オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114。 オスマン帝国外伝〜愛と欲望のハレム〜シーズン3全話ネタバレ感想まとめ

オスマン帝国外伝【シーズン4】放送予定とキャスト。ヒュッレムは誰? | カイドーラ

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114

2017年にトルコ発ドラマとして初めて日本で放送し、大きな話題を呼んだ。 チャンネル銀河では待望のシーズン4を2020年8月3日(月)より日本初放送する。 老境を迎えた皇帝スレイマン。 皇子たちは立派に成長し、それぞれの赴任県を統治していた。 だが一方で、皇帝の後継者の座を巡る骨肉の争いが苛烈を極めていく。 皇帝妃マヒデブランの息子で才気に富む最年長の皇子ムスタファを次期皇帝に望む謎の組織が出現。 ヒュッレムは我が子を玉座に就けるため、全力でムスタファを潰しにかかる。 後継者争いを制するのは誰か?父帝スレイマンの愛と苦悩を描くシーズン4。 壮麗王の治世がここに完結する。 シーズン3までのあらすじ セリム1世が崩御し、皇太子のスレイマンがオスマン帝国第10代皇帝として即位。 同じ頃、ルテニアではアレクサンドラ(後のヒュッレム)が家族と婚約者を殺され、タタール人の奴隷商人に捕えられていた。 その後、スレイマンのハレム(後宮)に奴隷として献上されたアレクサンドラは、スレイマンの寵愛を得て男子を産めば、ハレムで絶対的な権力を得て生き残れるということを知る。 皇帝妃マヒデブランによる嫉妬と陰謀の渦に巻き込まれながらも次々とスレイマンの子供を産み、寵妃としてハレム内での存在感を増していく。 やがて奴隷の身分から解放され、スレイマンと正式に結婚。 さらにハレムを管理していた母后ハフサが亡くなると、スレイマンからハレムの長に任命されるのだった。 ハレムの統治者となったヒュッレムの次なる野望は、最愛の息子メフメトを玉座に就かせること。 しかし、同じくムスタファを玉座に就かせようとするマヒデブランの陰謀により、メフメトは命を落としてしまうのだった……。 見どころ 4シーズン全312話にわたる壮大な物語がついに完結! オスマン帝国第10代皇帝スレイマンの治世を4シーズン全312話という壮大なスケールで描き、トルコ国内のみならず、世界90カ国以上で大ヒットした「オスマン帝国外伝」シリーズの最終章がついに日本初上陸。 シーズン3では最も信頼していたイブラヒムを処刑し、最愛の息子メフメトを失うなど、心に大きな傷を負ったスレイマン。 シーズン4では自身の後継者選びという最大の問題に頭を悩ませる姿が描かれていく。 残るスレイマンの後継者候補は、マヒデブランの子で長子のムスタファ、そしてヒュッレムの子であるセリム、バヤジト、ジハンギルの4人。 空白となったマニサの軍政官になるのは?そしてスレイマンの後継者となるのはどの皇子なのか?玉座を求める兄弟たちの争いに目が離せない。 そんな中、ヒュッレムの後宮追放をもくろむスレイマンの妹ファトマ皇女が、イブラヒムとハティジェの娘フーリジハンとともに後宮へやってくる。 やがてヒュッレムはファトマの計略によって、大きなピンチを迎えることになり……。 さらに、かつてのヒュッレムを思わせる美しさと大胆さでセリムに近づいていく側女ヌールバーヌーが登場するなど、シーズン4の新たな登場人物たちによって女たちの争いはますます激しさを増していく。

次の

海外ドラマ『オスマン帝国外伝』あらすじとキャスト!Huluにて

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114

オスマン帝国外伝が面白すぎて、トルコに行きたくなってきた蓮です、こんにちは! 現代でも、もしかすると「スレイマン」とか「ムスタファ」とか、同じ名前の人、たくさんいそうじゃないですか?(笑) 前回までのあらすじは ! 以下はオスマン帝国外伝の、シーズン3の42話、43話、44話、45話、46話、47話のあらすじネタバレとなります! 最初に言っておきますが、 今回のあらすじネタバレは、オスマン帝国外伝始まって以来の衝撃的な内容が含まれております。 獅子を操るのは宰相たちだ」とスレイマンを傀儡のように語り、己の権威を過信した発言をしてました。 それをしっかりと書記が記載していて、それをアヤス宰相が読みます。 アヤスさんはいつの間にヒュッレムとこんなにも懇意になったんでしょうねw ヒュッレムはアヤスに、それをスレイマンに見せるように指示。 アヤス宰相は早速、イブラヒムの尊大すぎる会見の記録をスレイマンに見せます。 スレイマンの苦悩 それを読んだスレイマン、天地がひっくり返るほどにびっくりして大ショック。 信じていたイブラヒムが、自分を傀儡のように諸国に伝えていて、イブラヒムこそが国を動かしていると宣言していた…。 ともに国のために尽くしてきたと信じていたスレイマンは、若き日のイブラヒムとの思い出に浸っては、現実への対処に迫られていた。 皇帝に対する不敬罪… けど、スレイマンはスレイマン自身からもイブラヒムを守る法例を作ってしまっていた。 不敬罪として簡単にイブラヒムを処罰できないスレイマンは、法の達人であるエブッスードに相談することにした。 法の抜け道 事情を知ったエブッスードは数日間、法の書物をあさりまくり。 そしてついに見つけました。 それは「何人たりとも寝てる時は法の支配を受けない」というもの。 つまり、スレイマンが寝ている間にイブラヒムの処刑を行うことで、「皇帝もイブラヒムを処刑できない」という法をすり抜けることができるという。 イブラヒムの処刑は、スレイマンの寝ているときに行うんだ、と助言するエブッスード。 それを聞くスレイマンの顔は、苦悩に満ちていました。 「寝てる時…」ってwって思いませんでした?そんなんで、法をすり抜けられるんかいwってw ハティジェの「虫の知らせ」 断食の晩餐に呼ばれたイブラヒム。 ハティジェはイブラヒムと一緒でめっちゃ幸せそうで、バイオリンを習って「のんのん」とか言われても根気よく夫の言うことを聞き続ける…ハティジェ本当にええ子や…。 子どもたちも夫婦円満のなかのびのび育ち、別宅のニギャールとの娘エスマヌルも「ママに会いたい」と無邪気に父親に甘えます。 一見、順風満帆のイブラヒムの人生… けど、スレイマンの晩餐に呼ばれて出かけるとき、ハティジェが言います。 「なんだか胸騒ぎがするの。 本当に行かなきゃいけないの?」と。 イブラヒムを心から愛するハティジェの虫の知らせは…当たっていました…。 イブラヒムの運命 断食の晩餐に呼ばれたのは、ヒュッレムとイブラヒム。 スレイマンとともに食卓を囲み、和やかに晩餐をすすめます。 ヒュッレムも、スレイマンの心の内を全く読めず、晩餐後何も疑わずに席を立ちます。 が、その後席を立とうとしたイブラヒムに、スレイマンは「今日は後宮に泊まるように」と伝えます…。 収支優しい笑顔のスレイマン。 「あの二人の仲は相変わらず、絆は固いわ!」とヒュッレムも自室で切れるほど。 けど、スレイマンに用意された豪華絢爛の部屋で眠りにつくイブラヒムのところに…黒装束の処刑部隊が迫ります。 「寝ているときに処刑をすればいい」とエブッスードにすすめられたにも関わらず、悶々として一睡もできないスレイマン。 イブラヒム結構強いから期待したけど、今回はダメでした… マトラークチュの悲しい役目 処刑の後、スレイマンはマトラークチュに「イブラヒムの亡骸を、誰にも分らない場所に埋めろ」と命令。 マトラークチュは、盟友イブラヒムの死を悲しむが、皇帝命令に逆らえるはずもなく、イブラヒムの遺体を森に埋めます。 ニギャールの娘の運命… その後マトラークチュは、イブラヒムとニギャールの娘を、乳母とともにイブラヒムの故郷に送ります。 「幸あれ」と一縷の希望を託して… ハティジェの恨み 最愛の夫の訃報を聞かされ、ハティジェは反乱狂に。 夫の遺体にすがりついて泣きわめき、宮殿に行って兄スレイマンに「もう私はあなたの妹じゃない」と憎しみをあらわに伝えます。 その後後宮になだれ込んで ヒュッレーーーーム! と叫び、夫を死に至らしめた憎い女として恨みつらみを吐き出し、ヒュッレムに対して宣戦布告。 ハティジェの悲しみや憎しみに戸惑うのは、ヒュッレムではなく…その情景をベランダから見ていたメフメトと、ミフリマーフは複雑な面持ちです。 「何をやってもお母様が責められる…」と2人とも後で悔しんでいました…。 母親思いです。 マヒデブランとムスタファもイスタンブールへ イブラヒムの悲報を聞いて、マヒデブランとムスタファもイスタンブールへ駆けつける。 こころの支えだったイブラヒムを失い、落胆する2人。 墓すらも作られなかったことから、よほどスレイマンの不興を買ったのだろうと推測するも、イブラヒム処刑の詳細を知るものは誰もいなかった。 マヒデブランは改めてヒュッレムとの対立を強固に。 ムスタファは、自分の大いなる庇護者を失ったショックから立ち直れないでいたものの、父子関係は良好。 ムスタファは息子を天然痘で失ったばかりで、それを苦にしたファトマも自殺をしていたが、別の側女が新たに解任したとの朗報もあった。 シャーはやっぱり敵? 2人の妹の夫を処刑にし、妹2人から恨まれたスレイマン。 ただ一人、自分をまだ兄と呼んでくれるシャーに、一片の心の安らぎを見出す。 「お前は亡き母に似ている」として、ハティジェに絶縁された苦しみを吐き出します。 シャーは相変わらず何を考えているかわからず、どっちつかずの発言を繰り返すが、地方県に戻らずイスタンブールにとどまり、権力を手にする野心を垣間見せ始める。 シャーは「ここに残りたいけど、夫が県長だから残れない…」とスレイマンにそれとなく打ち明け、スレイマンの心に訴える。 新しい宰相は? イブラヒムが処刑されて空席の出た新たな宰相の席に、ヒュッレムはリュステムを推す。 新たな大宰相となったアヤスにも、リュステムを推すように命じるが、スレイマンは妹シャーの夫を宰相に任命する。 ヒュッレムは、これまで好意的に見えたシャーの野心を知り、シャーとも対立していく…。 メフメトの苦悩 ヌルバハルの懐妊の事実がヒュッレムに知られ、ヌルバハルは慣例に従い後宮を追われた。 その事でミフリマーフに苦情を言い、一刻も早く地方県をおさめて、子どもを作りたいメフメトは、再三スレイマンにそのことを懇願する。 しかしスレイマンは、県を治めるよりもまず、戦の遠征にお供して経験を積むようにすすめる。 それを聞いたメフメトは落胆…。 自分の出世を阻むのはムスタファだといって、一時感情的に兄のムスタファをせめてしまう。 しかしムスタファは兄弟として、決して憎しみ合うようなことはしないと強く諭し、メフメトとの信頼を取り戻す。 新しい後宮の女官 ヒュッレムの力が強力になりすぎて、唯一の対抗馬だったイブラヒムまでも処刑され… ハティジェとマヒデブラン、そしてギュルフェムは知恵を寄せ合いヒュッレム失脚の策略を立てていた。 マヒデブランはある作戦を持って、後宮にディアナを女官として潜り込ませることに成功。 ディアナは早速側女たちを支配し始め、ヒュッレムへ罠をしかける足掛かりを作っていた。 マルコチョールがまた出てきた! イブラヒムの処刑によって落ち込んでいたのはマトラークチュ。 イブラヒムの親友だったマトラークチュは、正義がなされないことに絶望していた。 そこへ現れたのは、かつての親友、マルコチョール! マルコチョールがタシュルジャルと一緒にお酒を飲んでいたけど…この2人って、どっちもミフリマーフの想い人…。 ギュリザールのときからスレイマンの疑いが大きくなってはいたけど、まさかこんなにあっさりと終わりを告げるとは思いませんでした。 え? もしかしたら、亡くなったのはイブラヒムの双子のお兄さんの方で、これも策略で、実は生きてるとかないですかね? ほんとうの本当に、イブラヒム死んじゃったとしたら…悲しいです。

次の

オスマン帝国外伝・シーズン3の54話~最終回のあらすじネタバレ! | カイドーラ

オスマン 帝国 外伝 シーズン 4 あらすじ 114

オスマン帝国外伝、面白いのはいいけど…一つのシーズンの話数が多すぎじゃね?と思う蓮です、こんにちは。 女同士のみにくい髪の引っ張り合いのオスマンバージョンのドラマ。 宮廷という国の美女が集結する場所だけに、みんなものすごく美人です。 というわけで今回は、オスマン帝国外伝の美人ランキングを独断で作ってみました! 以下をご覧になって、オスマン美女を堪能してください。 ch-ginga. 生年月日:1980年7月23日• 出身地:トルコ、イズミル• 国籍:トルコ• 学歴:ハジュテペ大学国立音楽院 母親はキプロス生まれというハーフでした。 この国際性も彼女の演技や美貌に大きく生かされています。 そんなセレン・オズテゥルクさんは、 女優として活躍する前には、映画館で働いていたという異色の経歴の持ち主でした。 もちろん、映画やドラマへの出演も有名ですが、吹き替えでも大いに活躍。 ナタリー・ポートマンさんの映画『レオン』、『キャプテン・アメリカ』など、吹替え作品は多岐に及びます。 imdb. 皇太子の母としての地位はあるものの、 スレイマンの寵愛が自分からヒュッレムにと移行したため、 ヒュッレムに敵対。 毒を盛り暗殺を謀り追放に追いやるなどあの手この手でヒュッレムを排除しようとするが、かえってスレイマンの反感を買って、日陰の身となってしまう。 一人息子のムスタファに皇位を継がせることに執心し、後宮の権力争いから身を引こうとしない。 ものすごい美女なのに、薄幸のせいか、美貌がおされ気味。 ってところも演技だったらすごいですよね。 シーズン1から現在までずっとメインキャストとして登場。 シーズン3では後宮から身を引いて、息子の治めるマニサ県へ行き、やっと心穏やかに暮らすのかと思いきや… 今度は息子のムスタファの後宮での女の抗争が勃発…気が休まらない人です…。 名前:フィリズ・アフメット(Filiz Ahmet)• 生年月日:1981年4月15日(37歳、2018年)• 出身:マケドニア共和国スコピエ• 語学:マケドニア語、アルバニア語、トルコ語、スウェーデン語、英語、セルビア語、ブルガリア語 語学にも長けており、 フィリズ・アフメットさんは何と、7ヶ国語を操る つわもの。 祖父が俳優だったことから演劇に興味を持ち、子供のころ舞台デビューしました。 そして、メルイェム・ウゼルリさん同様、大学では医学を学んだとか。 演技の実績もさることながら、みなさん インテリすぎておどろきますよね。 そう、フィリズ・アフメットさんは「オスマン帝国外伝」の中でもとっても切れ者の役を演じるんです。 きれいなだけの女性ではなく、策謀術にも先読みにも長けている。 ニギャールは私は一番好きなキャラ! それでも、これだけの国の言語を習得することに成功したのは、やっぱりすごいと思いますけど。 そんな セルマ・エルゲチュさんは、大変なインテリとしてもよく知られています。 大学時代には、医学や哲学などを学んでいて、医学実習もしていたのですね。 こういった経歴であるならば、語学の才女ぶりにも納得でしょう。 そして、やがてモデルを経て、女優の道へと進むことに。 女優デビュー後、セルマ・エルゲチュさんは、 コメディ作品などでも活躍を見せました。 それだけに、『オスマン帝国外伝』での暗いキャラクターのハティジェ役は、女優としての彼女の幅を相当広げたと言えるでしょう。 imdb. 男子を産むたびに有利になるヒュッレムの立場として、失望の女児と落胆されたが、息子たちの後継者争いの中で唯一絶対の権力を握るための強力な味方と成長していく、頼もしい長女。 史実では母ヒュッレムよりも有名で語り継がれている権力者。 オスマン帝国外伝のシーズン3から華々しく登場したミフリマーフ。 16歳の可憐な少女時代を演じ抜いたのはペリン・カラハンさん(35歳)。 2度の結婚と2度の出産を経た、2児のママとしても活躍。 第6回ベイルート国際賞フェスティバル(2015)では、最優秀国際女優賞にも選ばれています。 imdb. 生年月日:1944年3月15日(74歳、2018年)• 出身:トルコのサムスン 何しろ皇帝の母親役ですから、相応の年齢だろうとは思ってたけど、まさかの 74歳wwww 現在も絶世美人であり、女優のオーラに輝く、ネバハット・チェフレさん。 ーは17歳の時なので、その女優キャリアは何と、60年近くにも及びます。 ネバハット・チェフレさんはわずか15歳のときに、「ミストルコ」に選ばれる美少女でした。 その後も、トルコ代表として、ミス・ワールドやミス・ユニバースにまで出ました。 プライベートでは、俳優のユルメルズ・ギュネイさんと結婚。 夫婦そろって役者のため、夫婦での共演作もたくさんあります。 しかし、ユルメルズ・ギュネイさんからのDVが原因で2人は短期間で離婚してしまうことに。 かなりの国際派で、素晴らしいですよね。 メルイェム・ウゼルリさんさんの女優デビューは2008年なので、2018年で女優活動歴は10年となりました。 そんなメルイェム・ウゼルリさんがドラマに主演したのは、何と、この 『オスマン帝国外伝』が初めて。 女優デビューからたったの3年で、こんな国際的な人気作品に抜擢されるとは、かなりすごいことでしょう。 元々トルコ国内では人気女優だったメルイェム・ウゼルリさん。 『オスマン帝国外伝』のヒットにより、その名声は海外にも広がりました。 もちろん日本でも人気急上昇! プライベートでは、 未婚のまま元彼の娘を出産したシングルマザーでもあります。 元彼とは現在も娘と並んで3人で写真を撮ってアップするなど、適切な距離感を心がけている様子。 8位:ギュルフェム• 7位:マヒデブラン(ヌル・アイサン)• 6位:サドゥカ(サーデット・アクソイ)• 5位:ニギャール(フィリズ・アフメット)• 4位:ハティジェ(セルマ・エルゲチュ)• 3位:ハフサ・アイシェ(ネバハット・チェフレ)• 2位:ヒュッレム(メルイェム・ウゼルリ)• 1位:イザベラ(メリケ・ヤロヴァ) なんでこんなにインテリ女優が多いのでしょうか。 子供にかける教育費も、教育水準も、世界的にすごく高いのかもしれませんよね。 また、今回ランキングに入れなかったものの、オスマン帝国外伝には他にも美女がたくさん!• ギュルニハル• アイシェ• ニュルフェル• アイビゲ• エスマ イケメンはムスタファとマルコチョールの2人であとはオッサンなのに、美女は盛りだくさん(笑)。 メリケの一位に異議あり! 彼女、上唇の形が非常に悪い。 二つの山がはっきりしておらず、ひとつながりのだらしない山型なんですよね。 これ、世界共通の美人の定義から完全に外れてます。 彼の浮気が原因で別れた後に妊娠が発覚し、報告したら迷わず「堕胎せよ」と言い放たれて、彼女は自殺まで考えたそうですから。 彼は今も娘の認知すら拒んでいるし、おそらく養育費もびた一文出していないでしょう。 そういうわけで、.

次の