展示されている。 「リンドバーグが大西洋無着陸飛行に初めて成功した」と誤解されがちだが、単独でない大西洋無着陸飛行については、にとが達成している。 これは、からにかけての16時間でからへ1,890kmを飛行したものであった(その他の大西洋横断飛行については「」を参照)。 また、パリ上空で「翼よ、あれがパリの灯だ!」と叫んだとされるが、この台詞は後世の脚色であり、リンドバーグはその時自分がパリに着いたことも分らなかったという。 実際に発した最初の言葉としては、「誰か英語を話せる人はいませんか?(この後英語を話せる人に「ここはパリですか?」と尋ねる)」であるという説と、「トイレはどこですか?」であるという説の2つがある。 いずれにせよ、「翼よ、あれがパリの灯だ!」の出所は " The Spirit of St. Louis"の和訳題であり、日本語では広く知られているが、英語圏ではこれに対応するよく知られた台詞は存在しない。 結婚と愛児誘拐事件 [ ] に駐大使 の次女と結婚した。 アンは夫の勧めでパイロットや士の技術を身につけ、乗務員として調査飛行に同行する。 後年、彼女はとなった。 夫妻はチャールズ・オーガスタス・ジュニア()、ジョン()、ランド()、アン()、スコット()およびリーヴェ()の6人の子供をもうけた。 1932年3月1日に1歳8か月の長男ジュニアが自宅からされ、現場には5万ドルを要求する手紙が残されていた。 10週間に及ぶ探索と誘拐犯人との身代金交渉の後に、5月12日、ホープウェルで死んでいるのが見つかった()。 2年後にのリチャード・ハウプトマンが逮捕され、3年以上後に、殺人で告訴されたハウプトマンの裁判が始まった。 ハウプトマンは裁判の終了まで無罪を主張し、弁護のために大金を支払ったが、死刑判決が出され、1936年4月3日に死刑執行された。 この事件は当時のアメリカでセンセーショナルな報道をされ、リンドバーグのさえ取りざたされた。 11月、リンドバーグとの帽子屋ブリギッテ・ヘスハイマー( Brigitte Hesshaimer)の間に3人の非嫡出子が生まれていたことがテストによって証明された。 3人はそれぞれ・・にドイツで生まれた。 リンドバーグとヘスハイマーの関係はに始まり、彼の死まで継続された。 ヘスハイマーはに74歳で死去した。 リンドバーグ夫妻の北太平洋航路調査と来日 [ ] リンドバーグの還流ポンプ リンドバーグの大きな業績の一つとしての開発がある。 リンドバーグにはを患っている姉がおり、心臓病の治療法を開発したいという思いから生理学者の研究室を訪れた。 2人は意気投合し共同研究をおこない、に「カレル・リンドバーグポンプ」を開発。 これは今日の人工心臓に影響を与えている。 組織が体外で生き続るための生理学的条件についてはカレルの知識が、血液を連続して環流させるポンプ装置の発明についてはリンドバーグの工学知識が生かされた。 第二次世界大戦 [ ] 前夜、リンドバーグはの要請でに何度か旅行し、についての報告を行った。 にはから勲章を授与されたが、この授与は、ユダヤ人を差別する政策やなどの強権的な対外政策を進める政権と親密になりすぎているということでアメリカ国内で批判を受けた。 批判に対して、リンドバーグは「ドイツに対する過剰な非難である」と反論した。 ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発した後、員であったリンドバーグはアメリカのとドイツの政策に対する支持者となり、各地で講演を行った。 にはで演説し、ドイツと中立条約を結ぶべきと主張した。 リンドバーグはをとなえるアメリカ第一委員会( America First Committee)の主要なスポークスマンであり、1941年のでの演説では、アメリカを戦争に引きずり込もうとしている3大勢力はイギリス人ととルーズベルト政権であると述べた。 この発言にが反発し、大統領はリンドバーグのアメリカ陸軍航空隊での委任を解除した。 1941年にが開始されると、リンドバーグは「参戦には反対だったが、開戦した以上は祖国への義務を果たしたい」として陸軍航空隊への復帰を試みたが、上記のようないきさつがあったためにその真意を疑われ、ルーズベルト大統領やとその補佐官らに拒否され復帰できなかった。 そのため、政府と航空会社()に対する民間の会社を通じて、アメリカ政府の戦争努力を援助した。 までに民間人として太平洋で50回の実働任務をこなしており、などの日本機とも何度か交戦している。 1944年には、日本占領下の(現在の)東部にあるの空域でアメリカ陸軍の第433空輸輸送団の支援任務中にの傘下の独立飛行第73中隊と交戦し、指揮官の島田三郎中尉機を撃墜した。 戦争におけるリンドバーグの撃墜数は生涯を通じてこの1機である。 この他、での長距離航法やでの離陸法の発展に貢献した。 また、連合国軍(アメリカと)による日本兵捕虜の虐殺・虐待をしばしば目撃し、その模様を日記に赤裸々に綴っていた。 その著書の中で、リンドバーグは「ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋でも日本人に行ってきたのである。 」と記している。 一方で、リンドバーグは日本軍による捕虜のの痕跡を見たという証言も記し、その虐殺や虐待も非難した。 1945年5月、ドイツが降伏するとリンドバーグはすぐにドイツへ飛び、そのを訪問した。 これについて、開戦前はドイツ支持者だったリンドバーグは日記の中で強い嫌悪と怒りを記した。 余生 [ ] に大西洋単独無着陸飛行について書いた " The Spirit of St. Louis"(邦題『翼よ、あれがパリの灯だ』)を出版し、これにより、のを受賞した。 同書はに監督の手で映画化された(映画の邦題は『』で、原作にないフィクションも一部含まれている)。 には訪日し、を訪れた。 万博では、1931年にニューヨークから日本を経て中国まで飛行した際に使用した水上飛行機シリウス号が展示された。 リンドバーグは、シリウス号の操縦席に当時10歳の親王(第126代天皇)を乗せるという交流を行っている。 晩年は、妻のアン・モローと共にのに移り住んだ。 また、の保全に力を注ぐようになり、世界各地を回り、活動に参加、多額の資金を寄付した。 朝にマウイ島のキパフルにある別荘にてリンパ腫瘍が原因で72歳で死去した。 孫 [ ] 2002年5月2日、大西洋単独無着陸飛行75周年を記念して、孫のエリック・リンドバーグが「ニュー・スピリット・オブ・セントルイス号」で大西洋単独無着陸飛行を実行、無事成功した。 またエリックは民間宇宙開発競技会に出資している。 その他 [ ]• 「」の会員 である。 による作品の実質的な第1作『』は、彼による大西洋単独無着陸飛行を意識した作品である。 がに発売した楽曲「リンドバーグ」は、チャールズ・リンドバーグがモチーフになっている。 著作(日本語訳) [ ]• 『翼よ、あれがパリの灯だ』 訳、恒文社、1991。 旧版 『翼よ、あれがパリの灯だ』 旺文社文庫(上下) 1976。 他にも様々な版で刊行• 『リンドバーグ 第二次大戦日記』 訳、新潮社(2巻組)、1974• 『孤高の鷲 リンドバーグ 第二次大戦参戦記』 (上下)、2002• 『リンドバーグ 第二次大戦日記』 (上下)、2016 伝記など(日本語) [ ]• ジヨーヂ・ブキヤナン・フアイフ『リンドバーグ物語 孤独の荒鷲』日本飛行学校出版部訳 日本飛行学校出版部 1929• 広畑恒五郎『空の王者リンドバーグ』婦女界社 1931• ケニス・S. デイヴィス『英雄 チャールズ・リンドバーグ伝』訳 早川書房 1966• 『リンドバーグ 大西洋無着陸横断飛行の英雄』チャイルド本社 1984• 宝島編集部編『虹を追いかけて リンドバーグ』JICC出版局 1991• 岡高志『リトル・ウィング リンドバーグ・ストーリー』ソニー・マガジンズ文庫 1993• ジョイス・ミルトン『リンドバーグ チャールズとアンの物語』訳 筑摩書房(上下) 1994• 『リンドバーグ』チャイルド本社 1998 こども伝記ものがたり• アン・モロー・リンドバーグ『翼よ、北に』中村妙子訳、 2002• スコット・バーグ『リンドバーグ 空から来た男』訳 角川文庫(上下) 2002 映画 [ ]• 監督『』主演 1957 脚注 [ ]• ルーズベルト飛行場()は現存せず、その跡地はルーズベルトフィールドモール()というショッピングモールになっている。 マルゲリータ・ジャコーザ、ロベルト・モッタデリ、ジャンニ・モレッリ 訳:村田綾子『世界の特別な1日 未来に残したい100の報道写真』日経ナショナル ジオグラフィック社、2017年6月20日 第1版1刷、51頁より引用• Ibis Communications, Inc.. 2019年2月2日閲覧。 charleslindbergh. com.. 2019年2月2日閲覧。 2019年2月2日閲覧。 これに関しては、『第二次大戦航空史話』(中公文庫 1996年)に詳しい• 訳『リンドバーグ第二次大戦日記』(上下、新潮社、1974年)、改題し『孤高の鷲 リンドバーグ第二次大戦参戦記』(上下、学研M文庫、2002年)• ただし、リンドバーグの日記の日本語版ではその部分が削られている。 NHKニュース. 2019年5月27日. の2019年5月27日時点におけるアーカイブ。 2020年2月20日閲覧。 、音楽ナタリー、2018年7月11日 11:08。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 現代のロケット技術の開拓者の一人。 当時、先進的過ぎる発想で世間から嘲笑されていたゴダードに資金援助した。 (リンドバーグ) - 日本のロックバンド。 本稿のチャールズ・リンドバーグにちなんで命名。

次の

DVDラベル検索

翼よ、あれが巴里の灯だ

生涯 [ ] 生い立ち [ ] の息子としてで生まれ、で成長した。 父()は、その後のとなりへのアメリカの参戦に反対した。 母エヴァンジェリン( Evangeline Lodge Land Lindbergh)はだった。 リンドバーグは幼少時から機械への関心を示したが、にはから離れ、でとの訓練に参加したあとJN-4「ジェニー」を買い、になった。 にはで飛行士として訓練を始めた。 訓練を一番の成績で終えにはなどの民間パイロットとして働いた。 大西洋単独無着陸飛行 [ ] 5時52分(出発時の現地時刻)、リンドバーグはスピリットオブセントルイス号(ライアンNYP)に4つと水筒2本分の水、1700リットルのガソリンを積んでニューヨーク・のぬかるんだルーズベルト飛行場 の滑走路を離陸。 途中、海面近くまで降りの海岸までの距離を聞こうと漁船に向かって叫んだが上手くいかなかった。 22時21分(到着時の現地時刻)、のに着陸、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した。 この時、リンドバーグは25歳であった。 飛行距離は5,810kmで飛行時間は 33時間29分30秒 [ ]だった。 これによりリンドバーグは、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるとその賞金25,000ドル、さらに世界的な名声を得た。 無着陸飛行を達成した際にル・ブルジェ空港へ押し寄せた観客の数は、空港に入り切らなかった分も含めて延べ75万人とも100万人ともいわれている。 [ ] スピリットオブセントルイス号は、リンドバーグの指示の下に特別にカスタマイズされた機体であった。 多量の()を積むべくの前方に燃料タンクを設置したため、座席からは直接前方が見えず、のようなものを使うか、機体側面の窓から顔を出す必要があった。 当時、無名の操縦士だったリンドバーグには出資者が少なかったため、他のオルティーグ賞挑戦者のように大型の機材を用意できず、また機材そのものもリンドバーグが望んだベランカ社製品より性能の低いものにせざるを得なかったことから、前方視界を犠牲にして燃料の搭載量を増やすことで対処したのである。 さらにバックアップの操縦士を乗せることもできなかったため、パリまでの全行程を一人で操縦し続けるという過酷な飛行となった。 飛行中、リンドバーグは強い睡魔に襲われたが、これを克服してパリに到達した。 現在、この機体はに展示されている。 「リンドバーグが大西洋無着陸飛行に初めて成功した」と誤解されがちだが、単独でない大西洋無着陸飛行については、にとが達成している。 これは、からにかけての16時間でからへ1,890kmを飛行したものであった(その他の大西洋横断飛行については「」を参照)。 また、パリ上空で「翼よ、あれがパリの灯だ!」と叫んだとされるが、この台詞は後世の脚色であり、リンドバーグはその時自分がパリに着いたことも分らなかったという。 実際に発した最初の言葉としては、「誰か英語を話せる人はいませんか?(この後英語を話せる人に「ここはパリですか?」と尋ねる)」であるという説と、「トイレはどこですか?」であるという説の2つがある。 いずれにせよ、「翼よ、あれがパリの灯だ!」の出所は " The Spirit of St. Louis"の和訳題であり、日本語では広く知られているが、英語圏ではこれに対応するよく知られた台詞は存在しない。 結婚と愛児誘拐事件 [ ] に駐大使 の次女と結婚した。 アンは夫の勧めでパイロットや士の技術を身につけ、乗務員として調査飛行に同行する。 後年、彼女はとなった。 夫妻はチャールズ・オーガスタス・ジュニア()、ジョン()、ランド()、アン()、スコット()およびリーヴェ()の6人の子供をもうけた。 1932年3月1日に1歳8か月の長男ジュニアが自宅からされ、現場には5万ドルを要求する手紙が残されていた。 10週間に及ぶ探索と誘拐犯人との身代金交渉の後に、5月12日、ホープウェルで死んでいるのが見つかった()。 2年後にのリチャード・ハウプトマンが逮捕され、3年以上後に、殺人で告訴されたハウプトマンの裁判が始まった。 ハウプトマンは裁判の終了まで無罪を主張し、弁護のために大金を支払ったが、死刑判決が出され、1936年4月3日に死刑執行された。 この事件は当時のアメリカでセンセーショナルな報道をされ、リンドバーグのさえ取りざたされた。 11月、リンドバーグとの帽子屋ブリギッテ・ヘスハイマー( Brigitte Hesshaimer)の間に3人の非嫡出子が生まれていたことがテストによって証明された。 3人はそれぞれ・・にドイツで生まれた。 リンドバーグとヘスハイマーの関係はに始まり、彼の死まで継続された。 ヘスハイマーはに74歳で死去した。 リンドバーグ夫妻の北太平洋航路調査と来日 [ ] リンドバーグの還流ポンプ リンドバーグの大きな業績の一つとしての開発がある。 リンドバーグにはを患っている姉がおり、心臓病の治療法を開発したいという思いから生理学者の研究室を訪れた。 2人は意気投合し共同研究をおこない、に「カレル・リンドバーグポンプ」を開発。 これは今日の人工心臓に影響を与えている。 組織が体外で生き続るための生理学的条件についてはカレルの知識が、血液を連続して環流させるポンプ装置の発明についてはリンドバーグの工学知識が生かされた。 第二次世界大戦 [ ] 前夜、リンドバーグはの要請でに何度か旅行し、についての報告を行った。 にはから勲章を授与されたが、この授与は、ユダヤ人を差別する政策やなどの強権的な対外政策を進める政権と親密になりすぎているということでアメリカ国内で批判を受けた。 批判に対して、リンドバーグは「ドイツに対する過剰な非難である」と反論した。 ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発した後、員であったリンドバーグはアメリカのとドイツの政策に対する支持者となり、各地で講演を行った。 にはで演説し、ドイツと中立条約を結ぶべきと主張した。 リンドバーグはをとなえるアメリカ第一委員会( America First Committee)の主要なスポークスマンであり、1941年のでの演説では、アメリカを戦争に引きずり込もうとしている3大勢力はイギリス人ととルーズベルト政権であると述べた。 この発言にが反発し、大統領はリンドバーグのアメリカ陸軍航空隊での委任を解除した。 1941年にが開始されると、リンドバーグは「参戦には反対だったが、開戦した以上は祖国への義務を果たしたい」として陸軍航空隊への復帰を試みたが、上記のようないきさつがあったためにその真意を疑われ、ルーズベルト大統領やとその補佐官らに拒否され復帰できなかった。 そのため、政府と航空会社()に対する民間の会社を通じて、アメリカ政府の戦争努力を援助した。 までに民間人として太平洋で50回の実働任務をこなしており、などの日本機とも何度か交戦している。 1944年には、日本占領下の(現在の)東部にあるの空域でアメリカ陸軍の第433空輸輸送団の支援任務中にの傘下の独立飛行第73中隊と交戦し、指揮官の島田三郎中尉機を撃墜した。 戦争におけるリンドバーグの撃墜数は生涯を通じてこの1機である。 この他、での長距離航法やでの離陸法の発展に貢献した。 また、連合国軍(アメリカと)による日本兵捕虜の虐殺・虐待をしばしば目撃し、その模様を日記に赤裸々に綴っていた。 その著書の中で、リンドバーグは「ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋でも日本人に行ってきたのである。 」と記している。 一方で、リンドバーグは日本軍による捕虜のの痕跡を見たという証言も記し、その虐殺や虐待も非難した。 1945年5月、ドイツが降伏するとリンドバーグはすぐにドイツへ飛び、そのを訪問した。 これについて、開戦前はドイツ支持者だったリンドバーグは日記の中で強い嫌悪と怒りを記した。 余生 [ ] に大西洋単独無着陸飛行について書いた " The Spirit of St. Louis"(邦題『翼よ、あれがパリの灯だ』)を出版し、これにより、のを受賞した。 同書はに監督の手で映画化された(映画の邦題は『』で、原作にないフィクションも一部含まれている)。 には訪日し、を訪れた。 万博では、1931年にニューヨークから日本を経て中国まで飛行した際に使用した水上飛行機シリウス号が展示された。 リンドバーグは、シリウス号の操縦席に当時10歳の親王(第126代天皇)を乗せるという交流を行っている。 晩年は、妻のアン・モローと共にのに移り住んだ。 また、の保全に力を注ぐようになり、世界各地を回り、活動に参加、多額の資金を寄付した。 朝にマウイ島のキパフルにある別荘にてリンパ腫瘍が原因で72歳で死去した。 孫 [ ] 2002年5月2日、大西洋単独無着陸飛行75周年を記念して、孫のエリック・リンドバーグが「ニュー・スピリット・オブ・セントルイス号」で大西洋単独無着陸飛行を実行、無事成功した。 またエリックは民間宇宙開発競技会に出資している。 その他 [ ]• 「」の会員 である。 による作品の実質的な第1作『』は、彼による大西洋単独無着陸飛行を意識した作品である。 がに発売した楽曲「リンドバーグ」は、チャールズ・リンドバーグがモチーフになっている。 著作(日本語訳) [ ]• 『翼よ、あれがパリの灯だ』 訳、恒文社、1991。 旧版 『翼よ、あれがパリの灯だ』 旺文社文庫(上下) 1976。 他にも様々な版で刊行• 『リンドバーグ 第二次大戦日記』 訳、新潮社(2巻組)、1974• 『孤高の鷲 リンドバーグ 第二次大戦参戦記』 (上下)、2002• 『リンドバーグ 第二次大戦日記』 (上下)、2016 伝記など(日本語) [ ]• ジヨーヂ・ブキヤナン・フアイフ『リンドバーグ物語 孤独の荒鷲』日本飛行学校出版部訳 日本飛行学校出版部 1929• 広畑恒五郎『空の王者リンドバーグ』婦女界社 1931• ケニス・S. デイヴィス『英雄 チャールズ・リンドバーグ伝』訳 早川書房 1966• 『リンドバーグ 大西洋無着陸横断飛行の英雄』チャイルド本社 1984• 宝島編集部編『虹を追いかけて リンドバーグ』JICC出版局 1991• 岡高志『リトル・ウィング リンドバーグ・ストーリー』ソニー・マガジンズ文庫 1993• ジョイス・ミルトン『リンドバーグ チャールズとアンの物語』訳 筑摩書房(上下) 1994• 『リンドバーグ』チャイルド本社 1998 こども伝記ものがたり• アン・モロー・リンドバーグ『翼よ、北に』中村妙子訳、 2002• スコット・バーグ『リンドバーグ 空から来た男』訳 角川文庫(上下) 2002 映画 [ ]• 監督『』主演 1957 脚注 [ ]• ルーズベルト飛行場()は現存せず、その跡地はルーズベルトフィールドモール()というショッピングモールになっている。 マルゲリータ・ジャコーザ、ロベルト・モッタデリ、ジャンニ・モレッリ 訳:村田綾子『世界の特別な1日 未来に残したい100の報道写真』日経ナショナル ジオグラフィック社、2017年6月20日 第1版1刷、51頁より引用• Ibis Communications, Inc.. 2019年2月2日閲覧。 charleslindbergh. com.. 2019年2月2日閲覧。 2019年2月2日閲覧。 これに関しては、『第二次大戦航空史話』(中公文庫 1996年)に詳しい• 訳『リンドバーグ第二次大戦日記』(上下、新潮社、1974年)、改題し『孤高の鷲 リンドバーグ第二次大戦参戦記』(上下、学研M文庫、2002年)• ただし、リンドバーグの日記の日本語版ではその部分が削られている。 NHKニュース. 2019年5月27日. の2019年5月27日時点におけるアーカイブ。 2020年2月20日閲覧。 、音楽ナタリー、2018年7月11日 11:08。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 現代のロケット技術の開拓者の一人。 当時、先進的過ぎる発想で世間から嘲笑されていたゴダードに資金援助した。 (リンドバーグ) - 日本のロックバンド。 本稿のチャールズ・リンドバーグにちなんで命名。

次の

NHK番組表・トップページ

翼よ、あれが巴里の灯だ

生涯 [ ] 生い立ち [ ] の息子としてで生まれ、で成長した。 父()は、その後のとなりへのアメリカの参戦に反対した。 母エヴァンジェリン( Evangeline Lodge Land Lindbergh)はだった。 リンドバーグは幼少時から機械への関心を示したが、にはから離れ、でとの訓練に参加したあとJN-4「ジェニー」を買い、になった。 にはで飛行士として訓練を始めた。 訓練を一番の成績で終えにはなどの民間パイロットとして働いた。 大西洋単独無着陸飛行 [ ] 5時52分(出発時の現地時刻)、リンドバーグはスピリットオブセントルイス号(ライアンNYP)に4つと水筒2本分の水、1700リットルのガソリンを積んでニューヨーク・のぬかるんだルーズベルト飛行場 の滑走路を離陸。 途中、海面近くまで降りの海岸までの距離を聞こうと漁船に向かって叫んだが上手くいかなかった。 22時21分(到着時の現地時刻)、のに着陸、大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した。 この時、リンドバーグは25歳であった。 飛行距離は5,810kmで飛行時間は 33時間29分30秒 [ ]だった。 これによりリンドバーグは、ニューヨーク-パリ間を無着陸で飛んだ者に与えられるとその賞金25,000ドル、さらに世界的な名声を得た。 無着陸飛行を達成した際にル・ブルジェ空港へ押し寄せた観客の数は、空港に入り切らなかった分も含めて延べ75万人とも100万人ともいわれている。 [ ] スピリットオブセントルイス号は、リンドバーグの指示の下に特別にカスタマイズされた機体であった。 多量の()を積むべくの前方に燃料タンクを設置したため、座席からは直接前方が見えず、のようなものを使うか、機体側面の窓から顔を出す必要があった。 当時、無名の操縦士だったリンドバーグには出資者が少なかったため、他のオルティーグ賞挑戦者のように大型の機材を用意できず、また機材そのものもリンドバーグが望んだベランカ社製品より性能の低いものにせざるを得なかったことから、前方視界を犠牲にして燃料の搭載量を増やすことで対処したのである。 さらにバックアップの操縦士を乗せることもできなかったため、パリまでの全行程を一人で操縦し続けるという過酷な飛行となった。 飛行中、リンドバーグは強い睡魔に襲われたが、これを克服してパリに到達した。 現在、この機体はに展示されている。 「リンドバーグが大西洋無着陸飛行に初めて成功した」と誤解されがちだが、単独でない大西洋無着陸飛行については、にとが達成している。 これは、からにかけての16時間でからへ1,890kmを飛行したものであった(その他の大西洋横断飛行については「」を参照)。 また、パリ上空で「翼よ、あれがパリの灯だ!」と叫んだとされるが、この台詞は後世の脚色であり、リンドバーグはその時自分がパリに着いたことも分らなかったという。 実際に発した最初の言葉としては、「誰か英語を話せる人はいませんか?(この後英語を話せる人に「ここはパリですか?」と尋ねる)」であるという説と、「トイレはどこですか?」であるという説の2つがある。 いずれにせよ、「翼よ、あれがパリの灯だ!」の出所は " The Spirit of St. Louis"の和訳題であり、日本語では広く知られているが、英語圏ではこれに対応するよく知られた台詞は存在しない。 結婚と愛児誘拐事件 [ ] に駐大使 の次女と結婚した。 アンは夫の勧めでパイロットや士の技術を身につけ、乗務員として調査飛行に同行する。 後年、彼女はとなった。 夫妻はチャールズ・オーガスタス・ジュニア()、ジョン()、ランド()、アン()、スコット()およびリーヴェ()の6人の子供をもうけた。 1932年3月1日に1歳8か月の長男ジュニアが自宅からされ、現場には5万ドルを要求する手紙が残されていた。 10週間に及ぶ探索と誘拐犯人との身代金交渉の後に、5月12日、ホープウェルで死んでいるのが見つかった()。 2年後にのリチャード・ハウプトマンが逮捕され、3年以上後に、殺人で告訴されたハウプトマンの裁判が始まった。 ハウプトマンは裁判の終了まで無罪を主張し、弁護のために大金を支払ったが、死刑判決が出され、1936年4月3日に死刑執行された。 この事件は当時のアメリカでセンセーショナルな報道をされ、リンドバーグのさえ取りざたされた。 11月、リンドバーグとの帽子屋ブリギッテ・ヘスハイマー( Brigitte Hesshaimer)の間に3人の非嫡出子が生まれていたことがテストによって証明された。 3人はそれぞれ・・にドイツで生まれた。 リンドバーグとヘスハイマーの関係はに始まり、彼の死まで継続された。 ヘスハイマーはに74歳で死去した。 リンドバーグ夫妻の北太平洋航路調査と来日 [ ] リンドバーグの還流ポンプ リンドバーグの大きな業績の一つとしての開発がある。 リンドバーグにはを患っている姉がおり、心臓病の治療法を開発したいという思いから生理学者の研究室を訪れた。 2人は意気投合し共同研究をおこない、に「カレル・リンドバーグポンプ」を開発。 これは今日の人工心臓に影響を与えている。 組織が体外で生き続るための生理学的条件についてはカレルの知識が、血液を連続して環流させるポンプ装置の発明についてはリンドバーグの工学知識が生かされた。 第二次世界大戦 [ ] 前夜、リンドバーグはの要請でに何度か旅行し、についての報告を行った。 にはから勲章を授与されたが、この授与は、ユダヤ人を差別する政策やなどの強権的な対外政策を進める政権と親密になりすぎているということでアメリカ国内で批判を受けた。 批判に対して、リンドバーグは「ドイツに対する過剰な非難である」と反論した。 ヨーロッパで第二次世界大戦が勃発した後、員であったリンドバーグはアメリカのとドイツの政策に対する支持者となり、各地で講演を行った。 にはで演説し、ドイツと中立条約を結ぶべきと主張した。 リンドバーグはをとなえるアメリカ第一委員会( America First Committee)の主要なスポークスマンであり、1941年のでの演説では、アメリカを戦争に引きずり込もうとしている3大勢力はイギリス人ととルーズベルト政権であると述べた。 この発言にが反発し、大統領はリンドバーグのアメリカ陸軍航空隊での委任を解除した。 1941年にが開始されると、リンドバーグは「参戦には反対だったが、開戦した以上は祖国への義務を果たしたい」として陸軍航空隊への復帰を試みたが、上記のようないきさつがあったためにその真意を疑われ、ルーズベルト大統領やとその補佐官らに拒否され復帰できなかった。 そのため、政府と航空会社()に対する民間の会社を通じて、アメリカ政府の戦争努力を援助した。 までに民間人として太平洋で50回の実働任務をこなしており、などの日本機とも何度か交戦している。 1944年には、日本占領下の(現在の)東部にあるの空域でアメリカ陸軍の第433空輸輸送団の支援任務中にの傘下の独立飛行第73中隊と交戦し、指揮官の島田三郎中尉機を撃墜した。 戦争におけるリンドバーグの撃墜数は生涯を通じてこの1機である。 この他、での長距離航法やでの離陸法の発展に貢献した。 また、連合国軍(アメリカと)による日本兵捕虜の虐殺・虐待をしばしば目撃し、その模様を日記に赤裸々に綴っていた。 その著書の中で、リンドバーグは「ドイツ人がヨーロッパでユダヤ人になしたと同じようなことを、われわれは太平洋でも日本人に行ってきたのである。 」と記している。 一方で、リンドバーグは日本軍による捕虜のの痕跡を見たという証言も記し、その虐殺や虐待も非難した。 1945年5月、ドイツが降伏するとリンドバーグはすぐにドイツへ飛び、そのを訪問した。 これについて、開戦前はドイツ支持者だったリンドバーグは日記の中で強い嫌悪と怒りを記した。 余生 [ ] に大西洋単独無着陸飛行について書いた " The Spirit of St. Louis"(邦題『翼よ、あれがパリの灯だ』)を出版し、これにより、のを受賞した。 同書はに監督の手で映画化された(映画の邦題は『』で、原作にないフィクションも一部含まれている)。 には訪日し、を訪れた。 万博では、1931年にニューヨークから日本を経て中国まで飛行した際に使用した水上飛行機シリウス号が展示された。 リンドバーグは、シリウス号の操縦席に当時10歳の親王(第126代天皇)を乗せるという交流を行っている。 晩年は、妻のアン・モローと共にのに移り住んだ。 また、の保全に力を注ぐようになり、世界各地を回り、活動に参加、多額の資金を寄付した。 朝にマウイ島のキパフルにある別荘にてリンパ腫瘍が原因で72歳で死去した。 孫 [ ] 2002年5月2日、大西洋単独無着陸飛行75周年を記念して、孫のエリック・リンドバーグが「ニュー・スピリット・オブ・セントルイス号」で大西洋単独無着陸飛行を実行、無事成功した。 またエリックは民間宇宙開発競技会に出資している。 その他 [ ]• 「」の会員 である。 による作品の実質的な第1作『』は、彼による大西洋単独無着陸飛行を意識した作品である。 がに発売した楽曲「リンドバーグ」は、チャールズ・リンドバーグがモチーフになっている。 著作(日本語訳) [ ]• 『翼よ、あれがパリの灯だ』 訳、恒文社、1991。 旧版 『翼よ、あれがパリの灯だ』 旺文社文庫(上下) 1976。 他にも様々な版で刊行• 『リンドバーグ 第二次大戦日記』 訳、新潮社(2巻組)、1974• 『孤高の鷲 リンドバーグ 第二次大戦参戦記』 (上下)、2002• 『リンドバーグ 第二次大戦日記』 (上下)、2016 伝記など(日本語) [ ]• ジヨーヂ・ブキヤナン・フアイフ『リンドバーグ物語 孤独の荒鷲』日本飛行学校出版部訳 日本飛行学校出版部 1929• 広畑恒五郎『空の王者リンドバーグ』婦女界社 1931• ケニス・S. デイヴィス『英雄 チャールズ・リンドバーグ伝』訳 早川書房 1966• 『リンドバーグ 大西洋無着陸横断飛行の英雄』チャイルド本社 1984• 宝島編集部編『虹を追いかけて リンドバーグ』JICC出版局 1991• 岡高志『リトル・ウィング リンドバーグ・ストーリー』ソニー・マガジンズ文庫 1993• ジョイス・ミルトン『リンドバーグ チャールズとアンの物語』訳 筑摩書房(上下) 1994• 『リンドバーグ』チャイルド本社 1998 こども伝記ものがたり• アン・モロー・リンドバーグ『翼よ、北に』中村妙子訳、 2002• スコット・バーグ『リンドバーグ 空から来た男』訳 角川文庫(上下) 2002 映画 [ ]• 監督『』主演 1957 脚注 [ ]• ルーズベルト飛行場()は現存せず、その跡地はルーズベルトフィールドモール()というショッピングモールになっている。 マルゲリータ・ジャコーザ、ロベルト・モッタデリ、ジャンニ・モレッリ 訳:村田綾子『世界の特別な1日 未来に残したい100の報道写真』日経ナショナル ジオグラフィック社、2017年6月20日 第1版1刷、51頁より引用• Ibis Communications, Inc.. 2019年2月2日閲覧。 charleslindbergh. com.. 2019年2月2日閲覧。 2019年2月2日閲覧。 これに関しては、『第二次大戦航空史話』(中公文庫 1996年)に詳しい• 訳『リンドバーグ第二次大戦日記』(上下、新潮社、1974年)、改題し『孤高の鷲 リンドバーグ第二次大戦参戦記』(上下、学研M文庫、2002年)• ただし、リンドバーグの日記の日本語版ではその部分が削られている。 NHKニュース. 2019年5月27日. の2019年5月27日時点におけるアーカイブ。 2020年2月20日閲覧。 、音楽ナタリー、2018年7月11日 11:08。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 現代のロケット技術の開拓者の一人。 当時、先進的過ぎる発想で世間から嘲笑されていたゴダードに資金援助した。 (リンドバーグ) - 日本のロックバンド。 本稿のチャールズ・リンドバーグにちなんで命名。

次の