ご 教示 ください 意味。 ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ビジネス文書・メールで頻出!「ご教示」の意味と正しい使い方

ご 教示 ください 意味

意外と知らない「ご教示」の意味 日常会話では「教えてください」が多く使われており、「ご教示ください」はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。 しかしビジネスの場面では、よく聞くことになります。 意味を知らないまま「ご教示ください」と急に言われては、対応に困ってしまうこともあるでしょう。 ここでは、「ご教示」の意味と使い方を紹介します。 ご教示の意味と用法 広く使われている「教えてください」と意味は同じです。 それを丁寧に畏まった形で言うと「ご教示ください」となります。 また、もともと「教示」とは、知識や方法が対象となっている言葉です。 職場で言うと、ものの使い方や状況の報告に当たります。 目上の方に、よく分からないことや必要な情報を尋ねるときには「ご教示ください」と言いましょう。 ご教示の例文 日常的には使われないというのもあって、あまり「ご教示」を使った文章が浮かばない人も少なくないでしょう。 ビジネスではどう使われているのか、例を紹介します。 「知っている方がいれば是非ご教示願いたいです。 」 人が対象となっていますが、人材や担当者の「情報」を求めているので適切な使い方と言えます。 「ご教示を賜りたいと存じます。 」 より丁寧な文章でお願いをするときに使う言い方です。 「使い方をご教示くださり大変に感謝しております。 」 実際に教えてもらったことで目的が果たせた場面で使います。 しっかりとお礼を言うことで誠意も伝わるでしょう。 「この後のスケジュールをご教示下さい。 」 相手方のスケジュールを聞いて確認しておきたいときに使います。 「在庫の有無をご教示下さい。 」 ことの現状を確認したいときにも使えます。 「教示」と「教授」の違いとは? ビジネスで間違えやすいのが「教示」と「教授」の使い分けです。 違いを知らないために、誤って「教授」を使ってしまうケースもあります。 意味は似ていますが、対象が大きく異なるので、ポイントを抑えましょう。 何が対象なの? それぞれの語句が対象としているものは、簡単に言うと「教授」は学問・技芸、「教示」は知識・方法です。 「教授」は、一時では知り切れない長期的なものを指します。 それに対して「教示」は、聞いたら今すぐ知ることができる方法や情報を指します。 もし、ビジネスで「教授」を使ってしまうと、今後も教え続けていただくというニュアンスになってしまいます。 一次的に何かを教えてもらう場合、基本的には「教示」を用いて、情報を聞くようにしましょう。 しかし、長期的にスキルを身に付けるために教えを乞う場面では、使用しても差し支えありません。 「教示」「教授」はどちらも書き言葉 「教示」「教授」はいずれも口語ではなく、書き言葉として使われるものです。 話し言葉として使用する場合は、言い換えが必要となります。 書き言葉として使われる教示、教授 どちらも、主にメールや文章で使われる言葉です。 畏まったメールや文書で、敬意を表すときに使用します。 しかし、口語として接待や会議のときに使うのは硬すぎる印象を相手に与えてしまうため、会話で使用するのは避けましょう。 話し言葉の時の言い換え 元々の意味は教えるという意味です。 目上の方に対して使うので、「教えてください」を敬語にして「教えていただけますか?」や「教えていただけますでしょうか?」と言い換えましょう。 他には、情報を聞き出す用途として「お聞かせいただけますか?」や「お尋ねしてもよろしいでしょうか?」というのも、同様の意味合いになります。 似ている単語「ご指南」と「ご指導」 教授と教示以外にも、似た言葉で「ご指南」と「ご指導」があります。 これらも、書き言葉になります。 ビジネスで使い間違えることがありますので、明確な違いを覚えて、正しい方を使いましょう。 正しいのは? ビジネスシーンで使用するのに適しているのは「ご指導」のほうです。 「ご指導」はある目的のために、教えを乞うという意味があります。 一連の流れに沿った教えを受けて、明確な目的達成を願うときは、「ご指導」を使いましょう。 また、対象としている範囲は、教育やノウハウ、技術と幅広いため、ビジネスにおいても多用されます。 それに対して「ご指南」は、武術や芸能といった精進的なものに限定されます。 よって、ビジネスシーンでは「ご指導」を使用するほうが適切でしょう。 まとめ いかがでしたでしょうか?「ご教授」と「ご教示」は似ている言葉ではありますが、用途は大きく異なります。 ビジネスシーンでは、些細な言葉遣いの誤りが、自分の評価を下げてしまうことも少なくありません。 それぞれの意味や用法を正しく理解して、間違えのないように使用しましょう。

次の

「ご教示ください」と「ご教授ください」の違いと使い分け

ご 教示 ください 意味

ご教示くださいの意味・ご教授やご享受との違いも ご教示くださいという言葉は「教えてください」の敬語表現を意味する ご教示くださいという言葉は「教えてください」の敬語表現を意味します。 例えば相手方にメールアドレスを聞く場合に「メールアドレスをお教えいただけないでしょうか」という表現を使うこともできますが、ここで「メールアドレスをご教示いただけないでしょうか」というような言い方をすると非常にビジネス感が出ます。 ご教示くださいという言葉は、ビジネスのシーンにおいても非常にフォーマルな響きがある言葉ですのでメールでの使用に留めた方がいいという意見もあります。 何故なら、敢えて「ご教示ください」という言葉を口頭である程度気の知れた相手に使うと、相手と自分の間に壁を作るような結果を招きかねないからです。 「教えてください」と言うのか「ご教示いただくことはできないでしょうか」と言うのかで堅苦しさを感じるか感じないかの違いになるとも言えるでしょう。 「ご教示いただくことはできないでしょうか」のような敬語は使いどころを間違えると相手を遠ざける結果となるので注意が必要です。 ご教授は学問等大きな物事について等の場合に使われる ご教授は学問等大きな物事について等の場合に使われる言葉です。 そのため基本的には「ご教示いただく」などの敬語表現よりも使われる機会はかなり限定される表現になります。 外部から講演をお願いしている講師に対してこのような表現を使うことはあるかもしれませんが、基本的に対企業ではあまり使わない表現になります。 ただし学校等では良く使われる言葉ですし、部下が上司に対して何か教えを乞うシーンでは使われる可能性がありますので「ご教示いただく」という敬語表現と一緒にその使い方を覚えておくといいでしょう。 享受はメリットを受ける場合に使用する敬語表現 享受はメリットを受ける場合に使用する敬語表現です。 目上の人からものを受け取ったり、表彰のような無形のものを受け取る場合に使われる言葉であり、3つの言葉の中で最もフォーマルな色の濃い表現であると言えるでしょう。 この言葉に関しては通常のビジネスではなく、式典のようなフォーマルな色がより濃いシーンで使われることが多い言葉になります。 また「ご教示」と「ご教授」は教えてもらうという点で非常に意味が似ていますが、この享受という言葉だけ意味合いが大きく違ってきますので注意が必要です。 ご教授願いますという表現は基本的に一から十まで何かを教えてほしいような状況で使いますので例えば「メールアドレスをご教示ください」という使い方をしても「メールアドレスをご教授ください」というような使い方はしません。 例えばある物質の構成について分析の仕方を知りたい時に「〇〇の構成を割り出すための分析方法をご教授願います」というような言い方はします。 線引きが難しい項目はあるかもしれませんが、基本的にがっちり教えてもらうような時に「ご教授願います」を使い、情報を得たい時には「ご教示ください」を使います。 「ご教示ください」と「ご教授願います」は非常に混同しやすい表現なので使用には注意をする必要があります。 また「メールアドレスをご教授ください」という表現を使っている人も見かけますが、もしも注意するなら1:1の時に注意するようにしましょう。 周囲に人がいる状況で注意をするのは厳禁です。 「ご教示ください」を「ごきょうじゅください」だと思っていると、漢字の変換で間違った場合にこの言葉が出て来るので注意が必要です。 この言葉は「ご教示」とはまったく意味合いが違う言葉になりますので誤用には注意が必要です。 まず享受に関しては謙譲語に当たる言葉なので「ご享受」というような言い方はしません。 「謹んで享受致します」というような言い方をすれば、それを受け取ることに対して遜っているニュアンスを伝えることができます。 享受という言葉は大層な品を受け取った時や、役職等を引き受ける場合に使う言葉です。 教唆するという言葉の意味は相手に入れ知恵をして唆すことです。 つまり響きはご教示くださいという言葉と似ていますが、この言葉は似て非なる言葉であると言うことができるでしょう。 間違ってもこの言葉をご教示くださいと混同しないようにしましょう。 ちなみに世の中ではお金に関することで騙されることが多くなっていますが、実際にお金を稼ぐ方法や増やす方法は自分の状況に合った正しい方法を選ぶ必要がある時代であると言えるでしょう。 下記の関連記事では賢いお金の稼ぎ方が紹介されていますので、こちらも併せてチェックしてみてくださいね! 貴社でご担当される方の連絡先をご教示いただくことはできないでしょうか。 こちらから連絡をさせていただき、今後がっちり連携を取っていけたらと考えております。 「ご教示いただきたく存じます」という表現はメールやビジネス文書でも進んで使っていきたい表現になります。 先述の「ご教示いただくことはできないでしょうか」という表現よりもさらに丁寧さを感じさせる表現です。 ただしフォーマル過ぎる表現であるが故に、使う相手を間違えると非常に堅苦しくて取っつきづらい相手であると感じさせることにもなりますので、ある程度関係性が取れている相手に対してはここまでフォーマルな表現を使う必要はないでしょう。 ニュアンスに応じて使い分けていくように心掛けましょう。 先方との打ち合わせの日時をご教示いただきたく存じます。 打ち合わせの前日までに当日配布する資料を提出させていただけたらと考えております。 「ご教示願います」という表現については「願います」という部分が強制的に聞こえることがあるので基本的に使わない方がいいでしょう。 しかしながら相手への催促の意味合いが強い場合は敢えて使う必要が出て来ることもあります。 強く言うのは日本人にとって失礼に感じることも少なくはありませんが、例えば期限を切って返信をもらうような状況にも関わらず期限を大幅に過ぎても連絡がないような場合は敢えてこういった少し強制感のある表現を使ってもいいかもしれません。 度々のご連絡で恐縮ではございますが、会議への出欠につきましてご教示願います。 会場の手配がございますので本日中のご返信をお願い致します。 ビジネスメールは基本的に非常に堅いニュアンスの文章になりますので、例文のような形で「ご教示ください」を入れ込んでいくことになります。 ご教示いただくという言葉は口頭でもメールでも使うことができますが、口頭ではある程度堅苦しくなり過ぎないように意識をする必要がありますし、逆にメールでは相手に絶対に失礼に当たらないように敬語表現に細心の注意を払う必要があります。 いつもお世話になっております。 この度は次回会議日程につきましてご教示いただきたくご連絡をさせていただきました。 ご教示くださいの英語表現は ご教示くださいの英語表現は複数ある ご教示くださいの英語表現は複数あります。 基本的には「教えてください」という英語表現になるのですが、その言い方は複数あり状況に応じて使い分けて行く必要があります。 「Could」や「Please」を使うことで、日本語でいう丁寧語表現になるのでそういった表現の方がベターだと言えるでしょう。 ただし下記の表現において「CanIask」の表現に丁寧さを欠いているというわけではないので、どの表現を使っても日本語でいう「ご教示ください」という表現には該当しますので安心して使ってもらえたらと思います。 動詞からいきなり始めると丁寧語表現ではなくなるので、そういう表現は使わないようにしましょう。 ご教示くださいの英語表現• ・Can I ask you that ~ ~について教えていただけないでしょうか?)• ・Please tell me that ~ ~について教えてくださいませ)• ・Could you tell me that ~ ~について教えていただくことはできないでしょうか?) ご教示くださいの英語表現はその都度英訳するのがベター ご教示くださいの英語表現は、その都度状況に合わせて英訳するのがベターです。 何故なら英訳については生ものであり、その状況に合ったニュアンスを相手に伝えるにはその場で考える必要があるからです。 上述の3つの表現でも十分に「ご教示ください」を英語で伝えることはできますが、その場で英訳するのが一番です。 もしもその場で英訳をした場合は、上述の表現にとどまらない場合もあるのでもしも上述の表現にならなかったとしても問題はありません。 ビジネスに関連するような表現を英訳する場合には枠にとらわれ過ぎないように意識するようにしましょう。 ご教示くださいの正しい使い方をマスターしてビジネスを有利に進めよう ご教示くださいはビジネスの場で非常に多く使われている言葉ですので、この言葉をマスターすることでビジネスパーソンとしてのコミュニケーション能力のアップが期待できることでしょう。 この言葉を使いこなすことができれば、一人前のビジネスパーソンであるという印象を相手があなたに対して持つこととなるでしょう。 ご教示くださいという言葉に限らず、ビジネスで使われる可能性のある言葉は、自分に自信のない言葉についてはその都度勉強しておくといいでしょう。 「ご教授ください」という言葉を普通に使っているビジネスパーソンもたくさんいるくらいです。 やる気一つですぐに差別化を図れることでしょう。

次の

「ご教授ください」と「ご教示ください」【意味・例文・使い方】|語彙力.com

ご 教示 ください 意味

「ご教示」や「ご教授」以外にも、「教えてください」という意味をもつ表現は他にもあります。 全て「教える」というニュアンスがあり、その使い分けも何となくという感覚に頼りがちです。 ここで、それ以外の表現と簡単な例文を紹介します。 ・「指導」:わからないことや方法を教える 例)このファイルの保存方法をご指導ください。 ・「指南」:武術や芸能を教える 例)舞踊を指南する。 少し意味は違いますが、音が似ている表現も併せてみてみましょう。 ・「享受」:用意され与えられたものを、受け入れて味わい楽しむこと 例)自由を享受する。 他の表現と違い、「享受する」は相手からではなく第三者である誰かが用意したものを自分が受け取る際に使うので、「教授する」とは全く違う意味です。 ビジネスシーンでよくある間違いのひとつ、誤変換に注意しましょう。 このように、同じような意味でありながら、細かく使い分けが必要な表現がたくさんあります。 「ご教示」の意味と使い方を通して、書き言葉・話し言葉の違いや、よく似た表現をご紹介しました。 この違いがわかると、英語での「教える」の使い分けもしやすくなります。 「ご教示」は「tell」、「ご教示」は「teach」です。 社内でも英語を目にしたり耳にする頻度が上がってきている今だからこそ、こういうタイミングにまとめて覚えてしまうのもビジネスマンとしての業務効率化に繋がるのではないでしょうか。 敬語やビジネスマナーで一番気をつけなければならないのは、「誰かがやっていたからといって意味を知らずに真似をする」ことです。 言語は変化するものだと言われていますが、ビジネスメールで使うような書き言葉は話し言葉と違って、その使い方が崩れるケースはほとんどありません。 正しい日本語を理解しているであろう目上の人に対して使う敬語表現だからこそ、誤った表現が相手に不快な思いをさせたり、失礼になったりする可能性があるのです。 まず、よく使う表現から、その意味と使い方を見直してみましょう。

次の