高校 野球 関東 大会 群馬。 【日程】高校野球 秋季関東大会 2020年10月17日(土)千葉県で開催予定

関東地区高等学校野球大会

高校 野球 関東 大会 群馬

沿革 [ ] 群馬県勢はのから地方予選に参加。 のまでは群馬大会の上位校が2次予選(または)へ進出し、全国大会への出場校を決めていた。 (但し、のまでは各県の参加校数が少なかったため県予選は実施されず、全参加校は直接北関東大会へ出場していた。 )なお、、、、の予選は記念大会で1県1代表となった為、北関東大会は開催されなかった。 年度 参加県 1920年(第6回) 茨城・栃木・群馬・千葉 1921年(第7回) - 1925年(第11回) 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉 1926年(第12回) - 1935年(第21回) 栃木・群馬・埼玉 1936年(第22回) - 1957年(第39回) 茨城・栃木・群馬 1959年(第41回) - 1974年(第56回) 栃木・群馬 1975年(第57回) - 1977年(第59回) 群馬・山梨 概要 [ ] 春季県大会でベスト8以上の結果を残した高校は、本大会でシード権を得る(春季県大会優勝校が第1シード・準優勝校が第2シード・ベスト4進出校が第3シード・ベスト8進出校が第4シード)。 群馬県勢は1999年ので、2013年のでがそれぞれ全国優勝を果たしている。 歴代代表校 [ ] 年度 県勢参加 代表校(出場回数) 決勝スコア 準優勝校 全国大会 関東大会 1920年() 1校 竜ヶ崎中(茨城) 7-1 前橋中 - 1921年() 2校 竜ヶ崎中(茨城) 10-1 茨城商 - 1922年() 2校 竜ヶ崎中(茨城) 9x-8 大田原中 - 1923年() 6校 宇都宮商(栃木) 7-5 千葉中 - 1924年() 6校 宇都宮中(栃木) 4x-3 前橋中 - 1925年() 5校 (初出場) 13-3 茨城商 1回戦 北関東大会 1926年() 5校 前橋中(2年連続2回目) 5(棄権)3 宇都宮中 ベスト8 1927年() 6校 (初出場) 2x-1 高崎中 2回戦(初戦) 1928年() 10校 前橋中(2年ぶり3回目) 6-3 桐生中 2回戦(初戦) 1929年() 9校 (初出場) 4-1 前橋中 1回戦 1930年() 12校 桐生中(3年ぶり2回目) 5-3 高崎商 2回戦(初戦) 1931年() 15校 桐生中(2年連続3回目) 17-4 烏山中 ベスト8 1932年() 12校 (初出場) 4-2 高崎中 2回戦(初戦) 1933年() 13校 栃木中(栃木) 2-0 桐生中 - 1934年() 13校 桐生中(3年ぶり4回目) 16-8 前橋中 2回戦 1935年() 13校 桐生中(2年連続5回目) 6-0 前橋中 2回戦(初戦) 1936年() 14校 桐生中(3年連続6回目) 10-1 高崎中 ベスト4 1937年() 13校 高崎商(5年ぶり2回目) 2-0 栃木商 1回戦 1938年() 12校 高崎商(2年連続3回目) 7-3 茨城工 ベスト4 1939年() 8校 桐生中(3年ぶり7回目) 11-1 桐生工 1回戦 1940年() 10校 高崎商(2年ぶり4回目) 1-0 足利工 2回戦 1941年() 9校 桐生中(出場なし) 2-0 桐生工 (中止) 1946年() 15校 (初出場) 5-2 桐生中 2回戦(初戦) 1947年() 18校 桐生中(8年ぶり8回目) 5-0 鹿沼農商 2回戦(初戦) 1948年() 18校 前橋(20年ぶり4回目) 4-1 水戸商 1回戦 1949年() 20校 水戸商(茨城) 2-1 桐生工 - 1950年() 19校 宇都宮工(栃木) 3-0 水戸一 - 1951年() 19校 桐生(4年ぶり9回目) 3-2 宇都宮工 1回戦 1952年() 19校 水戸商(茨城) 5-3 桐生 - 1953年() 20校 宇都宮工(栃木) 2x-1 宇都宮商 - 1954年() 20校 水戸一(茨城) 4-1 桐生 - 1955年() 20校 桐生(4年ぶり10回目) 5-0 水海道一 2回戦 1956年() 20校 足利工(栃木) 2-1 藤岡 - 1957年() 20校 土浦一(茨城) 6-1 高崎 - 1958年() 20校 桐生(3年ぶり11回目) 7-3 富岡 3回戦 1959年() 21校 宇都宮工(栃木) 1x-0 前橋 - 1960年() 21校 桐生工(14年ぶり2回目) 2-1 桐生 1回戦 1961年() 23校 宇都宮学園(栃木) 2-1 作新学院 - 1962年() 23校 作新学院(栃木) 10-1 鹿沼農商 - 1963年() 24校 桐生(5年ぶり12回目) 4-0 前橋工 ベスト8 1964年() 31校 作新学院(栃木) 5-3 桐生 - 1965年() 32校 鹿沼農商(栃木) 4-1 東農大二 - 1966年() 34校 桐生(3年ぶり13回目) 4-2 宇都宮学園 ベスト8 1967年() 34校 鹿沼農商(栃木) 1-0 東農大二 - 1968年() 34校 (初出場) 5-3 桐生 2回戦(初戦) 1969年() 34校 宇都宮学園(栃木) 1-0 高崎商 - 1970年() 36校 高崎商(30年ぶり5回目) 4-1 作新学院 1回戦 1971年() 36校 高崎商(2年連続6回目) 8-5 上武大一 1回戦 1972年() 36校 足利工(栃木) 3x-2 小山 - 1973年() 36校 前橋工(5年ぶり2回目) 4-3 利根商 2回戦(初戦) 1974年() 37校 前橋工(2年連続3回目) 8-1 高崎 ベスト4 1975年() 36校 巨摩(山梨) 8-4 樹徳 - 1976年() 39校 塩山商(山梨) 4-2 高崎商 - 1977年() 41校 高崎商(6年ぶり7回目) 5-0 甲府商 2回戦 群馬大会 1978年() 43校 桐生(12年ぶり14回目) 8-6 前橋工 2回戦 1979年() 44校 前橋工(5年ぶり4回目) 3-2 東農大二 3回戦 1980年() 45校 前橋工(2年連続5回目) 1x-0 樹徳 2回戦(初戦) 1981年() 47校 前橋工(3年連続6回目) 2-0 高崎商 2回戦(初戦) 1982年() 48校 (初出場) 8-5 高崎商 2回戦 1983年() 48校 (初出場) 2x-1 前橋工 1回戦 1984年() 53校 高崎商(7年ぶり8回目) 7-0 中央 1回戦 1985年() 54校 東農大二(3年ぶり2回目) 5-0 樹徳 3回戦 1986年() 56校 前橋商(57年ぶり2回目) 5-4 関東学園大附 3回戦 1987年() 56校 (初出場) 4x-3 前橋工 1回戦 1988年() 57校 高崎商(4年ぶり9回目) 6-1 利根商 1回戦 1989年() 58校 東農大二(4年ぶり3回目) 6-4 前橋商 2回戦 1990年() 60校 高崎商(2年ぶり10回目) 7-0 前橋工 1回戦 1991年() 61校 (初出場) 3-2 前橋工 2回戦(初戦) 1992年() 61校 樹徳(2年連続2回目) 3-1 太田市商 2回戦 1993年() 62校 (初出場) 2-0 利根商 3回戦 1994年() 64校 東農大二(5年ぶり4回目) 9-4 前橋工 2回戦 1995年() 65校 桐生第一(2年ぶり2回目) 5-2 高崎商 1回戦 1996年() 65校 前橋工(15年ぶり7回目) 6-1 ベスト4 1997年() 64校 前橋工(2年連続8回目) 8-2 前橋 ベスト4 1998年() 65校 桐生第一(3年ぶり3回目) 4-1 太田市商 1回戦 1999年() 64校 桐生第一(2年連続4回目) 10-1 沼田 優勝 2000年() 64校 桐生第一(3年連続5回目) 5-0 前橋工 2回戦(初戦) 2001年() 66校 前橋工(4年ぶり9回目) 8-2 太田工 2回戦 2002年() 67校 (初出場) 1x-0 太田市商 2回戦(初戦) 2003年() 65校 桐生第一(3年ぶり6回目) 6-3 前橋商 ベスト4 2004年() 65校 桐生第一(2年連続7回目) 3-2 前橋工 1回戦 2005年() 67校 前橋商(19年ぶり3回目) 8-4 太田市商 3回戦 2006年() 67校 桐生第一(2年ぶり8回目) 2x-1 前橋工 3回戦 2007年() 67校 前橋商(2年ぶり4回目) 3-2 桐生第一 3回戦 2008年() 67校 桐生第一(2年ぶり9回目) 2-1 樹徳 1回戦 2009年() 67校 東農大二(15年ぶり5回目) 2-0 樹徳 3回戦 2010年() 68校 前橋商(3年ぶり5回目) 3-1 前橋工 2回戦 2011年() 68校 (初出場) 10-6 高崎商 2回戦 2012年() 68校 高崎商(22年ぶり11回目) 2-0 桐生市商 1回戦 2013年() 66校 (初出場) 3-0 東農大二 優勝 2014年() 67校 健大高崎(3年ぶり2回目) 1-0 伊勢崎清明 ベスト8 2015年() 67校 健大高崎(2年連続3回目) 5-4 桐生第一 3回戦 2016年() 65校 前橋育英(3年ぶり2回目) 8-4 健大高崎 2回戦(初戦) 2017年() 65校 前橋育英(2年連続3回目) 6-4 健大高崎 3回戦 2018年() 64校 前橋育英(3年連続4回目) 6x-5 健大高崎 2回戦 2019年() 62校 前橋育英(4年連続5回目) 3-0 前橋商業 1回戦• 1941年は県予選のみ実施• 参加校数は日本高野連の発表に基づき連合チームを1校としてカウント 使用球場 [ ] 現在 [ ]• (1969年の北関東大会および1994年以降使用) 過去 [ ]• (1989年 - 2014年使用)• (2001年 - 2014年使用) テレビ・ラジオ中継 [ ] では開会式から決勝戦までを敷島球場・高崎城南球場から中継(2011年から2013年までは3回戦から決勝戦まで)。 2011年からハイビジョン制作。 は1991年から中継を開始。 4回戦(ベスト16)から決勝戦までを中継する。 は群馬県内向けにで決勝戦 、で準決勝と決勝戦 をそれぞれ中継する。 脚注 [ ] [].

次の

群馬県高野連 独自大会開催決定 選手登録25人に増枠、トーナメントで実施― スポニチ Sponichi Annex 野球

高校 野球 関東 大会 群馬

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 第102回全国高校野球選手権大会が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となったことを受け、群馬県高校野球連盟は20日、独自大会を開催すると発表した。 トーナメント方式で7月18日に開幕し、決勝は8月10日を予定している。 大会名は「2020年群馬県高等学校野球大会」。 県高野連が主催し、日本高野連と朝日新聞社などが後援する。 複数の学校でつくる連合チームを含む、67校61チームが参加。 授業に配慮し、7月中は原則、土日祝日に開催。 8月からは平日にも試合をする。 開会式は実施しない。 組み合わせは、7月4日に県高野連の事務局がある前橋工業高校で抽選会を開いて決める。 各校の責任教師らが参加する。 昨秋の県大会8強の高校がシード校となる。 詳しい日程は今後決めるが、1球場での試合数は最大2試合としている。 特別規定も設けられ、登録選手は25人以内とし、試合ごとに変更が認められる。 登録外の3年生は、試合には出られないがベンチ入りはできる。 タイブレーク制度は10回から採用する。 感染防止のため無観客試合を基本とし、一般客は入場できない。 ただし、ベンチ入り選手と3年生部員の保護者(選手1人につき2人まで)と部員は、スタンドでの観戦が認められる。 選手や大会関係者らには行動歴の記録や検温などの徹底を求めている。 熱中症対策のため、ベンチ入り選手にマスクの着用は義務づけない。 発表後、県高野連の中西信之会長は「これまで取り組んできた日々の練習に自信と誇りを持ち、力いっぱいプレーしてくれることを期待する」と話した。 (松田果穂).

次の

群馬県高校野球連盟

高校 野球 関東 大会 群馬

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 第102回全国高校野球選手権大会が新型コロナウイルスの感染拡大で中止となったことを受け、群馬県高校野球連盟は20日、独自大会を開催すると発表した。 トーナメント方式で7月18日に開幕し、決勝は8月10日を予定している。 大会名は「2020年群馬県高等学校野球大会」。 県高野連が主催し、日本高野連と朝日新聞社などが後援する。 複数の学校でつくる連合チームを含む、67校61チームが参加。 授業に配慮し、7月中は原則、土日祝日に開催。 8月からは平日にも試合をする。 開会式は実施しない。 組み合わせは、7月4日に県高野連の事務局がある前橋工業高校で抽選会を開いて決める。 各校の責任教師らが参加する。 昨秋の県大会8強の高校がシード校となる。 詳しい日程は今後決めるが、1球場での試合数は最大2試合としている。 特別規定も設けられ、登録選手は25人以内とし、試合ごとに変更が認められる。 登録外の3年生は、試合には出られないがベンチ入りはできる。 タイブレーク制度は10回から採用する。 感染防止のため無観客試合を基本とし、一般客は入場できない。 ただし、ベンチ入り選手と3年生部員の保護者(選手1人につき2人まで)と部員は、スタンドでの観戦が認められる。 選手や大会関係者らには行動歴の記録や検温などの徹底を求めている。 熱中症対策のため、ベンチ入り選手にマスクの着用は義務づけない。 発表後、県高野連の中西信之会長は「これまで取り組んできた日々の練習に自信と誇りを持ち、力いっぱいプレーしてくれることを期待する」と話した。 (松田果穂).

次の