スズキ しんや。 ホテルが預けられた荷物を勝手に開封し捨てる「ゴミだと思った」

客の荷物(模型)を捨てた都内ホテルの名前は?社長は誰?対応動画あり

スズキ しんや

荷物を捨てられたスズキしんや ナゴモさん(Twitter:)が被害を訴えています。 ホテル柳橋=ホテルやなぎばし 問題が発生したのは9月6日、スズキしんやさんが宿泊先のホテル柳橋(東京都台東区柳橋1丁目)に荷物を預け外出、ホテルに戻るとキャリーカートの上に載せ養生テープで固定していた段ボールがなくなっていたというものです。 スズキしんやさんがホテル柳橋の社長・今井明男さんに荷物の段ボールの場所を尋ねると「中身を見てゴミだと思って捨てた」などと返答。 ホテルのゴミ捨て場を確認したところ、段ボールごと捨てられていたということです。 この段ボールの中には依頼を受けて約1ヶ月かけて製作したガレージキットが入っており、作品はバラバラに壊れていました。 以下は、スズキしんやさんのツイートです。 信じられない。 カートの上に養成テープでガチガチに括り付けておいたエーブリエタース入りの段ボール。 午前中に荷物全てホテルに預けたのだが、今帰ると段ボールだけない。 養成テープもバリバリ剥がされている。 ホテルの人によると中身見たらゴミだと思って捨てたという。 今井明男社長に反省の色なし その後、スズキしんやさんはホテル側に賠償を求め電話でのやりとりを音声録音、その音声をTwitterで公開していました。 スズキしんやさんの荷物を捨てたことについての今井明男社長の言い分は「大事なものだったら大事なものだって、最初から言ってくれないとね、壊した壊したって言われたって何が入ってたのか分からないわけですから」「大事なものだってことが一言ないってことが元々の原因ですよ」というもの。 スズキしんやさんがホテル側に「大事なもの」と伝えていなかったことが原因で、ホテル側は悪くないと主張しています。 また、「人が作る物だから、また作れるでしょう」などと言い反省の色なし。 以下は、スズキしんやさんと今井明男社長・社長夫人との電話でのやりとりの音声録音です。 この問題を知った方がホテル柳橋に「事実確認をしたい」などと問い合わせたところ、今井明男社長は「泊まらない人に答える必要はない」などと返答。 また、「客の荷物を無断で開けたのか」などと質問したところ「客の荷物を勝手に開けるわけがない」「中身は最初からゴミだった。 預かっていただけで捨ててない。 捨てたのは客の方だ」などと事実と異なる返答をしていました。 過去にも財布紛失事件が発生?ネットでの反応 googleマップのホテル柳橋のレビューには「客の私物を泥棒したり廃棄するといった違法行為を行っている」「現金5万円ほど入った予備財布がこのホテルで紛失している」などといった書き込みがありました。 インターネット上には「盗む目的で客の荷物勝手に開けてるとしか思えない」「こんなホテルには絶対に泊まりたくない。 客の荷物を無断で開ける時点で終わってる」「ホテル柳橋では本当に盗難事件が相次いでたみたい。 盗む価値ないと判断したら捨ててたのか?」「常習的に客の荷物を盗んでいたとしか思えない」などという声が殺到しています。 (ホテル柳橋ホームページ:) 今日ホテル柳橋に問い合わせたという方から詳細を聞けました。 私が破損させ捨てたことになってて問い合わせにはそう説明してるとか。 ちょっと困りますね。 事件翌日から全て録音していると伝えたのにまだ自分の立場がわかってないのか。 戦争だろうが…それを口にしたら。 安易にネット上で匿名で騒ぐのは控えてきたが、このホテルは散々炎上してガッツリ潰れるべき💢 昔から犯罪紛いの事が行われてきた疑いもある。 これ表沙汰になってないだけでかなり盗難とか起きてるでしょ。 地下鉄サリン以降、良い宿泊施設はお客様からお預かりする荷物には、基本的に中身確認をさせていただいております。 多くのお客様の生命を一時でもお預かりする以上は、中身が完全に不明のものを館内にて長期保管するわけにはいかないからです。 当館では、多くのお客様にとっての導線上となるロビー傍の倉庫でお預かりしなくてはならないサイズのものは、あらかじめ、お客様に当館をご利用いただくすべてのお客様の安全に配慮したうえでの措置で、地下鉄サリン依頼ずっと続けているということをご説明さしあげた上で、眼前にてチェックをさせていただいております。 また、お立合いの上での中身確認にご同意いただけなかった場合には、当方で契約しております近所のトランクルームを無料でご利用いただいております。 このように厳戒態勢を敷く旅館の人間からみても、同意なく中身を確認した上手前勝手に廃棄などとは開いた口がふさがりません。 この程度のサービスしか出来ない経営者でもなれるから協会は役立たずなのだと、地域こそ違えど納得する思いです。

次の

ホテルが預けられた荷物を勝手に開封し捨てる「ゴミだと思った」

スズキ しんや

スズキさんがそんなひとだ。 ちょうどよい温度の風呂のようなひと。 その場に溶け込むくせに、意外に人の領域に入り込んでくる。 正直、羨ましい。 とにかく、これめっちゃいいので、みんなに読んでほしい。 これが生活史だ。 若手飲酒シーンの大本命、「チェアリング」開祖、ウェブメディア界の真打ち、待望の初単著! 人、酒、店、旅……、現代日本に浮かび上がる疑問を調査し、記録する、ザ・ベスト・オブ・スズキナオ! 岸政彦 社会学者 さん・林雄司 「デイリーポータルZ」編集長 さん、推薦! レベルまで飲み代を厳密に割り勘する飲み会はどうか 第5章 この店で過ごす時間は、新型のスマホと違って並べば手に入るものではないのだーー酒 大阪の瓶ビールはどこまで安い? 大人の休日、動物園飲み 見慣れた風景が違って見える「チェアリング」の楽しみ 野毛の名酒場「武蔵屋」の最後の姿を見に行く 店選びを自分の父親に完全に任せるハシゴ酒 第6章 私が知らなかったこの町は、こうしていつもここにあった。 私がいなかっただけだったのだーー散策 誰も知らないマイ史跡めぐり チャンスがなければ降りないかもしれない駅で降りてみる としまえんに行ったけど入れなかった人のために ディズニーランドに行ったけど入れなかった人のために 終電を逃したつもりで朝まで歩いてみる 名前のないラーメンを探して あとがき 社会学者の岸政彦が帯に書いているように、これは生活史の本だ。 著者が本書のなかで訪ね歩いたあらゆる場所では、私たちの知らない誰かの人生が当たり前に営まれていて、著者は彼ら彼女らの人生の、生活の断片を丁寧に拾い上げる。 銭湯で頭や体を洗う時に自分の姿を映し出す鏡。 その鏡の横に添えられたレトロな(もしくはレトロ風な)広告。 あの広告が、いったい誰がどのように作っているのか、そんなことを考えたことがあるだろうか。 私はなかった。 誰がどのように広告を作っているのかを辿っていったら、幾人かの生き字引きのようなおっちゃんやおばちゃんの人生と生活が浮かび上がってくるなんてこと、想像したことがあるだろうか。 私はなかった。 「デイリーポータルZ」編集長の林雄司が帯に書いているように、これは「検索してもわからない世の中のいろいろ」についての本だ。 会社の同僚や取引先と、あるいは同級生や気の置けない友人たちとの飲み会を想像してみてほしい。 会計を「一人いくら」と割り勘したり、あるいは誰か太っ腹な人や年長者やいちばん稼ぎのいい人が奢ったりすることが多いと思う。 でもちょっと立ち止まって、「唐揚げ何個食べた?」レベルまで飲み代を厳密に割り勘するとどうなるのか、考えてみたことがあるだろうか。 私はなかった。 なかったし、そもそも飲み会での会話を文字起こししてみるとあんなにグルーヴ感が生まれることすら知らなかった。 他人より秀でたものなんか一つもない自分の人生を、それでも楽しみながら歩んでいこうという勇気が湧く一冊だ。 普通にある街や人々が、普通なのに魅力的。 本来ならば、『自分の大切な居酒屋』(居酒屋の本ではありません) にしておきたいと思うような 様々なお店や多種多様な人々が おしみなく公開されています。 この本単体で読んでも十分面白いと思われます。 その上で、 経済や政治、思想、生き方、デオドラントスタイルのマニュアルなどの本を頼りに なんとか真剣に正解を求めて、手探りで努力されている方々にとって 一回読むのをやめたくなった時用 ちょと柔らかい本が読みたい時用に、あわせて読まれることが良い感じの本ではないでしょうか。 お城を抜け出した若殿様が わらじで歩いて、たまに足についた泥をパンパンと払いながら書かれたような 秘密の冒険日記と言ったおもむきの 難しい本と一緒に読むには最適な本のように思えました。 冒険日記とは言っても、どこにでもありふれているお店や人や街を 自意識がないと思われる作者様(ナマケモノっぽい)が、 純情なフィルターで浮かび上がらせる魅力を 「全然今の時代でも通用するじゃん!」なごとく、光らせています。 なんでもないことがなんでもあるに見えてしまう。 普通にいる人々、普通にあるお店。 (普通とは言い難いのもあるけれども)が、 「ウケル!」のですから、そのすくい上げ方もまた この本の強い魅力に思われました。。

次の

客の荷物(模型)を捨てた都内ホテルの名前は?社長は誰?対応動画あり

スズキ しんや

「1か月かけて製作した作品が、勝手にゴミ捨て場に移動させられていたのです。 作品は壊れ、修復を余儀なくされました。 名古屋から東京に来たスズキさんは9月6日午前、都内の宿泊先ホテルに荷物を預けて出かけた。 折り畳み式キャリーカートの上にダンボール箱を乗せ、動かないようにテープで張り付けていた。 夜、ホテルに戻ってくると、カートはあるがダンボールがない。 テープもはがされている。 ホテルの社長に聞くと、開けて中を見たらゴミだと思ったので捨てた、などと言われた。 ダンボールに入れていたのは、スズキさんが依頼を受けて塗装や仕上げをしたガレージキット(組み立て式の模型)の完成品だ。 ホテルのゴミ捨て場に置かれており、バラバラに壊れていた。 1か月間、毎日3~4時間かけて製作した物で、東京の展示会に出展した後、依頼者に引き渡す予定だった。 この時、抗議に対応したのは社長だったが、ゴミだと思って捨てたという以上の説明は得られなかった。 話が通じないと思っていたところ、やってきた社長夫人が申し訳なさそうに「できるだけスズキさんの意向に沿って進めたい気持ちはある」旨を話した。 スズキさんは賠償を求め、ホテル側と連絡を取り合っていくことになった。 「人が作る物だから(壊れてもまた)作れるでしょう」 だが、話はなかなか前進しなかった。 スズキさんはホテルとの会話の記録を、録音データとして残している。 9月28日の電話では、スズキさんが「ホテルの人に(自分の荷物を)ゴミとして捨てられるというのは、ちょっと想像できないです」と伝えたところ、社長は「あなたの大事な物だってことが一言入ってないわけですよ。 そんな大事な物、『部屋に置いてください』とか何か言ってくれればいいじゃないですか」としている。 別の日には「人が作る物だから(壊れてもまた)作れるでしょう」とスズキさんに話している。 スズキさんは10月5日の電話でも「荷物タグが貼ってあった荷物を勝手に開けて、ゴミだと思って捨てるというのがどうしても分からない」と説明を求めた。 この時会話した夫人は「お客様のダンボールはゴミだったんだよ、と言う人もいます」「私もやる時ありますから。 『中を見ちゃおうかな』って。 あります。 失礼ですけど」と説明していた。 スズキさんが「荷物にくっつけている場合でも、ゴミだと思えば、少なくとも中身を確認することはあるし、場合によっては捨てることもあり得るのですか?」と聞くと、「あります」と答えていた。 スズキさんはガレージキットの材料費や製作費などの領収証・資料を整理し、金額をまとめ、内容証明でホテルに請求書を送付している。 9月21日付でホテルに届いたことが確認できた。 しかし、請求書の内容は無視される形となっている。 スズキさんは振込での支払いを求めていたが、ホテルから後日「箱を開けたことに対する謝罪金を払わせてもらいたい」として、3万円の現金書留が送られてきた。 請求書の額も大幅に下回っていた。 納得できないスズキさんは受け取らなかった。 スズキさんはホテルに「事実を公表させてもらいます」という旨を伝え、ツイッター上でホテル名も含めて事の次第を発信することにした。 訴訟を起こすことも検討しているという。 スズキさんは取材に今の心境をこう語る。 「許せないです。 許せる人間がいますか。 なぜ連絡なしに私の荷物があんな目に遭ったのか、今でもよく分かりません。 壊れた模型は大事に時間をかけて作った物だと分かってほしかったです。 でも理解してもらえませんでした。 お客様に渡す物ですから、宅配便では破損するかもしれないと思い、自分で名古屋から東京に運んできました。 まさかホテルに預けてこうなるとは…。 できれば謝罪と賠償をお願いしたいと思っています」 ホテル「できる限り必要な補償をさせていただきたい」 J-CASTニュースがホテルに対し、こうした主張に対する受け止めなどについて見解を求めると、弁護士を通じて10月18日にコメントを寄せた。 謝罪と補償の意思をこう表明している。 「当社が運営するホテルにおいて、令和元年9月6日に宿泊していただいたお客様のお荷物の不適切な取扱い、および、その後に不適切な対応をしてしまった件につきまして、今後の方針についてご連絡申し上げます 当該お客様には、当社の不適切な対応により、多大なご心労をおかけしていることを深くお詫び申し上げます。 当該お客様に対しては、当社弁護士を通じて、謝罪の意思をお伝えし、できる限りの誠意を尽くして、当該お客様とのお話合いをさせていただいたうえで、できる限り必要な補償をさせていただきたいと考えております」 一方、具体的な出来事に対する見解は、次のように話し合いの途中であるとして語られなかった 「本件の具体的な内容につきましては、当社弁護士と当該お客様との話合いが行われており、一方的に当社の見解を公表することはできないと考えておりますので、コメントを差し控えさせていただきます。 当社におきましては、今回のことを厳粛に受け止め、お預かりしたお荷物の管理体制の見直しを行い、再発防止のための対策を徹底して、信頼回復に努めてまいります」 その上で、 「本件に関して、お客様及び関係者の皆様にご心配をおかけしていることをお詫び申し上げます」 と謝罪の言葉を重ねている。 【ホテル柳橋】スズキしんや 客 荷物ゴミ発言捨てた経緯がヤバい ホテルを利用して荷物をゴミとして捨てられたことはありますか? …ありえません。 そんな出来事がホテル柳橋では起こってしまったようです。 名古屋から東京へとやってきたスズキさんは9月6日の午前に、都内のホテル柳橋に荷物を預けて出かけたそうです。 折りたたみ式キャリーカートの上に段ボール箱をのせて動かないようにテープではり付けていました。 夜、ホテルへと戻ってくるとテープがはがされ、段ボール箱がなくなっていたそうです。 そして、ホテルの今井明男社長に、聞くと 「開けて中を見たらゴミだと思ったので捨てた」 と言われてしまったようです。 そして、損害賠償の話へとなっていくのですが今井明男社長は 「人が作るものだからまた作れるでしょう」と完全に開き直り、罪の意識もないようです。 こんなホテルに泊まったのではたまったものではありません。 台風で暇だったのでちょっと文字起こししてみました。 ホテルどこよ?• ここはつぶれるな、もう• これはホテルがおかしい あえてゴミでも保管するのがホテルの常識なのに… 民泊じゃないんだからホテルと名乗ってはダメな行為• 部屋に置いてある荷物をゴミかどうかなんて従業員が勝手に決めるもんなのか。 テーブルの上に走り書きのメモがあったとして、従業員からすればゴミかもしれないけど、本人にすれば大事なメモかもしれんけどな。 ルームクリーニングをするときに、ゴミ箱に入れているものは明らかにゴミやけどそれ以外は触るべきではないんじゃないのか。 とは思うけど。 そんなホテルに泊まりたくないし事実は公表すべきじゃないのかな。 社長だってやましい事ないんなら正々堂々としてればいいだけやしな。 利用したくない• 気持ちわるい• なんでお客様の荷物 カート に着いてる段ボールを開けますかね? お客様の荷物を開けるなんてサービス業失格では?預かって数日放置とかなら、連絡先確認のために開ける事は有り得るが、当日開封確認はねーわ 当日開ける場合は、預かる段階でお客様立ち会いの元、中身確認する時ぐらいでしょうよ• 預かったのに捨てるとかおわってる• ホテルではゴミ箱に入ってない限り捨てないというルールを作ってる筈。 チェックアウト後も。 忘れ物申告されるかもしれないから。 こういう問題が起こるリスク回避です。 しかもクレーム対応も相手の神経を逆撫でするというあり得ないほど悪い対応ですね。 「私もあります。 見ちゃおうかなって」 やばい。 今後このホテル利用しようと思う客いないだろうな。 盗撮とかもしてそう。 気持ち悪い夫婦が経営しているホテル泊まりたくないのでホテルの名前を公表して欲しい。 お客様のプライバシーを預かっている商売をしていて「中見ちゃおうかな」という感覚があるのなら盗聴器や盗撮機が置かれていてもおかしくない。 徹底的に調べた方がいい。 都内のホテルでクロークとして働いてたけど、お客様の荷物を明けるなんて、絶対に有り得ない。 カバンから書類出してきて!と頼まれる事もあるけど、必ずお断りしてカバンをお渡しして、お客様ご自身に出してもらうようにするくらい、徹底してる。 そうしないと何か紛失や破損が有ったとき責任が取れないから。 預かった荷物は外側しか触らないのが基本。 テープでガチガチに固定してるものをわざわざ剥がすのもまた有り得ない。 しかし基本的にホテルは貴重品と壊れ物は一切預からないし、その旨を確認をしてから貴重品と壊れ物以外を預かる。 この人はきっと商品だから破損しないように梱包して持って来たとは思うし、故意に壊されることは想定外のことだけども、例え壊れ物を隠して預けたとしても、責任を負えないので預かれないというのがホテルのスタンスなので、ホテル側はゴネているのだと思う。 でも今回ばかりはホテルの過失は明らか。 それは、ホテルの社長に荷物を捨てられたという出来事。 そんな客の荷物をゴミだと思って捨てた今井明男社長などについてご紹介させていただきました。 最後までお読み頂き有難う御座いました.

次の