箱根 湯本 温泉 街。 箱根湯本の温泉街散策で風情を味わう旅

箱根湯本の日帰り女子旅。駅前商店街で食べ歩き、恋おみくじにも挑戦|トリドリ

箱根 湯本 温泉 街

箱根温泉郷は現在20の温泉で形成され、そのうちの一つである箱根湯本温泉は、箱根温泉の中でも最も歴史が古く、天平宝字元(757)年に開かれ、江戸時代には湯治の場として栄えました。 明治以降になると強羅温泉や仙石原温泉など、人気の温泉も開かれましたが、隣の塔ノ沢温泉と併せるとホテル・旅館の数が40を超え、現在も箱根温泉郷の中で最も大きな温泉です。 泉質は単純温泉と塩化物泉。 単純温泉は神経を静め一番癖のない柔らかな湯、塩化物泉は、塩辛く肌をつるつるにしてくれる上、けがに効果があり、また血圧を下げる湯でもあります。 お土産屋や飲食店が並ぶ温泉街も、箱根温泉随一で、多くのおすすめグルメスポットもあります。 箱根湯本温泉のおすすめお土産ランキングTOP5! 温泉と観光の後はお土産を買いたくなると思いますが、数が多いと迷ってしまいます。 そんな時におすすめなお土産を5つ紹介します。 箱根湯本温泉の旅行の記念になるお土産をぜひ選んでみてください! 箱根湯本温泉のおすすめお土産1位「箱根プリン・箱根ロール」 小田急箱根湯本駅の改札内にあり、値段も手頃で美味しいと評判のスイーツが箱根カフェ・スイーツショップさんが販売する「箱根プリン」と「箱根ロール」。 小田急グループがホテルの味を手軽にというコンセプトをもとに展開しているブランドです。 「箱根プリン」は原料にビタミン豊富な長壽卵とミルクを使用しているので、濃厚だが口当たりが滑らかで、ほどよい甘さが特徴の一品。 かわいい玉子型の容器も女性の間で人気で、帰りの電車のお供になんていいですね。 「箱根ロール」は長壽卵と米粉をこねて焼いたやわらかいケーキ生地に、上質な和三盆を使用した口触りなめらかなクリームを包んだ一品。 米粉を使用しているケーキ生地はもっちりした食感で、ふわふわのクリームによくあいます。 お土産にぜひ買っていきたい一品です。 プリンは「箱根プリン」と「箱根豆腐プリン」があり共に330円とリーズナブル。 「箱根ロール」は1,340円で、ハーフサイズの750円もあります。 自分のお土産に一本は多すぎるなんて時に最適ですよね。 ちなみにハーフサイズには、コーヒーロールもあり人気です。 改札内で買えるのも、時間がないときに便利。 商品名 箱根プリン・箱根ロール 取扱店 箱根カフェ スイーツショップ 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本707 箱根湯本駅構内 電話番号 0460-85-8617 営業時間 10時00分〜18時00分(年中無休) URL 箱根湯本温泉のおすすめお土産2位「元祖箱根温泉まんじゅう」 温泉といったら温泉まんじゅうですが、箱根湯本の温泉まんじゅうの元祖ともいえる、「元祖箱根温泉まんじゅう」は、今も昔も定番のお土産です。 小田急線箱根湯本駅から徒歩約2分の丸嶋本店で毎朝製造された作り立ての饅頭を買うことができます。 饅頭は白と茶の2種類があり、弾力のある薄皮に上品な甘みのしっとりしたこしあんが絶品。 創業110年、変わらない伝統の味を守り続けています。 出来たてであつあつの饅頭を購入もできるので、温泉街の散歩の供に最適です。 2階の「御茶所 萩」では抹茶と一緒にいただくことができます。 価格は1個90円からバラで販売しており、箱では10個入りが950円、16個入りが1500円、25個入りが2,250円となっているので家族には10個入り、会社には25個入りとサイズが選べるのがいいですよね! 商品名 元祖箱根温泉まんじゅう 取扱店 丸嶋本店 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本706 電話番号 0460-85-5031 営業時間 08時30分〜18時00分(年中無休) URL 箱根湯本温泉のおすすめお土産3位「ナッツヴェセル」 「木の実のスイーツ屋 SAGAMIYA」は箱根湯本駅から徒歩約1分、駅前にあるしゃれた洋菓子屋です。 10数種類の洋菓子が販売されていますが、その中でもダントツ一番人気を誇るのが「ナッツヴェセル」。 厳選された材料を使ったクッキーに、クルミやピーナッツなど7種類のナッツをちらし、濃厚なキャラメルでコーティングし、控えめな甘みとナッツの香ばしさがマッチした、上品な味が特徴で多くの人々から愛されています。 ヨーロッパの結婚祝いの菓子からヒントを得てオーナーが創作したそうです。 あの名料理評論家、岸朝子も絶賛したという逸品だそうです。 「木の実のスイーツ屋 SAGAMIYA」では他にも、フルーツケーキ、ブラウニー、クッキーなども販売していて、どれも美味しく人気です。 商品名 ナッツヴェセル 取扱店 木の実のスイーツ屋 SAGAMIYA 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本706-35 電話番号 0460-85-6610 営業時間 09時00分〜17時00分(年中無休) URL 箱根湯本温泉のおすすめお土産4位「箱根の森バウム」 すでに箱根温泉のお土産として定番として定着しつつある洋菓子です。 口に含むとしっとりした食感でふんわりした甘みが広がります。 「和菓子屋 菜の花」さんが製造しているため、洋菓子のなかに和菓子の技が生きているのが特徴。 ソフトタイプ「湘南ゴールドソフトバウム」は地産のゴールデンオレンジと温州ミカンを掛け合わせた柑橘類・湘南ゴールドのジャムが挟まれ、さわやか風味が味を引き立てます。 ハードタイプ「沖縄黒糖ハードバウム」は、中はしっとりとしたまま外側をかりっと仕上げた、沖縄の黒糖を使用していて、その香ばしさが生きた美味しさです。 ソフト、ハードともに1,260円、両方のセット2,520円、ソフトホールとハードカットのセット1890円など、予算と目的に応じて選べます。 箱根湯本駅から徒歩約7分の「箱根ルッカの森」をはじめ、「和菓子屋 菜の花」など箱根湯本温泉で5か所、小田原でも販売しています。 商品名 箱根の森バウム 取扱店 箱根・ルッカの森 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本307 電話番号 0460-85-6222 営業時間 09時30分〜18時00分・土日祝09時30分〜18時00分(毎週水曜定休) URL 箱根湯本温泉のおすすめお土産5位「金印塩辛」 最後に紹介するのは、酒の肴やあつあつのご飯にのせて食べるとたまらなく美味しい逸品、自家製いかの塩辛です。 販売元の「みのや吉兵衛」は、約450年の歴史を誇り、江戸時代から小田原宿名物として、「元祖糀入いかの塩から」を販売してきました。 現在は小田原とともに、箱根湯本駅から徒歩約4分のところにも店を構えているので行きやすくて便利ですよね。 「元祖糀入いかの塩から」は北海道産の真イカの肝をていねいに取り出し、伊豆大島産の高級塩・海の精と糀で漬けた、贅沢な塩からです。 糀のまろやかな甘みといかの熟成されたほろ苦い旨味がたまりません。 糀はちょっと苦手という人には、塩と肝だけで漬けた、皇室にも献上した「生漬け」がおすすめです。 糀入りと生漬けは同じ値段で、瓶詰めで180g1080円、100g594円、パック詰め150g700円、箱詰めのセットもあります。 塩からの他にも、かまぼこ、梅干し、ワサビ漬けも販売。 いかの塩辛コロッケ750円もここでしか購入できない商品として人気です。 商品名 金印塩辛 取扱店 みのや吉兵衛 住所 神奈川県足柄下郡箱根町湯本691-5 電話番号 0460-83-8800 営業時間 10時00分〜17時00分・土日祝10時00分〜17時30分(毎週水曜定休) URL 箱根湯本温泉で最高の手土産を.

次の

箱根湯本駅周辺のおすすめ観光スポット5選 日帰り温泉に博物館も!

箱根 湯本 温泉 街

大涌谷の黒たまご! 芦ノ湖! 湯本! からわずか2時間あまり、にやってきました! 車でも電車でもから簡単に日帰りできる非日常空間と言えば 、やはりが優勝候補ではないでしょうか? からの玄関口である湯本、が「活きて」いることを近年証明してしまった大涌谷、豊かな湯量で国内外から観光客を惹き付ける宮ノ下・、そして県最大の湖である芦ノ湖・・・と一口にと言ってもその表情は様々です。 そして何と言っても、観光客が集まるところに絶品グルメあり!というわけでこちらの記事では、の玄関口である湯本を中心に食べ歩きグルメを完全ガイド。 最後は大涌谷や芦ノ湖まで遠征してきました。 湯本は駅前のお土産屋さんストリートに食べ歩きも集中しているので、攻略も容易ですよ!• というわけで、湯本に到着すると ホームで売っている駅弁の種類が豊富すぎてテンション上がりまくります。 登山鉄道にこのまま乗るなら、駅弁にチャレンジしてもいいかもしれません。 でも、駅前に出るとお土産やさんやがバーン!いざ食べ歩きグルメスタートです! 湯本の駅を背にし、山の方へ向かって道の左側を西へと進んで行きます。 途中で参考のマップを置いておきましたのでご覧下さい。 菊川商店の「焼 まんじゅう」 駅を出て1号線を西へ。 すぐ左側にある菊川商店からの甘い香りに誘われると、そこには何とも可愛らしい焼(1個70円)が! 産の白いんげんを使った白あんのやさしい甘さと、生地の絶妙なハーモニーがたまりません。 昔ながらの機械を使ってカシャカシャカシャカシャ焼き上げているので、動画撮影推奨です。 丸嶋本店の「元祖温泉まんじゅう」 続いてはまんじゅう一筋の老舗、「元祖温泉まんじゅう」の丸嶋本店。 メニューはまんじゅうのみ。 かっこ良すぎる。 写真右側のお父さんが、薄皮のおまんじゅうに黙々と刻印しています。 一番小さいサイズは1個90円。 中身のこしあんの甘さもいい塩梅です。 菊川商店の焼と合わせても、160円。 お腹にもお財布にもまだまだ優しいですね。 店名: 丸嶋本店 住所:県足柄下郡町湯本706-14 TEL:0460-85-5031 営業時間:8:30~18:00 年中無休 3. まるきやで買える「半熟ばくだん」 複数の店舗で大フィーチャーされていたのが、この「半熟ばくだん」。 自分はまるきやさんで買いましたが、他にも鈴廣(が本店の練り物の有名店)系のお店で扱っているようです。 「ヒモを引いて、パカッ」の指示通りやってみると・・・ 美味しそうに割れました~! 半熟卵のまわりは、青海苔入りのかまぼこを油で通したもの。 卵のとろーりと青海苔の風味、練り物の食感が最高です。 湯本の新定番になる日も近そうですね。 店名: まるきや 住所:県足柄下郡町湯本706-47 TEL:0460-85-5365 営業時間:8:30~18:00 定休日:金曜日 4. 籠屋清次郎の「棒」 創業1814年、かごせいが手がけている「籠屋清次郎」です。 大人気店。 並んでいてもあっという間に順番がきて、揚げ物に竹串をさしてくれます。 一番人気の「棒」は220円。 練り物がぷりっぷり、玉ねぎのシャクシャク感もたまりません。 ビジュアルもこれぞ食べ歩きグルメでございます。 焙煎珈琲の「」 練り物食べて、少し口の中がしょっぱくなったところで、人気の珈琲店「焙煎珈琲」へ。 注文ごとに豆を焙煎する超本格派です。 いただくのはホットコーヒーではなく「珈琲牛乳ソフト」です(350円)。 軒先で撮影したので色がだいぶアレですが、実際はもっと白っぽいです。 それでいて珈琲の味もしっかり!店内には、ブラックと合わせるのが推奨されてました。 口の中で「アフォガード」みたいになって、美味しいでしょうね~。 やればよかったです。 店名: 焙煎珈琲 住所:県足柄下郡町湯本702 TEL:0460-85-5139 営業時間:10:00~17:00 定休日:不定休 URL: 6. 山安 湯本店(山里)の「干物」 こちらもかごせい系列の、干物やさんです。 建物の入り口右側になにやら人だかりがありますね。 皆さん購入前に自分で炙って試食しています!何と言う神システム。 で体が冷えていたので、これは嬉し過ぎるサービス! 店名: 山安湯本店(ひもの店山里) 住所:県足柄下郡町湯本692 TEL:0460-85-5805 営業時間:9:00~17:00 定休日:無休(お正月明けの第3週の平日1~2日メンテナンス休業) 7. ちもとの「湯もち」 気品溢れる店舗ロゴに背筋が伸びました。 右隣にはも併設されています。 白玉のやわらかいおもちに、細かく刻まれたが入った「湯もち」が一番人気です。 ふわっふわで超やわらかいお餅は柚子の香りがします!固めのがころりと入っていて、食感のコントラストも絶妙すぎました。 これは食べ歩きにもいいですが、お土産が最高かも。 店名: 湯もち本舗 ちもと 住所:県足柄下郡町湯本690 TEL:0460-85-5632 営業時間:9:00~17:00(年末のみ9:00~16:00) 定休日:年10日程不定休 URL(隣接の): 8. はつ花そば本店の「せいろそば」 1号線から滝通り温泉郷へ左折し、湯本橋を渡るとあるのが・・・ 名物自然薯そばの「はつ花」です。 こちらは本店。 超人気店! でも1人だとカウンターに通されますので、狙い目かもしれません。 注文はとろろたっぷりの「せいろそば(冷)」を!(1,200円) そばつゆはジャブジャブつけないのが粋かと思うのですが、とろろは体に良さそうなのでジャブジャブたっぷりつけてしまったほうが旨い気がします!実際に旨い! 他にも湯本にはおそばの人気店がたくさんあります。 こちらの向かいは、豆腐・山芋料理の「知客茶家」さん。 ここも行きたかった・・・けど断念・・・ 店名: はつ花そば本店 住所:県足柄下郡町湯本635 TEL:0460-85-8287 営業時間:9:00~19:00 定休日:水曜、祝日の場合は金曜(1月1日休) URL: 9. 豆腐処萩野の「玉だれ豆腐」 はつ花からさらに西へ向かうと、豆腐処萩野があります。 水が良いと豆腐は旨いという定説が・・・ 証明されるような素晴らしいお味でした。 美味しい豆腐って、風味がすごいですね。 しっかりした固さがたまりません。 260円!高いけど旨い! 店名: 豆腐処萩野 住所:県足柄下郡町湯本607 TEL:0460-85-5271 営業時間:8:00~18:00 定休日:水曜 10. みのや吉兵衛の「塩辛コロッケ」 再び1号線に戻ってきました。 駅に向かって東に進みます。 行列があったのはこちらの「みのや吉兵衛」。 本日みのやの日、ということは・・・ 100円です!(ふだんは150円) 3分ほど待って揚げたてをます。 アツいっ! ホクホク感の中に塩辛の風味…!これは体験したことのない味!うまい。 吉兵衛さんの塩辛エピソードがこちら。 日本昔ばなし感がたまりません。 店名: みのや吉兵衛 住所:県足柄下郡町湯本691-5 TEL:0460-83-8800 営業時間:10:00~18:00 定休日:年中無休 11. グランリヴィエール湯本店の「はちみつチーズ」 ラスクが人気のお店ですが、今日はこれです。 食べ歩きグルメでしたら、こちらです! 土台はサックサク、上はふわふわでチーズとハチミツの風味が鼻から抜けます。 これは旨い。 何個でも食べられそう。 250円です! 店名: グランリヴィエール湯本店 住所:県足柄下郡町湯本704 TEL:0460-83-8226 営業時間:9:00~18:00 定休日:年中無休 12. まんじゅう屋菜の花の「月のうさぎ」 この「のお月さま」はのいたるところで見る温泉まんじゅうですね。 老舗の菊川や丸嶋を完全に凌駕しています。 お茶をつつ、休憩です。 店内の厨房で量産体制。 ここは定番からちょっとずらして、栗まんじゅうの「月のうさぎ」をチョイス。 大ぶりな栗がまるっと入っており、なかなかボリューミーでした! 店名: まんじゅう屋菜の花 住所:県足柄下郡町湯本705 TEL:0460-85-7737 営業時間:平日 8:30~17:30(土・日・祝は18:00まで) 定休日:不定休 URL: 13. 湯本 えう゛ぁ屋の「エヴァソフト」 いよいよ湯本駅に戻ってきました。 駅の建物の1Fにあるのがこちら、えう゛ぁ屋です。 綾波レイさんの等身大フィギュアと一緒に、シンジ君色の初号機ソフトを。 駅から一番遠い豆腐処萩野までも、10分もかからないでしょう。 コンパクトなスペースに、お土産やと飲食店がひしめいています。 ちなみに、食べ歩きでなく店舗でしっかりイートインでグルメを楽しみたい方には、メインの通りから1本脇にそれると飲食店が山ほどありますのでご安心を! 続いてはこちら! 【大涌谷】くろたまご館の「黒チョコソフト」と「黒たまご」 食べると寿命が7年延びると言われている、黒たまごを求めて、大涌谷までやってきました。 黒たまごと黒チョコは長蛇の列! 一体何個食べるんだ、という感じですね。 噴出する地球のエネルギーを感じながら、黒たまごをます! 地熱と火山ガスの化学反応で殻が黒くなりますが、味は普通のゆで卵。 黄味の旨みが1. 2倍になっているとテレビで取り上げられたことも。 ともあれ寿命が7年延びました!5個入りで500円です。 店名: 大涌谷くろたまご館 住所:県足柄下郡 町仙石原1251 TEL:0460-84-9605 営業時間:10:00~16:00 続いては芦ノ湖までやってきました。 【芦ノ湖】腸詰屋の「ブラートヴルスト」(プレーン) ドイツ農産物協会コンテスト受賞歴もあるハム&レストランの「腸詰屋」。 店内冷蔵庫にはお土産用のハムとがてんこ盛り。 試食もできます。 食べ歩きグルメにはホットドッグでしょう、ということで「ブラートヴルスト」(432円)!芦ノ湖と遊覧船を見ながらます。 も肉もしっかりとした旨みに大満足でした。 本格派ホットドッグ最高。 1F~3Fまであり、1Fで持ち帰りのを販売しています。 1F左手前でお客さんが集まってイートインしているのが分かりますか?ここは何かというと・・・ そう、足湯です! 足湯につかって芦ノ湖を見ながら、塩キャラメルメロンとチーズ蒸しをいただくという何ともいえない贅沢体験。 まさに非日常のグルメ旅の締めくくりになりました。 周辺も、お団子やお餅など、食べ歩きグルメが充実しているのですが、またの機会に! 以上、グルメでした!良い連休をお過ごしください!.

次の

箱根湯本をぶらり散歩。温泉入りながらまったり過ごす箱根旅行プラン。

箱根 湯本 温泉 街

「箱根の玄関口」箱根湯本を散策 モデルの久恒美菜、藤野友里恵、インスタグラマーの前山奈津巴の小田原・箱根の日帰り旅行。 先週から4回に分けて、小田原・箱根の伝統や文化に触れる観光スポットをお届けしています。 では、小田原駅で集合して出発、箱根登山電車に乗って箱根湯本駅を目指しました。 第二回目となる今回は、箱根でも温泉宿泊施設や飲食店、お土産屋さんも多く、箱根観光の玄関口とも言われる人気観光スポットの「箱根湯本」周辺を巡ります。 小田急ロマンスカーの終点でもあり、都心からもアクセスしやすいので、日帰りの温泉旅行でも人気の箱根湯本。 どんな楽しみがあるのでしょうか。 朱色の欄干(らんかん)が印象的、写真も撮りたいあじさい橋 関連記事• 2017年12月11日 入生田駅で箱根名物の蕎麦を食べよう モデルの久恒美菜、藤野友里恵、インスタグラマーの前山奈津巴の小田原・箱根の日帰り旅行。 先々週から4回に分けて、伝統や文化に触れる観光スポットをお届けしています。 先週公開の記事では、箱根登山鉄道の箱根湯本駅を散策。 あじさい橋を観光して、駅前商店街を歩き、箱根まんじゅうを食べたり、恋おみくじを引いたりしました。 第三回目となる今回は、ひとつ駅を戻って、入生田駅へ。 風祭駅との中ほどにある箱根風祭の蕎麦料理「箱根口 太閤(たいこう)」へ。 小田原の美味しい魚・箱根風祭の蕎麦料理が楽しめる老舗の蕎麦屋さんです。 天然の井戸水を使って打った蕎麦。 箱根・風祭の食事処「太閤」。 箱根風祭の蕎麦料理 箱根口 太閤 箱根登山鉄道 […]• 2017年11月27日 小田原・箱根の文化に触れる日帰り旅行 東京都内から車でも電車でもアクセスしやすく、四季折々の魅力が楽しめる観光地として人気の神奈川県の小田原・箱根。 その雄大な自然に加えて、様々な乗り物、温泉や歴史・文化など多くの楽しみがあり、年間を通して様々な観光客が訪れます。 今回はモデルの久恒美菜、藤野友里恵、インスタグラマーの前山奈津巴の3人が小田原・箱根に日帰りでお出かけ。 小田原・箱根の伝統や文化に触れる観光スポットを4回に分けて公開していきます。 記事の上にある動画、トリドリTVもチェックして、皆さんのお出かけの参考にしてみてください! まずは小田原駅のペデストリアンデッキに集合 小田原駅のペデストリアンデッキに集合 爽やかな小田原駅東口のペデストリアンデッキ 小田原市のシンボル、小田原城天守閣 箱根と言えば、小田急ロマンスカー、箱根登山電車にケーブルカー、箱根遊覧船などの「乗り物」が観光の楽しみのひとつ。 今回はまず、小田原駅から箱根登山電車に乗って、「箱根の玄関 […]• 2017年12月18日 神奈川県箱根の伝統工芸品、寄木細工 モデルの久恒美菜、藤野友里恵、インスタグラマーの前山奈津巴の小田原・箱根の日帰り旅行。 伝統や文化に触れる観光スポットをお届けして4回目。 先週公開の記事では、入生田駅の箱根・風祭の食事処「太閤」で美味しいお蕎麦をいただきました。 最終回となる今回は、箱根登山鉄道の車内で案内を見かけ、箱根湯本駅前商店街で実物を手にとってみた箱根の「寄木細工」の制作体験をしてみようと、予約しておいた本間木工所/本間寄木美術館へ。 箱根の寄木細工は、種類の違う木材を、色や木目を生かしながら組み合わせて日本の伝統文様を描く木工技術。 神奈川県箱根の伝統工芸品として有名です。 やっぱりどこかへお出かけするなら、その土地の文化や伝統に触れてみたいですよね。 本間木工所で寄木細工の制作体験 まずは柄を選びます 正六角形の模様を作ります まずはいくつかのパターンの柄が入った袋から、自分の気に入った柄を選びます。 まだ最終的にどんな柄になるのかわからないのがワクワクします。 袋を選ん […].

次の